1. auひかり乗り換えガイド
  2. 解約

auひかり解約まとめ|高額な違約金を取られないためには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりの解約

auひかりを解約するときは、解約金がかかったり、電話番号が継続できないなど、いくつかの問題が発生する可能性があります。

また、回線の撤去費用や機器の返却なども必要となるので、思った以上の費用が発生することもあるでしょう。

このページではauひかりの解約によって生じる違約金(解約金)の発生条件や総額、auひかり電話の電話番号を継続する方法などを詳しく解説していきます。

違約金は解約するタイミングによって必ず発生します。

ネット回線の乗り換えの場合、各社が行っているキャンペーンを利用するのがおすすめです。

詳しくは違約金を相殺してくれる高額キャンペーンとは?解説しています。

auひかりを解約する流れ

auひかりの解約は、基本的に以下の3ステップで可能す。

auひかり解約の3ステップ

利用中のプロバイダに解約手続き

auひかりは、契約しているプロバイダが全ての手続きを行ってくれます。

au one netを利用している方は、KDDIへの問い合わせで問題ありませんが、他のプロバイダを契約している方は、それぞれのプロバイダへ解約手続きを行いましょう。

■プロバイダ別・auひかりの解約連絡先
プロバイダ 電話 Web
So-net 電話番号:0120-80-7761
営業時間:9:00〜19:00
So-net公式
BIGLOBE 電話番号:0120-86-0962
営業時間:9:00〜21:00
BIGLOBE公式
au one net 電話番号:0077-777
営業時間:9:00〜20:00
au one net公式
@nifty 電話番号:012-32-2210
営業時間:9:00〜19:00
@nifty公式
@T COM 電話番号:0120-805-633
営業時間:9:00〜20:00
@T COM公式
AsahiNet 電話番号:0570-01-3500
営業時間:10:00〜19:00
AsahiNet公式
DTI 電話番号:0120-830-501
営業時間:10:00〜17:00
DTI公式
GMO
とくとくBB
書類手続きのみ GMOとくとくBB公式

また、So-net・BIGLOBE・@niftyのいずれかを利用している場合、WEB上からの手続きも可能です。

手続きには、各プロバイダのログインIDとパスワードが必要となるため、もし分かるようであれば利用しても良いでしょう。

■auひかり解約のWEB手続き
プロバイダ 手続きページ
So-net So-net 光 (auひかり) を解約したい
BIGLOBE BIGLOBEの退会・インターネット接続のみ解約の手続き
@nifty @nifty会員サポート解約のご案内

WEB上での手続きは可能ですが、戸建てタイプでは撤去工事が必要となる場合もあります。
そのため、どちらにせよ電話でのやり取りは必要になります。

また、auひかりを解約する際、一番問題となるのは解約金や工事費の残金です。
タイミングによっては高額な請求となるので注意が必要です。

レンタル機器の返却方法

auひかりで使用していた機器は解約後に返却する必要があります。
返却が必要な機器はauひかりの利用しているコースによって異なりますが、主にONUホームゲートウェイの2つです。

マンションタイプのVDSL配線で利用していた場合、モデムの1点のみとなります。

ただ、オプションなどを申し込みしていた場合、他にもレンタル機器がある可能性もあります。
レンタルしている機器はすべて返却しましょう。

ONUの返却

ONUは、直接光ファイバーが接続されている機器です。解約の際は、光ファイバーケーブルの断芯箇所に触れたり、覗き込んだりすると危険なため、必ずKDDIの工事業者が取り外しを行います。

取り外し後、ONUはそのまま工事業者が回収するので、返送などする必要はありません。

auひかりのONU
△auひかりのONU

ホームゲートウェイの返却

ホームゲートウェイはONUとは違い、直接光ファイバーケーブルが接続されていないため、自分で取り外しを行っても問題ないでしょう。

auひかりの解約後、10日以内にKDDIから着払い用のゆうパック伝票が届きます。
伝票に返送先住所が記載されているので、そのまま郵便局等で返却すれば完了です。

auひかりのホームゲートウェイ
△auひかりのホームゲートウェイ

必要に応じて撤去工事

auひかりの契約時に引き込んだ光ファイバーの撤去工事が必要な場合、解約手続きのタイミングで撤去工事の日程を決めます。

撤去する必要があるかは、お住まいの状況や契約時期・契約内容によりますが、主に次の3パターンに該当する方は撤去が必要です。

  • auひかりから乗り換えた先の光ファイバーが引き込めない場合
  • 一部のマンションなど、管理人が撤去を求める場合
  • 2018年3月1日以降に申し込んだホームタイプの方

