auひかりの実際の速度はどのくらい?1Gbpsは無意味かもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりの速度は最大で1Gbpsです。
しかし、インターネットの速度はすべて理論値のため、実際は1Gbpsで使える訳ではありません。

実はインターネットの速度は決して最大速度で利用できることはありません。最大1Gbpsのauひかりであっても、数百Mbpsまでスピードが落ちたり、 時には100Mbps未満まで低下する事も珍しくありません。

このページではauひかりの実際の平均速度や、速度が遅くなる原因について解説します。

キャンペーンが気になる方へ(2019年9月版)

詳細はこちら【2019】auひかりキャンペーン丸ごと比較!注意点や適用条件

auひかりの実際の速度(実測値)はどのくらい?

auひかりの実測値

auひかりに申し込む前に、実際にどのくらいの速度で利用できるのか非常に気になるものです。

しかし、インターネットの速度は利用する地域や環境によって大きく変わり、あらゆる要因で遅くなってしまうので、実際には使ってみるまでは分かりません。
当然人によっても全く異なるので、仮に近所で、ほぼ同じ環境でauひかりを使っている方が居たとしても、その人と同じ速度がでる保証はどこにもありません。 大幅に遅くなることもあれば、逆に速度が上がり速くなることもあります。
そのため、残念ではありますが、auひかりを申し込む前に、速度がどうなるか知るすべがないのです。

大まかな基準として、実際の速度は最大速度の3〜4割ほど出ていれば、かなり速い方だと思ってください。
auひかりの場合、最大1Gbpsなので300〜400Mbpsほどでていれば、かなり速い方と言えるでしょう。

場合によっては、夕方以降などインターネットの需要が上がる夜の時間帯では、最大速度の1/10以下になることも珍しくありません。 つまり、1Gbpsのauひかりでも、実際の速度が50Mbps〜100Mbpsや、もしくはそれ以下に落ち込むことも珍しくないのです。

これはauひかりが欠陥品と言う事ではなく、世界中のどこのインターネットサービスを見ても全く同じことが言えます。

ただ、フレッツ光とauひかりの速度の違いでも説明した通り、auひかりは技術的な面から比較的速度が出やすい回線と言われています。 今まで使っていた回線の速度に満足が出来なくても、auひかりに乗り換える事で速度が向上する可能性はあるでしょう。

実測値は何を信用したらよいか?

たまにインターネット上の口コミや個人ブログなどでauひかりの速度について書いている方がいます。 しかし、基本的に速度に関して言えば、このようなインターネット上の口コミはあまり当てになりません。
なぜならインターネットの速度は人によって全く異なるので、口コミで何人かの意見を聞いただけでは、データが少なすぎて参考にならないためです。

速度について参考にするのであれば、数百人単位でアンケート調査を行う必要があります。

例えば、インターネットの速度を測定している株式会社Studio Radishでは数百人〜数千人分もの測定データを保持しています。 このデータから、auひかりと他社回線の平均速度を割り出すとこんな感じです。

光回線の計測データ平均

最も平均速度が速いNURO光はソニーグループが提供しているサービスで現在家庭用インターネットとしては世界最速と言われています。 そのため、当然平均速度はauひかりと比べて高い数値が出ています。

NURO光についてはauひかりとNURO光の比較もご覧ください。

ただ、フレッツ光と比べると圧倒的にauひかりの平均速度が高くなっています。 フレッツ光は光コラボ事業者などの他社回線とも共有されているので、利用者の数が増大し平均速度も出難いとされています。

ソフトバンク光ドコモ光と言った回線も独自ブランドでサービス提供していますが、 実際はフレッツ光の回線や設備を丸ごと使ったサービスとなります。
そのため、回線速度に関してフレッツ光と違いは無く、速度が出難いとされています。

目次へ戻る↑

auひかりマンションタイプでは最大100Mbps

auひかりマンションタイプの速度

auひかりのマンションタイプはお住いの建物によって対応しているプランが異なります。 マンションギガ、マンションミニ、VDSL、LAN配線タイプが用意されており、対応しているプランによって月額料金も違ってくるのです。

