auひかり乗り換えガイド> auひかり設定>無線LANルーター購入のポイント

1Gbpsの最適無線LANルーターを選ぶポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
auひかりでは最大1Gbps(1000Mbps)でデータの送受信を行います。そのため、質の悪いルーターや、数年前に購入したルーターを 使っている場合、回線側の速度に追いつかず、本来の速度が出ない場合があります。
このページではauひかりのような高速回線に適したルーターを選ぶポイントを紹介します。

無線LANの規格

現在一般的に利用されている無線LANの規格は以下の5つです。

IEEE802.11/b
IEEE802.11/g
IEEE802.11/a
IEEE802.11/n
IEEE802.11/ac


すべてIEE802.11と呼ばれる規格で、その中でさらに、ac/n/a/g/bと言ったアルファベットで規格が分かれています。
では実際にどう違うのでしょうか?

簡単に言えば速度が違います。
通信速度が遅い順から
b → a,g → n → ac



上記をご覧の通り、現在最大1Gbps(1000Mbps)に対応した無線LANルーターは11/ac規格のみとなります。
ただ、ご存じのとおり、インターネットサービスの速度は、どのサービスを使っていても、最大速度は出ません。 最大1Gbpsの回線を使っていても、実際の速度は100〜300Mbps、運が良ければ500Mbps以上ってとこです。
しかし、それはWi-Fi接続も同じで、1Gbps対応の無線LAN機器を使っても1Gbpsの速度が出るわけではありません。 それでも、より速い通信速度を出せる無線LANルーターの方が、実際の速度も出やすいのため、お勧めします。

もう一つ違いは使用している周波数帯が違います。無線LANでは2.4GHz帯と5GHz帯の2種類の周波数が使われています。
規格周波数帯
IEEE802.11/b2.4GHz
IEEE802.11/g2.4GHz
IEEE802.11/a5GHz
IEEE802.11/n2.4GHz及び5GHz
IEEE802.11/ac5GHz

それでは、この2.4GHz帯と5GHz帯では何が違うのでしょうか?
2.4GHzは電子レンジなどの家電製品にも多く使われており、電波の干渉を受けやすい特徴があります。
そのため、近所に住んでいる人の無線LANの電波や、家電製品からの電波と干渉し無線LANの速度低下につながりやすいと言われています。

一方5GHz帯は利用されている家電製品も少なく電波干渉を受けにくい特徴があります。
そのため、より本来の速度に近い通信ができます。

まとめ
上記の点から、auひかりのような高速回線には1Gbps以上の速度及び、5GHz帯に対応したWi-Fi機器がお勧めです。
そのため、一番のお勧め機器はIEEE802.11/acに対応した無線LANルーターとなります。 。


無線LAN Wi-Fiルーターのメーカー

ルーターを製造しているメーカーはたくさんあり、どこのメーカーが良いのか一番迷うところです。

当サイトとしては、NECまたはバッファローのルーターをお勧めします。
理由としては以下の二つが上げられます。

ファームウェアがしっかりしている

ファームウェアとはルーターのすべての機能を管理しているソフトウェアです。パソコンで言えば、WindowsのようなOSに当たります。
NECとバッファーはファームウェアの質で定評があります。 例えば、本来推奨されないネットワーク環境などでも安易に接続が出来たりするため、なかなか接続が出来なくて困る事も最小限に抑える事ができます。
そのため、より高速で安定したインターネット通信が可能です。

メーカー独自のWi-Fi設定ツールが世間的に広く利用されている

Wi-Fi設定の設定には大まかに2種類あります。

1つ目は、パソコンやスマートフォンなどに元々備わっている無線LANの制御機能を使って手動で設定する方法です。
メリットとしては無線LANメーカーごとに違う設定方法を行う必要がありません。

もう1つは無線LANメーカーが独自に提案している設定方法です。
NECではらくらく無線LANスタート、バッファローではAOSSが、これにあたります。

面倒なネットワークキーの入力などが不要で簡単に、接続設定が出来るように工夫されています。

NECやバッファローで使われている、らくらく無線LANスタートとAOSSはパソコンやスマートフォンだけでなく、 Wi-Fi接続に対応してゲーム機などでも広く使われているため、より簡単にWi-Fi設定を行うことが出来ます。

NECとバッファローのWi-Fi 無線機器を使うメリット
NECやバッファローはファームフェアがしっかりしており安定した接続が出来る。
メーカー独自のWi-Fi設定ツールが一般的に広く使われている

NECの実装速度

特に、NECとバッファローでは、NECの方がお勧めです。 理由として、NECのルーターはメーカーが提示しているスループットが高い事があげられます。

スループットとは、無線LANメーカーが独自で計測した、通信速度に関する実際の値です。
ご存じのとおり、無線LANの速度は、回線の速度同様、提示されている最大速度は出ません。 実際は、周りの環境などに左右され速度が低下してしまいます。

NECのスループットは同じ最大速度を持つバッファローのルーターと比べて倍以上の高い数値を出しています。
そのため、同等レベルのWiFi 無線LANルーターであれば、バッファローよりもNECの方がお勧めです。

お勧めの無線LANルーター

上記の説明から、NEC製IEEE802.11/ac帯に対応しているWiFi 無線LANルーターがお勧めします。

またテレビなども無線で接続したい場合などへの対応として、イーサーネットコンバーター機能が付いたルーターもいいでしょう。
2台セットとなり、1台は子機として利用する事も可能で、無線LAN子機を持たないテレビにも接続する事が出来ます。

また、一戸建てなど、広い自宅に住んでいる方は中継機能が付いた機種もお勧めです。
2台目を中継器として利用する事が出来るため、1階と2階で電波状況が悪い場合などにも役に立ちます。

実際の購入について

WiFi 無線LANルーターは電気量販店などで購入できます。
しかし、電気量販店の場合、価格がある程度、高めに設定されているのも事実です。

パソコンやネットワーク機器は一般的に、どこで購入しても手に入る物は同じなので、 価格が比較的安い、インターネットショッピングを利用してい購入する事をお勧めします。

amazonなどのインターネットショッピング専門サイトなどで購入すれば、電気量販店と比べて、2〜3割ほど安く購入できます。

NEC Wi-Fi 無線LANルーターお勧めベスト3
NEC Aterm WG2600HP 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯)

WG2600HPはNECの中でも最高級レベルのWi-Fiルーターです。値段は少々張りますが、高くてもとにかく高速な通信にこだわる人には最もお勧めです。

NEC Aterm WG1800HP2 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯)

上記のWG2600HPと機能的にはほとんど変わりありませんが、スピード面で約6割り程度の実行速度となっています。

NEC Aterm WG1200HP 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯)

11/acのスターンダードモデルです。中継機能が付いているので2台購入すれば広めの一戸建てやマンションなどで重宝します。
auひかり設定へ戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加