1. ホーム

auひかりとドコモ光を徹底的に比較!速度やスマホ割の違いを全解説

ホーム
auひかりとドコモ光を比較

ドコモ光とauひかりは、どちらも大手キャリアが提供する信頼度抜群の光回線です。

光回線の乗り換え先の候補にドコモ光とauひかりを考え、比較検討する人もたくさんいることでしょう。

スマホのセット割が適用されるので、ドコモユーザーはドコモ光、auユーザーはauひかりを選んでしまいがちです。

しかし、ドコモやau以外のスマホを使う人は「どっちの料金がお得になるの?」「インターネットがサクサク使えるのはどっち?」と迷いますよね。

この記事では、セット割の割引額をはじめ、月額料金や通信速度、提供エリア、工事費、キャンペーンの内容を詳しく調べて比較してみました。

最後におすすめユーザーの特徴もまとめているので、どちらを選ぶべきか迷っている人は参考にしてみてください。

ドコモ光 とauひかりを6つのポイントで比較

auひかりとドコモ光の比較ポイント

ドコモ光とauひかりを次の6つのポイントで比較してみました。

  1. 月額料金
  2. 通信速度
  3. 提供エリア
  4. 工事費
  5. セット割
  6. キャンペーン

【比較1:月額料金】割引があるauひかりのほうがお得

まずは月額料金から比較してみましょう。

auひかりとドコモ光の戸建て・マンションの月額料金を表にまとめてみました。

■月額料金の比較

住居

ドコモ光

auひかり

戸建て

5,200~5,400円

4,900~5,100円

マンション

4,000~4,200円

3,800円

ドコモ光とauひかりの月額料金は、戸建てとマンションどちらもそこまで大きな違いはありません。

ただ、auひかりは月額料金の大幅割引キャンペーンを実施している窓口があります。

特に、auひかり公式プロバイダであるSo-netでは、auひかり公式サイトから申し込むよりもお得な値段でインターネットが利用できます。

■auひかり×So-netの割引特典

  • 戸建て:月額3,780円(3年間)
  • マンション:月額2,480円(2年間)

一方、ドコモ光には月額料金の割引特典がないので、どの窓口を選んでも月額料金は同じです。

毎月のインターネット代の節約を期待している人には、auひかりがピッタリと言っていいでしょう。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額69,220円
    マンション:総額61,680円
  • キャンペーン期間:2021/1/1~2021/1/31
  • 戸建てタイプ月額料金:3,780円
  • マンションタイプ月額料金:2,480円

【比較2:通信速度】最大速度は同じでも実効速度に差が…

ドコモ光とauひかりは、全エリアで最大速度1Gbpsです。

どちらも戸建ての一部エリアで、最大10Gbpsの超高速インターネットが利用できます。

ただ、実効速度と呼ばれるインターネットを使ったときの実際の速さは、常に同じとは限りません。

以下の要素が影響するため、サクサク動く日もあれば、少し遅く感じる日もあります。

■インターネットの実効速度に影響を与える要素

  • プロバイダの通信設備
  • 自分の住むエリアの加入者数
  • 利用時間帯
  • パソコンやルーターのスペック
  • LANケーブルの規格など

ドコモ光とauひかりの平均実効速度を「みんなのネット回線速度」で調べてみたところ、下記結果となりました。

■平均実効速度の比較

  • ドコモ光:下り179.36Mbps、上り160.23Mbps
  • auひかり:下り294.68Mbps、上り274.18Mbps

下りと上りともに実効速度が速いのはauひかりです。

auひかりは、NTTのフレッツ光とは別のKDDI独自の通信網を使っているため、回線混雑による速度低下が起きにくいのでしょう。

また、特別な手続きをしなくても、無料で高速通信のIPv6に接続できます。

一方、ドコモ光はNTTが提供するフレッツ光の通信網を借りた光コラボであり、光コラボはドコモ光以外にも、ソフトバンク光やビックローブ光など数多く存在します。

NTTは通信業界で最も多く光回線の設備を持っていますが、そのぶんNTT関連のサービス利用者もシェアでは1番多いため、回線混雑による速度低下が起きやすい傾向にあります。

ただ、ドコモ光には24社の提携プロバイダが存在しますが、最新の通信規格であるIPv6通信に7割以上のプロバイダが対応しています。

プロバイダによっては有料オプション扱いとなる場合もありますが、下記プロバイダは、IPv6通信が無料で利用でき、実効速度も速いプロバイダとして有名です。

■ドコモ光のIPv6通信が無料で使えるプロバイダ

  • OCN for ドコモ光
  • GMOとくとくBB

ドコモ光もNTTの設備を利用しているため回線混雑が無いとは言い切れませんが、上記のようなプロバイダを選ぶことで回避できる可能性はあるでしょう。

OCNforドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント20,000pt
  • キャンペーン期間:2021/1/1~2021/1/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,400円
  • マンションタイプ月額料金:4,200円

