1. ホーム

J:COMのデメリットをすべて暴露!苦情が多い理由とは?

ホーム
J:COMのデメリット

J:COMを利用している方や、これから導入を検討している方にとって、どんなデメリットがあるのかは気になるポイントでしょう。

ネットでの口コミの中には「速度が遅い」「料金が高い」と言った内容も多いです。

そこで今回は、J:COMの契約前に知っておきたいデメリットについてまとめました。
また、J:COMでないと視聴できない番組を見たい方向けに、J:COMのテレビを残して他のネットを契約した場合の料金も比較しています。

J:COM解約後のおすすめ光回線
光回線 特徴 詳細
auひかり
  • auスマホとのセット割
  • KDDI独自回線で混雑に強い
  • 月額料金
    戸建て:5,390円
    マンション:4,180円
詳細
So-net光プラス
  • auスマホとのセット割
  • v6プラス対応!
  • 高速Wi-Fiルーター無料
  • 月額料金
    戸建て:6,138円
    マンション:4,928円
詳細
ソフトバンク光
  • 他社解約金・撤去費用をサポート
  • IPv6高速ハイブリット対応
  • 月額料金
    戸建て:5,720円
    マンション:4,180円
詳細

JCOMの4つのデメリットとは!?

J:COMのデメリット

JCOMのデメリットとしては、おもに以下の4つの点が挙げられます。

■JCOMのデメリット

  • 通信速度が遅い
  • 月額料金が意外と高い
  • メンテナンスと称して営業をかけてくる
  • 他世帯の影響で利用不能になる可能性がある

それぞれの項目についてチェックしてみましょう。

通信速度が遅い

J:COMが遅い理由

JCOMのデメリットとして、通信速度が遅いことが挙げられるでしょう。

JCOMの通信速度は契約するプランによって異なります。

■JCOMのネット料金・速度
コース名 月額料金 受信最大速度 送信最大速度
NET 1Gコース 7,348円 1Gbps 1Gbps
NET 320Mコース 6,798円 320Mbps 10Mbps
NET 120Mコース 6,248円 120Mbps 10Mbps
NET 40Mコース 4,576円 40Mbps 2Mbps
NET 12Mコース 3,476円 12Mbps 2Mbps

プランの契約速度を見るとそれなりの速度が出るように見えますが、必ず上記の速度が利用できるわけではありません。
とくに、利用者が増える夜間等は思うように速度が出ないこともあるでしょう。

速度が遅くなる原因としては、以下の3つが挙げられます。

■JCOMの速度が遅い原因

  • 同軸ケーブル(TV用ケーブル)による信号の劣化
  • 他社ケーブルテレビ24社(74局)と設備を共有
  • 技術的に上り速度がどうしても遅い

同軸ケーブルを使っている

JCOMでは、通信やテレビ放送の伝送の本流には光回線を利用しています。
そして、1Gbpsの光回線契約以外は、途中で同軸ケーブル(TV用のケーブル)に分岐し、TVとインターネットを同時に利用するのが、JCOMの基本的な接続方法です。

同軸ケーブル
▲ケーブルTV回線に使われる同軸ケーブルは速度低下が起きやすい

しかし、テレビ用のケーブルはメタル回線のため、ADSLのような性質があります。

ADSLでは基地局からお住まいまでの距離が長かったり、回線の接続部分でノイズが入ったりすることで通信速度が下がる現象がありました。

ケーブルテレビでは少し原理が異なりますが、似たような理由で速度低下が起こってしまうのです。

他社ケーブルテレビ24社(74局)と設備を共有

J:COMはあらゆる地方ケーブルテレビと合併を繰り返し、現在は日本で最も会員数の多いケーブルテレビサービスとなりました。

ただ、J:COMのネットワーク設備はあらゆるケーブルテレビ局と共有をしています。

利用している人数が極端に多く、混雑に弱いため、急激なトラフィックの増加に対応できない可能性があります。

もちろん地域や時間帯によりますが、速度重視ならJCOM以外を利用した方がいいでしょう。

主なJ:COM回線を使ったケーブルテレビ

ZTV、福井ケーブルテレビ、長崎ケーブルメディア、宮崎ケーブルテレビ、ちゅピcom、ケーブルテレビ品川、ケーブルメディアワイワイ、大分ケーブルテレコム、テレビ岸和田、ベイコミュニケーションズ、姫路ケーブルテレビ、ハートネットワーク、青森ケーブルテレビ、遠野テレビ、狭山 ケーブル テレビ、あさがおテレビ、明石ケーブルテレビ、くーみんテレビ、上越ケーブルビジョン など

