1. ホーム
  2. auひかり料金

このサイトはアフィリエイト広告によって運営されています

auひかりマンション|お得プランやお得プランAってなに?違いを徹底解説

auひかりのマンションタイプには、標準プランとは別に「お得プラン」や「お得プランA」が存在します。

初めて聞く方には何が違うのか分りづらく、申し込むときに迷ってしまうかもしれません。

このページではマンションタイプでの標準プランと「お得プラン・お得プランA」の違いや、申し込み時の注意点について詳しく解説します。

なお、auひかりのマンションタイプで契約できるプランや申し込み時の注意点などは、別記事「 auひかりをマンションで申し込むポイント!料金や未対応だった時の対処」をご覧ください。

「お得プラン・お得プランA」と「標準プラン」との違い

「お得プラン・お得プランA」と「標準プラン」の違いは以下の通りです。

「お得プラン」と「お得プランA」は、契約するマンションタイプによって、どっちのタイプで契約できるかが決まります。

■マンションのプランの違い
  標準プラン お得プラン お得プランA
契約期間 縛りなし 2年
(自動更新)
2年
(自動更新)
解約違約金 - 2,730円 2,290円
タイプ すべて タイプG
都市機構G
タイプV
タイプE
ミニギガ
タイプF
ギガ
おうちトラブルサポート - - 440円/月が割引
月額割引 なし あり なし

「標準プラン」を基準として考えると、「お得プラン」と「お得プランA」は以下のような特徴があります。

■「お得プラン」と「お得プランA」の特徴

  • お得プラン…
    月額料金が割引になる代わりに縛り(2年)がある
  • お得プランA…
    おうちトラブルサポート(440円/月)が無料になる代わりに縛り(2年)がある

「お得プラン・お得プランA」は契約期間、つまり縛りがあります。
縛りは2年間で、自動更新される仕組みです。

もしも契約期間中に解約をすると、解約違約金が発生します。

結論から言えば、2年以内に解約をする予定がなければ、「お得プラン」と「お得プランA」を検討するのが良いでしょう。

違い1.契約期間の縛りがあるか

「標準プラン」と「お得プラン・お得プランA」の大きな違いは縛りがあるかどうかです。

標準プランは契約期間がありません。
つまり、いつ解約しても解約違約金がかからないのが特徴です。

その代わり、月額料金がお得プランよりも高く、お得プランAに無料でついてくる「おうちトラブルサポート」がついてきません。

「お得プラン・お得プランA」の契約期間は2年間です。

自動更新され、更新月は3ヶ月間用意されています。

もしも更新月以外に解約すると、「お得プラン・お得プランA」では以下の解約違約金がかかる仕組みです。

■解約違約金
  解約違約金
お得プラン 2,730円
お得プランA 2,290円

上記の表は、2022年7月1日以降に申し込みをした場合の解約金です。
2022年6月30日までに申し込みを行った場合は、お得プランで10,450円、お得プランAで7,700円の解約金がかかります。

auひかりマンションタイプの解約金 auひかりマンションタイプの解約金っていくら?解約費用をすべて解説 auひかりマンションタイプは、複数のプランが存在します。ただ、解約時の解約金はプランによる違いはありません。異なるのは、お得プランという2年契約を結んでいるかの違いになります。お得プランを契約している場合は解約金が発生するので注意しましょう。 記事を別タブで開く 2023-01-19

違い2.おうちトラブルサポートが割引になるか

「お得プランA」の場合、契約期間がある代わりに、月額440円かかる「おうちトラブルサポート」が無料でついてきます。

おうちトラブルサポートでは、auひかりのオプションサービスで、水まわりや電気設備、ガス設備やカギの紛失と言ったトラブルが発生した際に対処してくれます。

本来なら月額440円のオプション料金がかかりますが、お得プランAで申し込むと、無料で「おうちトラブルサポート」を利用できるのです。

「お得プランA」の場合は、月額料金は「標準プラン」と同じなので、どちらにするか検討する際は、契約期間の有無と、おうちトラブルサポートの有無を考えるようにします。

後述するおうちトラブルサポートって本当に必要?でおうちトラブルサポートの詳細を解説していますので参考にしてください。

違い3.月額料金が割引になるか

「お得プランA」はおうちトラブルサポートが無料になるかどうかでしたが、「お得プラン」は「標準プランよりも月額料金が安くなります。

「お得プランA」と同様に契約期間(2年)はありますが、代わりに月額料金が安くなると思ってください。

■月額料金の違い
  標準プラン お得プラン
タイプG 8契約以上:5,720円
16契約以上:5,390円
8契約以上:4,510円
16契約以上:4,180円
都市機構G DX-G:5,390円
東日本16M(B):2,585円
東日本16M(R):3,025円
西日本16M(B):3,025円
西日本16M(R):3,465円
DX-G:4,180円
東日本16M(B):なし
東日本16M(R):なし
西日本16M(B):なし
西日本16M(R):なし

