auひかり乗り換えガイド> auひかり基礎知識>WiFiで遅くなる?

auひかりをWiFiで使うと遅くなる?auひかりを快適に利用する方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりは有線接続だけでなくWiFiで無線接続してインターネットを利用することもできますが、無線接続にはメリットもあればデメリットもあるので注意が必要です。

この記事ではauひかりを快適に使うために知っておきたいWiFiに関する注意点や、WiFi利用時に速度が遅い時の対処方法を解説します。

auひかりは通常最大1Gbpsに対応する光回線サービス

auひかりは、マンションの一部プランや戸建住宅向けプラン各種において通常最大1Gbpsに対応している、高速な光回線サービスです。

より高速で通信するためには、契約しているプランの仕様をしっかり理解しておくことが重要です。まずはauひかりの速度に関する仕様について確認しましょう。

注意!マンションではプランごとに最大速度が異なる

auひかりを高速で通信したい場合は、まず自分が契約している、またはこれから契約予定のプランが高速通信にしっかり対応しているか確認しましょう。

戸建住宅向けの「auひかり ホーム」には、以下3種類の料金プランがあります。

いずれも速度は一部地域(関西、東海、沖縄)を除いて最大1Gbpsに対応していて、対応するLANケーブルやパソコン等の機器を用意していれば高速で通信可能です。

しかし集合住宅向けの「auひかり マンション」は、契約するマンションにおいて対応しているプランによって最大速度が異なっています。

集合住宅向けに展開されている6種類のプランと、それぞれが対応する下り・上りの最大速度を表にまとめたので、ご覧ください。

プラン 最大速度
タイプV 都市機構デラックス 下り:100Mbps(一部70Mbps) 上り:35Mbps(一部30Mbps)
タイプE タイプF 下り:100Mbps 上り:100Mbps
マンションギガ マンションミニギガ 下り:1Gbps 上り:1Gbps

契約しているプランで設定されている最大速度以上は出せないので、例えばタイプVで1Gbpsの通信速度が出ることはありません。

集合住宅向けのauひかりで最大1Gbpsによる高速通信を行いたい場合は、「マンションギガ」「マンションミニギガ」のどちらかに対応する建物でauひかりを契約しましょう。 また、マンションでの契約に関しては、auひかりをマンションで申し込む際のポイントを確認しておくといいかもしれません。

一部地域では戸建住宅向けに最大5Gbpsや10Gbpsプランも提供される

戸建住宅向けのauひかり ホームには、最大5Gbps対応のプランや最大10Gbps対応のプランもあります。

5Gbps以上のプランの契約に対応するのは、以下の都道府県の一部エリアです。

最大5Gbpsや10Gbpsなら、対応するパソコン等を使って有線接続をした際に1Gbpsプランよりさらに高速でデータを読み込んだり、送信したりできます。

提供エリアに住んでいる方は、必要に応じて5Gbpsや10Gbpsのプランも検討しましょう。

必ずしも最大速度が出せるとは限らない

auひかりの各種プランにおける最大速度はあくまで最大の数値であり、絶対に出るとは限りません。
例えば最大1Gbpsで契約しても、実測は100Mbps程度にしかならないこともあります。
auひかりの実際の回線速度に関しては、こちらの記事でまとめていますので、auひかりの速度に関する評判気になる方は比較ついでに見てみて下さい。
絶対に1Gbpsや5Gbpsなどが出せると思っていた人は、注意しましょう。

↑目次へ戻る

auひかりのホームゲートウェイは、WiFi機能搭載

auひかりでは、スマートフォンやゲーム機などの対応機器においてWiFi接続により無線でインターネット接続を行えます。
現在auひかりを契約すると宅内に設置される「ホームゲートウェイ」にはWiFi機能が内蔵されていて、オプションを契約すれば機器の追加をしなくても無線接続ができるようになります。

ここからはauひかりのホームゲートウェイにおける、WiFi機能の仕様をチェックしましょう。

ホームゲートウェイのWiFiオプションは月額500円(税抜)