技術的に上り速度が遅い

JCOM NET光1Gコース以外のコースは、上り(アップロード)最大速度が512Kbps〜10Mbpsとかなり低速です。

■JCOMとその他サービスの通信速度
コース名 受信最大速度
(下り)
送信最大速度
(上り)
NET 1Gコース 1Gbps(1000Mbps) 1Gbps(1000Mbps)
NET 320Mコース 320Mbps 10Mbps
NET 120Mコース 120Mbps 10Mbps
NET 12Mコース 12Mbps 2Mbps
NET 1Mコース 1Mbps 512Kbps
参考:NTTドコモ 788Mbps 50Mbps
参考:auひかり 1Gbps 1Gbps
参考:フレッツ光 1Gbps 1Gbps
参考:NURO光 2Gbps 2Gbps

比較表の「NET 320Mコース」以下の契約と「NTTドコモ」を比較していただくと、JCOMは1Gコース以外はスマホ以下の性能だと分かります。

光回線では通常、下りが最大1Gbpsであれば、上りの1Gbpsです。
しかし、J:COMでは上りの速度が極端に遅い事が分かります。

なぜ、上りの速度がここまで遅いかと言うと、一般的にケーブルテレビ回線では、DOCSISと呼ばれる通信技術が使われています。
この技術の特徴として、上りの速度が遅い点が挙げられるのです。

特に以下のような方は、上りの速度も重要なので、J:COMは不利と言えるでしょう。

上り(アップロード)の速度が重要なサービス

  • オンラインゲーム
  • クラウドストレージ

オンラインゲームでは下りだけでなく、上りの速度も非常に重要です。
速度が遅いとラグが発生し、対戦ゲームなどで理不尽に負けてしまうことも珍しくありません。

上りが遅いとオンラインゲームで不利になる
▲上りが遅いとオンラインゲームで不利になる

また、クラウド系のストレージサービスにデータを預ける時も上りの速度が非常に重要になってきます。
GoogleドライブiCloudなど、使っている方は多いでしょう。

これらのサービスでJ:COMは使いにくいかもしれません。

月額料金が意外と高い

JCOMは月額料金が意外と高い

JCOMのデメリット2つ目は、月額料金が速度の割に高いことです。

【JCOMと他社光回線の料金比較】
  月額料金 通信速度
JCOM NET 1Gコース 7,348円 1Gbps
JCOM NET 120Mコース 6,248円 下り:120Mbps 上り:10Mbps
auひかり (ホーム) 5,610円 1Gbps
フレッツ光 (ISP:So-net) 6,490円 1Gbps
So-net光プラス 6,138円 1Gbps

auひかりで契約する場合は毎月5,610円円、一方、JCOMの1Gプランは7,348円です。
120Mプランでも6,248円とauひかり以上の月額料金なので、あまりコスパが良いとは言えません。

また、「テレビ+電話+ネット」の3契約の合計もJCOMが一番高額です。
他のサービスにない専門チャンネルが見たい方も、JCOMだと損をしてしまう可能性があるでしょう。

詳しくは「auひかりは地デジ対応サービスがない」の項をご覧ください。

メンテナンス作業と言いながら営業をかけてくる

J:COMの設備が入っているマンションに住んでいると、J:COMから「メンテナンス作業のお知らせ」が郵便受けに届きます。

「配線の不具合の有無を定期的に確認させていただいております」や「ご協力のほどよろしくお願いいたします。」などと書いてあるので、「やらないといけないのかな?」と思うでしょう。