「お得プラン」はタイプGと都市機構Gで利用できるプランです。

注意点としては、都市機構Gの場合、「お得プラン」が使えるのはDX-Rタイプだけで、他のタイプは標準プランでしか契約できません。

「どのタイプかわからない…」という人は別記事「 auひかりマンションのエリア確認方法!未対応時の対策とオススメキャンペーンを紹介」で詳しく解説していますが、 auひかりの公式ページ からチェックすることができます。

タイプGについては、別記事「 auひかりマンションタイプGを完全解説!速度が速いは本当?」で詳しく解説していますので参考にしてください。

目次へ戻る↑

おうちトラブルサポートって本当に必要?

「お得プランA」に付いてくる「おうちトラブルサポート」は日常生活での緊急トラブルに対応することが可能で便利なサービスと言えるでしょう。

24時間365日対応可能で、自宅まで出張サービスしてくれます。

また、利用回数に制限はありません。

鍵があかないイメージ
▲水回りのトラブル、鍵の紛失など
日常生活の緊急トラブルに無料で対応!

しかし、おうちトラブルサポートはあくまで緊急時の一時的な対応に過ぎず、解決を保証するわけではありません。

また、部品交換や修理作業など特殊対応が必要となり、別途料金がかかったり、場合によっては対応できないことも考えられます。

たとえば、このサービスでは電気設備のトラブルとして、エアコンが一時的に故障したときであれば対応可能です。

ただ、本当にエアコンが壊れていればメーカーによる修理が必要なため、auひかりの担当者ができることはほとんどないでしょう。

できることと言えばリモコンの電池切れをチェックしたり、エアコンのコンセントを入れ直したりするぐらいなので、わざわざ担当者を呼ばなくても自分で対処できるでしょう。

基本的に、自分でも十分対処できる内容しか無料対応してくれないので、わざわざ担当者を自宅まで呼ぶ必要は少ないと言えます。

お得プランAでauひかりに申し込みをすると「おうちトラブルサポート」が無料で標準装備されますが、同時に2年間の最低利用期間も発生してしまうので、 あまりおすすめできるプランではありません。

目次へ戻る↑

キャンペーン特典の条件にお得プラン・お得プランAの加入がある!?

auひかりは各代理店などから申し込めますが、キャンペーン対象条件に注意が必要です。

通常、auひかりを申し込むと、キャンペーンによってはキャッシュバックなどがもらえますが、なかには「お得プラン・お得プランA」に申し込みをしないとキャンペーンの対象にならない代理店もあります。

「お得プラン・お得プランA」に申し込むと、KDDIやプロバイダからのコミッションが高くなることがあるので、代理店側はこのようなキャンペーンの適用条件を設けていることがあるのです。

代理店の仕組み
▲代理店はあくまでも窓口で、
自裁の契約はKDDIと行う

すべての代理店がこのような適用条件の厳しいキャンペーンを行っているわけではありません。

代理店によっては、「お得プラン・お得プランA」の申し込みやオプションサービスの申し込みも必要なく、高額なキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを開催しています。

マンションでauひかりを申し込むときのキャンペーンの詳細は、別記事「 auひかりのマンションタイプ、申し込むならどのキャンペーン?」をご覧ください。

auひかりキャッシュバック 【警告】auひかり高額キャンペーンの罠!11万キャッシュバックは損をする? auひかり代理店によっては11万円以上の高額キャッシュバックを行っています。非常に魅力的なキャンペーンですが、実は大きな落とし穴があり結果的に大損をしてしまうことがあります。それではauひかりのキャッシュバックに騙されないためのポイントを解説しましょう。 記事を別タブで開く 2023-11-30

お得プランAの加入なしでキャンペーンが適用される窓口は?

So-net auひかり公式キャンペーン
  • 月額料金
    ホーム:5,390円(初年度980円
    マンション:4,180円(初年度980円
  • 月額料金割引特典(総額)
    戸建て:63,541円
    マンション:49,252円

auひかりを申しむ際、代理店や公式プロバイダといった複数の窓口が存在します。

ただ、代理店から申し込む場合は以下に注意が必要です。

  • キャンペーンが厳しい条件付き
  • 手続きが複雑で特典が受け取れない

のちのちトラブルに発展するケースも少なくありません。

そのため、面倒なリスクを回避してauひかりスタートするなら、公式プロバイダが実施しているキャンペーン経由で申しむのがベストです。

auひかりは8社のプロバイダが提携しています。
So-netは、auひかりユーザーの6割以上が選択する公式プロバイダです。

auひかり×So-netのキャンペーンには以下のようなものがあります。

  • 最大総額63,541円の割引
  • 最大17,222円キャッシュバック

auひかり×So-netのキャンペーンはオプション加入などの条件は一切ありません。
また、メインになる月額料金割引は手続きする必要がないので、絶対にお得なるので安心です。