2018年現在、auひかりを戸建住宅で契約すると「BL1000HW」、集合住宅でマンションギガやマンションミニギガを申し込めば「BL900HW」というホームゲートウェイが設置されます。
どちらのホームゲートウェイでも、月額500円(税抜)で無線LAN機能を使えるようになります。

ちなみに既にauひかりを契約中で他のホームゲートウェイが設置されている場合は、対応する外付けの無線LANルーターや内蔵のWiFi機能を月額400〜500円(税抜)で利用できます。

ホームゲートウェイに内蔵している無線LANを使う

↑目次へ戻る

auひかりのWiFiオプション機能を使うメリット

auひかりのホームゲートウェイでWiFiオプションを利用するメリットは、主に2点です。
まずはメリットから、チェックしましょう。

設置する機器が増えず、配線がシンプルになる

ホームゲートウェイ内蔵のWiFi機能を利用するなら、別途無線ルーターを設置する必要がありません。
結果としてコンセントに接続する機器はホームゲートウェイのみ、ホームゲートウェイと無線ルーターを接続するLANケーブルや、無線ルーターそのものの設置場所の確保も不要です。
配線を少なくシンプルに抑えつつWiFi機能を使えるのは、ホームゲートウェイのWiFi機能を使う大きなメリットです。

auスマートバリュー利用者はWiFi機能が永年無料

ホームゲートウェイのWiFi機能を利用すると通常月額500円(税抜)前後かかりますが、au回線とauひかりのセット割引「auスマートバリュー」を適用している人はオプション料金が永年無料になります。
auスマートバリューの適用条件は、以下2点です。

auスマートバリューの利用者(auユーザー)なら無料で無線ルーター機能を使えるため、オプションにかかる費用を節約できるのも嬉しいメリットです。

↑目次へ戻る

auひかりのWiFiオプション機能を使うデメリット

ホームゲートウェイのWiFiオプション機能を使う際に、注意したいデメリットが3つあります。
それぞれ理解・納得したうえで、オプションを利用しましょう。

BL900HWはWiFi接続の最大速度が遅い

マンションギガやマンションミニギガを契約している人向けに提供されるホームゲートウェイの「BL900HW」は、WiFi接続時の下り最大速度が450Mbpsです。
マンションギガ・マンションミニギガ共に最大1Gbps対応のプランですが、ホームゲートウェイのWiFi機能を使う場合は最大速度が半分以下に制限されてしまうので注意しましょう。

なおauひかり ホームで提供されるBL1000HWなら下り最大2.4Gbpsで通信できるので、最大1Gbpsでの通信にしっかり対応しています。

BL1000HW利用時、5Gbps以上のプランではWiFiで最大速度を出せない

BL1000HWのWiFi接続における下り最大速度は2.4Gbpsなので、5Gbpsや10Gbpsのプランを契約する場合はホームゲートウェイのWiFi機能が最大速度に対応していません。
そもそも2018年現在市販されている無線ルーターは、最大5Gbpsや10Gbpsに対応していません。

つまり他のルーターを自分で用意しても、5Gbps以上のプランではWiFi接続で速度が出せないのです。
auひかりを5Gbps以上のプランで契約し、速度を最大限に発揮させたい場合は、対応するパソコン等と有線LANで接続しましょう。

通信は、基本的に有線LAN接続のほうが安定する

WiFiによる無線接続は、LANケーブルを用いた有線接続に比べると安定していません。
例えば電子レンジなど電波が干渉する機器を使っていると、接続が不安定になる場合があります。
安定した高速通信を行いたい場合は、WiFiでなく有線接続を活用しましょう。

↑目次へ戻る

auひかりは、自前のルーターでWiFiを使うこともできる!

auひかりでWiFiを利用したい場合、ホームゲートウェイのオプションを無理に契約する必要はありません。
なぜならホームゲートウェイに市販の無線ルーターを接続すれば、用意したルーター側でWiFiを使えるからです。
auスマートバリューを利用している方はオプション料金が無料ですが、利用しない場合にかかる月々500円(税抜)の負担は大きいと感じる方もいるでしょう。

