1. auひかり乗り換えガイド
  2. auひかりプロバイダ

auひかりプロバイダ比較!キャンペーンや速度に違いはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
auひかりのプロバイダについて

auひかりへ申込みする際、下記8つの対応プロバイダから1つ選らばければなりません。

  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • auonenet
  • @TCOM
  • DTI
  • ASAHIネット
  • GMOとくとくBB

これだけ複数あると『結局どこのプロバイダがいいの?』と、悩んでしまう方がほとんどでしょう。

実際、ネットを利用する上でプロバイダによる目に見えるような大きな違いはありません。
特にauひかりの場合、どこのプロバイダで申し込んでも基本的に月額料金が同じなため、なかなか決められない方が多いはずです。

しかし、auひかりはプロバイダによって申し込み時の乗り換えキャンペーンの特典が大きく違います。

場合によっては、プロバイダが違うだけでキャッシュバックなどで数万円損をしてしまう危険もあるので、しっかり内容を確認したうえで申し込みましょう。

このページでは、auひかり対応プロバイダの詳細やキャッシュバックなどキャンペーン特典の比較をしています。

auひかりのプロバイダの役割について

auひかりに限らず、ネットを利用するうえでプロバイダの契約は必要です。

プロバイダとは、光ファイバーなど物理的な設備を使ってインターネットのサービスを提供している会社になります。

auひかりプロバイダの仕組み

auひかりでは、光ファイバーケーブルやONUといった機器はKDDIが用意します。そのKDDIが用意した設備を使って、ネットへ繋げる役割をしているのがプロバイダです。

auひかりの対応プロバイダは8社あるため、どこがお得なのか比較しながらみてきましょう。

auひかり対応プロバイダキャッシュバック比較

auひかり対応プロバイダのキャッシュバック比較

auひかりのプロバイダによる大きな違いはキャンペーン内容です。

auひかりでは8社の対応プロバイダがありますが、各プロバイダが独自にキャンペーンを実施しており、キャンペーン特典はそれぞれ違います。

各プロバイダのキャンペーンをきちんと比較したうえで、自分にピッタリのプロバイダを選びましょう。

■auひかりプロバイダキャンペーン比較
プロバイダ キャンペーン どのくらいお得?  
So-net 月額割引
  • 戸建て:77,020円
  • マンション:73,680円
詳細
GMOとくとくBB キャッシュバック
  • ネット+電話:61,000円
  • ネットのみ:51,000円
    ※戸建て・マンション共通
詳細
@nifty キャッシュバック 30,100円 詳細
ASAHIネット 月額割引
  • 戸建て:12,350円
  • マンション:32,550円
詳細
BIGLOBE キャッシュバック 50,000円 詳細
DTI キャッシュバック 38,000円 詳細
au one net キャッシュバック 10,000円 詳細
@TCOM なし - 詳細

So-net

  • キャンペーン内容
    戸建て:総額77,020円還元
    マンション:総額73,680円還元
公式申し込みページ: So-net auひかり

ソニーグループのプロバイダでセキュリティや信頼性に関して評判が良く、auひかりユーザーの6割がSo-netを利用しているほど根強い人気があります。

また、auひかりに対応している8つのプロバイダの中で最も高額な特典をを提供しているのがSo-netです。

月額大幅割引キャンペーン

So-net公式ページでは、独自のキャンペーンとして月額料金の大幅割引が適用されます。

戸建てタイプで3年間、3,480円で利用でき、マンションでは2年間、1,980円で利用可能です。

期間中の割引額を合計すると戸建てタイプで77,020円となり、マンションタイプでは総額73,680円が割引されます。

キャンペーンによる還元額では、他プロバイダと比べて圧倒的とも言える金額のため、キャンペーンのお得度を重視される方には持ってこいでしょう。

auひかり×So-netのキャンペーンに関しては、『auひかりでSo-netのキャンペーンが人気の理由』でも解説しています。

公式申し込みページ: So-net auひかり

GMOとくとくBB

auひかり×GMOとくとくBB
  • キャンペーン内容
    ネット+電話:61,000円キャッシュバック
    マンション:51,000円キャッシュバック