マンションミニやマンションギガが対応している集合住宅であれば最大1Gbpsで利用できます。 しかし、VDSL(V16、V8)やLAN配線などのタイプでは、最大100Mbpsの通信速度となり、auひかりホームよりも速度的に不利と言えるでしょう。

特に、VDSLではマンションの各部屋まで電話線を使って接続されています。 電話線の場合、家庭内からでる電化製品などの電磁波の影響を受けやすく、信号の損失が大きいため、より速度低下が起こりやすくなります。

また、マンションタイプでは、建物全体で1本の光ファイバーを共有しています。 そのため、建物内の住人が大容量の通信を行った場合、同じマンションの他の人にも影響が出てくるのです。

特に、夜になると、住人が一斉にインターネットを始めるので、極端に速度が遅くなることがあるでしょう。

auひかりマンションの速度が遅くなる理由

お住いのマンションでどのタイプのauひかりが導入されているかは、プロバイダの公式サイトで確認が可能です。 エリアチェックを行うと、VDSLの場合、V16またはV8と表示され、LAN配線の場合E16またはE8と表示されます。

auひかりマンションタイプに対応しているか確認

目次へ戻る↑

速度が遅い原因

auひかりの速度が遅い原因

インターネットの速度は様々な要因によって左右されます。自宅内の環境だけではなく、宅外の環境も大きく左右されるので、 ある程度は自分で速度アップする事が出来ても限界があります。

速度が遅い場合、以下のような原因が考えられるでしょう。

回線の共有

auひかりの1Gbpsは、1本の光ファイバーを局社内や電柱上で最大32回線に分割して提供されています。
そのため、夕方以降の時間帯などインターネット利用者が多くなると速度が低下する事もあります。

auひかりに限らず、NTTのフレッツ光など、ほとんどの事業者では、回線共有型を採用しているため、 一般的なインターネットサービスでは必ず速度が遅くなる時間帯が存在します。

また、マンションタイプの光では電柱ですでに32分岐された光ファイバーをさらにマンションの住人全体で共有しています。 そのため、戸建てタイプと比べると、余計速度低下の原因になるのです。

ネットワーク機器での損失

ネットワーク機器での損失

自宅で使われているルーターやハブなどのネットワーク機器も速度低下の原因になる場合があります。
特に、古いルーターなどを使っていると、処理速度が遅く、光ファイバーでもADSLと変わらないスピードまで遅くなる事も珍しくありません。

Wi-Fi機器での損失

パソコンとのWi-Fi接続

自宅でWi-Fi(無線LAN)でインターネット接続をする場合にも大きな損失が発生します。
いくらWi-Fiルーターの性能が上がり、高速になったとしても、やはり有線LANの安定性には敵いません。
特に、Wi-Fiの電波は上下の通信に弱いと言われています。例えば、1階に無線の親機を設置し、2階でインターネットをしていると、 大幅に速度が落ちてしまう事があります。

またWi-Fiの電波はコンクリートの壁によって遮断されやすいと言われています。鉄筋コンクリートの住宅で、ルーターとパソコンの間にコンクリート製の壁があると極端に速度が低下してしまいます。

パソコンの性能

パソコンの性能

インターネットの速度はパソコンの性能にも大きく左右されます。
古いパソコンを使っている場合はもちろんのこと、新しいパソコンであっても、 コンピュータ内に不要な一時ファイルやデータがたまりすぎて速度が遅くなる事もあります。

複数人で利用

家族が多い家庭など、みんな一緒にインターネットを利用すると、その分速度が低下します。
1本の回線をみんなで共有しているので、1人がヘビーなダウンロードを始めてしまうと、 他の家族みんなに迷惑がかかる事になります。

目次へ戻る↑

最大1Gbpsのauひかりは意味が無い?

