auひかり乗り換えガイド> auひかり基礎知識>LANケーブル

LANケーブルで回線速度が変わる!?器具で変わる速度を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

「インターネットが遅い」
「1Gbps契約なのに100Mも出ない」 auひかりやフレッツ光など、最大1Gbps以上の高速インターネットサービスを利用しているのに速度が出なくて困っていませんか?
もしかすると、LANケーブルが古いことが原因かもしれません。
実はインターネットの通信速度は、LANケーブル1本に大きく左右され、 LANケーブルを買い換えるだけでインターネットの速度が向上する可能性がある のです。

そこで今回はLANケーブルの違いや通信速度について解説し、加えてWiFiルーターの性能についても解説します。
ネットの速度が遅くて不満を感じている方はぜひチェックしてください。

ネットの速度は遅いものに統一される

はじめに、インターネットの通信速度は経由する機器の一番遅い規格に統一されるということを押さえておきましょう。

auひかりの最高速度1Gbpsは、家に入るまでの規格上の最大速度です。
電柱からONU(黒い箱)までの理論値が最大1Gbpsであり、実際の速度は半分以下になります。
速度が低下する理由は「フレッツ光とauひかりはココが違う!速度や料金、スマホ割を徹底比較」で解説していますので、詳しく知りたい方は合わせてチェックしてください。

さらにONUからホームゲートウェイ、WiFiルーターなどはLANケーブルで接続しますよね。

仮にONUまでの通信速度が500Mbps出ている場合、ホームゲートウェイやWiFiルーターまでのLANケーブルが最大100Mbpsの速度だとどうなるでしょう?

500Mbps出る
100Mbpsになる

答えは△任后どんなに早いインターネット回線を契約しても、一番遅いLANケーブルに足を引っ張られて100Mbpsになってしまうのです。
ちなみに、BフレッツやADSLを契約した時に付属してきたLANケーブルの通信速度は最大100Mbpsです。
Bフレッツの最高速度が100Mbps、ADSLの最高速度が50Mbpsなので、LANケーブルは100Mbpsあれば十分だったからです。

また、ご自身で買い換えたことがある方も、通信速度を気にせず購入した場合は100MbpsのLANケーブルの可能性があります。

家電量販店で購入する時、普通は「必要な長さで一番安い」LANケーブルを選びますよね。
最近は最安値で選んでも1Gbps対応のLANケーブルが手に入りますが、3〜4年以上前は最安値のLANケーブルは100Mbpsばかりでした。
もしこのままauひかりやNUROひかりに乗り換えると、確実に通信速度が遅いという思いをするので十分に注意してください。

↑目次へ戻る

LANケーブルと通信速度の超基礎知識

それではLANケーブルにはどういった種類があるのかチェックしましょう。
まずは次の表をご覧ください。

通信規格 対応LANケーブル 最大通信速度
10BASE-T カテゴリー3以上 10Mbps
100BASE-TX カテゴリー5以上 100Mbps
1000BASE-T カテゴリー5e以上 1Gbps
10GBASE-TX カテゴリ6以上 10Gbps

BフレッツやADSLの契約で付属しているLANケーブルは、この表の100BASE-TXを利用しているのでauひかりを契約しても通信速度を活かせないことがわかります。
auひかりなど1Gbps以上の光回線を契約する場合、必ずカテゴリー5e以上のLANケーブルを利用しましょう。
なお、10BASE-Tや100BASE-TXというのは通信速度の規格のことで、数字がそのまま通信速度のことだと思っていただいて問題ありません。

カテゴリーごとの性能

続いてLANケーブルのカテゴリーについてもう少し詳しく解説します。

LANケーブルの種類 通信速度 適合するイーサネット 推奨サービス
CAT5 カテゴリー5 100Mbps 10BASAE-T 100BASE-TX ADSL Bフレッツ
CAT5e カテゴリー5e 1Gbps 10BASE-T 100BASE-TX 1000BASE-T フレッツ光ネクスト フレッツ光ギガ auひかり(1Gbps
CAT6 カテゴリー6 1Gbps 10BASE-T 100BASE-TX 1000BASE-T 1000BASE-TX NURO光
CAT7 カテゴリー7 10Gbps 10BASE-T 100BASE-TX 1000BASE-T 1000BASE-TX 10GBASE-T auひかり,X NURO光(10Gbps)

上記の比較表からわかる通り、LANケーブルはカテゴリーが大きい方が高速です。

例として高速道路を想像してください。
カテゴリー5eは1車線、カテゴリー6Aは5車線の道路です。
ここに100台の車が時速100kmで通過する場合、5車線に広がって走った方が早く通過しますよね。

