1. ドコモ光ホーム
  2. ドコモ光速度

フレッツ光とドコモ光の速度はナゼ違う!?理由と速度低下解消法を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモ光速度

ドコモ光とフレッツ光は同じ回線なので「何がちがうの?どっちを選ぶべき?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

フレッツ光からドコモ光に乗り換えたくても「速度が遅くなることが心配」な人もいることでしょう。

  • ドコモ光とフレッツ光のちがい
  • 同じ回線なのに速度が遅くなる理由
  • ドコモ光に乗り換えるメリット
  • インターネットが速いドコモ光のおすすめプロバイダ
  • フレッツ光からドコモ光に転用する方法

これらを一挙お伝えします。

ドコモ光とフレッツ光の比較でお悩み人、ドコモ光に転用したい人は要チェックですよ。

何が違う?ドコモ光とフレッツ光のちがい

ドコモ光とフレッツ光の違いについて

ドコモ光とフレッツ光は、東西NTTの同じ通信網を使っています。

同じ通信網を使っていますが、2つの大きなちがいは次の3つです。

  • 通信事業者
  • 料金プラン
  • プロバイダの契約

通信事業者

ドコモ光とフレッツ光は、通信事業者が異なります。

ドコモ光はNTTドコモ、フレッツ光はNTT東日本・西日本です。

通信事業者が異なるため、申し込みや困ったときのサポートの窓口もそれぞれちがうと覚えておいてください。

料金プラン

2つ目のちがいは、料金プランです。

それぞれの料金プランを簡単に説明します。

ドコモ光の料金プランはプロバイダ一体型

ドコモ光は、光回線とプロバイダをセットで提供する光コラボレーション。

光コラボレーションとは、NTTのフレッツ光の通信網を借りて通信サービスを提供する会社のことです。

2020年10月現在、ドコモ光は次の料金プランを提供しています。

ドコモ光の料金プラン

プラン名

戸建て

マンション

タイプA

5,200円

4,000円

タイプB

5,400円

4,200円

単独プラン

5,000円

3,800円

どれもデータ使い放題の定額制プランですが、タイプAとタイプBが光回線とプロバイダがセットになった料金プランです。

表の月額料金には、プロバイダ利用料が含まれています。

ドコモ光の利用者は、タイプAかタイプBのいずれかを選択する人が過半数以上になりますが、タイプAとタイプBの違いは、加入するプロバイダによるものです。

それ以外で2つの料金プランのちがいは基本的にありません。

単独プランは、光回線とプロバイダが別売りの料金プランになっているため、表の月額料金は光回線のみの利用料金です。

プロバイダの利用料金は別途請求されるので注意しましょう。

フレッツ光の料金プランは回線とプロバイダが別々

フレッツ光の料金プランは、光回線とプロバイダが別々に提供されています。

そのため、NTT東日本・西日本で光回線の契約を結ぶのとは別に任意のプロバイダを探して契約を結ばなければなりません。

料金プラン次第ですが、同じフレッツ網の回線を使っていても、フレッツ光のほうがドコモ光より月額料金が高くなることが多いです。

参考までにNTT東日本フレッツ光の主な料金プランを紹介します。

 

