JCOMは速度が遅くて高額!?気になるデメリットとauひかりとの比較まとめ

ホーム

JCOMを利用している方や、これから導入を検討している方にとって、どんなデメリットがあるのかは気になるポイントでしょう。

ネットの口コミでも「速度が遅い」「料金が高い」といった内容が多いことからもわかる通り、これから契約するならJCOMはあまりオススメできません。

そこで今回は、JCOMの契約前に知っておきたいデメリットについてまとめました。
また、JCOMでないと視聴できない番組を見たい方向けに、JCOMのテレビを残して他のネットを契約した場合の料金も比較しています。

JCOMの4つのデメリットとは!?

JCOMの4つのデメリットとは!?

JCOMのデメリットとしては、おもに以下の4つの点が挙げられます。

■JCOMのデメリット

  • 通信速度が遅い
  • 月額料金が意外と高い
  • 利用中でもガンガン営業をかけてくる
  • 他世帯の影響で利用不能になる可能性がある

それぞれの項目についてチェックしてみましょう。

通信速度が遅い

JCOMは通信速度が遅い

JCOMのデメリットとして、通信速度が遅いことが挙げられるでしょう。

JCOMの通信速度は契約するプランによって異なります。

■JCOMのネット料金・速度
コース名 月額料金 受信最大速度 送信最大速度
NET 1Gコース 7,348円 1Gbps 1Gbps
NET 320Mコース 6,798円 320Mbps 10Mbps
NET 120Mコース 6,248円 120Mbps 10Mbps
NET 40Mコース 4,576円 40Mbps 2Mbps
NET 12Mコース 3,476円 12Mbps 2Mbps

プランの契約速度を見るとそれなりの速度が出るように見えますが、必ず上記の速度が利用できるわけではありません。
とくに、利用者が増える夜間等は思うように速度が出ないこともあるでしょう。

速度が遅くなる原因としては、以下の3つが挙げられます。

■JCOMの速度が遅い原因

  • 同軸ケーブル(TV用ケーブル)を使っている
  • JCOMのプロバイダとしての性能
  • 上り速度が遅い

同軸ケーブルを使っている

JCOMでは、通信やテレビ放送の伝送の本流には光回線を利用しています。
そして、1Gbpsの光回線契約以外は、途中で同軸ケーブル(TV用のケーブル)に分岐し、TVとインターネットを同時に利用するのが、JCOMの基本的な接続方法です。