公式申し込みページ: auひかり GMOとくとくBBページ

auひかり×GMOとくとくBBのキャンペーンや評判を調査』でも解説していますが、GMOとくとくBBはKDDIの公式サイトでは、公式プロバイダとしては紹介せれていません。

言わば、auひかりの隠れプロバイダとなります。

GMOとくとくBBでは、auひかりの新規申し込みでネット+電話…61,000円ネットのみ…51,000円のキャッシュバックを実施しています。

このキャッシュバックは、戸建て、マンションともに共通の金額になるため、住居タイプで金額が変わることはありません。

現金で直接キャンペーン特典を受け取りたい方には、お勧めのプロバイダです。

公式申し込みページ: auひかり GMOとくとくBBページ

@nifty

  • キャンペーン内容
    30,100円キャッシュバック

戸建て、マンション関わらず30,100円のキャッシュバックが受け取れます。

ただし、キャッシュバックを受け取るためには、niftyメールに届くお知らせに従って手続きが必要なので注意が必要です。

キャッシュバックは、auひかりが開通してから12か月目と24か月目に分かれて振込されるので、手続きを忘れないようにしましょう。

公式申し込みページ: @nifty auひかり

ASAHIネット

  • キャンペーン内容
    戸建て:総額12,350円割引
    マンション:総額32,550円割引

ASAHIネットでは、So-net同様月額料金の割引が受けられます。

戸建てタイプの場合、開通月は無料になり、2~30ヵ月は毎月250円の割引が受けられるため、総額12,350円が還元されます。

また、マンションタイプでは戸建てと同じく開通月は無料になり、2~24ヶ月の割引額は1,250円です。

割引の総額は32,550円になるため、戸建てタイプよりもマンションタイプの方がお得度は高いと言って良いでしょう。

ただ、同じ割引キャンペーンとして So-net と比較すると、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

公式申し込みページ: ASAHIネット

BIGLOBE

  • キャンペーン内容
    50,000円キャッシュバック

BIGLOBEではauひかりプロバイダの中でも、かなり高額なキャッシュバックが提供されています。

還元金額はauひかりの申し込みのみで、50,000円です。

auひかりでキャッシュバックを受け取りたい場合、プロバイダから直接申し込みすると比較的金額が低くなると言われています。

ただ、BIGLOBEの場合、キャッシュバックの場合でも比較的高額な金額が受け取れます。

公式申し込みページ: BIGLOBE

DTI

キャンペーン内容
38,000円キャッシュバック

ドリーム・トレイン・インターネットが提供するDTIは、フレッツ光など様々なサービスに対応する老舗プロバイダです。

auひかりのプロバイダとしては、新規申し込み者に対し38,000円のキャッシュバックを実施しています。

また、開通月の月額料金も無料になるため、還元額は実質40,000円を超えると考えてよいでしょう。

戸建て・マンションといった住居タイプに関係なく適用されるので、auひかりの提供エリアにお住まいならどなたでも申込み可能です。

公式申し込みページ:ドリーム・トレイン・インターネット

au one net

  • キャンペーン内容
    10,000円キャッシュバック

auひかりを提供しているKDDIが独自で運営しているプロバイダです。

昔はDIONと言うプロバイダ名で、かなりの知名度がありましたが、 KDDIの携帯電話事業であるauにサービス名を統一する目的でau one netに改名されました。

KDDIが直接運営しているため、au one netの申込み受付はKDDI公式サイトで行われています。

2020年6月現在、KDDI公式サイトからau one netを申込んだ場合、10,000円のキャッシュバックが受取れます。

ただ、他プロバイダが実施するキャッシュバックキャンペーンに比較するとお得度は低く感じてしまうかもしれません。

公式申し込みページ: KDDI公式サイト

@TCOM

  • キャンペーン内容
    なし

 東海エリアでは有名な@TCOMですが、2020年6月現在キャッシュバックなど特典付きのキャンペーンは実施されていません。

どんなプロバイダから申込んでも共通で適用される初期工事費の割引は対象となります。

しかし、それ以外の直接的な還元が受けられるキャンペーンは行われていないため、他プロバイダに比較するとお得度にかける印象を受けてしまいます。

@TOCMに馴染みがあったり、こだわりを持っているなら例外ですが、キャンペーンを重視される方にはお勧めとは言えないでしょう。

公式申し込みページ:@TCOM公式ページ

 

auひかりのプロバイダによる違いは?速度や料金の比較

auひかりのプロバイダによって速度や料金は変わらない

プロバイダによってキャンペーンに大きな違いがあることは分かりましたが、その他の違いはあるのでしょうか?
auひかりを申し込みをする上で最も気になるのが光回線の速度や料金の違いでしょう。