しかし、このメンテナンス作業の本来の目的はサービスへの勧誘です。

JCOM点検チラシ
▲JCOMの点検チラシ

しかも、このメンテナンス作業のお知らせは、J:COMの加入の有無に関係なく届きます。

「J:COMに入っていない人は、J:COM加入への勧誘」、「すでに使っている人は電力やガスなどセットサービスへの勧誘」が行われます。

JCOMは多くのケーブルテレビ事業者を吸収しているので、契約内容が古いままの方も多いです。
さらに、他社の光回線などに対抗して、スマホやタブレットなどの新しいサービスを次々に展開しています。

新規顧客を増やすことも大切でしょうが、他の光回線に比べると利用者に頻繁に営業をかけている印象です。

気にならない人は大丈夫でしょうが、自宅に営業電話や勧誘が増えるのが迷惑と感じる方にとっては大きなデメリットでしょう。

他世帯の影響で利用不能になる可能性がある

少し稀なケースですが、JCOMなどケーブルテレビでは、他の世帯の漏電などが影響して利用不能になることがあります。

技術的内容はかなり難しくなるので割愛しますが、ケーブルテレビの分岐方法は他の世帯の過電圧やショートなど電気系統のトラブルに影響されやすいです。

光回線ではこのような影響を受けることは極めて低い配線方法なので、ケーブルテレビの大きなデメリットと考えていいでしょう。

「使えなくなって何をしても直らない。JCOMに問い合わせたのに原因がわからなかったけど、数日したら自然に直っていた」といった口コミもありますが、恐らく近くの他世帯で何か電気関連のトラブルがあったのでしょう。

通信の安定性・確実性が必要な方は、光回線を契約するのをおすすめします。

↑目次へ戻る

J:COMからどこに乗り換える?おすすめの光回線

オススメ光回線

すでにJ:COMを使っている方の中には、auスマホとのセット割であるauスマートバリューを適用している方もいるでしょう。
このセット割を継続したい方は、スマートバリュー対応の光回線に乗り換えるのがお勧めです。

乗り換えをしても、J:COMで適用されていた割引条件や割引金額に違いはありません。

auスマートバリュー対応の光回線

プロバイダによっては違約金分を補助してくれるキャンペーンを実施しています。
ただ、auスマートバリュー対応の回線は、すべてKDDIと提携を結んでおり、J:COMの解約金を一切負担してくれません。

そのため、J:COMの違約金や撤去費用が気になる方にはお勧めできません。

解約金や撤去費用については別記事 【JCOM解約】手続きや違約金・注意点など気になる事をまとめて解説で紹介しています。

ただ、各サービスでは申し込み時の割引やキャッシュバックは適用されます。
これらの特典を解約金への補助分と考えるのも良いでしょう。

auスマートバリュー対応光回線のキャンペーン
  申し込み窓口 キャンペーン内容
auひかり So-net公式ページ 最大70,000円
キャッシュバック

最大総額33,000円
月額割引
GMO auひかり公式ページ 最大77,000円
キャッシュバック
NNコミュニケーションズ 最大66,000円
キャッシュバック
アシタエクリエイト 45,000円
キャッシュバック
So-net光プラス So-net公式ページ 最大60,000円
キャッシュバック
ビッグローブ光 ビッグローブ公式 40,000円
キャッシュバック
アウンカンパニー 35,000円
キャッシュバック
NEXT 最大39,000円
キャッシュバック
eo光 eo光公式ページ 総額34,000円分の特典
(割引+商品券)
コミュファ光 So-net公式ページ 総額37,800円割引
NEXT 40,000円
キャッシュバック

auひかりを検討している方は、別記事 JCOMとauひかりを完全比較!料金から速度、デメリットまで丸ごと解説で詳しく比較しています。

【auひかり】独自回線で安定的に通信速度が速い!

