1. auひかり乗り換えガイド
  2. auひかり工事

auひかりの契約から開通するまで

このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込み後開通までは、戸建ての場合約2〜3週間ほどで開通します。
マンションタイプの場合、大よそ2週間以内で工事が完了しインターネットに接続できるようになります。

auひかり開通までの流れ

申し込み先を決める

auひかりは基本的にどこのプロバイダで申し込んでも月額料金は同じです。 また、プロバイダへ直接申し込み以外にもKDDI代理店でも申し込みが出来ます。

このような代理店で申し込んでも開通後の支払いやサポートに関しては各プロバイダやKDDIが行うので、違いはありません。

しかし、キャッシュバックなどのキャンペーン内容は大きく異なります。
どこで申し込んでも違うのはキャンペーン内容だけなので、きちんと下調べをして申し込みしましょう。

詳しくはauひかり高額キャッシュバックのコツを参考にしてください。

工事日の連絡

申し込み後、おおよそ1週間以内にKDDIから工事を決めるための電話連絡が入ります。
オペレーターが工事可能日な日取りを調べ、 「○月○日以降で工事が可能です!」ってな具合で案内されるので、希望の工事日を伝えましょう。

お住まいの地域内で光回線の工事が込み合ってる場合、工事までに日数がかかる事もあります。

また、この工事日の連絡は立会工事が必要となるプランのみです。
戸建てタイプとマンションタイプの光配線工事については立会が必要なため、 工事日の連絡がきます。
マンションタイプのVDSL、LAN配線方式の場合は、宅内工事が必要ない場合もあるので、 工事日の連絡が来ない事もあります。

必要な機器の郵送

工事日前に接続に必要な機器が郵送で送られてきます。
通常ONUと呼ばれる機器と、ホームゲートウェイの2台が送られてきます。

またマンションのVDSL配線方式の場合、ホームゲートウェイとVDSLが一体型になった機器が 送られるので、機器は1台になります。

これらの機器は特に設定等の必要はないので、工事日当日まで保管しておきましょう。

auひかりONU
auひかりのONU
ホームゲートウェイ
ホームゲートウェイ

工事開始

戸建てやマンションの光配線方式の場合、宅内工事が必要なため、立会のもと、 工事が行われます。

外部の電柱より自宅の電話の配管などを利用して光ファイバーを引き込み、壁に光コンセントと呼ばれる 光ファイバーの差し込み口が設置されます。

壁の光コンセント
光コンセント

ONUなどの機器はこの光コンセントの近くに置く必要が出てくるので、工事業者の方と光コンセントの設置場所 について相談しましょう。

マンションタイプのVDSL配線及びLAN配線は立会抜きで工事完了後、機器を接続すれば利用できます。

マンションタイプの工事の詳細に関しては、別記事『auひかりの工事が工事費やマンションの注意点』をご覧ください。

工事完了後の設定

auひかりの場合は基本的にホームゲートウェイとコンピュータをLANケーブルで接続すれば、 簡単にインターネットに接続できます。
詳しくは開通後の設定をご覧ください。

工事前の下準備
auひかり開通工事、乗り換え手順へ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
違約金負担無しでauひかりへ乗り換える方法 最近ではインターネットの解約でほぼ必ず解約金がかかるようになりました。2年以内の解約で違約金がかかり乗換えを断念する方も多いでしょう。このページでは違約金負担なしでauひ...
auひかりの割引|スマホセット割の条件や工事費無料のカラクリを解説 auひかりを利用するとスマホ、携帯とのセット割引やインターネット代からの割引など複数の割引を適用する事が出来ます。これはNTTのフレッツ光にはない割引で、特にauの携帯電話や...
auひかりオプションの評判を徹底調査!テレビサービスやWiFiの口コミ auひかりのオプションサービスに関する評判や口コミを調査してみました。固定電話やWiFiに関しては他社サービスと比べて良くも悪くもないようです。テレビサービスに至っては評判...
ADSLと光ファイバーの違い 光ファイバーとADSLは速度だけではなく、他にも多くの違いがあります。月額料金、初期費用、電話基本料金など、ADSLを使うか光ファイバーを使うかどうかは