賃貸でauひかりを導入する方法|大家さんに許可をもらうコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸でauひかりを導入する方法|大家さんに許可をもらうコツのアイキャッチ

auひかりの工事は、物理的な光ファイバーの線を宅内に引き込まくてはいけません。

そのため、借家やマンションなどの賃貸物件にお住まいの場合、導入工事が行えない可能性があります。

このページでは、賃貸物件でauひかりを導入する際の注意点などを解説していきます。

なお、auひかりを申し込むときの注意点などは、別記事のauひかりをマンションで申し込むポイントをご覧ください。

大家さんまたは管理会社の許可は必須

auひかりの工事は大家さんまたは管理会社の許可は必須

借家・賃貸で光ファイバーの導入工事をするときは、大家さんまたは管理会社等に許可を取る必要があります。

電柱から新しい光ファイバーケーブルを宅内に引き込むわけですから、当然物件の持ち主が許可を出さなければ、工事をする事は出来ません。

許可は口頭でOK

許可と言っても、正式な書面やサインなどは基本的に必要なく、電話でも何でも良いので光ファイバーの工事がしたい旨を伝え、口頭でOKがもらえれば問題ありません。

賃貸物件の場合、KDDIから工事の連絡の際、「オーナー様から許可は出ていますか?」と聞かれる可能性があります。

この時点で許可をもらっていないと工事に入れない事もあるので、早めに大家さんなどに連絡して許可を貰っておきましょう。

目次へ戻る↑

大家さんから許可をもらえる言い回しとは?

auひかりの工事を大家さんから許可してもらいやすい言い回しとは?

光ファイバーの導入工事の許可をもらう際、管理会社や不動産が窓口になっているケースもありますが、 物件によっては大家さんに直接確認する必要がある場合もあります。

しかし、大家さんが年配の方だったり、インターネットに詳しくない方だと「良く分からない」という理由だけで断られてしまうこともあるかも知れません。

ここでは、そんな場面でも許可をもらいやすい言い回しをご紹介します。

簡単なケーブル引き込み作業

「工事」という言葉を使ってしまうと、何か大掛かりな作業を想像してしまい、壁に穴を空けたり建物を壊されるのではないかと心配されてしまいます。

実際に光ファイバーの導入工事は、工事と言えるほどの物ではなく、簡単なケーブル引き込み作業です。

そのため、わざわざ「工事」と言わずに「簡単なケーブル引き込み作業」と伝えると、比較的了承を得やすいでしょう。

新しい電話線の導入

「インターネット回線の引き込み作業」と言ってしまうと、年配の方など難しいイメージを持ってしまうかも知れません。

相手のITリテラシーにもよりますが、あまりにもインターネットについて知らない方であれば、 「電話線の引き込み」と言えば、そこまで難しく捉えられないため、許可を得やすくなります。

実際に、光ファイバーは固定電話も利用でき、安定した通話が可能なため、国からも正式なインフラとして認められています。

そのため、光ファイバーを新しいタイプの電話線と考えて全く問題は有りません。

auひかりの工事ってなにをするの?

auひかりの工事内容を解説

もし大家さんに作業内容の詳細について質問された時のために、ある程度の内容を知っておいたほうが、より許可を得やすくなるでしょう。

契約するプラン内容にもよりますが、基本的には自宅にもっとも近い電柱から光ファイバーを宅内に引き込む作業が行われます。

一般的には電話線の配管を使って光ファイバーを引き込むため、壁に穴を空けたり、大がかりな作業が生じることはめったにありません。

ただ、ごくまれに物理的な事情で電話の配管が使えないケースもあるでしょう。
その場合、工事を行う作業員の方がエアコンのダクトを通す穴が使えないかを確認してくれます。

もしエアコンのダクトもダメであれば、5mmほどの穴を壁に空けて光ファイバーの引き込みを行います。
穴あけが必要なときは、作業員の方から事前に説明があるため、勝手に穴を空けられることはありません。

壁の穴あけ工事はめったにないため、工事当日に穴あけが必要と判断されたときに、大家さんへ連絡しても遅くはないでしょう。

auひかりの工事の詳細については、auひかり開通工事、乗り換え手順をご覧ください。

目次へ戻る↑

建物によっては許可がいらないことも

auひかりの工事は建物によっては許可がいらないことも

マンションやアパートなどの集合住宅では、もともとauひかりの設備が入っていることがあります。

このように、auひかりに対応したマンションでは、元々管理会社または大家さんの意向でauひかりを導入しているため、 基本的に許可は必要ありません。

auひかりの公式ページでは、申し込み前にお住まいの集合住宅がauひかりに対応しているのかを確認できます。

マンションの対応状況の確認方法については、マンションのエリアと対応確認方法をご覧ください。

もし対応していれば、大家さんや管理会社への連絡は一切不要で申し込みが可能です。

万が一、auひかりが対応していない建物だったときでも、提供エリア内であれば戸建てタイプを導入できます。
この場合、新しい光ファイバーの引き込み作業などがあるため、大家さんや管理会社への許可が必要です。

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりは3年契約の方がお得?ずっとギガ得プランを徹底解説!
auひかり料金
ホームタイプのauひかりでは3つの料金プランから選ぶ必要があります。しかし実際にどれがお得かどうかの判断は難しいでしょう。このページでは3年契約であるずっとギガ得プランは...
auひかりの工事費は本当に無料?初期工事費のカラクリについて詳しく解説
auひかり料金
auひかり代理店の中では工事費無料と大々的に宣伝している所も多いと思います。実はこの工事費にはカラクリが有り、場合によっては高額な工事費が請求されることもあり注意が必要...
一人暮らしでauひかりを使うメリットとデメリット!モバイルWiFiと比較
auひかり
一人暮らしのインターネットでは光とモバイルWiFiの2つが主流です。auひかりとモバイルWiFiとの比較や料金面でのデメリットなど詳しく解説します。また隠れ代理店である不動産屋に...
コミュファ光 東海地方限定キャンペーン
auひかり
auひかりは基本的に全国規模でサービス展開していますが、東海地方ではauひかりが提供されていません。なぜなら同じKDDIグループのコミュファ光が提供されているため、競合を避け...