auひかり乗り換えガイド> auひかり基礎知識>10Gbps

auひかり10G/5Gのまとめ|速い以外にメリットはある?初期費用や料金比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月よりauひかりでも10G回線が始まりました。
イギリスの調査会社「ovum」の調べによると現在、家庭用インターネットとしては世界最速と言われています。

しかし、提供が始まったばかりのサービスなので提供エリアは限定的です。
また、パソコンのLANカードやLANケーブルの増設をしないと、10Gや5Gの速度を十分に発揮できません。

auひかり V/Xの詳細や導入に関する注意点、キャンペーンなどについて解説します。

auひかり 5G/10Gコースの提供エリア

auひかりは全国的にサービス展開していますが、auひかり V/Xは限られた地域でしか提供していません。 2019年現在以下の都道府県でしか提供していません。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

また、仮に提供エリアの都道府県に住んでいたとしても、必ず利用できる訳ではないのです。

auひかりを提供しているのはKDDIですが、地域によってはNTTの光ファイバーが使われているエリアも存在します。
auひかり ホーム(s)、シェアド回線と呼ばれており、局社の設備や宅内機器などはauひかりですが、物理的な光ファイバーのみNTTが提供しているタイプです。

このようにNTTが光ファイバーを提供しているエリアではauひかり V/Xを利用することはできません。

詳しいエリア確認の方法については10G/5Gが使えるエリアの確認方法と拡大予定をご覧ください。

↑目次へ戻る

auひかり V/X 10G/5Gサービスの月額料金

auひかり V/Xは戸建て住宅向けサービスであるホームタイプのオプションとして提供されています。
そのため、月額料金は通常のギガ得プランやずっとギガ得プランの料金にV/Xのオプション料金が追加されます。

auひかり V/X 10G/5Gサービスの月額料金
ずっとギガ得プラン(3年契約)ギガ得プラン
(2年契約)
1年目2年目3年目
基本料金5,100円5,000円4,900円5,200円
10ギガ(X)1,280円
5ギガ(V)500円
超高速
スタートプログラム
-500円-
合計10ギガ(X)5,880円5,780円5,680円6,480円
5ギガ(V)5,100円5,000円4,900円5,700円

オプション料金は、10ギガタイプで基本料金に加え1,280円、5ギガタイプの場合、500円です。
ただ、3年契約であるずっとギガ得プランに申し込みをすると超高速プログラムと呼ばれるキャンペーンが適用され3年間、500円が割引されます。

そのため、10ギガタイプに関しては実質780円で利用でき、5ギガタイプに関しては実質高速回線料金が無料になると言えるでしょう。

また、4年目以降に関しては超高速スタートプログラムの割引は無くなってしまいますが、スタートバリューが適用されていると4年目以降も月額500円の割引が適用されます。

契約期間は3年契約と長くなってしまいますが、基本料金も安く、割引も適用されるので、大きな負担なく高速回線が適用できるため、ずっとギガ得プランでの申し込みがお勧めです。
また、9ヵ月以上使うのであれば、たとえ解約金がかかったとしても3年契約であるずっとギガ得プランの方が支払い料金は安くなります。

詳しくはauひかりの料金|契約期間有りの方がお得をご覧ください。

↑目次へ戻る

速度を十分に活かすにはLANカードが必要

基本的にインターネット回線の速度を上げるためには、有線で接続するのが一番です。
WiFiがどんなに速くても有線には敵いでしょう。

パソコンの他にスマホやタブレット、ゲーム機などの基本的にWiFi接続なので、当然速度的には不利です。

ただ、auひかりの10G/5Gサービスはたとえ有線で接続したとしても、通常の家庭用ネットワーク機器では、 せっかくの高速回線を十分に活かすことができないのも事実です。

なぜなら、一般的なルーターやパソコンのLANポートは最大1Gbpsにしかい対応していません。
そのため、10G/5Gサービスの速度を十分に活かすためにはパソコンを使ってインターネットに接続し、なおかつ10Gbps対応のLANカードを増設しなければならないのです。

しかも、パソコンのケースを開けてマザーボードに直接取り付ける必要があるため、多少自作PCの知識も必要になってきます。
また、メーカー製のパソコンの場合、機種によっては取り付け自体不可の場合もあるでしょう。