ここまでインターネットの速度が下がるのであれば、最大1Gbpsのauひかりにしても対して意味が無いのでは?と思ってしまいます。

ただし、最大速度が速ければ、実際の速度も向上する可能性が非常に高くなります。

例えば、今まで最大100Mbpsの光ファイバーを使っていて、実測10Mbpsだったのが、 最大1Gbpsの光ファイバーに切り替えて、実測100Mbpsになれば、大きな進歩と言えます。

そのため、現在ADSLや、最大100Mbpsの低速光ファイバーを使っていて、速度に関して満足できない場合は、 最大1Gbpsの光ファイバーの乗り換える事で、速度が大幅に向上する可能性があります。

auひかりの実際の速度

また、インターネットの利用方法が劇的に変化しているため、インターネットユーザー1人あたりの平均通信容量も年々目に見える形で増えています。
すでにご説明した通り、インターネットサービスは一定の速度を複数のユーザーで共有しているため、1人あたりの通信容量が増えると、 同時に平均速度もどんどん落ちていきます。

一昔前であれば100Mbpsの低速光ファイバーでも十分な速度がでていたため、これ以上の高速インターネットは必要がないと言われていました。 しかし、インターネットユーザーの利用方法の変化により通信容量が増大してしまったため、現在ある程度満足のいく通信を行うためには、最大1Gbpsのギガ回線が主流になっています。

目次へ戻る↑

速度制限の無いauひかり

スマホのLTEを使ったインターネットやモバイルWi-Fiの場合月間の通信容量の制限が一番厄介な存在です。 一度速度制限がかかってしまうと使い物にならないぐらいインターネットが遅くなる上に、 解除するにもまたお金ががかかってしまうでしょう。

auひかりの良い所は、スマホなどに適用されるような速度制限が存在しないことです。 そのため、通信容量を気にする事無くインターネットが利用できます。

まれに、ファイル共有ソフトで違法なファイルをやり取りしていたり、ウイルス感染などにより、通信量が異常に増大してしまうと、 速度制限の対象になる事はあります。

しかし、普通にインターネットを使っている分には、いくら大容量の通信を行っていても、速度制限がかかる事はまず無いと言えるでしょう。
詳しくは、auひかりの速度制限をご覧ください。

ちなみに、速度制限を設けていないのはauひかりに限らず、光回線全般に言えます。 フレッツ光やソフトバンク光、NURO光など代表的な光ファイバーを使ったサービスでは基本的に速度制限の心配はありません。

目次へ戻る↑

auひかりよりも速い?超高速ネットNURO光

auひかりよりも速いNURO光

フレッツ光やソフトバンク光などの光コラボと比較すると、auひかりは速度が出やすいと言えます。 しかし、速度面で有利とは言え最大1Gbpsの回線であることに違いはありません。

もし、今現在auひかりを使っていて、思ったような速度がでない場合、So-netが提供するNURO光がおすすめです。

NURO光はSONYグループのプロバイダであるSo-netが独自に提供している光サービスです。 家庭用インターネットとしては世界最速と言われており、最大2Gbpsで通信が可能なため、大容量で高速な通信が必要な方に向いています。

すでに解説した通り、インターネットの速度は基本的に最大速度で利用はできません。 しかし、理論上の最大速度が速ければ、実際に使える速度も必然的に速くなるのです。

そのため、NURO光はauひかりと比べ、速度が出やすい回線と言えるでしょう。

速度に関して詳しくはNURO光の実際の速度を300人分の測定データから比較検証で解説しています。

また、速度が速い上に、月額料金が安いのも特徴です。 auひかりの戸建てタイプ(ギガ得プラン)だと月額5,200かかります。

NURO光では月額4,743円で利用できます。 また、auひかりなど一般的なサービスではセキュリティソフトWiFiルーターなどのオプションを利用するのに別途オプション料金が必要です。

