1. auひかり乗り換えガイド
  2. auひかり料金

auひかりの工事費は本当に無料?初期工事費のカラクリについて詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりの工事

インターネットの申し込みをする際、まず気になるのが初期費用でしょう。

とくに光回線の場合、実際の引き込み作業などが加わるので、高額な工事費が請求されるのではないかと心配している方も少なくありません。

このページでは、気になるauひかりの工事費や、工事費が無料になるカラクリなどについて詳しく説明します。

なお、auひかりの工事の内容についてはauひかりの工事内容と工事費をやさしく解説をご覧ください。

auひかりの工事費のカラクリ!完全無料ではない?

auひかりの工事費は完全無料ではない

結論から言うと、auひかりでは開通工事の工事費がかかります。

そもそも光ファイバーの導入には、3万円近い工事費が必要です。
しかし、インターネットを普及すべく、各回線事業者たちが無料で工事を行ってきたため、数年前から光ファイバーの導入には料金がかからないという概念がありました。

しかし、現在は自宅の固定回線と言えば光ファイバーが当たり前の時代になったため、どこの回線を使っても高額な工事費が請求されます。

auひかりの工事費は必ず請求される

auひかりの工事費は、戸建てタイプで37,500円、マンションタイプで30,000円と、決して安くありません。

工事費は分割で支払うことができ、戸建てタイプかマンションタイプかによって毎月の支払額と回数が異なります。

■auひかりの工事費
  戸建て マンション
工事費 37,500円 30,000円
分割払い 625円×60ヵ月 1,250円×24ヵ月

ギガ得プラン等で月額料金をかなり安く抑える事ができても、これでは得した気になれません。

しかし、実はこの工事費にはカラクリがあり、実質的には工事費の負担はゼロになります。

auひかりでは、ひかり電話との同時申込みで毎月最大625円×30ヶ月間の割引が適用されるキャンペーンを行っているため、工事費と同額の37,500円が割引されるのです。

さらに、ひかり電話への申し込みで月額の500円も30ヶ月間無料になります。
現在固定電話を使っている方は、ひかり電話の申し込みで、通信費の節約にもつながるでしょう。

そもそも、なぜこんなことをしているかと言うと、簡単に言えば長く使ってもらうためです。

払い終わる前にauひかりを解約してしまうと、分割で払っている工事費の残債をまとめて支払わなければいけません。

ほとんどのユーザーは工事費の分割が終わるまでは解約を先延ばしにするため、 結果として長く使ってもらう事ができるのです。

工事費の分割払いは割引で相殺
工事費の支払い分は無くなる

目次へ戻る↑

マンションタイプは開通工事をしなくても工事費が発生?

auひかりは開通工事をしなくても工事費が発生する

auひかりの申し込みでは場合によっては、ほとんど工事が必要ない場合もあります。

たとえば、マンションタイプですでにauひかりの設備が入っている集合住宅では、工事と言うほどの作業は必要ありません。

集合住宅の共有部分には、すでに光ファイバーが引き込まれており、なおかつ各部屋にも光ファイバーまたはメタル線などが配線されています。

そのため、工事業者の方がスイッチを切り替えるだけで、auひかりの開通工事が完了しまうケースがほとんどなのです。

auひかりのマンションタイプの契約プランの料金や、各契約プランごとの設備についてはauひかりをマンションで申し込むポイントをご覧ください。

また、戸建てタイプであっても、以前にauひかりを使っていた方であれば、KDDIの光ファイバーを撤去せずにそのまま残しておくこともあります。

必要な光ファイバーケーブルが既に宅内に引き込みされた状態での申し込みなので、当然工事の必要はありません。

しかし、このようにほとんど工事が必要ない状況であっても、基本的に正規の工事費が請求されます。

auひかりの工事費は「実質無料」

既にご説明した通り、auひかりの工事費は戸建てタイプで37,500円、マンションタイプだと30,000円となり、毎月の割引で相殺され実質無料となります。

auひかりでは工事の必要の有無に関わらず工事費が請求され割引で相殺されるシステムに変わりはありません。

また、auひかりだけでなく、他社の光ファイバーで申し込みをしても基本的に工事費はかかります。

たとえば、以前にフレッツ光を使っており、光ファイバーケーブルを撤去せずにそのまま残しておいたとしても、再度フレッツ光の申し込みを行えば、再度工事費が請求されてしまいます。

目次へ戻る↑

工事費無料は今や幻!工事費は必ず請求

auひかりの工事費は必ず請求

数年前までは、光回線の工事費は無料が当たり前で、 各事業者は「工事費無料!」「3ヵ月間基本料金無料!」などのお得なキャンペーンを打ち出し、多くの顧客を獲得してきました。

そのおかげで、現在日本では3世帯に1世帯の割合で光ファイバーを使ったインターネットサービスが導入されています。

しかし、数ヶ月でサービスを辞めてしまう人や、 光回線サービスの代理店による不正申し込みが相次いだため、現在はほとんどの事業者で工事費を請求し、 なおかつ最低2年間の契約期間が設けられるようになったのです。