結論から言うと、速度や基本料金に関してはほぼ違いはありません。

プロバイダが違うと速度も変わる?

auひかりの速度は最大1Gbpsですが、当然実際に1Gbpsで通信ができるわけではありません。

auひかりに限らず世界中どこインターネットサービスでも、実際に使える速度は、最大速度よりも落ちてしまいます。

それではプロバイダによって実際に使える速度に違いが出るのでしょうか?

実は光回線の速度はプロバイダよりも回線事業者の影響が大きくなります。 auひかりの回線を提供しているのKDDI側できちんと設備投資が行われていれば速度は速くなります。

プロバイダ側もバックボーンを改善するなど速度に関する改善は行われていますが、影響は微々たるものです。

そのため、速度に関してプロバイダの違いによる影響は少なく、ほとんど気にする必要が無いと言えます。

auひかりの速度について詳しくはauひかりの実際の速度はどのくらい?をご覧ください。

auひかりの料金はどこのプロバイダでも同じ!

冒頭で解説した通り、auひかりは基本的にどこのプロバイダで申し込みをしても月額料金は変わりません。

月額料金が変わるのは、戸建てタイプであれば2年契約である「ギガ得プラン」や3年契約の「ずっとギガ得プラン」など、契約年数によって変わってきます。

auひかり戸建てタイプ料金表
プラン 料金 契約期間
ずっとギガ得プラン
  • 1年目:5,100円
  • 2年目:5,000円
  • 3年目以降:4,900円
3年
ギガ得プラン
  • 5,200円
2年
通常プラン
  • 6,300円
なし

マンションタイプであれば、お住まいの集合住宅に導入されている設備によって料金プランが変わります。つまり、建物によってプランが決まっているため、好きなプランを選ぶことはできません。

■auひかりマンションタイプの料金表
契約タイプ 月額料金
タイプG 8世帯~ 4,100円
16世帯~ 3,800円
タイプV 8世帯~ 4,100円
16世帯~ 3,800円
マンション都市機構 3,800円
マンション都市機構G 3,800円
タイプE 8世帯~ 3,700円
16世帯~ 3,400円
マンションギガ 4,050円
マンションミニギガ 5,000円

※マンションプランは エリア確認画面 より、郵便番号を入力するとすぐに確認できます。

なお、今までフレッツ光を使っていた方は「プロバイダ料金が別に請求されるのでは?」と思う方も多いと思います。

auひかりでは、プロバイダ料金がすでに月額料金に含まれているので、プロバイダ料金は不要です。

また、月額料金はauひかりの回線事業者であるKDDIがすべて決めているため、プロバイダによる料金の違いはありません。

しかし、プロバイダが独自に実施する割引キャンペーンによって、実際の請求金額が変わる場合はあります。

例えばプロバイダの So-net公式ページ で申し込みすると、大幅割引として月額3,480円で利用できます。(※マンションは1,980円)

すでに、キャンペーン一覧で解説した通り、基本料金は全く同じでも、各プロバイダが実施しているキャンペーンの割引額が違うため、 申込むプロバイダ次第でお得度は大きく変わってくるでしょう。

プロバイダによってauひかりの提供エリアは変わる?

