auひかりの速度制限は存在する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
モバイルWi-Fiルーターや、スマートフォンなどの4G回線を利用していると、帯域制限を非常に気にしてしまいます。 帯域制限とは、インターネットの通信料の増加に伴い、プロバイダ側が意図的に個人ごとの通信速度を制限するものです。

一度帯域制限に引っ掛かってしまうと、インターネットの速度が急激に遅くなってしまうため、 出来る事なら避けたいものです。
例えば、高速モバイル通信では以下のような帯域制限が実施されます。

イーモバイル
1日の通信料が366MB以上超えてしまった場合、その日の21時から、翌朝の2時まで速度が制限されます。

ソフトバンクモバイル
一か月の通信料が5GBを超えた場合、通信速度が最大128Kbpsに制限されます。

NTT Docomo Xi(クロッシィ)
一か月の通信料が5GBを超えた場合、通信速度が128Kbpsに制限されます。

ソフトバンクモバイルやNTT Docomoのように128Kbpsは、ADSLの一番速度が遅いプランよりも遅い速度で、 昔よく使われていたISDN回線でインターネットを使っているような物です。

もし光ファイバーが、こんなにも遅い回線に制限されてしまっては、auひかりに乗り換える理由は無いかと思われます。
しかし、残念なことにauひかりにも帯域制限が実施されています。しかもプロバイダごとではなく、auひかりの回線自体の帯域制限なので、 プロバイダを変更しても変わりません。

auひかりの帯域制限が実施される条件として、「1週間のうち3日以上、1日に30GB以上アップロード通信を行った場合、 3Mbpsに速度が制限される」というものです。
また、一度帯域制限されてしまうと、約3週間ほど解除されません。

3Mbpsと言うと低速なADSLなみの速度なのです。モバイル通信のように128Kbpsまで制限されることは無いとは言え、 かなり低速なインターネット回線となってしまいます。

しかしながら、auひかりの帯域制限は、それほど気にするほどの問題では無いのです。

なぜなら、通常インターネットはダウンロードが主な利用用途のため、 アップロードで大容量通信を行うことは少ないと思います。
そればかりか、30GBと言うと、かなり大きなデータ容量なので、特殊な使い方をしていない限り、 いくら使っても1日に30GBのアップロードを行ってしまう事は、まず無いでしょう。
ましてや、1日に30GBのアップロードを1週間のうちに3日間行うなんて、通常の使い方ではありません。

そのため、auひかりでは、基本的に帯域制限を気にして、通信を控える必要はないと言えます。

1日に30GB以上のアップロードを行ってしまう可能性

いくら30GBが大容量と言っても、全く心配が要らない訳ではありません。 まれに1日の通信量が30GB以上に達してしまう事もあります。

ウイルスに感染している場合

パソコンがウイルスに感染している場合、尋常でないぐらいのデータ送信が行われる場合があります。
ウイルスによってデータ送信が行われるかどうかは、まちまちですが、 きちんとセキュリティソフトはインストールしておきましょう。

ファイル共有ソフト

Torrentなどのファイル共有ソフトなどで、ファイル個数やファイルごとのデータ量を気にせずに、バンバン通信を行っていると、 場合によっては、1日に30GB以上のアップロードが行われてしまう事もあります。

映像関係の仕事をしている

映像関係の仕事などをしていると、動画ファイルを送信する機会が増えると思います。 特に、映像関係の仕事で扱われる動画が解像度が高く、短い動画でも非常に容量が大きいので、注意が必要です。
ただ、実際こういった仕事に就いている方は大抵、送信容量の問題を把握されていると思うので、 大丈夫だと思います。
仕事以外で、個人的に友達に動画ファイルを送ったりする場合などは、ほぼ問題ないでしょう。

auひかりは規制が甘い?

実はauひかりの1日30GB以上のアップロードと言うのは、他のプロバイダ等と比べて規制が甘めに設定されています。

例えば、NTTのフレッツ光の場合、通信の上限はNTT側ではなく、プロバイダ側で管理しています。
大手のプロバイダであれば、auひかりと同じく1日のアップロード上限を30GBまでとしている場合が多いですが、 プロバイダによっては、上限が10GB以下に設定している場合も珍しくありません。

また、プロバイダによっては、帯域制限ではなく、各ユーザーに直接、警告文の郵送も行われています。
警告文には「今後大容量のアップロードを行わないように」と言った旨の文書が記載されており、 もし警告に従わない場合は強制解約などの処置が取られるケースもあります。

強制解約になるまで、大容量通信を続けるユーザーも、かなりマレではありますが、 これらの処置に比べるとauひかりの帯域規制は、甘い処置と言っていいでしょう。

auひかり基礎知識へ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりプロバイダ比較!キャンペーンや速度に違いはある?
auひかり
auひかりの場合はどこのプロバイダを使っても料金が全く一緒なので、申し込み時のキャンペーンで得をするかが決まります。下手をすると何万円も損をしてしまう事も珍しくありませ...
インターネットの速度はどのくらい必要? プロバイダやインターネットサービスを選ぶ際、通信速度は非常に気になるところです。遅い回線であれば、数Mbpsから、速い回線であれば、1Gbpsの回線まで様々です。それでは、実際...
速度の単位、bpsって何? 1メガ、1ギガなどインターネットの通信速度を示す場合に、頻繁に使われる言葉です。正確に言うとメガやギガは速度の単位ではなく、bps (ビーピーエス)と呼ばれる単位が通信速度...
【1Gbps光ファイバー】1ギガって結局どのくらいの速度?
速度
auひかりは他の事業者よりも高速で快適にインターネットが楽しめると良く言われますが、具体的にどのくらい速いのでしょうか?単純に1Gbpsと言われても想像がつかないかたも多いと...
auひかりマンションの速度が遅くなる理由|契約後に後悔しないために auひかりのマンションを使う場合、心配されるのが速度の問題です。集合住宅ではあらゆる要因により速度が遅くなってしまうためです。このページでは速度が低下する理由を解説。ま...