auひかり乗り換えガイド> auひかりのオプション>Wi-Fi機器レンタル

auひかりでWiFiを使うためのベストな方法!レンタルと購入どっち?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年パソコンの他にスマホやタブレットなどでインターネットをすることが多くなってきました。

家中で配線を気にせずにインターネットに接続できる点が、非常に便利と言えるでしょう。
しかし、WiFi接続を行うメリットと言えば、スマホなどで契約しているLTE回線の通信容量節約です。

基本的にauひかりのような固定回線の場合、通信容量の制限がありません。 そのため、通信制限を受けることがほとんどないのです。

詳しくは別記事auひかりの速度制限は存在する?も参考にしてください。

自宅にいるときはスマホをWiFi接続にして、固定回線経由でインターネットに接続すれば、スマホ側の通信容量を消費しません。

スマホの通信容量を上げる場合、別途オプション料金などを支払う必要があるので、できる限り避けたいものです。 このように自宅でのWiFi環境は通信費を節約する上で非常に重要となります。

ホームゲートウェイに内蔵している無線LANを使う

auひかりを利用する場合、必ずホームゲートウェイと呼ばれる宅内機器を利用する必要があります。

このホームゲートウェイにはルーター機能の役割を果たしており、インターネットの接続設定情報もすべて記録されているため、 ホームゲートウェイなしではインターネットに接続自体できません。

また、このホームゲートウェイにはWiFi機能も内蔵されています。

ただ、このWiFi機能は標準では無効に設定されており、KDDIに無線LANの申し込みを行わないと有効になりません。 そのため、ホームゲートウェイに内蔵されているとは言え、auひかりのWiFiは有料レンタルオプションと全く同じと言えるでしょう。

ホームゲートウェイBL900HW

この無線LAN機能を使うためには月額500円のWiFiオプション料金を払わなければなりません。

もしauひかりが開通した後で、オプション追加でWi-Fi機器レンタルを行った場合、KDDIからの遠隔操作で自動的に内臓の無線LAN機能が 有効になる仕組みです。

WiFi機能の申し込みはKDDIの公式ページから受け付けしています。
auひかり無線LAN機器レンタル

電話での申し込みはフリーダイヤルが用意されています。

0077-7064(無料)
年中無休(9:00〜20:00)

スマートバリューを利用する場合は無料

このようにホームゲートウェイに標準で装備されているWiFi機能は基本的に有料です。
ただ、スマートバリューを同時に適用している方に限り、月額500円のWiFi利用料が無料となります。

スマートバリューとはauスマホやauケータイとauひかりをセットで利用することで適用される割引サービスです。
このスマートバリューが適用されている方に限り、WiFiが永年無料で利用できます。

auスマートバリューの詳しい内容はauスマートバリューをご覧ください。

ホームゲートウェイのWiFiは11acに対応している?

ドラフトと呼ばれる、WiFiの正式な規格として承認されていないものを除くと、最新のWiFi規格は11acと呼ばれる規格です。 11acに対応していれば、最大1,700Mbps近くの速度で通信が可能です。
(※インターネットの実行速度は回線速度などにも依存します)

それでは、auひかりのホームゲートウェイに内蔵されているWiFiは11acに対応しているのでしょうか?

実はホームゲートウェイは、いくつかの機種が存在し、11acに対応しているのは最新のAterm BL1000HWのみとなります。

ホームゲートウェイBL900HW

NEC製のホームゲートウェイとなり、11ac規格をさらに超えた11axにも対応しています。

ただ、11axの速度で通信をするためには、スマホやパソコンなど子機側も対応する必要があり、現時点では無意味でしょう。
しかし、11acにさえ対応していれば、auひかりの速度を十分に活かすことが可能です。

現在Aterm BL1000HWを利用できるauひかりの回線タイプはホームタイプ(戸建て)のみとなっています。
マンションタイプなど、そのほかのタイプでは11nと呼ばれる一世代前の規格しか利用できないので注意しましょう。

※11acに対応してWiFiルーターを別途レンタルすることは可能です。

↑目次へ戻る

自前ルーターを購入して利用

すでに解説した通り、月額500円のWiFiオプション料金がかかります。 スマートバリューを適用している方は無料になるのですが、auスマホを使っていない方にとっては、長い目で見ると負担になるでしょう。

月額500円と言っても、1年で6,000円かかる計算になります。

そのため、WiFiルーターは基本的に自分で購入した方がお得です。 ルーターのスペックなどによって値段は変わりますが、安い物だと数千円で11acに対応したルーターが購入できてしまいます。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-2533DHP/M-CB 11ac 1733 800Mbps 4LDK 3階建向け 【iPhone8/X対応】

ただ、自前でルーターを購入したとしても、ホームゲートウェイが要らなくなるわけではありません。

ホームゲートウェイにはWiFi機能の他にも、インターネットの接続設定情報が入っており、これがないと接続自体できなくなってしまいます。

そのため、ONUとホームゲートウェイ、自前ルーターの3台を利用する必要がでてくるので、宅内機器が多くなり、電気配線など煩わしくなる可能性あるでしょう。

1ギガ対応の最適WiFi無線LANルーターを選ぶポイント

↑目次へ戻る

auひかりでWiFiを使う際の設定方法

auひかりのホームゲートウェイはNEC製のAtermルーターです。 そのため、設定方法自体は一般的なWiFi設定と違いはありません。

WiFiルーターにはすべてSSIDと呼ばれる個別のネットワーク名が付いています。
パソコンやスマホ、タブレットなどでWiFi設定する際、このネットワーク名を選択しパスワードを入力すれば接続完了です。

Wi-Fiの詳しい設定方法は無線LANの設定方法をご覧ください。

PLCレンタル
auひかりのオプションへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
モバイルWi-Fiとauひかりを比較
モバイルWi-Fiは遅い?auひかりとモバイル回線を比較!速度制限や通信速度にここまで違いがあった
NURO光でんわ
何も特徴のないNURO光電話|スマホセット割のためだけに契約はあり?ソフトバンクとのセット割や電話番号を継続する条件を解説
モバイルWi-Fiルーターからの乗り換え
モバイルWi-Fiからauひかりへ乗り換え|モバイルと光は完全に別回線!何も考えずに乗り換えが可能
auひかりアウンカンパニー
無条件キャッシュバック還元される窓口・アウンカンパニー|高速WiFi規格対応ルーターは本当に価値がある?
Softbank Air
工事なし!Softbank Airの特徴を徹底解説!デメリットにも注意しよう