auひかり乗り換えガイド> 引越し・各種回線解約方法>電話番号引き継ぎ

光回線の乗り換えで電話番号を引き継ぐための条件と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット回線を乗り換える際注意しなければならないのが固定電話の電話番号です。 最近は固定電話自体あまり使わない方も多いと思いますが、いざ電話番号が変わってしまったら困ると言った方も多いでしょう。

このページでは回線乗り換えの際、電話番号を引き継ぎための条件や注意点を解説します。

電話番号を引き継ぎできる条件とは?

インターネット回線の乗り換えで電話番号を引き継ぎするためには条件があります。 基本的に利用している電話番号がNTT加入電話を契約した時に発行されている必要があるのです。

NTT加入電話とはNTTが提供しているアナログ電話の事で、昔の固定電話はすべてNTT加入電話でした。

しかし、その後マイラインなどの普及でNTT以外の電話会社が固定電話の提供を開始し、各事業者が電話番号を独自に発行するようになったのです。 当然、NTT加入電話で使っていた番号はマイラインの他社に乗り換えても引き継ぎすることができます。

マイラインと同様光ファイバーの普及により各事業者が光電話の番号を独自に発行するようになりました。

ただ、問題点としてNTT加入電話以外で発行された番号は他社サービスに引き継ぎできません。

例えばauひかりに申し込みをし、その際に電話番号を発行してもらった場合、解約後他社サービスに電話番号を引き継ぐことはできません。 また、仮にNTTのフレッツ光で電話番号を発行してもらった場合も同様です。 フレッツ光から別サービスに電話番号は引き継ぎ不可となります。

同じNTTでもフレッツ光とNTT加入電話は全くの別物となるのです。

NTT加入電話で発行さえしていれば、どんなサービスに何回乗り換えても電話番号を引き継ぐことができるのです。

詳しくはauひかり電話|番号引継ぎとスマホセット割をご覧ください。

auひかりやソフトバンク光などの解約に関して詳しくは以下のページも参考にしてください。 auひかりの解約手順
ソフトバンク光の解約手順
ドコモ光の解約手順

引っ越しの場合、番号が変わる可能性大

インターネット回線の解約や乗り換えは引っ越しをきっかけに行う方も多いでしょう。 しかし、引っ越しの場合、仮にNTT加入電話の時から使っていた番号であっても電話番号が変わってしまうことがあるので注意が必要です。

電話番号は市外局番と市内局番、加入者番号に分かれており、地域ごとに番号が決められています。

ほとんどの場合は市区町村ごとに市内局番が決まっており、市外に引っ越しをするとほぼ電話番号が変わってしまうと思っていいでしょう。 これは市区町村ごとにNTTの局社が対応するエリアが決まっているためです。

市区町村単位で引っ越しをしてしまうと最寄りのNTT局社も変わってしまうため電話番号も代わってしまうのです。

いくら光ファイバーの普及で各事業者が直接固定電話サービスを提供するようになったからと言っても、 電話番号のルールに関してはNTTのルールがそのまま引き継がれているのです。
そのため、このような引っ越しによる電話番号の変更はどこのサービスを使っていても起こってしまいます。

また、まれに市内での引っ越しであってもNTT局社の対応エリアによっては電話番号がかわるケースもあるので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加