■フレッツ光の主な料金プラン

住居形態

プラン名

月額料金

戸建て

フレッツ 光ネクスト

ギガファミリー・スマートタイプ

5,700円

フレッツ 光ネクスト

ファミリー・ギガラインタイプ

5,400円

フレッツ 光ネクスト

ファミリー・ハイスピードタイプ

5,200円

マンション

フレッツ 光ネクスト

ギガマンション・スマートタイプ

3,350~4,350円

フレッツ 光ネクスト

マンション・ギガラインタイプ

3,050~4,050円

フレッツ 光ネクスト

マンション・ハイスピードタイプ

2,850~3,850円

表の月額料金に含まれているのは、フレッツ光の回線使用料だけ。

プロバイダの利用料は含まれていません。

プロバイダ利用料は毎月500~1,200円かかります。

プロバイダ利用料を含めたフレッツ光の月額料金は、戸建てが6,000~7,000円、マンションが3,500~5,500円かかると考えてください。

プロバイダの契約

料金プランのところでも軽く触れましたが、ドコモ光とフレッツ光はプロバイダの契約形態が異なります。

ドコモ光は、単独プラン以外は光回線とプロバイダがセットで提供されています。

そのため、ドコモ光で手続きをすませれば、別途プロバイダに申し込む必要はありません。

ドコモ光から契約者のユーザー情報がプロバイダに送られ、それをもとにプロバイダ側でユーザー登録を行います。

解約のときも同じで、ドコモ光で解約手続きをすればプロバイダも自動的に契約解除されます。

ただし、ドコモ光を解約するだけではプロバイダのオプションサービスは解約できません。

オプションサービスを使っている人は、解約する際にプロバイダにも連絡しましょう。

ドコモ光とフレッツ光の速度がちがう4つの理由

ドコモ光とフレッツ光の速度が違う理由

ドコモ光とフレッツ光は同じ通信網を使った最大速度1Gbpsの光回線です。

それにもかかわらず、口コミで「フレッツ光とドコモ光の速度が全然ちがう」との声をたびたび見かけるのはどうしてなのでしょうか?