【比較3:提供エリア】全国各地で使えるのはドコモ光

全国エリアで使えるのはドコモ光です。

もちろん、別記事『ドコモ光対応マンションのエリア外の対処方法』でも解説の通り、マンションなどではエリア外のケースもあるので事前にエリア確認が必要です。

それでもNTTのフレッツ光と同じ提供エリアなので、光ファイバーが敷設できない場所を除き、基本的には47都道府県で利用できます。

一方、auひかりは、下記エリアでは利用できません。

■auひかりの提供エリア外

  • 戸建て:東海地方、関西地方、沖縄県
  • マンション:沖縄県

提供エリア内でも、auひかりの光ファイバーが敷設済みでないマンションは利用できないケースも珍しくありません。

そのため、提供エリアを気にせず安心して利用できるのはドコモ光でしょう。

【比較4:工事費】2社とも工事費は実質無料

結論から言うと、工事費はどちらも実質無料と考えて良いでしょう。

基本的な工事費は下記の通りです。

■工事費の比較

住居

ドコモ光

auひかり

戸建て

18,000円

37,500円

(60回×625円)

マンション

15,000円

30,000円

(30回×1,250円)

特典をつけないとauひかりの工事費は戸建て、マンション共にドコモ光の2倍近くです。

しかし、auひかりはKDDI公式サイトや代理店など、どこで申込んでも初期費用相当額割引と呼ばれる工事費が実質無料になる特典がついています。

auひかりの工事費は月々の分割払いにて請求されますが、初期費用相当額割引の適用によって工事費分割金と同額の割引がされるため、戸建ては60ヶ月、マンションは30ヶ月利用することで無料となります。

またドコモ光の場合、不定期で工事費を完全無料にするキャンペーンを実施していますが、2021年1月現在はdポイントを10,000ptをプレゼントしているので、工事費の穴埋めは可能です。

【要注意】短期間の解約だと初期費用相当額割引は無効になる

auひかりは、工事費の請求期間内に途中解約すると特典の対象外となり、解約後に未払い分の工事費がまとめて請求されます。

解約費用の詳細に関しては、『auひかり解約まとめ』をご覧ください。

【比較5:セット割】家族割りの範囲が広いのはドコモ光

ドコモ光は「ドコモ光 セット割」、auひかりは「auスマートバリュー」と、どちらもスマホのセット割があります。

両方とも、光回線に加入している間はずっと割引が適用され、契約者の家族のスマホ代も割引の対象となります。

割引額と割引が適用される回線数を比較して表にまとめてみました。

■セット割の比較

光回線

割引額

回線数

ドコモ光

100~3,500円

20回線

auひかり

500~2,000円

10回線

毎月の割引額はスマホの料金プランに左右されるので、一概にどちらがお得とは言えません。

しかし、割引の対象となる回線数が多いのはドコモ光です。

ドコモ光は、光回線の契約者と同じファミリー割引のグループ内であれば、離れた場所に住む家族や親族のドコモスマホの月額料金も最大20回線まで割引されます。

セット割の適用条件に有料オプションの加入もありません。

一方、auスマートバリューは、家族のauスマホの割引は最大10回線までしか適用されません。

離れて暮らす家族は50歳以上と年齢制限もあります。

しかも、auひかりの光回線と光電話に同時に申し込まなければ、auスマートバリューは適用されません。

スマホ代が割引されても、その分、光電話の月額料金が500円かかるため、加入するスマホのプランによりあまりお得感がないかもしれません。

適用範囲に広さと適用条件の緩さから、確実に家族のスマホ代が節約できるのはドコモ光のほうでしょう。

【比較6:キャンペーン】キャッシュバックがお得なのはauひかり

豪華キャンペーンを期待するなら、auひかりを選ぶべきでしょう。

auひかりは、30,000円以上のキャッシュバックキャンペーンを実施している窓口が多く、キャンペーンのお得度では他社光回線に比べて圧倒的です。

一方、ドコモ光はキャッシュバックキャンペーンを実施している窓口自体が多くありません。

実施中の窓口でも最大20,000円ほどが上限になるため、auひかりに比較すると少し物足りない印象を受けます。

など、ドコモ光・auひかりどちらも公式サイトよりも、プロバイダや代理店から申し込んだ方が豪華なキャンペーンが受け取れます。

2021年1月現在、ぞれぞれの最も人気の高いキャンペーン内容を比較してました。

■キャンペーンの比較

光回線

キャンペーン

ドコモ光

OCN for ドコモ光

  • 20,000円のキャッシュバック
  • 最大20,000pt分のdポイント進呈
  • v6アルファ専用ルーターの無料レンタル
  • 無料の初期設定訪問サポート
  • セキュリティサービスが12か月無料