しかし、テレビ用のケーブルはメタル回線のため、ADSLのような性質があります。

ADSLでは基地局からお住まいまでの距離が長かったり、回線の接続部分でノイズが入ったりすることで通信速度が下がる現象がありました。

ケーブルテレビでは少し原理が異なるのですが、似たような理由で速度低下が起こってしまうのです。

JCOMのプロバイダとしての性能

JCOMはテレビ事業者がサービス拡充のためにプロバイダ機能も提供しています。

一般的なインターネット回線では、光回線などのインフラ事業者+プロバイダ事業者それぞれを契約し、インターネットに接続します。

パソコンしかインターネット接続しなかった頃ならまだしも、最近はスマホの普及で総通信量が跳ね上がり、プロバイダ専門の事業者でも悲鳴をあげている状態です。

当然、二刀流のJCOMはもっと辛いのではないでしょうか。

プロバイダの反応速度をはかる指標にPINGというものがあります。

■一般的なPING値

  • スマホ:20〜50
  • auひかり(au one net):5〜25
  • JCOM:50〜150

PINGは反応が返ってくるまでの時間を表す数値なので、値が小さい方が優秀です。

これを比較すると、JCOMは極端に反応速度が遅く、急激に増えた通信量に処理が追いついていない状態だと言えるでしょう。

ネットの営業をしていると、お客さんの家に訪問して接続設定をすることがあります。
接続テストを兼ねて計測してみると、体感でもJCOMだけ明らかに反応が遅いです。

もちろん地域や時間帯によりますが、速度重視ならJCOM以外を利用した方がいいでしょう。

上り速度が遅い

JCOM NET光1Gコース以外のコースは、上り最大速度が512Kbps〜10Mbpsとかなり低速です。

■JCOMとその他サービスの通信速度
コース名 受信最大速度 送信最大速度
NET 1Gコース 1Gbps 1Gbps
NET 320Mコース 320Mbps 10Mbps
NET 120Mコース 120Mbps 10Mbps
NET 12Mコース 12Mbps 2Mbps
NET 1Mコース 1Mbps 512Kbps
参考:NTTドコモ 788Mbps 50Mbps
参考:auひかり 1Gbps 1Gbps
参考:フレッツ光 1Gbps 1Gbps
参考:NURO光 2Gbps 2Gbps

比較表の「NET 320Mコース」以下の契約と「NTTドコモ」を比較していただくと、JCOMは1Gコース以外はスマホ以下の性能だと分かります。

通信は下り速度しか見ない人がいますが、Webサイトが表示される流れをかなりざっくり分けると次の2ステップが必要です。

■Webサイトが表示されるまでの流れ

  1. URLなどで表示したいページをリクエストする
  2. Webサーバーがリクエストされたページを送信

つまり、下り速度がどんなに早いとしても、「見せて!」と言いに行くのが遅いと、全体的な速度は遅くなってしまうのです。

月額料金が意外と高い

JCOMは月額料金が意外と高い

JCOMのデメリット2つ目は、月額料金が速度の割に高いことです。

【JCOMと他社光回線の料金比較】
  月額料金 通信速度
JCOM NET 1Gコース 7,348円 1Gbps
JCOM NET 120Mコース 6,248円 下り:120Mbps 上り:10Mbps
auひかり (ホーム) 5,610円 1Gbps
フレッツ光 (ISP:So-net) 6,490円 1Gbps
So-net光プラス 6,138円 1Gbps

auひかりで契約する場合は毎月5,610円円、一方、JCOMの1Gプランは7,348円です。
120Mプランでも6,248円とauひかり以上の月額料金なので、あまりコスパが良いとは言えません。

また、「テレビ+電話+ネット」の3契約の合計もJCOMが一番高額です。
他のサービスにない専門チャンネルが見たい方も、JCOMだと損をしてしまう可能性があるでしょう。

詳しくは「auひかりは地デジ対応サービスがない」の項をご覧ください。

契約中でもガンガン営業をかけてくる

JCOMは契約中でもガンガン営業をかけてくる

JCOMを契約していると、JCOMから電話がかかってくることがあります。

「不便はありませんか?」と言う内容から「新しいサービスが出まして」といった直接的な営業まで担当によって様々ですが、最終的にはプラン変更を案内されるでしょう。

JCOMは多くのケーブルテレビ事業者を吸収しているので、契約内容が古いままの方も多いです。
さらに、他社の光回線などに対抗して、スマホやタブレットなどの新しいサービスを次々に展開しています。

新規顧客を増やすことも大切でしょうが、他の光回線に比べると利用者に頻繁に営業をかけている印象です。

気にならない人は大丈夫でしょうが、自宅に営業電話が増えるのが迷惑と感じる方にとっては大きなデメリットでしょう。

他世帯の影響で利用不能になる可能性がある

JCOMは他世帯の影響で利用不能になる可能性がある

少し稀なケースですが、JCOMなどケーブルテレビでは、他の世帯の漏電などが影響して利用不能になることがあります。

技術的内容はかなり難しくなるので割愛しますが、ケーブルテレビの分岐方法は他の世帯の過電圧やショートなど電気系統のトラブルに影響されやすいです。

光回線ではこのような影響を受けることは極めて低い配線方法なので、ケーブルテレビの大きなデメリットと考えていいでしょう。

「使えなくなって何をしても直らない。JCOMに問い合わせたのに原因がわからなかったけど、数日したら自然に直っていた」といった口コミもありますが、恐らく近くの他世帯で何か電気関連のトラブルがあったのでしょう。

通信の安定性・確実性が必要な方は、光回線を契約するのをおすすめします。

↑目次へ戻る

インターネットはJCOMからauひかりやSo-net光に乗り換えるべき!

