auひかり乗り換えガイド> auひかり以外の回線>ドコモ光のキャンペーン

どこで申し込む?ドコモ光の月額料金やキャッシュバックを徹底比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモ光

auひかりの場合、auスマホとしかセット割りにならないため、auスマホユーザーしか割引の恩恵を受けられません。 もしドコモのスマホを使っているのであれば、料金面で考えるとドコモ光にした方がお得と言えるでしょう。

このページではドコモ光の料金比較やキャッシュバックキャンペーンについて詳しく解説します。

関連記事
ドコモ光、ソフトバンク光とauひかりの違い

どこのプロバイダがいい?ドコモ光の料金比較

ドコモ光は別途プロバイダ契約が必要

ドコモ光は光コラボ事業者の中では珍しく、プロバイダが別になっています。 そのため、ドコモ光を申し込む際、対応している25個のプロバイダの中から1つ選ばなければなりません。

プロバイダごとの違いは非常に少なく、インターネットを使う上ではほとんど差はありません。 ただ、プロバイダによっては月額料金のみ少しだけ変わってきます。

ドコモ光の料金は2種類だけ

ドコモ光は選択するプロバイダによって月額料金が変わってきますが、料金システムは非常にシンプルです。 ドコモ光の月額料金は、どこのプロバイダを選んでも、タイプAとタイプBの2種類の料金のうちのどちらかになります。

プロバイダ タイプA

戸建てタイプ:月額5,200円
マンションタイプ:月額4,000円

ドコモネット ぷらら So-net BIGLOBE DTI exciteBB エディオンネット SYNAPSE 楽天 コアラインターネット andline Qit ネスク hi-ho GMOとくとくBB ic-net タイガーズネット TIKITIKI U-Pa

プロバイダ タイプB

戸建てタイプ:月額5,400円
マンションタイプ:月額4,200円

ASAHIネット @nifty @TCOM TNC OCN WAKWAK ちゃんぷるネット

キャッシュバックは無い?ドコモ光おすすめプロバイダ

ドコモ光などの光コラボは基本的に月額料金の安さや割引に重点を置いているため、キャッシュバックなどのキャンペーンはほとんど提供されていません。
プロバイダによっては多少の特典はありますが、ポイントのプレゼントなどに限られており、キャッシュバックは貰えないと思ってください。

また、すでにご説明した通り、ドコモ光の月額料金は2通りしかなく、タイプAのプロバイダを選ぶかタイプBのプロバイダを選ぶかによって月額料金が変わってきます。 基本的にドコモ光でインターネットを接続する上でプロバイダごとの違いはほとんど無いので、月額料金の安いタイプAのプロバイダの中から選ぶのがお勧めです。

キャッシュバックが無い上に、同じタイプAの中であれば、月額料金も割り引きも全く変わらないので、 プロバイダを選ぶポイントとして速度や回線品質が安定したプロバイダがお勧めです。

ドコモ光は速度重視!GMOとくとくBBがお勧め

GMOとくとくBB ドコモ光

ドコモ光に対応しているプロバイダで速度の定評があるのがGMOとくとくBBです。
インターネットのプロバイダとしては知名度は低いですが、運営会社であるGMOインターネットは日本最大のレンタルサーバー事業を展開しており、東証1部上場もしている大企業です。

通常日本で提供されている光ファイバーの最大速度は1Gbps(1,000Mbps)が一般的です。 ドコモ光に限らず、auひかりやソフトバンク光、他の光コラボ事業者でも基本的に1Gbpsが最大速度となっています。

しかし、この速度はあくまで最大速度なので、実際には1Gbpsで通信できる訳ではありません。 インターネットの実際の速度は一般的に1Gbpsの10分の1程度である100Mbpsでていれば、かなり快適に利用できます。

ただ、利用しているプロバイダの中には、地域や時間単によって速度が極端に遅くなってしまうことがあります。
最大速度が1Gbpsである点ではどこの回線も同じ速度に思えますが、夕方以降などアクセスが集中する時間帯になると最大速度の1,000分の1程度である1Mbpsまで速度が低下するプロバイダも珍しくありません。