戸建ての方は、電話線や他の光回線などを全て撤去していない場合、外壁が回線の重さに耐えられない可能性が出ると撤去を求められます。
私の実家はこの理由で、フレッツ光からauひかりに乗り換える時にフレッツ光の撤去後でないと工事ができないと言われました。

一方マンションでは、配線の関係でauひかりの回線設備を撤去しないと別の光回線が開通できないことがあります。

このような物件の場合、引越しが理由での解約では管理会社から回線の撤去工事を求められ、撤去せずに退去すると敷金が使われます。

解約月の月額料金は日割り計算される?

基本的にauひかりを解約する場合、解約月の料金は日割り計算されません。

そもそも、月途中の解約ができないため、解約の申し出があった月末の解約となります。

また、注意点としてプロバイダによっては月末ギリギリに解約を申し出ると処理に時間がかかり、解約が翌月になる場合があります。

auひかりを解約する際は余裕をもって手続きをしましょう。

使っているプロバイダが分からない場合は?

auひかりの解約は基本的にプロバイダに直接連絡が必要なため、プロバイダが分からないと手続きができません。
必ずプロバイダを確認する必要があるでしょう。

プロバイダは、毎月の請求書や契約関連の書類を見れば

どちらも手元に無い場合は、確認くんなどのアクセス情報確認サイトでプロバイダ情報を見ることもできます。

↑目次へ戻る

auひかりの解約金はいくら?

auひかりは、他社の光回線と同じように契約期間が存在します。
そのため、もし契約期間内に解約をしてしまうと解約金が発生することがあるのです。

auひかりの解約金は、戸建てタイプ(ホーム)かマンションタイプかによって異なります。

また、プロバイダによっても多少の違いがあるので、ご自身の契約状況だと解約金がいくらかかるのか、前もって確認しておきましょう。

auひかり戸建てタイプ(ホームタイプ)の解約金

auひかり戸建てタイプの解約金、違約金

auひかりの戸建てタイプは3種類のプランがあります。

月額料金の一番高い標準タイプでは最低利用期間が存在しないので、いつ解約しても解約金はかかりません。

しかし、2年契約であるギガ得プランや、3年契約であるずっとギガ得プランを解約すると更新月以外は解約金がかかってしまいます。

プラン 契約期間 解約金
ギガ得プラン 2年 9,500円
ずっとギガ得プラン 3年 15,000円

2年契約のギガ得プランで解約すると9,500円、3年契約であるずっとギガ得プランで解約すると15,000円の違約金が請求されます。 しかし、それぞれのプランには更新月が設けられており、2ヶ月間の更新月中に解約すれば違約金はかかりません。

△ギガ得プラン(2年契約)の更新月 auひかりギガ得プラン解約金

△ずっとギガ得プラン(3年契約)の更新月 auひかりずっとギガ得プラン解約金

2年契約のギガ得プランでは2年に一度、2ヶ月間だけ更新月があり、その間に解約すれば解約金は無料です。 3年契約のずっとギガ得プランでも3年に一度、2ヶ月間だけ更新月があり、その間の解約は同じく費用がかかりません。

高速サービス解除料も請求

auひかりの10ギガまたは5ギガタイプを使っている場合、上記以外の違約金も請求されます。

高速サービス解除料として12ヵ月以内に解約すると2,500円が別途請求されます。

ただ、5ギガから10ギガへの変更など、速度のみの変更の場合、この金額は請求されません。

ホームタイプは撤去費用がかかる!

