1. ドコモ光
  2. ドコモ光料金

ドコモ光セット割は家族で使わないと意味ない!?驚愕の割引額とは…

ドコモ光スマホセット割について

ドコモ光を利用する際に、確認しておきたいのが「ドコモ光セット割」についてでしょう。

ドコモでスマートフォンや携帯電話を使っているのであれば、ドコモ光にすることで通信費を安くすることが可能です。

今回はドコモ光セット割について詳しく説明していきたいと思います。

ドコモ光セット割が適用される条件や割引料金、注意点など幅広くカバーしていきますので参考にしてください。

ドコモ光セット割とは?

ドコモ光セット割の概要

冒頭でも少し触れましたが、ドコモ光セット割とはスマートフォンや携帯電話をドコモで契約していて、光回線をドコモ光にした場合にモバイル端末側の通信費を安くするサービスのことです。

別記事『ドコモ光セット割を徹底分析』でも解説している通り、割引率はスマートフォンのプランによって変わってきますが、500円~最大3,500円の割引が可能です。

例えばスマートフォンをドコモ、光回線をドコモ光にし続ける限り、ずっと割引かれますので少しでも通信費を安く抑えたい人には、おすすめのサービスといえます。

ドコモ光セット割の割引額

ドコモ光セット割の割引額は、各プランによって変わってきます。

最近スタートした「ギガホ」「ギガライトプラン」にも適用されるため、さらにお得にドコモのスマートフォンを利用することが可能になってきます。 各プラン別の割引料金を見ていきましょう。

通常契約(旧プラン)

新プラン以外で通常の契約の場合、ウルトラデータLLパック、ウルトラデータLパック、データMパック、データSパック、ケータイパックがあります。

どのプランも契約者が一人の場合のプランで、各プランのドコモセット割の割引価格は以下のようになります。

プラン名 割引料金 月額料金 ドコモ光セット割適用後
ウルトラデータLLパック -1,600円 8,000円 6,400円
ウルトラデータLパック -1,400円 6,000円 4,600円
データMパック -800円 5,000円 4,200円
データSパック -500円 3,500円 ドコモ光料金プランから割引
ケータイパック -500円 300円~4,200円 ドコモ光料金プランから割引

データパックSとケータイパックの割引は、1年間限定になっているので注意してください。

※現在は上記プランを契約する事はできず、新プランのみになります。

シェアパック

シェアパックとは、パケットを複数の人で分けて使うプランです。

データ容量を家族で共有できるため、よく使う人とあまり使わない人で無駄なくパケットを分け合うことができます。

このプランでもドコモセット割利用することができます。

※「ベーシックシェアパック」「ウルトラシェアパック」は、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了しています。

プラン名 割引料金 月額料金 ドコモ光セット割適用後
ウルトラシェアパック100 -3,500円 25,000円 21,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円 16,000円 13,100円
ウルトラシェアパック30 -2,500円 13,500円 11,000円
シェアパック15 -1,800円 12,500円 10,700円
シェアパック10 -1,200円 9,500円 8,300円
シェアパック5 -800円 6,500円 5,700円

ギガホ・ギガライト

2019年6月にリリースされたドコモの新しい料金プランです。

今までかなり複雑だったドコモの料金プランを、わかりやすくまとめたものになります。

音声通話とデータ通信が一体となった料金プランで、データのみのプランというものはありません。

この新しい料金プランにも、ドコモ光セット割は適用されます。

プラン名 割引料金 月額料金 ドコモ光セット割適用後
ギガホ -1,000円 6,980円 5,980円
ギガライト ステップ4 ~7GB -1,000円 5,980円 4,980円
ステップ3 ~5GB -1,000円 4,980円 3,980円
ステップ2 ~3GB -500円 4,980円 3,980円
ステップ1 ~1GB 2,980円 2,980円

 

これからドコモ光セット割を始める方はこのプラン!

ずっとドコモ割と併用可能

ドコモ光セット割は、ドコモのスマートフォンや携帯電自体の割引サービスである「ずっとドコモ割」と併用が可能なのでさらに通信費を抑えることができます。

ずっとドコモ割とは、ドコモのモバイル回線を利用している期間に応じて割引がされるサービスです。

4年以上利用していれば、割引の対象になってきます。

ドコモを長く利用しているのであれば、ドコモ光セット割と併用することでスマートフォンの通信費をかなり抑えることが可能です。

以下表にまとめてみましたので、併せて確認してみてください。

ただ、あくまでモバイル回線のみの割引サービスになるため、ドコモ光を長く利用していてもこのサービスは適用されません。

パック名称 4年未満 4年以上~8年未満 8年以上~10年未満 10年以上~15年未満 15年以上(プラチナ)
ウルトラデータLLパック -200円 -400円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック(〜20GB) -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック(〜50GB) -100円 -200円 -600円 -800円
ケータイパック ※3 最大-300円 ※4
ウルトラシェアパック100 -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円
ウルトラシェアパック50 -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラシェアパック30 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(〜30GB) -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(〜10GB) -400円 -600円 -800円 -1,000円
ベーシックシェアパック(〜5GB) -100円 -200円 -300円 -900円