利用シーンで差を感じるのは、4K画質の映像サービスを視聴する時やオンラインゲームをプレイする時でしょう。
映像サービスは再生前のローディングが大幅に短くなりますし、オンラインゲームはラグがほぼ無くなります。

ただ、auひかりの1GbpsやNURO光の2Gbpsで通信するなら、カテゴリー6のLANケーブルで十分でしょう。
それ以上のカテゴリーは、auひかりV以上の契約をする方や速度を追求する方以外は差を感じることが無いからです。

LANケーブルのカテゴリーを確認する方法

LANケーブルのカテゴリーについて解説しましたので、ここで利用中のLANケーブルのカテゴリーを確認する方法を解説します。
一番確実な方法はLANケーブルのパッケージの表記を確認することです。パッケージには1000BASE-Tなどの通信規格や「CAT5e」といった表記で正確なカテゴリーが明記されています。
ただ、利用中のLANケーブルのパッケージは普通捨てていますよね。さらにネットの契約に付属しているLANケーブルはそもそもパッケージがありません。

精度は少し落ちますが、次の2つの方法でカテゴリーをある程度絞り込むことが可能です。
利用中のLANケーブルのカテゴリーがわからない方は、ぜひ参考にしてチェックしてください。

ケーブル本体の記載をチェック

サンワサプライやエレコムなど、LANケーブルのメーカーによってはケーブル本体にカテゴリーが表記されています。
ただし、カテゴリー5もカテゴリー5eも統一して「CAT5」と描かれることから、本体表記だけで正確な判別はできません。

ケーブル本体に「CAT6」以上が表記されていればそのまま利用して問題ありません。
表記がない場合や「CAT5」の表記の場合は、次の通信速度で推測する方法も試してください。

有線の通信速度から推測

この方法はauひかりやNURO光など、1Gbps以上のインターネット契約をしている方のみ利用できます。
ホームゲートウェイからパソコンまでカテゴリー不明のLANケーブルで接続し、通信速度を測定することでカテゴリーを推測します。
測定にはスマホの回線速度測定アプリでおなじみのOoklaのWebサイトを使うといいでしょう。

Ooklaの回線速度測定サイト

速度判定の結果によって、大まかにLANケーブルのカテゴリーが推測できます。
100Mbps以下:カテゴリー5以下の可能性大
100Mbps〜200Mbps以下:カテゴリー5eの可能性大
200Mbps以上:カテゴリー6以上の可能性大

なお、テストする時間帯によっては、インターネット回線全体が混雑していることもあります。
土日や平日18時以降は利用者が多くなるので、できるだけ日中に測定するといいでしょう。

【LANケーブルの基礎知識のまとめ】

↑目次へ戻る

LANケーブル買い替えガイド

ここからは利用中のLANケーブルがカテゴリー5以下の方が買い換えるときの選び方や注意点を解説します。
Amazonなどのネットショップや家電量販店でLANケーブルを見ると、カテゴリー以外にも様々な違いがあります。

これらの違いも押さえておくと、よりLANケーブル選びが簡単になるので購入前にしっかりチェックしましょう。

ストレートとクロスの違い

最近はクロスLANケーブルの商品数は減りましたが、パッケージを見ていると「ストレート」と「クロス」という表記があります。
通常クロスの方が高いのであえて選ぶ方はいないと思いますが、インターネットの配線で利用する場合、必ず「ストレート」を選んでください。

ストレートLANケーブルの用途

ストレートLANケーブルは、通常のインターネット環境を構築する場合に利用するLANケーブルです。

基本的にルーターやハブを介した一般的な接続方法はストレートLANケーブルしか利用できません。

クロスLANケーブルの用途

クロスLANケーブルは、ハブやルーターを介さずにパソコン同士を直接接続する場合に利用します。
【クロスLANケーブルの使用例】

一般的なルーターを利用した環境では一切利用できないケーブルなので、間違って購入しないようにしましょうね。

単線とより線の違い

LANケーブルは、同じカテゴリーでも単線とより線があります。
1本のLANケーブルの中には8本の細いケーブルが入っています。その細いケーブルが1本の銅線になっているのが「単線」、7本の極細の銅線になっているのが「より線」です。
なお、ケーブル本体が平べったい「フラットケーブル」は基本的により線が使用されています。
それぞれ特徴があるので、配線の長さや経路に合わせて使い分けるといいでしょう。