2018年3月1日以降にホームタイプを申し込んだ方は解約時の撤去工事が必須になり、工事費が28,800円必要になります。
※転居の場合、引越し先でauひかりやKDDI指定のインターネットを利用する場合は撤去工事費が免除されます。

この撤去工事が必須になった変更は、SNSを中心にネット上のあちこちで不満の声が上がりました。
また、この変更が原因でauひかりの契約を躊躇する人も増えたので、ここでは少し詳しく解説します。

撤去工事を拒否した場合どうなるか?

撤去工事が必須の人が、解約時に撤去工事を拒否した場合はどうなるのでしょうか?
撤去しない場合に関して、KDDIのホームページには以下のような記載があります。

2018年3月1日以降にauひかりホーム、または高速サービス(10ギガ・5ギガ)をお申し込みのお客さまは、解約時に引込設備の撤去工事をKDDIが行い、撤去工事費28,800円がかかります。

なお、お客さまのご都合により撤去工事ができない場合は、設備が残ることにより発生する維持費相当をお支払いただきます。

引用元:auひかり ホーム | 工事内容 | 光ファイバー auひかり:インターネット回線 | au

実はauひかりの光ファイバーは、KDDIが所有するものとNTTのダークファイバーを利用したものがあり、どの回線を利用していたのかにより維持費が異なります。

ダークファイバーとは、NTTが所有する利用者のいない光ファイバーのことで、KDDIがレンタルしてauひかりの回線として利用しています。

撤去を拒否した事により、請求される金額は正式には公表されていませんが、auひかりを解約する際、撤去工事を行ったほうが良いでしょう。

詳しくはauひかりのデメリット|解約するときでも解説しています。

auひかりマンションタイプの解約金

auひかりマンションタイプの解約金、違約金

基本的マンションタイプは戸建てタイプとは違い解約金はありません。

ただし、@TCOMとDTIのいずれかのプロバイダを使っている場合のみ、auひかりの開通から6ヶ月以内に解約をすると、利用期間に応じた違約金が発生します。

■DTI・@TCOM auひかりマンションタイプの解約金
解約月 解約金
初月 月額基本料金6カ月分
2ヶ月目 月額基本料金5カ月分
3ヶ月目 月額基本料金4カ月分
4ヶ月目 月額基本料金3カ月分
5ヶ月目 月額基本料金2カ月分
6ヶ月目 月額基本料金1カ月分
7ヶ月目〜 0円

auひかりマンションタイプの月額料金は、お住まいの集合住宅に導入されているauひかりの設備によって異なります。
各契約プランの料金の詳細については、別記事のauひかりをマンションで申し込むポイントをご覧ください。

月額料金は3,400〜4,100円ほどなので、解約金は最大でこの金額の6ヶ月分です。

DTIと@TCOM以外のプロバイダ(So-netやBIGLOBE、auonenet等)をお使いの場合は解約金はかかりません。

そのため、auひかりのマンションタイプで解約金が請求されるケースはかなり少ないでしょう。

しかし、戸建てタイプにしろマンションタイプにしろ解約金とは別に、工事費の残金があれば支払う必要があります。

工事費の残債があれば残りを請求される

auひかりは導入時に光ファイバーの引き込み工事が行われるので、必ず工事費がかかります。

工事費は、戸建てで37,500円、マンションで30,000円です。
工事費は、はじめに一括での支払いも可能ですが、分割払いを選択することもできます。

この工事費分割の残金がまだ残っている場合、残債がまとめて請求されます。

■auひかりの工事費と分割回数
住まい 工事費 分割回数
戸建て 37,500円 30か月
マンション 30,000円 24ヶ月

通常、戸建てタイプは30ヶ月以内、マンションタイプは24ヶ月以内であれば工事費の残金が残っているはずです。
そのため、解約する際に残りの残金を支払わなくてはいけません。

たとえば、auひかり戸建てタイプを2年丁度で解約した場合、残り6か月分の工事費分割代金が残っている状態です。
つまり、6か月分の支払いで7,500円が請求されます。