基本的にauひかりの提供エリアはKDDIの設備が整っている地域で提供されています。

そのため、プロバイダによって使えるエリアが左右される事はありません。

プロバイダによる違いはありませんが、地域によってauひかり自体が使えない場合もあります。

auひかり非対応エリア

  • 関西…大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県
  • 東海…静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、長野県
  • 沖縄県

上記のエリアでは、KDDIと提携をしている電力会社系列の光回線が提供されているため、競合しないためにauひかりは非対応エリアとしています。

ただ、提供NGにしているのは戸建てタイプになり、マンションタイプは申込み可能です。

もちろん、auひかりのマンションタイプに対応した建物限定ではありますが、全く利用出来ないというわけでは無いようです。

詳しいエリアチェックの方法は、auひかりのエリア確認方法を詳しく解説で確認できます。

【プロバイダ別】オプションサービス一覧

auひかりは、速度や月額料金に関してはプロバイダによる大きな違いはありません。

しかし、プロバイダごとでオプションなど細かいサービスの違いはあります。

■auひかりプロバイダサービス一覧
プロバイダ メールアドレス数 セキュリティ
(月額)
サポート
(月額)
口座振替 
So-net 4 500円
(1年無料)
300円
(1年無料)
200円/月
GMOとくとくBB 15 500円
(1年無料)
×
@nifty 1 500円
(初月無料)
500円
(初月無料)
200円/月
ASAHIネット 1 500円
(1年無料)
500円 ×
BIGLOBE 5 380円
(2ヶ月無料)
475円
(2ヶ月無料)
200円/月
DTI 1
au one net 5 300円
(初月無料)
500円
(2ヶ月無料)
@TCOM 1 490円
(2ヶ月無料)
500円
(初月無料)
×

例えば、無料のメールアドレス数やセキュリティ、出張サポートなどです。

しかし、プロバイダが提供するメールアドレスやホームページなどのサービスは近年利用する人が激減しています。

そのため、auひかりのプロバイダを選ぶポイントとしては大きく重要視する必要はないかもしれません。

また、人によっては気になるのが支払い方法です。

クレジットカードやKDDIまとめて請求に関しては全プロバイダで対応していいるので特に問題はないでしょう。

ただ、GMOとくとくBB、ASAHIネット、@TCOMでは口座振替を行っていないため、口座振替を希望する方は注意しなければなりません。

支払い方法に関する詳細は、KDDIの公式ページでご確認ください。
プロバイダサービス一覧:光ファイバー auひかり

auショップでの窓口支払いに対応しているのはKDDIが直接運営しているau one netのみとなっており、その他のプロバイダでは利用できません。

↑目次へ戻る

auひかりでプロバイダの乗り換えは可能?

auひかりでプロバイダの変更は可能かについて

フレッツ光などであれば、プロバイダと回線の契約が完全に分かれていたので、フレッツ光はそのままでプロバイダのみを乗り換えることが簡単でした。

しかし、auひかりの場合、プロバイダとauひかりの契約が一体となっており、プロバイダのみ単独で解約することができません。

プロバイダの解約は、auひかり自体を解約することになるのです。

もし、どうしてもプロバイダのみ変更したい場合、auひかりを一度解約したうえで再申込みをしなければなりませんが、時期によっては高額な解約金が発生する可能性があります。

■auひかり解約金一覧
プラン 解約金 撤去費用
ずっとギガ得プラン(戸建て/3年) 15,000円 28,800円
ギガ得プラン(戸建て/2年) 9,500円
マンション(2年) 7,000円
標準プラン(契約期間なし)
※戸建て・マンション共通
なし

更新月以外のタイミングで解約をした場合、プランに応じた解約金と撤去費用が発生します。

また、auひかりは契約時に37,500円の工事費を60回の分割で支払う必要があります。(※マンションは30,000円を24回払い)

この工事費は、分割金と同額の割引が毎月適用されるため、auひかりを60ヶ月間継続することで実質無料になりますが、途中解約した場合は残債を解約金などと一括で支払わなければなりません。

そのため、auひかりのプロバイダ乗り換えは非常にハードルが高いため、基本的に厳しいと考えて良いでしょう。

一度プロバイダを決めてしまうと、 auひかりを解約するまで変更はできないため、契約時は自分に合ったプロバイダ選びをすることが大切です。

関連記事
詳しくはauひかり解約まとめ|高額な違約金を取られないためには?