インターネットはJCOMからauひかりやSo-net光に乗り換えるべき!

今JCOMを利用している方は、見たい番組がJCOMでしか放送されていなかったり、電波障害が頻発する地域にお住まいで、ケーブルテレビしかテレビ視聴方法がないといった理由で契約したのではないでしょうか。

また、お住まいの建物がJCOMしか対応していなかったり、auスマートバリューを適用させるために契約した方もいるかもしれません。

しかし、上記の内容を踏まえても、インターネットはauひかりに乗り換えるのがオススメです。

■auひかりへの乗り換えがおすすめな理由

  • auスマートバリューは継続できる
  • auひかり+JCOMでテレビで安く早くなる
  • 専門チャンネルが不要ならSo-net光+ひかり電話の方が安い
  • 物件がJCOMのみ対応は不動産屋の営業トークの可能性大

特にマンションやアパートで、JCOMしか対応していないと言われた場合も、提供エリアを確認するとエリア内になっていることが多いのです。

月額料金を考えても、同じ料金を支払うなら少しでも速度が速く、安定性の高いauひかりのほうが適しているでしょう。

auひかりとJCOMの比較 JCOMとauひかりを完全比較!料金から速度、デメリットまで丸ごと解説 KDDIグループであるJCOMはauスマートバリューなどの割引が適用できます。しかし料金や速度、割引の条件などauひかりと大きく違う点も多々あります。JCOMとauひかりの違いを詳しく解説しました 2021-04-10

↑目次へ戻る

JCOMからauひかりへ乗り換える際のデメリットはある?

JCOMからauひかりへ乗り換える際のデメリットは?

JCOMより通信速度がかなり快適になるauひかりですが、やはりいくつかのデメリットが存在します。

■auひかりに乗り換える際のデメリット

  • 地デジに対応したサービスがない
  • JCOMからの乗り換えは乗り換えサポート対象外

最後にauひかりのデメリットをチェックし、問題なければ乗り換えてしまいましょう。

地デジに対応したサービスがない

auひかりのサービス内容に「テレビサービス」のオプションがあります。しかし、地デジ対応のサービスではありません。

いわゆるビデオ・オン・デマンドサービスなので、配信されたドラマやアニメ、映画を視聴するサービスとなっています。

ただ、auひかりのテレビサービスは無くとも、契約方法次第ではJCOMより安い料金で利用できるので、大きなデメリットではないかも知れません。

地デジや専門チャンネルが主な目的の方は、テレビ視聴環境を維持するために次の選択肢があります。

■auひかりで地デジ視聴するための方法

  • ネットだけauひかりに乗り換える
  • 全部auひかりに乗り換え、アンテナを設置
  • So-net光に乗り換えてフレッツテレビで代用
  • So-net光に乗り換えてひかりTVで代用

それぞれの方法を選択した際の料金は以下のとおりです。

■JCOM・他社光+テレビの料金比較
  ネット 電話 テレビ 月額※
J:COM スマートお得プラン 11,602円 11,602円
auひかり +J:COM(TV+電話) 5,610円 5,860円 11,470円
auひかり+アンテナ+スカパー 5,610円 550円 4,169円 10,329円

So-net光プラス (フレッツTV)
※地デジのみ

6,138円 550円 825円 7,513円
So-net光プラス(ひかりTV) 6,138円 550円 2,750円 9,438円

※期間限定の割引は含めずに計算しています

このように比較すると、ネットだけをauひかりにしても全く問題がないのが分かります。

ちなみに、So-net光プラスはフレッツ光の回線を利用した光コラボ回線です。
So-net光プラスについての詳細は「So-net光って何?光コラボとは?auひかりとの違いを徹底解説」をご覧ください。