ドコモ光とフレッツ光の速度がちがう原因を調べてみました。

LANケーブルのカテゴリーのちがい

Wi-Fiルーターと光コンセントをつなぐLANケーブルのカテゴリーが古い規格のものだと、インターネットの速度は遅くなります。

逆にLANケーブルのカテゴリーが新しい規格のものだと、インターネットは速くなります。

LANケーブルのカテゴリ

出典:サンワサプライ「LANケーブルの選び方」

最大速度1Gbpsのドコモ光やフレッツ光におすすめのLANケーブルのカテゴリーは、CAT5eと CAT6。

LANケーブルにカテゴリーが表記されています。

図を参考にして自宅のLANケーブルのカテゴリーをチェックしてみてください。


出典:NURO「スピードアップのコツStep2」

CAT5と書かれていたらCAT5eやCAT6のケーブルに交換しましょう。

LANケーブルは200~500円前後で購入できますよ。

Wi-Fiルーターのスペック

Wi-Fiルーターの無線LANの規格は最新のIEEE802.11acでなければ、インターネットの速度は1Gbpsを出すことはできません。

無線LANの規格は5種類あり、それぞれの特徴や最大速度は図を確認してみてください。

Wi-Fiルーターのスペック表

CAT5eやCAT6のLANケーブルに交換しても、速度が遅い場合はWi-Fiルーターの機種が古い可能性があります。

下記手順を参考にして、Wi-Fiルーターの無線LANの規格を調べてみてください。

Wi-Fiルーターの無線LANの規格を調べる方法

1.画面右下のアプリ検索窓に「コマンドプロンプト」と入力して、検索結果に表示されたコマンドプロンプトを選択して起動

Wi-Fiルーターのスペック確認方法

2.コマンドプロンプトが開いたら「netsh wlan show interface」と入力して、Enterキーをクリック。

3.赤で囲んだ無線の種類が「802.11ac」以外だと、現在のWi-Fiルーターでは1Gbpsの速度を出すことができません。

Wi-Fiルーターのスペック確認方法2

パソコンのスペック

パソコンのスペックも速度に影響します。

特にCPUやメモリと呼ばれる部品のスペックが低いと、パソコンの処理速度自体が遅くなるので、それに伴いインターネットの速度も遅くなります。

インターネットでゲームや動画の視聴する機会が多い人は、少なくともCPUは「Core i3」、メモリは4GB以上実装されたパソコンを使ったほうがよいでしょう。

パソコンのCPUとメモリのスペックを確認する方法は、以下を参考にしてみてください。

パソコンのスペック確認方法

1.画面右下のWindowsボタンを右クリックして「設定」を選択。

2.設定画面が開いたら、「システム」をクリックして、左下のバージョン情報をクリック

3.画面下側にあるデバイスの仕様の「プロセッサ」でCPU、「実装RAM」でメモリのスペックが確認できます。

パソコンのスペック確認方法

プロバイダの通信設備

実はプロバイダの通信設備もインターネットの速度に大きく影響します。

一般的に通信設備が整っているプロバイダは、安定した速度が保てるといわれています。

しかし、通信設備が整っていても加入者数が多いと、インターネットの利用者が多い平日夜や土日祝日は回線が遅くなりがちです。

加入者数が少なくても、通信設備が整っていないプロバイダも、利用者数が増える通信速度が遅くなる傾向にあります。

何をやっても速度が遅い人は、プロバイダを変えることも1つの手段ですよ。

ドコモ光で速さを重視するならGMOとくとくBB

ドコモ光で速度が速いプロバイダを探している人は、GMOとくとくBBを選ぶとよいでしょう。

GMOとくとくBBはv6プラスと呼ばれる高速インターネットに対応するプロバイダです。

無料でv6プラス対応のWi-Fiルーターをレンタルしていて、次の3機種のなかから自由に選ぶことができますよ。

ドコモ光プロバイダGMOとくとくBBのWi-Fiルーター

出典:GMOとくとくBB「Wi-Fiルータースペック表」

別記事『ドコモ光快適な速度に必要なルーター』でも解説していますが、複数の機種から自由にWi-Fiルーターの機種が選べるプロバイダは、今のところGMOとくとくBBだけ。

そればかりか、GMOとくとくは全国平均で下り171.19Mbps、上り134.89Mbpsと安定した速度が出せるプロバイダなのです。

速度が100Mbps以下になったときに、100円分のGMOポイントが支給されるのもおすすめしたい理由の1つ。

次の用途でインターネットを使うことが多くて、速度重視でプロバイダを選びたい人はGMOとくとくBBを検討してみてください。

  • オンラインゲーム
  • 4Kや720pなど高画質の動画を視聴
  • 音楽をスマートフォンやパソコンにダウンロード
  • 動画をSNSやYouTubeにアップロード

フレッツ光からドコモ光に乗り換える3つのメリット

フレッツ光からドコモ光にするメリット3つ

同じ通信網だからフレッツ光とドコモ光はどっちを使っても変わらないと思っていませんか。

実はフレッツ光からドコモ光に乗り換えるとお得なことが3つあります。

1つひとつ解説するので、乗り換えを検討している人はしっかりチェックしてくださいね。

お得なキャッシュバックが受け取れる

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/10/1~2020/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

申し込みページ: 【GMOとくとくBB】ドコモ光キャッシュバックキャンペーン

プロバイダ経由でドコモ光に乗り換えるとキャッシュバックも含めてお得なキャンペーンが受け取れることが多いです。

一例としてGMOとくとくBBでは、2020年10月現在、下記キャンペーンを実施中です。

  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • 2,000pt分のdポイントプレゼント
  • 新規工事費が無料
  • v6プラス対応のWi-Fiルーターの無料レンタル
  • インターネットセキュリティサービスが12か月間無料
  • 訪問サポートが初回無料

別記事『【2020年10月版】ドコモ光の最新キャンペーン!』でも解説していますが、お得なキャンペーンが受け取れるは、GMOとくとくBBを含めてプロバイダ経由での申し込みに限ります。

ドコモ光の公式サイトからの申し込みで受け取れる特典は「dポイントのプレゼント」と「工事費無料キャンペーン」ぐらいです。

プロバイダ経由の申し込みでも、会社によりキャンペーンの内容は異なります。

ドコモ光に申し込むときはプロバイダのキャンペーン内容をしっかりチェックしましょう。


関連記事

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンを申し込んで発覚したデメリットとは? GMOとくとくBBはドコモ光でも人気のプロバイダですが、人気がある1番の理由は豪華キャンペーンです。高額キャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタルといった嬉しい特典が受けられます。ただ、実際に申込んでみると注意点もいくつかあるようです。 2020-10-27

スマホ割が適用されるので携帯料金が安くなる

ドコモのスマートフォンを使っている人は、ドコモ光 セット割が適用されるので毎月の電話代が割引されてお得です。

別記事『ドコモ光セット割とは?』でも解説している通り、ドコモ光 セット割は光回線とドコモケータイをセットで使うと携帯電話やスマートフォンの月額料金が割引されるサービスのことです。

