光回線の乗り換えで電話番号は引き継げる?引き継ぐ条件と注意点を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
解約

インターネットサービスのオプションとしてメジャーなもののひとつが「光電話」です。

光電話近年では、スマホを固定電話がわりに利用している方も増えていますが、それでもなお固定電話の番号が必要な場面も少なくありません。

また、スマホとのセット割を利用する場合、キャリアに対応した光電話の契約が条件づけられているケースがほとんどです。

そのため、現在NTTの固定電話を使っている方のなかには、スマホセット割適用のために光電話への移行を考えている方もいるでしょう。

そこで今回は、光電話を利用する際に電話番号を引き継ぐ条件や、auひかりで光電話を利用するメリットなどをまとめてご紹介します。

光回線で電話番号を引き継ぐ条件は?

光回線で電話番号を引き継ぐ条件を解説

固定電話を利用している方が光電話に移行するときに心配なのが、いま使っている電話番号が引き継げるのかどうかでしょう。

電話番号を引き継げるかどうかは、NTT加入電話で発行された電話番号である必要があります。

たとえば、auひかりやフレッツ光に申し込んだ際に電話番号を発行した場合、解約後は他社サービスに電話番号を引き継げません。

■光電話の電話番号引き継ぎ可否
引き継ぎ可能 NTT加入電話で番号取得後、auひかりに乗り換え
NTT加入電話で番号取得後、auひかり→ドコモ光に乗り換え
引き継ぎ不可 auひかりで電話番号取得後、フレッツ光に乗り換え
フレッツ光で電話番号取得後、auひかりに乗り換え

NTTの加入電話で番号が発行されていれば、いまどのサービスを利用しているかは関係ありません。

NTT加入電話で発行さえしていれば、どんなサービスに何回乗り換えても電話番号を引き継げます。

引っ越しにともなう解約だと引き継げない場合も

引っ越しにともなう解約だと電話番号を引き継げない場合も

もし引っ越しが理由で解約するのであれば、NTT加入電話で発行した番号であっても、番号が変わってしまう場合があります。

電話番号は、市外局番と市内局番、加入者番号に分かれており、地域ごとに番号が決められています。
そのため、現在住んでいる市区町村へ引っ越すときは、ほとんどの場合で電話番号が変わると言えるでしょう。

これは、市区町村ごとにNTTの局社が対応するエリアが決まっているのが理由です。
市区町村単位で引っ越しをしてしまうと、最寄りのNTT局社も変わってしまうため電話番号も変わります。

また、まれに市内での引っ越しであっても、NTT局社の対応エリアによっては電話番号がかわるケースもあるでしょう。

もし電話番号が変わってしまうと困るのであれば、引っ越す前に対応する市外局番と市内局番をしっかり確認しておくのをおすすめします。

電話番号を引き継ぐには手続きが必要

電話番号を引き継ぐには手続きが必要

光電話で電話番号を引き継ぐためには、あらかじめ手続きを行います。

まずは、現在利用している光電話をNTTの加入電話に戻す必要があるため、契約中の光電話の窓口で、解約時にNTT加入電話に戻したい旨を伝えましょう。

連絡をしたのち、加入電話に戻すための工事がNTTによって行われます。
工事を行う日は固定電話が使えなくなるため、電話が使えなくても問題のない日を選びましょう。

なお、次の光電話を利用するまでは、電話機の回線を光回線の装置ではなく、NTTのモジュラージャックに接続しておく必要があります。

また、NTTの電話回線の利用料金がかかるため、光電話からNTTの加入電話に戻した場合、若干月額料金が高額になる点にも注意が必要です。

auひかりの電話サービス「auひかり電話」とは?

auひかりの電話サービス「auひかり電話」とは?

auひかりが提供している固定電話サービスに、auひかり電話があります。

auひかり電話は、その名の通りauひかりの光回線を利用した固定電話サービスです。
So-net光プラスやBIGLOBE光など、KDDIと提携している光回線サービスでも利用できます。

auひかり電話を含め、光電話のメリットとして月額料金が安くなることが挙げられるでしょう。

NTTの加入電話を利用するときは、月額1,700円の利用料金がかかっている場合が多いです。
しかし、auひかり電話の場合は月額500円で利用できるため。およそ3分の1の料金で利用できます。