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:56,000円キャッシュバック
    ネット+電話:62,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2024/2/1~2024/2/29
  • 戸建てタイプ月額料金:5,390~5,610円
  • マンションタイプ月額料金:4,180円~

多くの代理店では非常に高額なキャッシュバックを提供していても、ほとんどは戸建てタイプの申し込みに限られてしまいます。

マンションタイプの場合、キャッシュバック金額が大幅に減額されてしまい、一般的に戸建てタイプの半額程度しかもらえません。

NNコミュニケーションズ でも戸建てタイプと比較するとキャッシュバック金額は少なくなるでしょう。

しかし、他社代理店と比較するとマンションタイプでもある程度のキャッシュバックは受け取れます。

キャッシュバック金額はauひかりの申し込みだけで56,000円が受け取れ、ひかり電話も同時に申し込むと62,000円の受け取りが可能です。

また、多くの代理店ではキャッシュバックを受け取るために、オプションサービスや紹介者を用意しなくてはいけない場合もあります。

オプションが必要な窓口で申し込みすると、当然月額料金が上がってしまうので、せっかくのキャッシュバックが無駄になってしまうでしょう。

しかし、NNコミュニケーションズではキャンペーン適用のためのオプション申し込みが必要ありません。

シンプルで分かりやすいキャンペーン内容と丁寧なサービスで、KDDIから表彰されるほどの実績があります。

詳しいキャッシュバック内容については、別記事「 NNコミュニケーションズはキャッシュバックが早い?評判を検証」 をご覧ください。

auひかりの「お得プラン・お得プランA」のデメリット

「お得プラン」は「標準プラン」よりも月額料金が安く抑えられるメリットがあります。

なので、タイプGや都市機構Gの人は、2年の契約期間があるとはいえ、「お得プラン」での契約を第一に考えるのが良いでしょう。

一方、お得プランAですが、既に解説した通り、お得プランAの月額料金は標準プランと同じです。

あくまでも、標準プランであれば月額440円が必要なおうちトラブルサポートを無料で利用できるというだけで、光回線自体の月額料金が安くなるわけではありません。

auひかりの料金は高い?月額料金と安く使えるプロバイダを詳しく解説 auひかりの料金は高い?月額料金と安く使えるプロバイダを詳しく解説 auひかりの料金について解説しています。auひかりの料金は、プロバイダや代理店による違いがありません。また、戸建てかマンションかによっても違約金が違ってくるなど、料金形態がやや複雑です。そこでこの記事では、auひかりの月額料金や工事費、スマホセット割で... 記事を別タブで開く 2024-01-08

結論:お得プランAはおうちトラブルサポートが必要な人以外は契約するメリットがない

お得プランAのメリットは、おうちトラブルサポートが無料で利用できるという点です。

逆に言うと、おうちトラブルサポートを利用しない方にはお得プランAを契約するメリットはありません。

むしろ、お得プランAを契約すると2年間の契約期間が発生するぶん、解約時期に注意が必要になってしまうため、デメリットが増えてしまいます。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • 月額料金
    ホーム:5,390円(初年度980円
    マンション:4,180円(初年度980円
  • 月額料金割引特典(総額)
    戸建て:63,541円
    マンション:49,252円

目次へ戻る↑
関連記事
auひかりの工事費 auひかりの工事費は本当に無料?初期工事費のカラクリについて詳しく解説 auひかり代理店の中では工事費無料と大々的に宣伝している所も多いと思います。実はこの工事費にはカラクリが有り、場合によっては高額な工事費が請求されることもあり注意が必要...
auひかりを最安で使うには?高額割引のプロバイダと節約のポイントとは auひかりを最安で使うには?高額割引のプロバイダと節約のポイントとは auひかりを最安で使える方法について解説しています。auひかりは基本的にどこから申し込んでも月額料金は変わりません。しかし、プロバイダによっては割引が適用され、月額料金を...
auひかりマンション お得プランA auひかりマンション|お得プランやお得プランAってなに?違いを徹底解説 auひかりマンションには標準プランとは別にお得プランとお得プランAがあります。この記事では詳しい違いや、お得プランAで無料になるおうちトラブルサポートの必要性について解説...
ずっとギガ得プラン auひかりは3年契約の方がお得?ずっとギガ得プランを徹底解説! ホームタイプのauひかりでは3つの料金プランから選ぶ必要があります。しかし実際にどれがお得かどうかの判断は難しいでしょう。このページでは3年契約であるずっとギガ得プランは...
auひかりと他社の光回線を比較 auひかりのマンションタイプの料金はいくら?月額料金が安くなる裏ワザがあるって本当?
auひかり料金
auひかりのマンションタイプは、契約するプランによって料金や速度が異なります。申し込み方法によっては、月額料金を大幅に安くすることも可能です。この記事では、マンションタ...