単線 より線
速度減衰 少ない 多い
折り曲げ 硬い 柔らかい
最大距離 100m (30m以内推奨) 20m (10m以内推奨)

単線はケーブルが硬く、「くの字」に折り曲げて配線する場合などには向きませんが、1本の銅線なので距離が長くなっても速度減衰が少ない特徴があります。
一方、より線は簡単に折り曲げできる柔らかいケーブルですが、速度減衰が大きく10m以上になるとかなり遅くなってしまいます。

ONUからWiFiルーターなどの近距離の配線には必ず単線の0.3m〜0.5mのケーブルを用い、WiFiルーターからパソコンなどの配線は距離や経路に応じたLANケーブルを選ぶといいでしょう。

↑目次へ戻る

WiFiルーターでも速度に雲泥の差が出る

最近はパソコンを利用せず、スマホやタブレットをメインに使っている方も多いですよね。
こうした機器はWiFi接続ですが、古いWiFiルーターをそのまま利用していませんか?

実は、ADSLやBフレッツ、フレッツ光ネクストが主流の頃に用意したWiFiルーターを利用している場合も、1Gbpsが無駄になっている可能性があります。
さらにWiFiの電波の性質上、設置場所が悪いと高性能ルーターを利用していても「WiFiが遅い」と感じる方もいます。
そこで、ここからはWiFiルーターの基礎知識とWiFiが遅い場合の対処を解説します。

auひかりをWiFiで使うと遅くなる?auひかりを快適に利用する方法!

WiFiの最低限必要な知識と通信速度

まずはWiFiの電波の種類について確認しましょう。
一言でWiFiと言っても細かな規格が別れていて、新旧合わせて6種類が利用されています。

規格 周波数帯 最大通信速度 特徴
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps 電波干渉を受けやすい 障害物に強い
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps 電波干渉を受けにくい 障害物に弱い
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps (150Mbps × 4) 電波干渉を受けやすい 障害物に強い
5GHz 600Mbps (150Mbps × 4) 電波干渉を受けにくい 障害物に弱い
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps (833Mbps × 8) 電波干渉を受けにくい 障害物に弱い
IEEE802.11ax 2.4GHz 1.14Gbps 電波干渉を受けやすい 障害物に強い
5GHz 9.7Gbps 電波干渉を受けにくい 障害物に弱い

最大通信速度に注目すると、IEEE802.11a以下の規格では光回線を利用してもWiFi接続の機器は全く通信速度が出ないことがわかります。
また、表示はあくまで最大速度なので、実際に通信する場合は他の家電製品の電波干渉や障害物の影響で半分以下の速度まで低下します。

【サービス別オススメWiFiルーター】

1Gbpsの最適無線LANルーターを選ぶポイント

なお、11ax規格のルーターは現在ドラフト対応(仮対応)です。
11ax規格が正式リリースされる時に内容が変更される可能性がゼロではない点に注意してください。
さらに、現在発売中のスマホやパソコンは、まだ11axには非対応です。
今後発売される機種は順次対応するので、今11ax対応ルーターを購入する場合は先行投資と考えておきましょう。

また、WiFiルーターは電波の規格ごとに周波数が決まっています。
2.4GHzは障害物の貫通力が強く、1階から2階まで飛ばす場合でも問題ありませんが、5GHzより通信速度が遅めです。
一方、5GHzは通信速度が早くて快適なのですが、障害物の貫通力が低いため離れた部屋ではかなり電波が弱くなってしまいます。

iPhoneで利用する感覚では、WiFi強度が半分までなら5GHzの電波の方が快適で、それ以下のWiFi強度では2.4GHzに繋いだ方が快適に使えます。

いずれにせよ、ADSLやBフレッツが主流の頃のWiFiルーターは確実にIEEE802.11a以下の規格です。
いつから利用しているか不明な場合、必ず筐体の型番で検索し、どの電波に対応しているのかチェックしてください。

auひかりで利用するなら、最低でもIEEE802.11nを採用したWiFiルーターを用意しましょう。
ちなみに、代理店「アウンカンパニー」のキャンペーンでIEEE802.11ac対応のWiFiルーターが貰えます。
普通に購入すると1万円弱するので、auひかり申し込みと同時に用意する方はキャンペーンで貰ってしまうのも一つの手でしょう。
アウンカンパニーのキャンペーン

アンテナ付きルーターは電波が強いわけではない

通信速度の改善のためにWiFiルーターを買い換えようと思うと、必ず気になるのが「アンテナの有無」ですよね。
アンテナが突き出たモデルの方が強い電波を出すように感じて購入する方が多いのですが、実は電波の強度はどのルーターもほとんど変わりません。

ルーターから突き出しているアンテナは、「指向性アンテナ」であってWiFiの出力を強くしているのではないのです。
つまり、電波が強いわけではなく、届きにくい部屋へアンテナを向けて設置することで、電波が届ききやすいようにしてくれるルーターだということです。

もし、今まで利用していたWiFiルーターで届かない部屋があったのなら、アンテナ付きのWiFiルーターは有効な選択肢です。
逆にどの部屋でも問題なく使えている方は、アンテナ付きのWiFiルーターのメリットを感じる可能性は低いと言えるでしょう。

WiFiルーターの設置位置で速度が変わる!