auひかり

NNコミュニケーションズ

  • 最大52,000円のキャッシュバック
  • 新サポートスタート30,000円25,000円
  • 工事費無料特典

キャンペーンの特典が豊富なのはドコモ光ですが、もらえるキャッシュバックの総額が多いのはauひかりです。

auひかりは、キャッシュバック自体も最大52,000円とドコモ光の2倍以上の金額がもらえます。

それに加えて、他社光回線の解約金を負担する新スタートサポートの30,000円と代理店独自の25,000円のキャッシュバックも上乗せされます。

総額で最大10万7,000円分のキャッシュバックが受け取れるので、キャンペーンが充実しているのはauひかりといえるでしょう。

結論:ドコモ光とauひかりおすすめユーザーをずばり回答!

auひかりとドコモ光比較まとめ

6つのポイントで比較した結果、ドコモ光とauひかりのおすすめユーザーは次の特徴に当てはまる人だといえます。

■ドコモ光のおすすめユーザー

  • 関西・東海・沖縄県、郊外に住んでいる
  • 家族でドコモスマホを使う
  • 速度の速いプロバイダを選びたい

対応エリアが広いので、郊外やauひかりの提供エリア外に住む人にドコモ光をおすすめできます。

セット割の適用範囲が広いので、家族でドコモスマホを使う人もドコモ光を選ぶべきでしょう。

速度を重視したい人も、プロバイダをIPv6通信が無料で使えるGMOとくとくBBやOCN for ドコモ光にすれば問題ありません。

■auひかりのおすすめユーザー

  • 毎月のインターネット代を節約したい
  • 初期費用を安く抑えたい
  • 高額キャッシュバックを受け取りたい
  • 光電話を使いたい
  • 家族でauスマホを使う

一方、毎月のインターネット代や初期費用を節約したい人は、割引特典や工事費無料特典のあるauひかりを選ぶべきでしょう。

キャッシュバックを用意する窓口が多いので、高額キャッシュバックを期待する人もauひかりが向いています。

auひかりのキャンペーンは、光回線+光電話を同時に申し込むと適用されるものが多いので、光電話を使いたい人にもおすすめですよ。

ドコモ光とauひかりどちらを選ぶにしても、それぞれの特徴をしっかり理解してから申し込みましょう。

関連記事
通信速度の目安や対処法まとめ ネットの通信速度の目安をゲームなど用途別に解説!速度の改善方法も!
ホーム
インターネットの通信速度の目安について解説しています。ネット回線を選ぶ際、通信速度を基準に選ぶ方も多いでしょう。回線によって速度が異なるため、あらかじめ利用用途に適し...
bpsとは?わかりにくい通信速度の単位をやさしく解説 1Gbpsの「bps」とは?データ通信の速度を表す単位をやさしく解説
ホーム
1メガ、1ギガなどインターネットの通信速度を示す場合に、頻繁に使われる言葉です。正確に言うとメガやギガは速度の単位ではなく、bps (ビーピーエス)と呼ばれる単位が通信速度...
最もお得なプロバイダを知りたい方必見!厳選プロバイダキャンペーン比較 最もお得なプロバイダを知りたい方必見!厳選プロバイダキャンペーン比較
ホーム
ネット回線のプロバイダで行われているキャンペーンについてまとめています。インターネット契約時のキャンペーンは、申し込むプロバイダによって全く変わります。また、全く同じ...
ネット回線に関するデメリット 【まとめ】ネット回線のデメリット総集!光回線、WiMAX2+など回線別に紹介
ホーム
ネット回線は光回線などの固定回線と、WiMAX2+などのモバイル回線に二分化されますが、それぞれメリット・デメリットがあります。特に、光回線などの場合、フレッツ光やauひかりな...
メガエッグとauひかりの比較 中国エリアに住むなら?メガエッグとauひかりの速度や料金を比較してみた
ホーム
メガエッグとauひかりについて、料金や速度などを比較・解説しています。中国地方にお住まいの方が光回線を契約する場合、中国地方限定の回線であるメガエッグを選択肢のひとつに...