ドコモケータイの次のプランに加入している人がセット割の対象です。

  • ギガホ・ギガライト:家族全員分の携帯料金が毎月500~1,000円割引
  • カケホーダイ&パケあえる:契約者の携帯料金が毎月100~3,500円割引

ドコモユーザーは携帯代が節約できるので、フレッツ光よりドコモ光に乗り換えたほうがよいでしょう。

同じプロバイダでも月額料金が安くなることが多い

ドコモ光のプロバイダは24社あるため、フレッツ光から転用しても多くの人が同じプロバイダをそのまま利用できます。

プロバイダと光回線がセットになった料金プランなら、同じプロバイダでもフレッツ光よりも月額料金が500~1,500円安くなることが多いです。

ただし、光回線とプロバイダの契約が別々の単独プランはそこまで安くなりません。

選ぶプロバイダ次第で、フレッツ光より料金が高くなることもあるので注意しましょう。

ドコモ光への転用方法

ドコモ光への転用方法

フレッツ光からドコモ光に乗り換えることを「転用」といいます。

フレッツ光からドコモ光に転用するときの基本的な流れを一緒にチェックしましょう。

【1】転用前の準備

転用の手続きを進める前に以下の3つの作業を行います。

 NTT東日本・西日本から転用承諾番号を取得

自分が住んでいる地域のNTTから転用承諾番号を取得します。

手続き前に以下の4つの情報をそろえておきましょう。

  • フレッツ光のお客様ID/ひかり電話番号/連絡先電話番号のうち1つ
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光を利用している住所
  • フレッツ光の料金支払い方法