ドコモ光セット割の条件

ドコモ光のセット割の条件

様々なプランで適用されるドコモ光セット割ですが、割引を受けるためには条件があります。

それが以下の2つです。

  1. ドコモでスマートフォンや携帯電話を契約している
  2. ドコモ光の契約とドコモのモバイル回線を紐付ける(ペア回線)

詳しく説明していきます。

ドコモのスマートフォンや携帯電話の契約

一番重要な条件として、スマートフォンをドコモで契約している事です。

例えば、auやソフトバンクでスマホを契約していて、ドコモ光を申し込んでもドコモ光セット割は適用されません。

必ず、ドコモとのモバイル回線を契約する必要があります。

ちなみに、光コラボとして「ソフトバンク光」というサービスがあります。

フレッツ光の回線を使っているのでドコモ光セット割も適用されそうですが、残念ながら適用はされません。

ソフトバンク光を申し込んだ場合にはソフトバンクのスマートフォンを利用する事で、ドコモ光セット割と同じような「ソフトバンク光おうち割」という割引サービスを受けることができます。

ペア回線を行う(旧プランの場合)

もう一つの条件としてドコモ光の契約の際に、ドコモのスマートフォンや携帯電話を紐付ける必要があります。

これをペア回線と呼んでいます。

ペア回線を行うことで、ドコモのスマートフォンや携帯電話が使われている事が確認され、割引の対象となるのです。

ドコモ光の申し込み時に自動的に回線がペアになります。

それ以外で何かユーザー側が行う必要はないので安心してください。

複数回線での契約が可能に!(新プランの場合)

以前の条件として、ドコモ光の契約に対し、1つのドコモの携帯回線しかドコモ光セット割が適用されませんでした。

ドコモ光セット割の仕組み

父親のみドコモ光セット割が適用

しかし、新しいプランになって条件が変更され、ドコモ光の契約に対し「ファミリー割引グループ」であれば複数の回線に適用可能になります。

しかも、ドコモ光の契約者がドコモのスマートフォンや携帯を契約していなくても他の人が契約していれば申し込み可能になったのです。

ドコモ光セット割の仕組み2

母・子にドコモ光セット割が適用

さらに、新プランのドコモ光セット割は遠く離れた家族も可能です。

ドコモ光新プランのセット割

また、三親等の範囲であれば適用されるという条件の広さは驚きと言えるでしょう。 

ドコモ光新プランの適用範囲

参照:ドコモ光ファミリー割引詳細

ファミリー割引グループを作るのに料金は掛からず、申請だけで問題ありません。

また、最大20回線までグループ化する事が可能なため、家族内にドコモユーザーがいるなら、家族をドコモでまとめた方がお得になる可能性もあります。

一度家族のスマートフォンの利用状況を確認して、条件がマッチすればスマートフォンや光回線を見直すのもいいでしょう。

ドコモ光セット割の注意点

ドコモ光セット割の注意点

メリットがかなり多いドコモ光セット割ですが、いくつか注意点があります。

旧プランの場合は、複数回線の割引は適用されない

新しいプランでのドコモ光セット割は、上記でも説明した通り複数回線に適用されます。

ただ、旧プランの場合は契約者の回線のみに適用されるため、「ドコモ光セット割が全員に適用されるようになったた!」と勘違いしてしまうと、後で大変な事になるかもしれません。

旧プランで家族で利用しているのであれば、契約者以外新しいプランに変更しファミリー割引グループをつくらないと割引は適用されないので注意してください。

ドコモ光とドコモの携帯電話やスマートフォンの料金は合算

料金を把握したい場合にも、ドコモ光は注意が必要です。

通常、光回線とスマートフォンや携帯電話の料金は別々に請求されますが、ドコモ光でセット割を適用すると請求は合算されます。

つまり、支払いを別々にすることはできません。

ファミリー割引のグループ内の支払いは、合算でも別々でもOKなので状況によって支払い方法を適用させてください。

ドコモ光を解約すると割引は自動的に適用外に

ドコモ光を解約した時点で、ドコモ光セット割は自動的に解約となります。

そのため、ファミリー割引グループ全体の割引が無くなり、すべて通常の料金になってしまうのです。

家族の誰かがスマホを乗換える分には問題ありませんが、ドコモ光自体の解約は割引そのものの終了を意味します。

ドコモ光セット割の申し込み方法

ドコモ光セット割の申込み方法

ドコモ光セット割は、特に申請する必要はありません。

ドコモ光から直接申し込む場合はもちろん、プロバイダから申し込んでもドコモ光セット割は契約後に自動適用されます。

つまり、どんな窓口から申込んでも割引の対象になりますが、申込む窓口によってキャンペーンによるキャッシュバックが受取れるケースがあるため、魅力的な窓口から申し込む事でさらにお得にドコモ光を利用できる事になります。