当然、ノートパソコンに取り付けることはできません。

LANケーブルも10Gbps対応にする

10G/5G回線の速度を十分に活かすためには、パソコンのLANカードの他にもLANケーブルが対応していなければなりません。

すでに解説した通り、インターネットの速度を上げるためには有線で接続し、なおかつパソコンのLANカードを10Gbpsに対応さえる必要があります。
ただ、LANカードやネットワーク機器などが10Gbpsに対応していたとしても、LANケーブルが1Gbps対応の場合、最大速度は1Gbpsに押さえられてしまうのです。

そのため、利用するLANケーブルの種類にも注意しましょう。

LANケーブルの種類CAT5
カテゴリー5
CAT5e
カテゴリー5e
CAT6
カテゴリー6
CAT7
カテゴリー7
通信速度100Mbps1Gbps1Gbps10Gbps
適合するイーサネット10BASAE-T
100BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T

基本的にCAT6(カテゴリー6)以下の場合、通信速度は最大1Gbpsまでしか対応していません。
そのため、auひかり V/Xの5G/10G回線に対応させるためには、CAT7(カテゴリー7)以上のLANケーブルが必要になります。

サンワサプライのCAT7 LANケーブル
↑目次へ戻る

工事費は1Gコースと同じ

auひかり V/Xは通常の1Gプランと比べて極端に速度が速いサービスですが、 基本的に初期費用に関しては1Gプランと違いがありません。

戸建てタイプで37,800円、マンションタイプでは30,000円が請求されます。
また、この工事費は戸建てタイプで60回の分割で請求され、マンションタイプの場合、30回の分割で請求されます。

一見高額なauひかりの工事費ですが、分割で請求されると同時に割引も適用されるので、実質工事費は無料になります。

KDDIの公式キャンペーンで毎月1,250円×36ヵ月の割引が適用され、割引総額は合計で37,800円です。
(マンションタイプの場合、30ヵ月の割引で総額30,000円割引)

工事費と全く同じ金額が割引されるので、最終的に工事費の負担は無くなるカラクリになっています。

関連記事
auひかりの工事費は本当に無料?初期工事費のカラクリについて詳しく解説

↑目次へ戻る

おすすめの申し込み先は?キャンペーンで損をしないために

auひかりは他社の光回線に比べてキャンペーンの内容が充実しており、キャッシュバックなどの特典も金額が多いことで知られています。
auひかり V/X 5G/10Gサービスでも、きちんとプロバイダや申し込みをする窓口を選別すれば、より多くの特典を受け取ることができるでしょう。

ただ、auひかりV/Xはプロバイダによって、提供していない場合もあるため、きちんと確認した上で申し込みしましょう。

auひかり V/X提供プロバイダ
So-net、@nifty、BIGLOBE、auonenet

また、auひかり1Gコースを申し込みする場合でも同じことが言えますが、代理店のキャンペーン内容には落とし穴があるので注意が必要です。
高額なキャッシュバックを提供している代理店の中には、紹介者を用意しないとキャンペーンが適用されなかったり、オプションサービスへの申し込みが必要な場合があります。

このような代理店で申し込みをしてしまうと、逆にキャッシュバックが極端に減ってしまったり、最悪、全くもらえないトラブルも起こる可能性があります。 申し込みの際、キャンペーンの適用条件などを確認したうえで申し込みしましょう。

auひかり代理店比較

auひかりキャッシュバック
  • キャンペーン:
    ネットのみ:43,000円キャッシュバック
    ネット+電話:50,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2019/3/1~未定
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

NNコミュニケーションズではauひかりの申し込みだけで43,000円が受け取れます。
また、auひかり電話も同時申し込みすると7,000円が追加され50,000円がもらえます。

通常の代理店ではオプション申し込みや紹介者を用意しないと高額なキャッシュバックが受け取れないため、 リスク無しで受け取れる金額としては比較的高額と言っていいでしょう。

また、NNコミュニケーションズは分かりやすいキャンペーン内容で人気を集めており、KDDIから表彰されるほどの実績を残しています。
しつこい勧誘をしたり、申し込も後のサポートが悪い代理店が多い中、比較的安心できる点でおすすめです。