GMOとくとくBBでは全国で計測した3,000〜4,000ユーザーの速度計測データの平均値を公開しています。

GMOとくとくBB ドコモ光 全国速度計測データ平均値(2018年12月現在)
179.45
157.58

詳細は GMOとくとくBB公式ページをご覧ください。

もし遅かったらポイント還元

一般的にインターネットサービスはどこのプロバイダでもベストエフォートと言われているので、 開通後、もし思うように速度が出なかったとしても、基本的に何も保証はありません。

あまりにも極端に遅ければ回線調査なども行ってくれますが、基本はインターネットが問題なく使えていれば、何もしてくれないのが普通です。
また、仮に回線調査の結果改善しなかったとしたら、あとの改善策として、再度プロバイダや回線事業者を乗り換えるぐらいしか対処方法な無いでしょう。

GMOとくとくBBでも、基本的な対処は他のプロバイダと違いはありません。
しかし、唯一違う点として、万が一遅かった場合、100円相当分のポイントを還元してくれます。 そのため、実質毎月100円引きでドコモ光を使う事が出来るようになります。

GMOとくとくBBは速度に定評があるので、極端に速度が遅くなる可能性は低いかと思われます。
しかし、100円とは言え、他のプロバイダでは行っていない速度保証が付いているので、速度面ではかなり安心して申し込みが出来るプロバイダと言えるでしょう。

Wi-Fiルーターレンタル料0円

GMOとくとくBBの速度の秘密はIPv6を使ったネットワーク網です。
通常の他社の光コラボやフレッツ光と比べるとインターネットの混雑を回避することが可能で、 夕方以降など混雑する時間帯でも、速度を落とさずにインターネットに接続することが出来ます。

しかし、このIPv6ネットワークを利用してインターネットに接続するには、IPv6に対応したルーターが必要です。 GMOとくとくBBでドコモ光に申し込みをすると、このIPv6に対応したWi-Fiルーター(16,500円相当)を無料で使う事が出来ます。

ただ、注意点としてドコモ光の最低利用期間は2年間ですが、GMOとくとくBBのWi-Fi-ルーターについては37ヶ月の最低利用期間が設けられています。
例えば、ドコモ光を丁度2年で解約したとします。この場合Wi-Fiルーターの契約期間がまだ13ヶ月残ってしまうことになります。

Wi-Fiルーターオプションを37ヶ月以内に解約すると10,000円の違約金がかかるので注意しましょう。
しかし、ドコモ光だけ解約し、GMOとくとくBBとWi-Fiルーターオプションだけ継続する事も可能です。 GMOとくとくBBはドコモ光だけでなく、フレッツ光やauひかりなど他の回線にも幅広く対応しているので、ドコモ光解約後GMOとくとくBBの他のコースへ乗り換えを行えば、 Wi-Fiルーターオプションを継続することが出来ます。

ただ、ドコモ光以外で、Wi-Fiルーターオプションを使う場合、月額300円のオプション料金がかかるので注意しましょう。

GMOとくとくBB ドコモ光
GMOとくとくBB ドコモ光
  • 月額料金
  • 戸建て:5,200円 マンション:4,000円
  • キャンペーン
  • Docomo dポイント 5,000ポイントプレゼント
  • 公式ページ
【ドコモ光公式プロバイダ】GMOとくとくBB

また現在フレッツ光を使っている場合、ドコモ光へ転用するには転用番号を予め取得する必要があります。 転用番号がないとドコモ光に転用できないので注意しましょう。
転用番号の取得方法はフレッツ光からの転用方法をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりの引越し
auひかり引越しナビ|違約金発生条件やエリア外だった時の対処方法を解説
NURO光の高額キャッシュバックキャンペーン
NURO光の高額キャッシュバックに騙されないために|キャンペーンのカラクリを詳しく解説します
ソフトバンク光の解約方法
ソフトバンク光の解約手順|違約金や工事費の残金の請求について
モバイルWi-Fiとauひかりを比較
モバイルWi-Fiは遅い?auひかりとモバイル回線を比較!速度制限や通信速度にここまで違いがあった