auひかり
■auひかりの概要
最大速度 上り下り最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,390円
マンション:4,180円
スマホセット割 auスマホ
申し込み特典 70,000円キャッシュバック
+総額22,000円の月額割引
auひかり×So-net の場合

auひかりはKDDIが運営している独自の光回線です。
独自の回線設備ですので、平均通信速度が他の回線と比べても速く安定しています。

もちろんauスマホとのセット割であるauスマートバリューが適用されるので、スマホ1台につき月額最大1,100円の割引を受けることが可能です。

しかも、auひかりの中でも約6割の人が選択する人気プロバイダーであるSo-netから申し込みをすれば、以下の特典が受けられます。

■auひかり×So-netのキャンペーン

  • キャッシュバック
    戸建て…70,000円
    マンション…70,000円
  • 月額割引
    戸建て…総額22,000円
    マンション…総額33,000円

もしJCOMを解約した際に解約金が発生しても、充分補填することができるでしょう。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャッシュバック:
    戸建て:70,000円
    マンション:70,000円
  • 月額割引:
    戸建て:総額22,000円
    マンション:総額33,000円
  • キャンペーン期間:2022/10/1~2022/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,390円
  • マンションタイプ月額料金:4,180円

【So-net光プラス】日本の94%以上で使える人気光コラボ

So-net光プラス
■So-net光プラスの概要
最大速度 上り下り最大1Gbps
月額料金 戸建て:6,138円
マンション:4,928円
スマホセット割 auスマホ
申し込み特典 60,000円キャッシュバック
So-net光プラス公式 の場合

So-net光プラスは、So-netが運営する光コラボです。
光コラボというのは、日本全国94%以上の地域で利用できるフレッツ光の設備が使ったサービスなので、まず契約できない人はいないと思って良いでしょう。

auひかりも70%以上の地域で利用できますが、関西などでは利用できません。
もし、auひかりのエリア外にお住まいの人はSo-net光プラスを検討するのが良いでしょう。

So-net光プラスは、auスマホとのセット割であるauスマートバリューを適用することができる光コラボです。

「月々にかかるネットやスマホの通信費をできるだけ抑えたい!」

という人にとって、So-net光プラスはオススメです。

しかも、So-net光プラスは60,000円のキャッシュバックが受け取れます。

So-net光プラス公式ページ
  • キャンペーン
    60,000円キャッシュバック
    工事費分割引
  • 月額料金
    戸建て:6,138円
    マンション:4,928円

【ソフトバンク光】キャッシュバック+解約金サポートあり

ソフトバンク光
■ソフトバンク光の概要
最大速度 上り下り最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
スマホセット割 Softbankスマホ
申し込み特典 総額63,400円還元
+最大10万円の解約金、撤去費用サポート
正規代理店STORY の場合

ソフトバンクは、KDDIと完全にライバル会社です。
そのため、J:COMからの乗り換えで解約金サポートが行われています。

また、ソフトバンク光は申し込みをする窓口によって特典内容が大きく変わってきます。
きちんと窓口を選べば各種キャッシュバックに加え、工事費実質無料最大10万円の他社からの解約金サポートなどが適用されるのです。

このようにJ:COMでかかる解約金を負担してくれますが、当然auスマホとのセット割は適用できません。
ソフトバンク光でセット割ができるスマホ回線は、SoftbankのスマホやY!mobileだけです。

ソフトバンク光代理店STORY
  • キャンペーン
    新規:最大63,400円キャッシュバック
    転用:最大16,000円キャッシュバック
  • 月額料金
    戸建て:5,720円
    マンション:4,180円

↑目次へ戻る

JCOMからauひかりへ乗り換える際のデメリットはある?

JCOMからauひかりへ乗り換える際のデメリットは?

J:COMより通信速度がかなり快適になるauひかりですが、やはりいくつかのデメリットが存在します。

■auひかりに乗り換える際のデメリット

  • 地デジに対応したサービスがない
  • J:COMからの乗り換えは乗り換えサポート対象外

最後にauひかりのデメリットをチェックし、問題なければ乗り換えてしまいましょう。

auひかりのデメリット総まとめ!勧誘では絶対に言わない欠点

地デジに対応したサービスがない

auひかりのサービス内容に「テレビサービス」のオプションがあります。しかし、地デジ対応のサービスではありません。

いわゆるビデオ・オン・デマンドサービスなので、配信されたドラマやアニメ、映画を視聴するサービスとなっています。

ただ、auひかりのテレビサービスは無くとも、契約方法次第ではJCOMより安い料金で利用できるので、大きなデメリットではないかも知れません。

地デジや専門チャンネルが主な目的の方は、テレビ視聴環境を維持するために次の選択肢があります。

■auひかりで地デジ視聴するための方法

  • ネットだけauひかりに乗り換える
  • 全部auひかりに乗り換え、アンテナを設置
  • So-net光に乗り換えてフレッツテレビで代用
  • So-net光に乗り換えてひかりTVで代用

