auひかり乗り換えガイド> auひかり以外の回線>MEGA EGGとauひかりの違い

MEGAとauひかりの違いを詳しく比較!料金や速度、キャンペーンの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
MEGA EGGとauひかりの比較

MEGA EGGは中国地方限定のサービスで、auひかりに匹敵するほどのサービスと回線品質で人気のある光ファイバーです。 しかし、高額な違約金や提供エリアの狭さなど、いくつか落とし穴も存在するので注意が必要です。

それではMEGA EGGとauひかりの違いを詳しく解説していきましょう。

MEGA EGG、auひかり料金比較

MEGA EGGの戸建てタイプは3年契約のプランしかありません。
また月額料金も4000円〜と安いのですが、月額4,000円で使えるのは最初の1年だけで、2年目以降は月額5,000円かかってしまいます。

auひかりの月額料金もご覧ください。

戸建てタイプの月額料金
契約期間MEGA EGGauひかり
2年契約-5,200円
3年契約4,000〜5,000円4,900〜5,100円

MEGA EGGのマンションタイプも戸建て同様、安いのは最初の1年間だけです。 初年度のみ月額3,000円で利用できますが、それ以降は月額4,000円かかります。

マンションタイプの月額料金
契約期間MEGA EGGauひかり
契約期間無し4,100円3,400〜3,800円
3年契約3,000〜4,000円-

また、auひかりのマンションタイプには契約期間の縛りがありません。そのためいつ解約しても違約金はかかりません。
(auひかりの場合、プロバイダとして@TCOMまたはDTIを選択したときに限り6ヶ月の最低利用期間が発生します)

縛り期間が長いMEGA EGG、しかも違約金は高額

MEGA EGGの欠点として契約期間が3年と長い上に、解約期間中に解約した場合の違約金も高額になってしまいます。 auひかりの場合、2年契約で9,500円、3年契約でも15,000円の違約金しかかかりません。
しかし、MEGA EGGの場合、違約金の金額が最大で30,000円、3年目の安い時期に解約したとしたも、最低19,000円の違約金がかかってしまいます。

そのため、数年以内に引越しをするなど、解約の可能性がある方はauひかりがおすすめです。

戸建てタイプ
契約期間MEGA EGGauひかり
2年契約-9,500円
3年契約1年目:30,000円
2年目:20,000円
3年目:19,000円
15,000円

MEGA EGGとauひかりの速度の違い

MEGA EGGもauひかりも共に最大速度は1Gbps(1,000Mbps)です。 最大速度を見ると、MEGA EGGもauひかりも基本的に速度は大した違いはありません。

フレッツ光などの場合、いろいろな事業者の間で回線を共有しているため、同じ1Gbpsでも速度が低下しやすいといわれています。
しかし、MEGA EGGもauひかりも独自の回線を持っており、他の事業者に回線を貸し出しを行っていません。そのため、両社ともフレッツ光や光コラボ事業者と比べると速度が出やすいと言われています。

それでは、実際の速度は具体的にどのくらい出ているのでしょうか?

インターネットの回線速度を計測している株式会社Studio Radishによると、 MEGA EGGの平均速度は下りで201.12Mbpsです。
auひかりの場合、直近のデータで下り269.18Mbpsとなっています。

株式会社Studio Radishのデータによると、auひかりの方が比較的速度が出やすいことが分かります。 インターネットの速度は利用する環境や時間帯などに影響され、速度が低下する事もありますが、auひかりの方が快適にインターネット接続できる可能性が高いと言えるでしょう。

スマホセット割の条件は全く一緒

auひかりを提供しているKDDIは全国の事業者と提携を結んでおり、auひかりでなくても、auスマホとのセット割りであるauスマートバリューを適用できます。
MEGA EGGは中国電力の子会社であるエネルギア・コミュニケーションズが提供しているインターネットサービスですが、 auスマホとのセット割りが適用されます。

また、auひかりでauスマートバリューを適用する場合と条件が全く同じなので、 MEGA EGGでもデメリット無しにスマホ割りで割引を適用できます。

auスマートバリュー割引金額
データプラン割引額
30GB/月2,000円
20GB/月1,410円
5GB/月1,410円
2GB/月934円

スマートバリューについてはauスマートバリュー、スマホセット割の注意点をご覧ください。

中国地方の外に引越しすると、違約金がかかる可能性大!

MEGA EGGで中国地方外へ引越し

MEGA EGGは中国電力が提供しているサービスなので、基本的に中国地方でないと利用が出来ません。
もし、中国地方の外に引越しの予定がある場合、引越し先でMEGA EGGは必ず提供エリア外となってしまうので、解約するしかないでしょう。

すでにご説明したとおり、MEGA EGGはauひかりと比べて契約期間が長い上に、契約期間中に解約した場合に発生する違約金の金額も高額です。 期間中に中国地方の外に引越しをしてしまうと、必ずこの高額な違約金が請求されてしまうので注意が必要です。

一方auひかりの場合、提供エリアは全国なので、仮に中国地方から出ることになっても、引越し先で引き続きauひかりが使える可能性が高いと言えるでしょう。 auひかりでは引越しの手続きが可能で、きちんと手続きをすれば違約金はかかりません。

近いうちに中国地方の外に引っ越す予定がある方はauひかりがおすすめです。

auひかりの引越しについて

キャッシュバックは明らかにauひかりがお得

MEGA EGGの大きな欠点として申し込みをしてもキャッシュバックが貰えません。
MEGA EGGを扱っている代理店も非常に少なく基本的に公式ページからの申し込みが一般的ですが、auひかりのように高額なキャッシュバックは提供されていません。

しかし、auひかりはあらゆる代理店が扱いをしており、代理店によってキャンペーン内容がバラバラです。 上手く代理店を選べば40,000円近いキャッシュバックを貰う事も出来ます。

またauひかりはMEGA EGGと比べて月額料金が少し高めですが、このキャッシュバックを考えれば実質の支払い金額を安く抑える事が出来ます。
例えばMEGA EGGの戸建ての3年契約で申し込んだ場合、3年間のトータルの支払額は168,000円となります。

同じくauひかりも戸建ての3年契約で申し込んだ場合、3年間のトータルの支払額は180,000円です。 しかし、上手くキャッシュバックを受け取る事が出来れば、実質の支払額は140,000円となり、 MEGA EGGと比べると28,000円も安く利用できることになります。

このようにauひかりはMEGA EGGと比べると月額料金は少し高めですが、キャッシュバックを考えると最終的な実質支払額は安く抑える事が出来ます。

MEGA EGGとauひかりの支払い額
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ソフトバンク光、ドコモ光など光コラボとauひかりとの比較
ソフトバンク光・ドコモ光って何?光コラボとauひかりを速度・料金・スマホセット割りなどの面から徹底比較
フレッツ光とauひかりの比較
【比較】料金、割引、速度までいろいろ違う!フレッツ光とauひかりを詳しく比較しました
高額キャッシュバックのコツ
auひかりお得なキャンペーンを適用するためには|高額なキャッシュバックは逆に損をする?キャンペーン内容に騙されないために
So-net光コラボ
フレッツ光回線を使ったSo-net光コラボ!auひかりが使えなくてもスマホセット割り|高額キャッシュバックはどこ?
auひかりのエリア
auひかりの提供エリア確認方法|auひかりが絶対に使えない地域と対処方法