1. ホーム

このサイトはアフィリエイト広告によって運営されています

ソフトバンク光を乗り換えたい方必見!auひかりが選ばれる理由とは?

ホーム

auひかりとソフトバンク光の比較

NTTのフレッツ光とKDDIのauひかりは、日本のインターネット業界を支えてきた代表格とも言える存在です。

しかし、2015年より、NTTの光回線設備を利用した光コラボレーションサービスがスタートしたことによって、携帯三大キャリアであるソフトバンクも「ソフトバンク光」で回線事業へ参入してきました。

当記事ではauひかり、ソフトバンク光の主な違いを解説したうえで、通信速度、月額料金、スマホとのセット割、キャンペーンを比較しました。

最後に2社の中から最適な光回線を選ぶポイントも解説しているので、光回線選びで迷っている方はぜひご覧ください。 

auひかり、ソフトバンク光の違い

auひかり、ソフトバンク光の月額料金や通信速度を比較する前に、この2社の大きな違いについて解説します。

対応エリアや乗り換え時の費用などにも影響する大きな違いなので、契約を検討する前にぜひチェックしておきましょう。

ソフトバンク光はフレッツ光の『光コラボ』

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、NTT東日本/西日本が運営するフレッツ光の回線を流用する光コラボレーション(光コラボ)の1つです。

フレッツ光と同じ回線を利用しているため、基本的に対応エリアや回線の品質はフレッツ光や他の光コラボと同じです。

この光コラボにフレッツ光から乗り換える場合は『転用』、他の光コラボから光コラボへ乗り換える場合は『事業者変更』といい、通常の光回線の乗り換えとは違う点がいくつかあります。

■転用/事業者変更のメリット

  • 撤去工事・設置工事が不要
  • 光電話の電話番号を引き継げる
  • 【転用時のみ】フレッツ光の解約違約金なしで乗り換えられる

転用や事業者変更の場合、乗り換え先でも同じ回線・機器を利用できるため基本的に工事なしで乗り換え可能です。

設置工事費も発生しないため、通常の乗り換えよりも手間と費用の両方を抑えられます。

更に、フレッツ光からソフトバンク光への乗り換える場合、更新月以外のタイミングで乗り換えてもフレッツ光の解約違約金が発生しません。

解約違約金を気にして更新月まで待たなくても、好きなタイミングで乗り換えられるわけですね。

※フレッツ光とは別に契約しているプロバイダを変更する場合、プロバイダの解約違約金が請求される場合はあります。

また、転用や事業者変更の場合でも、窓口によってはキャッシュバックなどのお得なキャンペーンを利用できます。

「手続きや費用の負担が大変そうだから」と乗り換えを断念しているフレッツ光ユーザーの方も、ソフトバンク光への乗り換え(転用)なら手間と費用を節約できます。

なお、新規契約で開通工事が必要となった場合、31,680円の工事費が発生しますが、2024年06月現在、ソフトバンク光では 工事費実質無料キャンペーン がおこわれているので、工事費に関する心配もありません。

auひかりはKDDIが独自に提供する光回線

auひかりはKDDI独自の光回線

KDDIが運営するauひかりは、KDDIが独自に提供してる光回線です。

独自の光ファイバー網を持っているため、ネット回線が混雑する時間帯でも影響を受けにくく、安定した速さに定評があります。

注意点としては、光コラボではないため、フレッツ光や光コラボからauひかりに乗り換える際は、転用/事業者変更扱いにならないという点です。

具体的にはフレッツ光から乗り換える際、ソフトバンク光などの光コラボとauひかりでは次のような違いがあります。

■ソフトバンク光と比較した時のauひかり乗り換えの注意点

  • auひかりの設置工事が必要(※工事費は実質無料)
  • 更新月以外のタイミングで乗り換えるとフレッツ光の解約違約金が発生する
  • フレッツ光で発番した電話番号は継続できない
  • 対象エリアがフレッツ光と違う

auひかりへの乗り換えは工事が必須!工事費は実質無料

フレッツ光や光コラボからauひかりに乗り換える場合、開通工事が必要になります。

auひかりマンションタイプの工事は立ち合い必須?』でも解説の通り、マンションでは建物の設備次第で工事不要になるケースもありますが、戸建て向けプランは立会いを伴う工事がおこなわれます。