それぞれの方法を選択した際の料金は以下のとおりです。

■JCOM・他社光+テレビの料金比較
  ネット 電話 テレビ 月額※
J:COM スマートお得プラン 11,602円 11,602円
auひかり +J:COM(TV+電話) 5,610円 5,860円 11,470円
auひかり+アンテナ+スカパー 5,610円 550円 4,169円 10,329円

So-net光プラス (フレッツTV)
※地デジのみ

6,138円 550円 825円 7,513円
So-net光プラス(ひかりTV) 6,138円 550円 2,750円 9,438円

※期間限定の割引は含めずに計算しています

このように比較すると、ネットだけをauひかりにしても全く問題がないのが分かります。

ちなみに、So-net光プラスはフレッツ光の回線を利用した光コラボ回線です。
So-net光プラスについての詳細は 【簡単解説】So-net光とauひかりの明確な違い!光コラボを徹底比較をご覧ください。

なお、視聴可能な番組はテレビサービスによって異なります。
スカパーひかりTVにも見たい番組があれば、JCOMにこだわる必要はありません。

JCOMからの乗り換えは乗り換えサポート対象外

auひかりには、他社のインターネット契約から乗り換えた方を対象に解約金を還元する「auひかりスタートサポート」があります。

実は、JCOMはKDDIの提携企業なので、JCOMからの乗り換えではauひかりスタートサポートは受けられません。

もし、JCOMの解約に違約金がかかる場合は全て自己負担になるため、乗り換える際には注意してください。

auひかりの乗り換えサポートについては、auひかり新スタートサポートの条件と注意点で解説しています。

auひかりの代理店比較 【厳選】auひかり代理店比較|高額キャッシュバックはトラブルの元? auひかりのキャンペーンは申込みの代理店によって全く内容が異なります。適用条件も大きく違うため、申込後にキャンペーンが適用されず後悔してしまう事もめずらしくありません。このページでは、auひかり大手代理5社のキャンペーン内容と適用条件を比較してみました。 記事を別タブで開く 2021-06-21

目次へ戻る↑
関連記事
最初にこれを知っておこう!auひかり基礎知識
ホーム
auひかりの速度の秘密や、各種割引を受ける方法などを紹介しています。auひかりに乗り換える前に是非チェックしておきましょう。また光回線とADSL、モバイルWi-Fiとの違いについて...
auスマートバリューとは?auひかり以外の対象回線も紹介 auスマートバリューとは?スマホセット割引適用方法と注意点をまとめました
ホーム
auスマートバリューとは、対象回線とauスマホがセットで割引になるサービスです。対象となる回線は、auひかりの他にビッグローブ光やSo-net光などがあります。このページでは、au...
PS4, Nintendo Switchプレゼントキャンペーン 【auひかり代理店比較】PS4やNintendo SwitchがもらえるS&Nパートナー
ホーム
S&Nパートナーはauひかりの代理店として唯一PS4やNintendo Switchなどがもらえる代理店として知られています。一般的な代理店と違い複雑な手続きなどが少なく、トラブルの心配があ...
光回線のデメリット 光回線の欠点は何?デメリットを分かりやすく解説
ホーム
高速で使いやすい光回線ですが良い部分だけではありません。光ファイバーにもデメリットがいくつか存在します。このページでは光回線のデメリットやポケットWiFiなどとの比較を分...
東京でおすすめのインターネット 東京で契約すべきおすすめインターネット回線を暴露!速くて最安の回線は?
ホーム
東京で契約可能なインターネット回線は豊富にあります。しかし、通信速度や料金面で選ぶなら光回線がベストとなります。また、光回線の中でもNTTやKDDIといった大手の光回線がサー...