その中でもおすすめなのが、プロバイダである GMOとくとくBB です。

GMOとくとくBBのキャンペーン

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/11/1~2020/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

GMOとくとくBBは、キャッシュバックを実施している貴重なぷろバイダです。

別記事『GMOとくとくBBってどう?』でも解説していますが、条件によって6,000〜20,000円のキャッシュバックが受取れる仕組みになり、ドコモ光のキャンペーンとしては最高水準の特典になります。

適用条件 キャッシュバック
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)

DAZN for docomo
20,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)
18,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

DAZN for docomo
15,500円
ドコモ光(2年定期契約プラン)のみ 6,000円

無条件で6,000円がキャッシュバックされるのも非常に魅力的です。

さらに、v6プラスという最新の接続方式を取り入れているため、通信速度への期待値も非常に高いプロバイダになります。

加えて、v6プラス対応の高スペックWi-Fiルーターが無料でレンタルできるのも非常に大きなメリットになるでしょう。

※v6プラスの詳細はコチラをご覧ください。

GMOとくとくBBのWi-Fiルーター無料レンタル

GMOとくとくBBのWi-Fi

モニターという条件がありますが、ストレス無くインターネットが可能な環境を無料で手に入れる事ができるのは嬉しいですよね。

「なるべくキャッシュバック金額が高いキャンペーンがいい」 「通信速度が速く安定しているところがいい」 「ルーター選びなどがよくわからない」など、 これらの要望を網羅しているのがGMOとくとくBBであり、おすすめする理由です。


関連記事

ドコモ光をお得に申し込みたい!オススメの窓口はどこ? ドコモ光をお得に申し込みたい!オススメの窓口はどこ? ドコモ光を申し込むとき、お得に申し込める方法を知りたいと思う方がほとんどです。ドコモ光は、申し込む窓口によって特典や満足度が大きく変わり、申し込みの時点でお得に使えるかどうかが決まります。この記事では、ドコモ光をお得に申し込むための方法を解説します。 2019-07-30

まとめ

ドコモ光セット割まとめ

ドコモ光セット割を上手に活用する事で、自分のみならず家族のスマートフォンや携帯電話の料金を安くする事が可能になってきます。

ドコモの新しい料金プランもわかりやすくなっているので、この機会に光回線とスマートフォンを同時に乗り換えてみてもいいかもしれませんね。

関連記事
ドコモ光の料金確認方法 【超簡単】ドコモ光の料金確認方法を電話・WEB別にやさしく解説! ドコモ光の料金を確認する方法は、電話とWEBの2種類あります。料金明細の送付サービスもありますが、有料になってしまうため、節約を考える方は自身で調べるのがおススメです。特...
ドコモ光ミニの詳細 ドコモ光ミニは落とし穴が満載!?プランの詳細や注意点を細かく解説 ドコモ光の月額料金や速度などについて解説しています。ドコモ光ミニはプロバイダの契約が無い従量制のプランです。そのため、ネットの利用頻度によっては割高になってしまいます...
ドコモ光電話の工事費 知らないと怖いドコモ光電話の工事費!タイミング次第で工事費が高額に! ドコモ光にはネット回線のオプションとして光電話を提供しています。通話料もお得なため、固定電話が必要な方にはピッタリのサービスですが、利用するには工事費が必要です。また...
ドコモ光セット割まとめ ドコモ光セット割の条件とは?プラン次第では損をするかも… ドコモユーザーは、ドコモ光を契約することでスマホのセット割が適用されます。ドコモ光セット割の割引額は、スマホのデータプランに応じて割引額が変わりますが、基本的に家族に...
ドコモ光タイプCは速度が遅くて高い!?料金形態やデメリットまとめ ドコモ光タイプCは速度が遅くて高い!?料金形態やデメリットまとめ ドコモ光のタイプCについて解説しています。ドコモ光のタイプCは、ケーブルテレビ回線を利用した料金プランです。現在ケーブルテレビ回線を利用している方であれば、工事なしでド...