開通工事は、申し込みから工事完了まで1~2ヶ月ほどが目安と考えておいたほうが良いでしょう。

また、工事費については、戸建て…41,250円、マンション…33,000円とソフトバンク光よりも高額ですが、KDDI公式の『初期費用相当額割引』キャンペーンにより実質負担額無料になります。

具体的には、設置工事費の分割払い金と同額分が月額料金から割引されます。

■初期費用相当額割引キャンペーン

  • 戸建て:628円×60ヶ月
  • マンション:1,434円×24ヶ月

なお、工事費実質無料以外にも、申し込みする窓口によっては追加で割引などが適用されます。
例えば、auひかりのプロバイダとして人気の高いSo-netでは3年間で総額97,664円の割引が適用されます。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • 月額料金
    ホーム:5,390円(初年度980円
    マンション:4,180円(初年度980円
  • キャンペーン特典
    戸建て:総額97,664円還元
    マンション:総額77,859円還元
    ※割引+キャッシュバック金額

フレッツ光で発番した電話番号は継続できない

ソフトバンク光に転用や事業者変更で乗換えた場合、ひかり電話で使用していた電話番号はそのまま引き継ぐことができます。

一方、auひかりへ乗り換える場合、電話番号を引き継げるケースと引き継げないケースがあります。

■auひかりへ乗り換える際の電話番号の引き継ぎ

  • もともとNTTの一般加入電話で発番した番号 → 引き継ぎ可
  • 他社の光回線で発番した電話番号 → 引き継ぎ不可

auひかりへ引き継げるのは、NTTの一般加入電話(※アナログ電話)で発番した番号になります。

フレッツ光や光コラボなど光回線を契約した際に発番した電話番号については、auひかりへ引き継ぎできません。

対象エリアがフレッツ光と違う

auひかりはフレッツ光と違う光ファイバー網を利用しているため、提供エリアもフレッツ光や光コラボと異なります。

光コラボであるソフトバンク光は全国規模で利用できるのに対し、auひかりの戸建て向けプラン(ホームタイプ)は下記のエリアでは契約できません。

auひかりホームタイプ提供NGエリア

  • 中部…静岡、愛知、岐阜、三重
  • 関西…大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 沖縄

上記のエリアでもマンションタイプの方は契約可能ですが、沖縄はauひかり自体が申込めないので注意しましょう。

auひかり、ソフトバンク光の比較

auひかり、ソフトバンク光の料金や通信速度、キャンペーンを比較してみました。

比較して見えてきた結果は、下記の通りになります。

auひかりとソフトバンク光を比較した結果

  • 通信速度…auひかりが有利
  • 月額料金…2社ほぼ同じ
  • セット割…2社とも同じ
  • キャンペーン…auひかりが有利

通信速度の比較

通信速度の比較

まず、通信速度について比較しました。

■最大速度の比較
  auひかり ソフトバンク光
戸建て 1Gbps
※一部地域では5Gbps、10Gbps
1Gbps
※一部地域では10Gbps
マンション 100Mbps~1Gbps 100Mbps/1Gbps

利用者の多い標準プランの最大速度は、2社とも下り最大1Gbpsとなっています。

マンションの場合は、どちらのサービスも建物内にある共有部分の設備によっては最大100Mbps~1Gbpsと利用できる最大速度が上下しますが、提供している最大速度に違いはありません。

ただ、最大速度はあくまで理論上の数値になり、実際に利用できる実行速度には差が生じます。

2社の実行速度の平均を比較
サービス 上り 下り
auひかり 269.11Mbps 376.98Mbps
ソフトバンク光 189.63Mbps 295.79Mbps