上4つが手元にそろったら、下記窓口に連絡して転用承諾番号を取得します。

■転用承諾番号の窓口

窓口

連絡先

受付時間

Web

NTT東日本の申し込みフォーム

8:30~22:00

NTT西日本の申し込みフォーム

7:00~翌1:00

電話

NTT東日本:0120-140-202

9:00~17:00

NTT西日本:0120-553-104

プロバイダの選択

下記URLにアクセスして24社あるプロバイダリストのなかから好きな会社を選びましょう。

ドコモ光のプロバイダリスト

リスト確認後にやるべきことは次の3パターンに分かれます。

自分がどれに該当するかチェックしましょう。

パターン1:フレッツ光で使ったプロバイダがリストにあって継続利用する場合

特にやることはありません。

パターン2:フレッツ光で使ったプロバイダがない場合

以下のいずれかの方法でプロバイダを選択してください。

  1. 今のプロバイダを解約して、タイプAかタイプBのいずれかで契約を結ぶ
  2. プロバイダはそのままで、単独プランで契約を結ぶ

パターン3:リストにあるけど、プロバイダを変更する場合

今のプロバイダを解約して、タイプAかタイプBのいずれかで契約を結ぶ

オプションサービスの確認

フレッツ光で「ひかり電話」「フレッツTV」などオプションサービスを使っていないか確認しましょう。

フレッツ光のオプションサービスは、ドコモ光でもそのまま利用できるため、継続利用する人は特に何もする必要はありません。

ドコモ光でオプションサービスを使わない人は、このタイミングで解約しましょう。

【2】ドコモ光に転用の手続き

ドコモ光もしくはプロバイダの申し込みフォームから転用の手続きを行います。

【3】書類の到着

ドコモとプロバイダから契約や初期設定の書類が届きます。

フレッツ光のプロバイダを継続利用する人は、ドコモ光の書類だけが届くと覚えておいてください。

【4】ドコモ光への切り替え日

フレッツ光からドコモ光に回線が切り替わります。

転用は基本的に工事が発生しないので、フレッツ光で使っていた機器はそのまま利用可能です。

プロバイダを変更した人は回線切り替え後に設定変更しないと、インターネットが使えません。

プロバイダから届いたマニュアルを見て、パソコンやWi-Fiルーターの設定を行いましょう。

転用するときに注意すべきポイント3つ

ドコモ光への転用の注意点

フレッツ光からドコモ光に転用前にしっておくべきことが3つあります。

転用承諾番号の有効期限が15日しかない

転用の際に必要な転用承諾番号の有効期限は、発効日も含めて15日しかありません。

有効期限が短いので転用承諾番号をNTTからもらったら、すぐに転用の手続きをすませましょう。

工事費が発生することもある

基本的に転用は工事を必要としませんが、下記ケースでは工事費が発生します。

  • 回線種別の変更
  • 移転
  • 転用後に「ひかり電話」「ひかりテレビ」などオプションに加入

工事の内容にもよりますが、工事費は7,500~20,000円前後と考えてください。

詳しい工事費を知りたい人は、各サイトにアクセスして調べてみましょう。

ドコモ光の工事費シミュレーション

再びフレッツ光に戻ると工事が必要

一度フレッツ光からドコモ光に転用した場合、再びフレッツ光に転用できません。

フレッツ光に戻すには、一度ドコモ光を解約してから再度NTT東日本・西日本と契約を結びなおす必要があります。

ドコモ光からフレッツ光に戻すときは、15,000~18,000円の回線工事費が発生します。

それに加えて契約更新月以外の解約だとドコモ光の違約金8,000~13,000円も支払わなければなりません。

ドコモ光からフレッツ光に戻すときは、高額な費用が発生すると覚えておきましょう。

まとめ:速度重視の人はv6プラス対応のプロバイダを選ぶべし

フレッツ光とドコモ光の速度についてまとめ

ドコモ光とフレッツ光は同じNTTの通信網を使っていますが、次の理由で同じ回線でも速度に差がでることがあります。

  • LANケーブルの規格
  • Wi-Fiルーターのスペック
  • パソコンのスペック
  • プロバイダの設備

フレッツ光からドコモ光への転用を考えている人は、回線の混雑を最小限に抑えて高速インターネットが楽しめるv6プラス対応のプロバイダを選ぶことをおすすめします。

2020年10月現在、24社あるプロバイダのうち10社以上がv6プラスに対応済みです。

そのなかでも、当サイトでおすすめのプロバイダは GMOとくとくBB でしょう。

GMOとくとくBBは、全国的に平均100Mbps以上の実効速度を保つ高品質の通信設備を持つプロバイダです。

しかも、速度が100Mbps以下のときは、100円分のGMOポイントがプレゼントされるのでお得ですよ。

速度が速いプロバイダを探している人は、GMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込んでみるとよいでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ドコモ光は通信制限がないって本当?通信容量は気にしない?
ドコモ光速度
ドコモ光では基本的に通信制限はありません。スマホやポケットWiFiような制限とは無縁なので、速度制限を気にせずに利用できます。この記事ではドコモ光の通信制限や各プロバイダ...
光回線の速度の平均的な目安を公開!おすすめの実測値測定方法も
ドコモ光速度
一般的な光回線の最大速度は1Gbpsですが、常に最大速度で利用することはできません。そのため、通信速度で大切なポイントは最大速度ではなく実測値です。昨今のネットサービスは実...
ドコモ光の最大速度の変更手続きってあるの?速度が遅い時の改善策 ドコモ光の通信速度はフレッツ光と同じ最大1Gbpsになります。そのため、最大速度のプラン変更はできません。しかし、通信速度で悩んでいる方は、プロバイダを変更することで速度を...
ドコモ光ルーター選びのコツを伝授!v6プラス対応に注意!
ドコモ光速度
ドコモ光でネット使う際、Wi-Fiルーターを検討される方も多いでしょう。ドコモ光でルーターの選択としては、購入やレンタルなどいくつかの方法があります。ただ、どんな機種を選べ...
ドコモ光10ギガの疑問をすべて解決!料金や対応プロバイダなど一挙公開
ドコモ光速度
フレッツ光の10ギガ「フレッツ光クロス」の提供開始に伴い、ドコモ光も10ギガプランの新規受付が始まります。通常の1Gpbsに比べて月額料金は多少割だけですが、通信速度を重視され...