またオプション機能のWiFi接続における速度の仕様に、不満を感じている方もいるのではないでしょうか。
auひかりでWiFi接続を活用したい場合は、必要に応じて自分で用意したルーターを使ってWiFi接続ができることを覚えておきましょう。

詳しくは1Gbpsの最適無線LANルーターを選ぶポイントも参考にしてください。

↑目次へ戻る

auひかりのWiFiで速度を改善する方法

最後に、auひかりをWiFiで利用していて速度に不満を持っている方のために、速度を改善する方法を3つ紹介します。
絶対に速度が速くなるとは限りませんが、それぞれの対処法を実行すれば改善できる可能性は十分にあります。速度に不満がある方は、試してみましょう。

インターネットを使う時間帯を変更する

同時にauひかりを利用している人が多いと回線が混み合い、速度が遅くなってしまいます。
例えば今まで夜8時からインターネットを利用していた人は7時にするなど、使う時間帯を変更すれば同時にインターネットを使っている人数が減り、速度が速くなるかもしれません。

LANケーブルなどの仕様を確認し、必要に応じて買い換える

auひかりを有線でパソコンと接続して使っていたり、自前の無線ルーターで使ったりしている場合は、LANケーブルで各機器をつないでいます。
LANケーブルにはたくさんの規格があり、接続に使ったLANケーブルが古い規格のものだとauひかりの最大1Gbpsや10Gbpsに対応していません。
例えば「CAT5」のLANケーブルは最大100Mbpsに対応しているので、auひかりを1Gbpsで契約していても100Mbps以上の速度を出せないのです。
CAT5eやCAT6のLANケーブルを用意すれば最大1Gbps、CAT7なら10Gbpsに対応します。契約しているプランの速度を最大限に発揮できるLANケーブルを用意しましょう。

またインターネットを使っているパソコンやスマートフォン、ゲーム機などにもそれぞれ対応する最大速度が設定されていて、最大速度以上は出せません。
auひかりの最大速度を発揮できるようにしたい場合は、各種機器のスペックをチェックし、必要に応じて買い替えましょう。

対応する機器は5GHz接続で使う

auひかりのホームゲートウェイや市販の無線ルーターにおけるWiFi機能で使われる電波には「2.4GHz帯」と「5GHz帯」があり、それぞれWiFiの接続先(SSID)が分かれています。
「5GHz帯」は「2.4GHz帯」に比べて使われている機器が少ないために電波干渉を受けづらく、安定して高速で通信しやすいのが特徴です。
手持ちのスマートフォンなどが5GHz帯でのWiFi接続に対応している場合は、5GHz帯接続用のSSIDを利用しましょう。速度が速くなるかもしれません。

↑目次へ戻る

まとめ

auひかりでは、ホームゲートウェイのWiFi接続オプションを契約すれば機器の追加無しでWiFi接続を利用できます。

しかしWiFi接続は有線に比べると接続が安定しなかったり、ホームゲートウェイのスペックを理由に速度が下がったりすることがあるので注意しましょう。
auひかりで高速通信を行うためには、ホームゲートウェイやLANケーブル、そしてインターネットを使う各種機器のスペックをしっかり確認し、最大限に速度を発揮できる環境を整えることが重要です。

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
So-net WiMAX
何ら特徴もないSo-net WiMAXだがホームルーターだけはオススメ
bpsとは
メガとかギガとかbpsとか色々言うけれど...bpsって結局何なの?インターネットの速度の単位
WiMAXのキャンペーン比較
【WiMAXキャンペーン比較】回線速度はどれも全く同じ!月額料金とキャッシュバックキャンペーンで選ぶのがポイント
auひかりアウンカンパニー
無条件キャッシュバック還元される窓口・アウンカンパニー|高速WiFi規格対応ルーターは本当に価値がある?
モバイルWi-Fiとauひかりを比較
モバイルWi-Fiは遅い?auひかりとモバイル回線を比較!速度制限や通信速度にここまで違いがあった