▲通信速度測定・比較サイト『みんそく』より

なぜ、同じ最大速度のサービスにも関わらず、実行速度に大きく差が出てしまうのでしょうか。

それはauひかりが所有する独自のネットワーク設備による違いからです。

auひかりが速い理由

2社のサービスに限らず、ネット回線の仕組みは最大1Gbpsなどの設備を多くの利用者で共有しています。

そのため、個人個人の速度はかなり低下してしまい、利用者が集中する夜の時間帯などには、速度低下の傾向が著しく見られます。

auひかりの最大速度はソフトバンク光と同じ1Gbpsですが、大きく異なる部分として設備を共有する人数をソフトバンク光より極端に少なくしている点です。

ソフトバンク光などNTT関連のサービスでは、1つの設備を定員ギリギリまで共有してサービス提供しています。

一方、auひかりでは設備のパフォーマンスが下がらない程度の人数で共有するため、速度の安定や品質が非常に高いレベルで保たれます。

また、現状利用人口もNTT回線に比べて少ない影響もあり、回線の混雑が起きにくくなっているのです。

ただ、どんなインターネットサービスでも「ベストエフォート型」という方式であり、 最大速度に近づく努力をしているだけです。
最大速度が出る訳ではないことを理解しておきましょう。

なお、auひかりの速度についての口コミをauひかり速度に関する評判の記事でご紹介していますので、興味のある方はあわせてチェックしてみてください。

月額料金の比較

月額料金の比較

auひかり、ソフトバンク光のどちらも建物や契約年数によってプランが分かれています。

当然、料金体系もそれぞれ異なりますが、結論として金額に大きな違いは見られませんでした。

auひかりの料金

auひかりの戸建てタイプは、契約期間のない「標準プラン」、2年契約の「ギガ得プラン」、3年契約の「ずっとギガ得プラン」の3つです。
ずっとギガ得プランのみ、使う年数によって月額料金が変動します。

戸建てタイプの月額料金
標準プラン
※契約期間なし
6,930円
ギガ得プラン
※2年契約
5,720円
ずっとギガ得プラン
※3年契約
5,610円(1年目)
5,500円(2年目)
5,390円(3年目)

なお、ギガ得プラン、もっとギガ得プランは契約更新月以外に解約すると解約金が発生します。
ギガ得プランの解約金は4,460円、もっとギガ得プランの解約金は4,730円です。

標準プランは解約金こそ発生しませんが、基本料金がかなり割高になってしまいます。

マンションプランにおいては部屋数や集合住宅の設備によってタイプと料金が決まっているため、個人でプランを選ぶことは出来ません。

マンションタイプ
LAN配線 3,740円
VDSL配線 4,180円
光配線 5,500円

また、マンションプランの場合、2年契約であるお得プランA・お得プランで申し込みをしない限り、契約期間が存在しないのでいつでも無料で解約することができます。

しかし、お得プランA・お得プランを付けないと月額料金が割高になってしまうので注意してください。

auひかりのマンションに関する料金等の詳細は『auひかりのマンションタイプの料金は?』にて詳しく解説しています。

ソフトバンク光の料金

一戸建ての場合、定額制のファミリータイプか、あまりインターネットを使わない方向けのファミリータイプ・ライトという従量制のプランとに分けられます。

■戸建てタイプの月額料金
ファミリータイプ(5年契約) 5,170円
ファミリータイプ(2年契約) 5,720円
ファミリータイプ・ライト
(従量制)
4,290〜6,160円

ファミリータイプは、5年契約と2年契約に分かれており、5年契約の方が長期契約のため割安です。
これは一見、auひかりの ずっとギガ得プラン3年目の料金よりも安い設定に感じます。

しかし、契約更新月以外に解約した場合の解約金は、2年契約5,720円、5年契約16,500円となっているため、ランニングコストは抑えられますが、解約時のリスクは大きいと言えるでしょう。

また、auひかりには無いプランとしてファミリータイプ・ライトがあります。
これは従量制のプランのため、インターネットの利用頻度が極端に少ない方には最適なプランです。