申し込みページ: 【KDDI正規代理店】NNコミュニケーションズ


auひかりキャッシュバック
  • キャンペーン:
    ネットのみ:38,000円キャッシュバック
    ネット+電話:45,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
    Wifiルータープレゼント
  • キャンペーン期間:2019/3/1~未定
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

アウンカンパニーではauひかりの申し込みだけで43,000円、auひかり電話も同時申し込みすると7,000円が追加され50,000円が受け取れます。

キャンペーンの適用条件等は同じですが、すでご紹介したNNコミュニケーションズと比較すると、5,000円安くなってしまうのが難点です。
ただ、その代わりに高速WiFiに対応したWiFiルーターがプレゼントされます。

auひかり V/Xの宅内機器であるホームゲートウェイ(BL1000HW)にもWiFi機能は搭載されています。 しかし、月額500円のWiFi利用料がかかってしまうのが欠点です。

また、BL1000HWはax規格と呼ばれる最新のWiFi技術に対応しているのですが、現状11.axに対応している子機が市場に出回っていないので、ほとんど意味がないでしょう。
いくら親機の性能が良くても、WiFi信号を受け取る子機が対応していなければ、速度は速くならないためです。

アウンカンパニーでプレゼントされるルーターはac規格に対応しています。
ax規格と比べると速度面で劣りますが、現状市場に出回っているWiFI技術の中では最も高速なため、auひかりの高速回線でも十分に利用が可能です。

ただ、すでに解説した通り、5Gや10G回線を十分に活かすためにはインターネットをパソコンで利用し、なおかつ有線で接続する必要があります。
WiFi接続はノートパソコンやスマホ、タブレットなどで使うためと考えておきましょう。

申し込みページ: 【KDDI正規代理店】株式会社NEXT


auひかりキャッシュバック
  • キャンペーン:月額大幅割引 or キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2019/3/1~2019/3/31
  • 戸建てタイプ月額料金:3,500円
  • マンションタイプ月額料金:2,400円

So-netはSONYが運営する大手プロバイダの一つです。
auひかりに対応しているプロバイダの中でも最も人気が高く、auひかりユーザーの6割がSo-netを使っていると言われています。

すでに紹介した代理店などからauひかりに申し込みしても、So-netを選ぶことは可能です。
しかし、代理店経由で申し込みした場合と、So-netに直接申し込みした場合ではキャンペーンに違いがでるので注意しましょう。

So-net公式ページからauひかりに申し込みした場合、キャッシュバックは受け取れません。 代わりに、So-net限定の大幅割引キャンペーンが適用されます。

例えば戸建てタイプの場合、毎月1,575〜1,775円の割引が3年間続きます。
そのため、割引の総額は76,300円です。

マンションタイプの場合、2,100円の割引が24ヵ月続きます。
割引は2年間続くので総額は63,600円です。

キャッシュバックは受け取れませんが、他のプロバイダや代理店と比較するとキャンペーンの価値としては、よりお得にauひかりに申し込みできることになります。

申し込みページ: 【So-net公式】auひかり 月額大幅割引キャンペーン

申込方法について解説:
WEB入力フォームを徹底解説!So-net auひかりを公式で申込む際の疑問点


目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
モバイルWi-Fiとauひかりを比較
モバイルWi-Fiは遅い?auひかりとモバイル回線を比較!速度制限や通信速度にここまで違いがあった
ドコモ光
どこで申し込む?ドコモ光の月額料金やキャッシュバックを徹底比較|ドコモ光はプロバイダによって速度に違いがあった!
インターネットで必要な速度
インターネットの速度はどのくらい必要?ネットサーフィンや動画視聴に必要な通信速度について
マンションの速度
auひかりマンションの速度が遅くなる理由|契約後に後悔しないために
auひかりの速度制限
auひかりにも速度制限は存在する?光ファイバーのデータ容量制限について
マンションの速度
auひかりマンションの速度が遅くなる理由|契約後に後悔しないために
auひかりエリア外
auひかりが使えない方におすすめする厳選回線|速度重視&割引豊富