WiFiルーターの電波の種類でも解説しましたが、WiFiの電波は周波数によって電波干渉や障害物の突破力に違いがあります。
そのため、のキャンペーンをチェック!WiFiルーターの設置場所によっては、WiFiの電波が常に妨害されていることになります。

光回線の引き込み場所がこれらの家電製品の側の場合、発信源で既に電波干渉で妨害される可能性が高いので避けたほうが無難でしょう。
「リビングでは大丈夫なのに、他の部屋だと繋がらない」
「ルーターと同じ部屋なのに電波が弱い!」
そう感じる方は、WiFiルーターの周囲にある家電製品をチェックし、場合によってはWiFiルーターの設置場所を移動してみましょう。

また、特定の部屋だけ繋がりが悪い場合はWiFiルーターとその部屋の間で電波が妨害されている可能性があります。

WiFiの電波は意外と干渉を受けるので、「WiFiが遅い」「電波が届かない」と感じている方はぜひ設置場所を移動させてください。

↑目次へ戻る

契約中のサービスが遅い場合もある

ここまでLANケーブルとWiFiルーターを変えると通信速度が向上する可能性を解説しました。
LANケーブルもWiFiルーターも新しい規格の機器なのに遅いという場合、契約しているインターネットサービス自体が低速化している可能性もあります。

契約している事業者に関わらず、個人向けの光回線は最大32分岐される可能性があり、契約者が多い地域では遅くなりがちです。
また、ドコモ光やソフトバンク光など、フレッツ光の回線を流用した『コラボ光』では、NTTから卸売された分しかキャパシティがありません。

サービスシェア
出典:MM総研「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2017年9月末時点)」

上の図はMM総研が調査したインターネット事業者のシェアです。
フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光を合わせると半数以上になり、NTTの光回線はかなり多くの人が利用していることがわかります。
一方、auひかりは15%前後のシェアを獲得、NURO光に至っては「その他」の中に入っている状況です。

関連記事
auひかりの実際の速度はどのくらい?

このことから、回線の分岐や混雑が原因での速度低下を避けるなら、auひかりやNURO光が一番安定して利用できるということがわかります。
また、利用料金を考えても、auひかりやNURO光の方がお得に利用できます。

【ネット料金の比較(戸建)】
フレッツ光 auひかり NURO光
ネット利用料 6,000円 5,100円 4,743円
固定電話 500円 500円 500円
合計 6,500円 5,600円 5,243円

さらにauひかりやNURO光に新規契約をすると高額なキャッシュバックがもらえます。
auひかりのキャンペーンに関しては、auひかり代理店比較こちらで解説していますので、気になる方は合わせて読んでみて下さい。
現在の通信速度に不満がある方は、回線の乗り換えも検討しましょう。

↑目次へ戻る

LANケーブルとWiFiルーターを確認して快適なネット環境を!

今回はLANケーブルやWiFiルーターの基本的な知識を通して、インターネットの速度改善について解説しました。

1Gbps以上のインターネット契約をしても、利用しているLANケーブルやWiFiルーターが遅いと意味がありません。
ぜひ今回の記事を参考に、利用しているLANケーブルとWiFiルーターを見直して快適なネット環境を手に入れてください。

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
WiMAXのキャンペーン比較
【WiMAXキャンペーン比較】回線速度はどれも全く同じ!月額料金とキャッシュバックキャンペーンで選ぶのがポイント
1Gbpsってどのくらい?
1Gbps光ファイバー!1ギガって結局どのくらいの速度?YahooのトップページやYoutubeの動画のダウンロード時間を計算してみました
インターネットで必要な速度
インターネットの速度はどのくらい必要?ネットサーフィンや動画視聴に必要な通信速度について
モバイルWi-Fiとauひかりを比較
モバイルWi-Fiは遅い?auひかりとモバイル回線を比較!速度制限や通信速度にここまで違いがあった