しかし、定額制並みに使ってしまうと逆に高くなってしまう危険性があります。
よく有りがちなのが、パソコンでの接続が従量制の対象と誤解してしまうことです。

Wi-Fiを使ってスマホ等の端末でネット閲覧をしても使用量としてカウントされるため、気づかないうちに定額制並みに使ってしまうという事例も起こっています。

■マンションタイプの月額料金
2年更新 4,180円
通常プラン 5,390円

なお、マンションプランにおいては、2年の自動更新を組むかどうかだけになるので、auひかりよりも分かりやすい仕組みになっています。

5Gbps以上の高速プランの比較

auひかり、ソフトバンク光では一部地域の戸建てを対象に、標準的な1Gbpsのプランよりも通信速度が速い高速プランも提供しています。

高速プランの通信速度は、ソフトバンク光で下り最大10Gbps、auひかりは下り最大5Gbpsまたは最大10Gbpsとなります。

それぞれの高速プランの月額料金を比較してみました。

■高速プランの月額料金の比較
  auひかり ソフトバンク光
速度
  • 5Gbps
  • 10Gbps
10Gbps
月額料金
  • 5,940円~6,160円
  • 6,798円~7,018円
5,720円~7,480円

auひかりとソフトバンク光では、高速プランを契約した最初の2~3年目は割引が適用されるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン割引により、『ソフトバンク光 ファミリー・10ギガ』は最初の24ヶ月間は1Gbpsプランと同じ月額料金で利用できます。

一方、『auひかり ホーム5ギガ』は最初の割引期間終了後も最大でも月額6,160円と標準1Gbpsとあまり変わらない料金で利用できます。

「速い方がいいけれど、最速であることにはこだわらない」というauユーザーならコスパのいいプランと言えるでしょう。

スマホとのセット割の比較

セット割の比較

スマホのセット割とは、特定の光回線とスマホを同時に契約することで、契約者とその家族のスマホの月額料金の割引を受けられるサービスです。

auひかりでは『auスマートバリュー』、ソフトバンク光では『おうち割 光セット』という名前で、同じキャリアのスマホとのセット割を行っています。

基本的に、どちらの事業者も契約中しているデータ容量によって550~1,100円の割引が可能になり、割引額に大きな差はありません。

なお、2021年以降に提供開始されたスマホ無制限プランにおいても、両社共通で1,100円/月の割引額となっています。

auとソフトバンクのセット割は月額550円のオプション加入が必要

auとソフトバンクのセット割の適用には、月額550円のオプション加入が必須となっています。

■セット割適用に必要なオプション

  • auひかり:auひかり電話(月額550円)
  • ソフトバンク光:下記の3つ全て(合計月額550円)
    • 光BBユニットレンタル
    • Wi-Fiマルチパック
    • ホワイト光電話 / 光電話(N)+BBフォン / BBフォン のいずれか

複数台のスマホを契約している場合は、オプション料よりも割引額の方が大きくなる可能性が高いので加入するメリットはあります。

また、auひかりは公式プロバイダであるSo-netなど、申込む窓口によってauひかり電話の月額料金を60ヶ月無料にできるキャンペーンを実施しています。

光電話無料
So-netが実施中のauひかり電話無料特典!

キャンペーンを上手く活用することで、固定電話の月額料金の心配もなくなるでしょう。

キャンペーンの比較

キャンペーンの比較

最後に比較するのは、auひかり、ソフトバンク光で契約時にもらえるキャッシュバックキャンペーンの金額です。

それぞれ、手軽にもらえてキャッシュバック額が高いと評判の窓口のキャンペーンを比べてみました。

■キャンペーン比較
  auひかり ソフトバンク光
窓口 So-net auひかり 代理店STORY
キャッシュバック額
  • 戸建て:総額97,664円割引
  • マンション:総額77,859円割引
  • 新規:40,000円
  • 転用:19,000円
  • 工事費相当分31,680還元
光電話 任意 任意