なお、視聴可能な番組はテレビサービスによって異なります。
スカパーひかりTVにも見たい番組があれば、JCOMにこだわる必要はありません。

JCOMからの乗り換えは乗り換えサポート対象外

auひかりには、他社のインターネット契約から乗り換えた方を対象に解約金を還元する「auひかりスタートサポート」があります。

実は、JCOMはKDDIの提携企業なので、JCOMからの乗り換えではauひかりスタートサポートは受けられません。

もし、JCOMの解約に違約金がかかる場合は全て自己負担になるため、乗り換える際には注意してください。

auひかりの乗り換えサポートについては、auひかり新スタートサポートの条件と注意点で解説しています。

↑目次へ戻る

auひかりに乗り換えてネットを快適にしよう!

auひかりに乗り換えてネットを快適にしよう!

今回は、JCOMのデメリットについて解説しました。

最近のスマホ普及や各種Webサービスの利用に必要な回線速度は向上し、通信量が増えたことでJCOMのネットでは不満を感じる機会が多くなりました。

少なくともインターネット契約は他のサービスに乗り換えることで、月額料金が上がることなく、快適な通信速度で使えるようになります。

auひかりの場合はauひかりスタートサポートは利用できませんが、高額キャッシュバックを行なっている代理店を通せば解約金は全て相殺できる可能性が高いでしょう。

たとえば、特設サイトからの申し込みだけで45,000円のキャッシュバックがもらえる NNコミュニケーションズ を利用すれば、JCOMの解約時に発生した解約金を補填できます。

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2021/4/1~2021/4/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,390~5,610円
  • マンションタイプ月額料金:4,180円~

NNコミュニケーションズでは、申し込み時にキャッシュバックの受け取り口座を口頭申告するだけの簡単な手続きだけで、開通翌月にキャッシュバックがもらえます。

そのため、ネットの申し込みに不安を感じている方や、確実にお得になりたい方にもおすすめの窓口です。

これらの窓口を上手く利用し、auひかりでよりお得なインターネットライフをはじめましょう!

 
目次へ戻る↑
関連記事
光回線と他回線の比較 光回線、ADSL、モバイルWi-Fiは何が違う?光回線と他回線の違いまとめ
ホーム
ネット回線を契約する際、主流である光回線以外にADSLやモバイルWi-Fiといった他回線の選択肢もあります。この他回線と光回線ではどのような違いがあるのでしょうか。
auひかいの速度制限の対処法 auひかりには速度制限が存在する!?速度制限の原因と対処法を解説
ホーム
帯域制限とは、インターネットの通信量の増加に伴い、意図的にプロバイダが個人ごとの通信速度を制限するものです。主にモバイルWi-Fiルーターなどの高速モバイル回線で頻繁に耳に...
auひかり解約まとめ auひかり解約まとめ|高額な違約金を取られないためには?
ホーム
auひかりを解約する際の詳細な手続き方法や注意点についてまとめました。解約金の金額や機器の返却方法、解約月の日割り請求などauひかりの解約に関する情報をすべてまとめていま...
WiMAXのキャンペーンと申し込み方法まとめ WiMAXのキャンペーンでお得に!損をしない選び方と月額料金の落とし穴
ホーム
WiMAXは通常のモバイル回線と比べて高額キャッシュバックを実施していますが、キャンペーンだけで決めるのは禁物です。月額料金のカラクリを知らないと大きく損をしてしまう事があ...
auひかりの各種設定 auひかり各種設定|配線やONUなど接続できない場合の解決策
ホーム
開通後の初期設定やWi-Fi、ポート解放方法などをご説明します。またインターネットが繋がらない場合、どのように対処したらよいのか?など詳しくご紹介します。