固定電話の電話番号を継続したい

auひかりの固定電話サービスであるauひかり電話を利用している方は、電話番号を継続(番号ポータビリティ)したい方も多いでしょう。

しかし、電話番号を継続して他社サービスへ引き継ぐためには条件が存在します。

auひかりから他社サービスへ電話番号を引き継げるのはNTT加入電話の時から使っていた電話番号のみです。
NTT加入電話とは、NTTのアナログ回線のことで、フレッツ光のひかり電話とも異なります。

NTT加入電話で電話番号を発行し、その後auひかりへ電話番号を引き継いだ場合に、他社サービスへ再度引き継ぎが可能です。

継続 ケース
  • NTT発行の番号→auひかり→他社回線
  • NTT発行の番号→フレッツ光→auひかり→他社回線
×
  • KDDIメタルプラス発行の番号→auひかり→他社回線
  • auひかり発行の番号→他社回線

NTTの加入電話で使っていた番号であれば、仮にフレッツ光や他社のひかり電話を経て、auひかりへ引き継いだとしても、再度他社サービスへ移行が可能です。

このようにKDDIサービスで発行された電話番号を使っている場合、他社回線へ電話番号を継続することができません。

詳しい継続条件についてはauひかり電話|電話番号が引き継げないケース、スマホセット割り条件 をご覧ください。

auひかりの解約金を負担してくれるキャンペーン

auひかりを解約する際、タイミングによっては解約金や撤去費用等がかかってしまいます。

ただ、他社インターネットサービスによってはauひかりの解約でかかった費用を負担してくれる場合もあるのです。

ソフトバンク光の解約金負担キャンペーン

ソフトバンク光

ソフトバンク光はこんな方にお勧め

  • ソフトバンクスマホへの乗り換えでセット割り

ソフトバンク光は名前の通りソフトバンク提供の固定回線です。auひかりでauスマホとのセット割りが合ったとおり、ソフトバンク光でもスマホとのセット割が提供されています。

もし、ソフトバンクのスマホへの乗り換えであれば、固定回線もソフトバンク光にする事で、auひかりとauスマホとのセット割りとほぼ同等の割引が適用されます。

解約金負担キャンペーン

ソフトバンク光の特徴として「あんしん乗り換えキャンペーン」というキャンペーンを実施しています。

他社サービスの解約でかかった費用を最大で10万円まで負担してくれるので、auひかりの費用はほぼ全額カバーできるでしょう。

ただ、キャンペーンの適用には、auひかりの違約金や撤去費用などの明細が表示された解約証明書が必要となります。

請求書や領収書などが、この証明書に当たるのですが、auひかりでは紙ベースの請求書を発行する場合、有料となってしまうので、紙の請求書が届かないようにしている方も多いでしょう。

この場合、auひかりで契約しているプロバイダの会員ページにログインして請求書ページを印刷するなどすれば、解約金負担キャンペーンの対象となります。

また、この解約金負担キャンペーンは ソフトバンク光公式ページ 限定のキャンペーンです。 ソフトバンク光は他にも代理店などから申し込みできますが、この場合解約金負担キャンペーンの適用外となるので注意しましょう。

解約負担キャンペーンの条件

  • 公式ページからソフトバンク光を申し込み
  • 解約証明書を用意(請求書または領収書)
ソフトバンク光公式キャンペーン
  • キャンペーン:25,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2019/10/1〜2019/10/31
  • 戸建て月額料金:5,200円
  • マンション月額料金:3,800円

申し込みページ: 【ヤフー公式】ソフトバンク光

NURO光は高額キャッシュバックで相殺!

NURO光

NURO光はこんな方にオススメ

  • ソフトバンクスマホへ乗り換えの方
  • とにかく高速回線を使いたい方

ソフトバンクスマホをお持ちの方には、ソフトバンクが提供している、ソフトバンク光がオススメです。

しかし、条件が合えばSo-netが提供しているNURO光のほうが月額料金も安く、しかもインターネットの速度も快適に利用することが出来ます。

また、NURO光は「ソニーが提供している世界最速光ファイバー」として海外でも話題なるほど速度面では定評があります。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使っているので速度面ではフレッツ光や他社光と違いはありません。