しかし、NURO光ではこうしたオプションが無料で標準装備されているので、最もコスパが良い回線として人気を集めています。

NURO光のおすすめキャンペーン

auひかりと同じようにNURO光でも、代理店を含めあらゆる窓口で申し込みが可能です。 基本的に、どこで申し込んでも料金やサービス面で違いはありません。

しかし、キャッシュバックなどのキャンペーンは大きく異なります。

また、キャッシュバックが高額だからと言ってお得とは限りません。 通常、特典の金額が多くなると、オプションへ申し込みが必要だったり、紹介者を集めないとキャンペーンが適用されないためです。

NURO光の場合、こうしたデメリットなしで受け取れるキャッシュバック金額は30,000円前後が相場でしょう。

詳しいキャンペーン比較についてはNURO光キャンペーン比較!無条件で高額還元される窓口まとめで解説しています。

数あるNURO光の窓口でおすすめなのが、So-netが公式で行っているキャッシュバックキャンペーンです。 特設ページから申し込みをするだけで、35,000円のキャッシュバックが受け取れます。

NURO光の提供元であるSo-netの公式キャンペーンなので、代理店特有のトラブルを避ける事ができ、安心して申し込みできるのも特徴でしょう。

  • キャンペーン:35,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2019/9/1〜2019/9/30
  • 月額料金:4,743円
    ※戸建て、マンションミニ共通

申し込みページ: 【So-net公式】NURO光35,000円キャッシュバック特設ページ
↑目次へ戻る

auひかり申し込みおすすめランキング

auひかりはKDDI公式ページやプロバイダなどに直接申し込みをする事ができますが、他にもauひかりを取り扱っているauひかりの代理店からも申し込みが可能です。
基本的に、申し込み先によって月額料金や割引が変わる事はありません。

しかし、申し込みした際に貰えるキャッシュバックなどのキャンペーン内容は、どこでauひかりに申し込んだかによって全く異なります。
そのため、出来る限りキャンペーン内容が良い窓口を選ぶようにしましょう。

また、異常に高額なキャッシュバックを提供している代理店の場合、不要なオプションサービスの申し込みが必要となり、 せっかくキャッシュバックを貰ってもオプションの追加料金で損をしてしまうこともあります。

あまりにも、悪質な代理店だと、キャッシュバックの受け取り手続きをワザと複雑にされ、 キャッシュバックの申請漏れでキャッシュバック自体受け取れないなどのトラブルが発生することも、珍しくありません。

auひかりの代理店を選ぶときは、キャンペーンの適用条件をきちんと確認し、なおかつ優良な代理店から申し込みをする必要があります。

2019年9月1日更新、auひかり代理店おすすめランキング

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2019/9/1~2019/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

NNコミュニケーションズではキャンペーン適用のためのオプション申し込み義務が無く、なおかつ紹介者等も必要ありません。 auひかりの申し込みだけで無条件で40,000円のキャッシュバックを受け取る事ができます。

また、固定電話であるauひかり電話も同時に申し込みすると7,000円プラスされ合計で47,000円が受け取れます。

また、通常の代理店だとキャッシュバックを受け取るために、auひかり開通後に申請手続きが必要です。
悪質な代理店に引っかかってしまうと、申請手続きが複雑で、キャッシュバックを受け取りにくくされる事もトラブルの原因にもなっています。

NNコミュニケーションズでは申し込みと同時にキャッシュバックの申請手続きも同時に完了するので、 開通後に何か手続きを行う必要がありません。
そのため、キャッシュバック還元率100%を維持している代理店と言われています。

分かり安いキャンペーン内容と丁重なサポートでKDDIから表彰状を受け取るほどの実績も残しています。

申し込みページ: auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズ
auひかり正規代理店 株式会社NEXTのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:40,000円キャッシュバック
    ネット+電話:47,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から52,000円減額)
  • キャンペーン期間:2019/9/1~2019/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

株式会社NEXTはNNコミュニケーションズと同じくオプション加入の義務や紹介者の必要なしでキャッシュバックを受け取る事ができる代理店です。 ただ、NNコミュニケーションズと比べるとキャッシュバックが5,000円安くなります。