そのため「今なら工事費無料!」「このページ限定で初期費用免除!」 などとうたっている代理店であっても、実際は無料にはなりません。

auひかりのように、月額の割引で工事費を相殺されるシステムをとっていることがほとんどのため、「工事費無料」と言っているのです。

現在では、NTTのフレッツ光をはじめ、NURO光や各電力会社のサービス、ケーブルテレビ会社などで、 数万円の開通工事費が請求されるのが一般的となっています。

それはauひかりも例外ではなく、工事費が完全に無料になっているわけではありません。

次へ戻る↑

auひかりは解約でも撤去費用がかかる?

auひかりは解約でも撤去費用がかかる

auひかりのような、光ファイバーやケーブルTV回線などで引き込んだ回線は、サービスを解約する際に撤去工事を行います。

注意点として、光ファイバーなどの回線を撤去するためには別途撤去費用がかかってしまいます。

解約時の注意事項などはauひかり解約まとめでご紹介しています。

2018年2月28日までの申し込みなら回線撤去は任意

2018年2月28日までにauひかりに申し込みしたのであれば、回線の撤去は任意となります。

事業者によって撤去費用は様々ですが、auひかりの場合10,000円の回線撤去費用が必要です。
解約の際にかかる費用としては少し高額なので、可能であれば払いたくないお金でしょう。

実は、この撤去費用を払いたくないときは、光ファイバーの撤去を行わなければいいのです。

光ファイバーは、開通工事の際に最寄りの電柱から宅内の壁に設置された光コンセントまで引き込みを行います。
しかし、解約するときは自宅に設置されたホームゲートウェイという宅内機器を光コンセントから取り外し、そのまま送り返すだけで作業は終わります。

光ファイバーの撤去を行わなくても、部屋の中に配線や機器が残る訳ではないので、光ファイバーケーブルが邪魔になることはありません。

また、光ファイバーが導入されていること自体、家の外からはほとんど分からない状態なので、それが気にならない方はわざわざ撤去工事をせずとも問題ないでしょう。

auひかりを解約する際の回線撤去は、撤去費用がかかるため必須ではありません。
どうしても気になる場合には撤去をお願いしましょう。

賃貸の場合は?

もし自宅が賃貸住宅の場合、回線撤去に関して自分では判断できません。
当然、撤去する分には自分で勝手にKDDIに依頼して撤去してしまえば問題ありません。

しかし、もし撤去費用の関係で回線撤去を行いたくない場合、大家さんの判断となります。

ただ、仮に大家さんから撤去を求められたとしても、すぐに撤去を行う必要はありません。

あまり無いケースだと思いますが、仮に同じ賃貸住宅に長期で住んでいて、将来的にauひかりに再度申し込みをする可能性があるのであれば、回線を残しておくことをオススメします。

その際、回線導入工事の必要が無いため、大きく手間を省くことが可能です。
ただし、導入工事がなくても工事費は通常通り発生します。

回線撤去は、賃貸契約を解除するまでに撤去をすれば良いので、自宅を引っ越すときまでにKDDIに撤去依頼を出しましょう。

2018年3月1日以降の申し込みなら回線撤去は必須

2018年3月1日以降に申し込みした方は、解約時に必ず回線撤去をしなければなりません。

しかも、今まで撤去費用は10,000円でしたが、金額が上がり、撤去費用が28,800円になりました。
つまり、解約時には回線の撤去費用が必ず請求されるのです。

ただ、auひかりの解約のあとに他社回線に乗り換えるのであれば、回線によっては撤去費用などの解約金を負担してくれることもあります。

多くの場合、乗り換え時に撤去費用や解約金の負担、キャッシュバックなどのキャンペーンが行われているため、そういった回線を選べば、撤去費用はそこまで負担にはならないでしょう。

目次へ戻る↑

申し込むならどこ?auひかりおすすめプロバイダ

auひかりをプロバイダから申し込むならSo-netがオススメ

auひかりは、基本的にどこから申し込んでも工事費に違いはありません。
また、毎月の基本料金やスマホとのセット割であるauスマートバリューなども同じです。

しかし、キャンペーン内容はプロバイダや申し込みをする代理店によって大きく変わってきます。

プロバイダから申し込むのであれば、利用料金の大幅割引を行っている So-net がオススメです。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額76,300円
    マンション:総額70,800円
  • キャンペーン期間:2019/11/1~2019/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:3,500円
  • マンションタイプ月額料金:2,100円

So-netはauひかりに対応しているプロバイダの中でも最も高額なキャッシュバックを提供しています。
キャンペーン内容のお得度により人気が高く、auひかりユーザーの実に6割がプロバイダとしてSo-netを選択していると言われるほどです。