しかし、NURO光は設備や使われている技術自体全く違う物が使われておりソフトバンク光やauひかりよりも高速に通信が可能です。

高額なキャッシュバックで解約金をカバー

NURO光は解約金負担キャンペーンは行っていません。

しかし、申し込みをする窓口によっては高額なキャッシュバックが受け取れるので、auひかりの解約にかかった費用以上の金額を受け取ることができます。

一般的な光回線では新規で申し込みした場合、受け取れるキャッシュバックは10,000円から多くても20,000円程度です。

しかし、NURO光の場合、So-net公式の特設ページから申し込みを行うと無条件で35,000円のキャッシュバックが受け取れます。

そのため、auひかりの解約金や撤去費用がかかったとしても、キャッシュバック金額が高いため、実質金銭的な負担なしでauひかりを解約することが可能です。

また、詳しい比較については【厳選】NURO光キャンペーン比較!で解説しています。
NURO光は公式の他に代理店などからも申し込みができます。

そのため、各窓口のキャンペーンや条件をきちんと比較した上で、申し込みを行いましょう。

NURO光キャッシュバック
  • キャンペーン:35,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2019/10/1~2019/10/31
  • 月額料金:4,743円
  • ※戸建て、7階建以下マンション共通

申し込みページ: 【So-net公式】NURO光35,000円キャッシュバック特設ページ

ソフトバンクスマホとのセット割

NURO光では、ソフトバンクスマホとセットで利用するとスマホセット割である「おうち割光セット」を適用できます。

しかも、ソフトバンク光の場合はスマホセット割りのために月額1,000円近くのオプション申し込みの必要があります。

NURO光でもオプション申し込みは必要ですが、月額500円のNURO光電話のみの申し込みでOKです。

おうち割光セットでは、契約しているデータ容量に応じて割引額が変わり、最大2,000円まで割引されます。
詳しくは、姉妹サイトのNURO光スマホセット割を徹底解説をご覧ください。

ドコモ光はキャッシュバックとdポイントプレゼント

ドコモ光の場合、NURO光やソフトバンク光ほどの高額キャンペーンは提供していません。

しかし、キャッシュバックに加えコンビニなど多くの加盟店で使えるdポイントがプレゼントされます。

dポイントプレゼントキャンペーンは、どこの窓口でドコモ光を申し込んでも同じポイントとなり、10,000ポイントが付与されます。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    5,500~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2019/10/1?2019/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

GMOとくとくBBでドコモ光を申し込みすると15,000円のキャッシュバックが受け取れます。
ただし、この金額には条件があり、DAZNの映像配信サービスを同時に申し込みしなければなりません。

オプションなしだと、5,500円のキャッシュバックのみとなります。

ただ、dポイントは同じく10,000ポイント付与されます。

申し込みページ: 【GMOとくとくBB】ドコモ光キャッシュバックキャンペーン
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ソフトバンク光やauひかりの解約で撤去費用が発生?工事費残金の支払いも必要
解約
ソフトバンク光やauひかりなどの光回線を解約する際、場合によって撤去工事が発生します。しかもサービスによっては撤去費用がかかるので注意しましょう。また申し込み時に分割に...
ソフトバンク光の解約手順|違約金や電話番号を継続するための注意点 ソフトバンク光を解約する時には注意が必要。時期によって解約金や工事費の残金が請求される事もあります。また場合によっては電話番号を継続できない場合もあるので、解約前に条...
ビッグローブ光の解約方法と解約金がかからないタイミング ビッグローブ光を解約する際、時期によっては解約金が発生してしまいます。また、工事費の残金が残っていた場合、残りを支払わなければなりません。ビッグローブ光を解約するに当...
OCN光解約ガイド|違約金の発生条件や電話番号を継続する方法 OCN光を契約して他社光への乗り換えにはいくつか用心したい点があります。このページでは違約金の発生条件や電話番号の継続方法などOCN光を解約する際の注意点を詳しくご説明します。
間違えて申し込んだauひかりの工事費やキャンセル料は請求される? 近年、多くの人が家にネット回線を導入しています。契約の仕方は様々あり、それぞれに特徴もあります。しかし、中には言葉巧みに営業を掛け無駄なサービスに有料登録させてくる店...