↑目次へ戻る

auひかり公式プロバイダおすすめキャンペーン

auひかりおすすめ公式キャンぺーン

auひかりに対応しているプロバイダは8つあります。

どこで申し込んでも月額料金などに違いはないので、それぞれのキャンペーン内容を比較して出来る限りお得なプロバイダから申し込みを行いましょう。

プロバイダ申し込み以外にも代理店から申し込みをする方法も存在します。 しかし、代理店はauひかりの取次を行うだけなので、KDDIや各プロバイダとは無関係の会社です。

そのため、高額なオプションサービスに申し込みをさせられたり、最悪キャッシュバックが受け取れないなどの代理店特有のトラブルが発生するリスクもあります。

こう言った代理店トラブルが心配な方はプロバイダへ直接申し込みをするのがお勧めです。

auひかりに対応したプロバイダの中でも特に人気が高いのがSONYグループのプロバイダであるSo-netです。
信頼性やサポート面での安心感から、auひかりユーザーの実に6割がSo-netを選択していると言われるほどの人気プロバイダとなります。

また、So-netはNURO光などの高速回線も提供しており、速度面でも定評があります。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額77,020円
    マンション:総額73,680円
  • キャンペーン期間:2020/6/1~2020/6/30
  • 戸建てタイプ月額料金:3,480円
  • マンションタイプ月額料金:1,980円

一般的にauひかりの料金は回線事業者であるKDDIが決めているので、どこで申し込んでも基本料金は同じです。 ただ、すでにご紹介したように、プロバイダごとにキャンペーンで割引金額がことなるため、結果的に支払う料金は違ってきます。

So-netの場合、通常の割引金額も高い上に、ソネットポイントが還元されるので総合的に他のプロバイダよりもお得に申し込むことが可能です。

通常auひかりの月額料金は戸建てタイプで4,900~5,100円です。

So-net公式から申し込みすると3年間、3,480円で利用できます。
マンションタイプの場合、通常は3,800円ですが、So-net公式申し込みでは2年間、1,980円で利用可能です。

割引期間の割引金額をすべて合計すると戸建てタイプで77,020円、マンションタイプでは73,680円となります。

そのため、他のプロバイダなどでキャッシュバックを受け取るよりもSo-netで月額割引キャンペーンを適用した方がお得と言えるでしょう。

So-net×auひかりのキャンペーンについては、別記事『auひかりでSo-netのキャンペーンは本当にお得?』にてさらに詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

申し込みページ: 【So-net公式】So-net auひかり

申込方法について解説:
WEB入力フォームを徹底解説!So-net auひかりを公式で申込む際の疑問点

auひかりを代理店から申し込むとお得?

auひかり代理店について

各プロバイダではキャッシュバックなどのキャンペーンが行われています。

ただ、 これらのキャンペーンはプロバイダのホームページなどから申し込んだ場合のみ適用されます。

しかし、auひかりはプロバイダへ直接申し込みを行う以外にKDDIの正規代理店からの申し込みも可能です。

この代理店経由で申し込みをしても、最終的な契約自体はプロバイダと行うので大きな違いは無いでしょう。

ただ、1つだけ違うのが申し込み時に行われているキャッシュバックキャンペーンの内容です。代理店から申し込みを行うとプロバイダが行っているキャンペーンが適用されません。

そのため、一見損をするように思えますが、実はプロバイダキャンペーンの代わりに代理店の独自のキャンペーンが適用されます。

この代理店の独自キャンペーンは、代理店によってはプロバイダのキャンペーンよりもお得な場合もあります。

しかし、気を付けて申し込まないと逆に損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

auひかりを代理店経由で申し込みをする場合、代理店によっては6万円や8万円、時には10万円を超える金額をキャッシュバックしている会社も存在します。

しかし、このような異常な高額なキャッシュバックを受け取るために、オプションサービスに強制加入させられることがほとんどです。

このオプションは最低利用期間なども存在するので、高額なキャッシュバックを貰ったとしても、月額料金も高額になってしまい意味がありません。

また、仮にオプション申し込みの義務がなかったとしても、2〜3人の紹介者を用意しなければならないなど、厳しい条件をクリアする必要があります。

条件に合致しなかった場合でもキャッシュバックは貰えますが、5,000〜10,000円程度の小額なキャッシュバックしか貰えません。

ここでは、auひかりの申し込みだけで無条件で高額なキャッシュバックが受け取れる代理店を紹介します。

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2020/6/1~2020/6/30
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