ただ、So-net公式申し込みキャンペーンではキャッシュバックは受取れません。

その代わりに、So-net公式限定の特別な割引を実施しています。

auひかりの料金は各プロバイダがKDDIにしたがって決めているため、プロバイダや申し込み窓口で料金が変わることはありません。

しかし、So-net公式ページから申し込みすると大幅割引キャンペーンが適用されます。 通常auひかりの料金は戸建てタイプで4,900~5,100円です。

So-net公式申し込みの場合、3年間割引が続くので3,500円で利用できます。

また、マンションタイプに関しては通常3,800円ですが、So-net公式申し込みだと2,400円で利用可能です。

それぞれの、割引金額を合計すると戸建てで69,820円、マンションタイプでは66,480円となり、 一般的な代理店やプロバイダでもらえるキャッシュバックよりも高額となります。

そのため、「キャッシュバックがいらないのでとにかく料金を安くして欲しい」という方にオススメの窓口と言えるでしょう。

詳しくはSo-netのキャンペーンもご覧ください。

また、So-net公式のキャンペーンは選べるキャンペーンとなっており、 上記でご紹介した月額大幅割引と別にキャッシュバックを選択することも可能です。

しかし、キャッシュバック金額は戸建てで0円となり、マンションタイプでは0円のみとなっています。

そのため、月額大幅割引キャンペーンを利用した方が、お得と言えるでしょう。

また、So-netは世界最速回線として知られるNURO光も提供しているプロバイダです。
そのため、速度には定評があり、auひかりでも回線速度がでやすいプロバイダとして知られています。

NURO光に興味がある方はNURO光キャンペーン比較も合わせてご覧ください。

申し込みページ: 【So-net公式】So-net auひかり

申込方法について解説:
WEB入力フォームを徹底解説!So-net auひかりを公式で申込む際の疑問点

キャッシュバック狙いなら代理店から申し込もう

auひかりでキャッシュバックをもらうなら代理店から申し込もう

光回線の申し込みで人気のあるキャンペーンといえば、やはりキャッシュバックでしょう。

auひかりでも、高額なキャッシュバックを行っている代理店も存在します。
しかし、auひかりのキャンペーンで高額キャッシュバックを貰うコツでもご紹介しているとおり、有料オプションの追加や友人の紹介が必要なケースもあるのです。

申し込みのみでキャッシュバックを受け取りたいのであれば、 NNコミュニケーションズ から申し込むと良いでしょう。

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2019/11/1~2019/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

NNコミュニケーションズはKDDIの正規代理店です。
代理店なのであくまでauひかりの申し込み取り次ぎを行う会社となっており、最終的にプロバイダとKDDIに契約をすることに違いはありません。
NNコミュニケーションズから申し込みをした場合、プロバイダはSo-netまたはBIGLOBEを選ぶことができます。

ただ、プロバイダに直接申し込みをした場合とで異なるのがキャンペーン内容です。
NNコミュニケーションズから申し込みをした場合、キャッシュバック金額は45,000円となり、 auひかり電話も同時申し込みをすると52,000円を受け取ることができます。

申し込みページ: auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズ

また、似た内容のキャンペーンを展開している 株式会社NEXT もオススメです。

auひかり正規代理店 株式会社NEXTのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:40,000円キャッシュバック
    ネット+電話:47,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2019/11/1~2019/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

株式会社NEXTも、NNコミュニケーションズと同じくKDDIの正規代理店です。auひかりの申し込みで40,000円、auひかり電話も同時申し込みすると47,000円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバック金額は少し低いですが、その代わりに高速WiFiに対応したWiFiルーターがプレゼントされます。
WiFiの最新規格であるac規格に対応しておりauひかりのギガ回線を十分に活かすことが可能です。

まだWiFiルーターをお持ちでない方にオススメのキャンペーンと言えるでしょう。

申し込みページ: 【auひかり正規代理店】株式会社NEXT
目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりの評判をネット上で募集して分かった事 当サイトでは数年間にわたってauひかりの評判や口コミを募集してきました。長年募集をしていくうちに分かった事があります。このページではauひかりの実際の評判と、悪い点や良い...
auひかりキャンペーンについて評判や口コミを調査!損をしないキャッシュバックとは? auひかりキャンペーンに関して評判は賛否両論です。なぜなら申し込みをする窓口によって内容が全く違うため、人によって意見が分かれるためです。キャンペーンに関する評判を集め...
キャッシュバックが早い?NNコミュニケーションズの評判を比較検証 auひかりの申し込みはキャッシュバックに関するトラブル多く信用できる代理店を探すのは困難です。今回紹介する代理店はキャッシュバック還元率100%を維持。確実に受け取れる上に...
【auひかり代理店比較】大手3社のキャンペーン適用条件と還元金額のワナ auひかりのキャンペーンは申込みの代理店によって全く内容が異なります。適用条件も大きく違うため、申込後にキャンペーンが適用されず後悔してしまう事も珍しくありません。auひ...
違約金負担無しでauひかりへ乗り換える方法 最近ではインターネットの解約でほぼ必ず解約金がかかるようになりました。2年以内の解約で違約金がかかり乗換えを断念する方も多いでしょう。このページでは違約金負担なしでauひ...