キャッシュバックがNNコミュニケーションズよりも低いですが、代わりに高速通信に対応したWi-Fiルーター(無線LANルーター)がプレゼントされます。
現在のWi-Fi規格でももっとも高速なac規格に対応しているNEC製のルーターで市場価格は5,000円ほどとなります。

auひかりに申し込むとauひかりの専用機器であるホームゲートウェイにすでにWi-Fi機能が付属しているのですが、 この機能を使うためには500円の月額料金がかかってしまいます。
また、ホームゲートウェイのWi-Fiは1世代前の規格であるn規格なので、速度的に不利と言えるでしょう。

株式会社NEXTでauひかりを申し込めばキャッシュバックにプラスして高速通信であるac規格対応のWi-Fiルーターが貰えるので、 現在Wi-Fiルーターをまだ持っていなかったり、古いタイプの機種を使っていて、速度に満足ができない方にオススメです。

NEC製Wi-Fiルーター
キャンペーンでプレゼントされるNEC製Wi-Fiルーター WG1200CR
申し込みページ: 【auひかり正規代理店】株式会社NEXT
So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額76,300円
    マンション:総額70,800円
  • キャンペーン期間:2019/9/1~2019/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:3,500円
  • マンションタイプ月額料金:2,100円

auひかりのプロバイダであるSo-netに公式から申し込みできる窓口です。

So-netはSONYグループのプロバイダでauひかりに対応している7つのプロバイダの中でも最も人気があるプロバイダです。
実にauひかりユーザーの6割がSo-netを利用していると言われています。

一般的な代理店申し込みでもSo-net auひかりに申し込みは可能です。 ただ、So-net公式ページでは代理店では適用されない、独自のキャンペーンが適用されます。

通常のauひかりの月額料金はKDDIが決めているため、どこでauひかりを申し込みしても料金に違いはありません。 しかし、So-net公式から申し込みをすると月額料金が大幅に割引されます。

戸建てタイプの場合、通常料金は4,900~5,100円です。 So-net公式キャンペーンを利用した場合、月額3,500円で利用できます。

マンションタイプの通常料金は月額3,800円ですが、So-net公式申し込みの場合、2,100円で利用できます。

割引額を合計すると戸建てタイプで76,300円、マンションタイプでは70,800円となるため、 一般的な代理店や他社プロバイダでのキャッシュバック金額よりも多くの割引を適用することが可能です。

「キャッシュバックよりも毎月の料金を安くしたい」って方にはSo-net公式申し込みがお勧めです。

詳しくはSo-netのキャンペーンをご覧ください。

申し込みページ: 【So-net公式】So-net auひかり

申込方法について解説:
WEB入力フォームを徹底解説!So-net auひかりを公式で申込む際の疑問点

目次へ戻る↑
⇒auひかりの通信制限
auひかり基礎知識へ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりマンションの速度が遅くなる理由|契約後に後悔しないために auひかりのマンションを使う場合、心配されるのが速度の問題です。集合住宅ではあらゆる要因により速度が遅くなってしまうためです。このページでは速度が低下する理由を解説。ま...
auひかりの高額キャッシュバックは損をする?8万円キャンペーンのワナ
auひかり代理店によっては8万円以上の高額キャッシュバックを行っています。非常に魅力的なキャンペーンですが、実は大きな落とし穴があり結果的に大損をしてしまうことがあります...
インターネットの速度はどのくらい必要? プロバイダやインターネットサービスを選ぶ際、通信速度は非常に気になるところです。遅い回線であれば、数Mbpsから、速い回線であれば、1Gbpsの回線まで様々です。それでは、実際...
auひかりの速度制限は存在する? 帯域制限とは、インターネットの通信量の増加に伴い、意図的にプロバイダが個人ごとの通信速度を制限するものです。主にモバイルWi-Fiルーターなどの高速モバイル回線で頻繁に耳に...
【1Gbps光ファイバー】1ギガって結局どのくらいの速度?
速度
auひかりは他の事業者よりも高速で快適にインターネットが楽しめると良く言われますが、具体的にどのくらい速いのでしょうか?単純に1Gbpsと言われても想像がつかないかたも多いと...