通常の代理店では高額なキャッシュバックのためにオプション申し込みや、紹介者を用意する必要があります。 また、開通後に申請手続きが必要になるため、うっかり忘れてしまうと、キャッシュバックが貰えないなどのトラブルになります。

NNコミュニケーションズは、キャッシュバックを受け取るためにオプション申し込みや、紹介者などを用意する必要がありません。

キャッシュバックは、戸建て…最大52,000円、マンション…最大45,000円もの金額を受け取ることができます。

特にマンションでは、別記事『auひかりをマンションで申し込むポイント!』でも解説している通り、比較的他社のキャッシュバックが少ない中で、高額な還元をしているのでお得度は高いでしょう。

また、申し込みと同時に、キャッシュバックの申請手続きも自動的に完了するので、開通後に面倒な手続きをする必要もありません。

そのため、申込者全員がキャッシュバックを受け取れるシステムを確立しており、キャッシュバック還元率100%を維持している代理店です。

申込者の立場にたった、分かりやすいキャンペーン内容や、申し込み後の細かいサポートでも定評があり、 KDDIから表彰されるほどの実績を残しています。

詳しくは、最短1ヶ月で早い!NNコミュニケーションズのキャンペーンをご覧ください。

申し込みページ: auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズ

auひかり正規代理店 株式会社NEXTのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:40,000円キャッシュバック
    ネット+電話:47,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2020/6/1~2020/6/30
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

NNコミュニケーションズと同じように、キャッシュバック受け取りの手続きを簡略化し、申込者全員がキャッシュバックを受け取れるようにしている代理店です。

auひかりの申し込みだけで40,000円、ひかり電話のオプションを付けると7,000円プラスされ47,000円が受け取れます。

ただ、NNコミュニケーションズと比べるとキャッシュバックが安くなってしまいます。

キャッシュバックは低いですが、その代りに高速通信に対応したNEC製のWi-Fiルーターがプレゼントされます。

NEC製Wi-Fiルーター
キャンペーンでプレゼントされるNEC製Wi-Fiルーター WG1200CR

Wi-Fiの最新規格であるac規格に対応しているため、auひかりのギガ回線を無駄なく活かす事が可能です。

Wi-Fiルーターが無くても、auひかりの接続機器であるホームゲートウェイにはWi-Fi機能が付いています。
しかし、このホームゲートウェイのWi-Fi機能を使うためには月額500円のWi-Fi利用料を支払わなければなりません。 しかも、ホームゲートウェイで内臓されているWi-Fi機能はn規格と呼ばれる1世代前の規格なので、速度が遅くなってしまう欠点があります。

ac規格対応のWi-Fiルーターを1台手に入れてしまえば、 ノートパソコンに限らず、スマホやタブレットでも、無料で最新の高速Wi-Fiに接続する事ができます。

株式会社NEXTのキャンペーンは、 Wi-Fiルーターをお持ちでない方や、古いモデルのWi-Fiルーターで速度に満足が出来ない方におすすめのキャンペーン内容になっています。

申し込みページ: 【auひかり正規代理店】株式会社NEXT

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
光ファイバーとは? ご存じのとおり、光ファイバーは現在最も高速にインターネットが利用できる回線です。ただ、実際にどのようなものなのか知らない方もいると思います。高速ブロードバンド回線、光...
auひかりオプションの評判を徹底調査!テレビサービスやWiFiの口コミ auひかりのオプションサービスに関する評判や口コミを調査してみました。固定電話やWiFiに関しては他社サービスと比べて良くも悪くもないようです。テレビサービスに至っては評判...
NURO光とauひかりの決定的な違い|料金や速度まで徹底比較
auひかり
NURO光とauひかりを比較すると料金や速度、オプションに至るまで決定的な違いがあります。このページでは両者の違いを分かりやすく解説しました。またNURO光を申し込む際、キャン...
Wi-Fiルーター・高速モバイルと光ファイバー、どちらが便利? 高速モバイル通信は主に外出先でインターネット接続が必要な場合に使われる通信手段です。主にモバイルWi-Fiルーターを利用し外出先だけではなく自宅と併用して使うことも可能です...