上記で紹介している窓口は、すべて有料オプション加入なしで高額キャンペーンが対象となるトップクラスの窓口です。

ただ、キャッシュバックではありませんが、キャンペーンの還元金額で選ぶのであれば、 auひかり が有利となるでしょう。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • 月額料金
    ホーム:5,390円(初年度980円
    マンション:4,180円(初年度980円
  • キャンペーン特典
    戸建て:総額97,664円還元
    マンション:総額77,859円還元
    ※割引+キャッシュバック金額

auひかりには公式プロバイダと代理店という2パターンの申込み窓口が存在します。

代理店では10万円を超えるようなキャッシュバンクキャンペーンなどを宣伝している窓口もあり、パッと見では非常にお得そうに感じられます。

しかし、キャッシュバックの条件として有料オプションの加入を多数義務づけ、結果的に月額料金が割高になって損をしてしまうケースがほとんどです。

そのため、リスク無くauひかりをお得に申し込むのであれば公式プロバイダが実施しているキャンペーンを利用するのがベストと言っていいでしょう。

auひかりの公式プロバイダは8社存在しますが、2024年06月現在もっとも高額還元をしているのがSo-netです。

So-netでは無条件にて戸建て…総額97,664マンション…総額77,859にもなる割引キャンペーンを実施しています。

キャッシュバックのように直接現金が受取れるわけではありませんが、還元額としてはauひかりの中でもトップクラスのものになり、auユーザーの6割が利用するほどの人気です。

代理店窓口にありがちな有料オプションの加入義務などの厄介な条件もなく適用されるので、損をしてしまうようなリスク無いことも嬉しいポイントですね。

ソフトバンク光とauひかりの比較まとめ

ソフトバンク光とauひかりの比較まとめ

2社を比べてみても、月額料金、携帯セット割といった料金面に関しては、ほぼ互角といったところでしょう。

ただ、auひかりは10年以上提供しているサービスに対し、ソフトバンク光はまだ始まって間もないサービスです。

そのため、カスタマーセンターが繋がりにくいなどといった風評などもありましたが、開始当初に比べるとかなり改善されてきたようです。

しかし、今回の比較から通信速度やキャンペーンの面で見るとauひかりが上回っていると言っていいでしょう。

なお、auひかりは提供エリアが限られているため、乗り換えの際には事前にプロバイダ公式サイトなどから エリア確認 が必要です。

携帯含めたキャリアチェンジを検討の方に関しては、そもそもの携帯の電波エリアも確認しておくのが良いでしょう。

2024年6月最新版 auひかりおすすめ申し込み窓口

So-net auひかり公式キャンペーン
  • 月額料金
    ホーム:5,390円(初年度980円
    マンション:4,180円(初年度980円
  • キャンペーン特典
    戸建て:総額97,664円還元
    マンション:総額77,859円還元
    ※割引+キャッシュバック金額

目次へ戻る↑
関連記事
最初にこれを知っておこう!auひかり基礎知識
ホーム
auひかりの速度の秘密や、各種割引を受ける方法などを紹介しています。auひかりに乗り換える前に是非チェックしておきましょう。また光回線とADSL、モバイルWi-Fiとの違いについて...
auひかりテレビ丸ごとガイド!地デジの視聴方法とスカパー比較 auひかりテレビ丸ごとガイド!地デジの視聴方法とスカパーとの比較まとめ
ホーム
auひかりテレビのサービス概要について解説しています。auひかりテレビでは、様々な専門チャンネルが視聴可能です。この記事では、auひかりで地上波放送を見る方法やスカパー。ひ...
通信速度の目安や対処法まとめ ネットの通信速度の目安をゲームなど用途別に解説!速度の改善方法も!
ホーム
インターネットの通信速度の目安について解説しています。ネット回線を選ぶ際、通信速度を基準に選ぶ方も多いでしょう。回線によって速度が異なるため、あらかじめ利用用途に適し...
ピカラ光とauひかりの比較 四国限定ピカラ光とauひかりを徹底比較!料金や速度、キャンペーンの違い
ホーム
四国限定インターネットであるピカラと、auひかりの料金や速度を比較しています。ピカラは、auひかりと同じauスマホとのセット割りを適用する事が可能です。そのため、四国にお住...
So-net光とauひかりの違い 【簡単解説】So-net光とauひかりの明確な違い!光コラボを徹底比較
ホーム
So-net光とauひかりは明確に違います。So-net光はSo-netの光回線の通称です。またSo-net光プラスはフレッツ光を使った光コラボです。この記事ではSo-net光プラスとauひかりの違い...