また、auユーザーの場合はauまとめトークが適用されるため、auスマホ・携帯電話とauひかり電話を契約している固定電話との通話料金も無料になります。

そのため、auの携帯回線を契約している方のうち、通話をよく利用する方にとっては、お得度が非常に高いサービスと言えるでしょう。

auスマートバリュー適用にはauひかり電話必須!

auスマートバリュー適用にはauひかり電話必須!

auスマホとのセット割であるauスマートバリューを適用するときは、auひかり電話の加入が必須です。

auスマートバリューでは、契約している料金プランによって500~1,000円が割引されます。

■auスマートバリューの割引額と料金プラン
割引額/月 料金プラン
500円/月 ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
1,000円/月
  • データMAX 5G
  • データMAX 5G Netflixパック
  • データMAX 4G LTE
  • データMAX 4G LTE Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auフラットプラン25 NetflixパックN
  • auフラットプラン20N
  • auフラットプラン7プラスN

※新規受付中のスマホプランのみ記載

auのスマホセット割を適用するためには、auひかりの光回線およびauひかり電話と、auの携帯回線を契約する必要があります。

固定電話機を持っていなくても契約できるため、スマートバリューを適用するためだけに利用している方も多いです。

auひかりを利用している限り永年割引が適用されるため、他社キャリアに変更する予定のない方はずっとお得にスマホを使えます。

auスマートバリューについて詳しくは、auのスマホセット割引適用方法と注意点をご覧ください。

auひかり電話の加入でキャッシュバックも増額?

auひかり電話の加入でキャッシュバック増額?

auひかりの代理店のなかには、申し込み時にauひかり電話も一緒に申し込むと、キャッシュバックが増額されるところもあります。

そのため、auひかり電話の申し込みを考えているのであれば、そのような代理店を選ぶとお得です。

たとえば、正規代理店である NNコミュニケーションズ では、ネットの申し込みで45,000円のキャッシュバックが受け取れますが、auひかり電話も一緒に申し込むと52,000円に増額されます。

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2020/8/1~2020/8/31
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

申し込みページ: auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズ

auスマートバリューを適用するためには、auひかり電話が必須です。
そのため、auスマホとのセット割を考えている方は、はじめから申し込んでしまうと良いでしょう。

また、NNコミュニケーションズではキャッシュバックの受け取り手続きが必要なく、申し込み時に特典の振り込みを希望する口座を口頭で伝えるだけで完結します。

スマートバリューの適用を狙っている方以外にも、めんどうな手続きが嫌な方にもおすすめの窓口です。

NNコミュニケーションズのキャンペーンについて詳しくは、別記事のNNコミュニケーションズの評判を比較検証をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
So-net光コラボを解約する際の注意点!解約金や電話番号引き継ぎ方法 So-net光コラボを解約する際、解約金や工事費残金を支払わなければなりません。解約にかかる費用などを詳しく解説します。また電話場号を引き継ぎするための条件や乗り換えの手順...
【JCOM解約】手続きや違約金・注意点など気になる事をまとめて解説
解約
JCOM解約にまつわる気になる点を分かりやすくまとめてみました。解約にあたっては違約金や撤去工事費など注意点がいくつも存在します。また電話番号を引き継ぎする方法についても...
auひかり解約まとめ|高額な違約金を取られないためには?
auひかりを解約する際の詳細な手続き方法や注意点についてまとめました。解約金の金額や機器の返却方法、解約月の日割り請求などauひかりの解約に関する情報をすべてまとめていま...
ソフトバンク光やauひかりの解約で撤去費用が発生?工事費残金の支払いも必要
解約
ソフトバンク光やauひかりなどの光回線を解約する際、場合によって撤去工事が発生します。しかもサービスによっては撤去費用がかかるので注意しましょう。また申し込み時に分割に...