1. ドコモ光
  2. ドコモ光解約

ドコモ光の解約金が知りたい!解約時の費用と手続きの注意点を全公開

ドコモ光の解約金

ドコモ光を解約する時に、もっとも気になるのは「解約金はいくらか?」でしょう。

ドコモ光だけではありませんが、他の光回線に乗り換えたくても、解約金が高くて迷ってしてしまう方は多いでしょう。

そこで今回は、ドコモ光の解約にかかる費用や解約時の注意点をお伝えします。

さらにドコモ光解約後のおすすめ乗り換え先・解約金を負担してくれる乗り換え先にも触れるので、解約手続き前に一通りチェックしてください。

ドコモ光の解約に必要な費用

早速、ドコモ光の解約に必要な費用を見ていきましょう。

契約状態や解約のタイミングによって発生する費用は変わりますが、ドコモ光の解約には次の3つの費用が発生します。

■ドコモ光の解約金

  • 2年契約の途中解約による違約金
  • 工事費の分割金の残債
  • 解約月の月額料金

2年契約の違約金

ドコモ光を契約している方の多くは、2年間の定期契約になっている方が多いでしょう。

そのため、解約するタイミングによっては戸建て…5,500円、マンション…4,180円の違約金が発生してしまいます。

違約金が発生しない「更新月」のタイミングは、ドコモ光の開通月を1ヶ月目として24ヶ月目〜26ヶ月目です。

例)2017年8月にドコモ光が開通
 →2019年9〜11月は違約金発生なし

契約してから時間が経つほど、2年契約の更新月がいつか忘れがちです。

ドコモ光の解約を決断したら、更新月のタイミングは忘れずに確認しておきましょう。

なお、ドコモ光から他社光へ乗り換える方は、乗り換え先によっては違約金を負担してくれるところもあります。

詳しくは後述しているドコモ光解約後におすすめの乗換え先をご覧ください。

工事費の分割金残債

ドコモ光を契約する時、工事費は一括払い・分割払いから選んで契約しています。

また、フレッツ光からドコモ光へ転用してきた方も、フレッツ光の工事費の残債がある方はドコモ光の請求に引き継がれています。

■ドコモ光の工事費分割額
分割回数 戸建 マンション
12回 1,650円 1,375円
24回 825円 688円
36回 550円 458円
48回 413円 344円
60回 330円 275円

このドコモ光やフレッツ光の工事費の分割金が残っている方は、ドコモ光を解約すると工事費の残債を解約翌月に一括で支払わなくてはいけません。

例)戸建で工事費48回払いで契約して2年目に解約する場合
…413円 × 残り24ヶ月 = 9,900円

工事費の残債は、2年契約の違約金とは別で掛かります。

ドコモ光を解約する時は、工事費の残債がどれくらい残っているのかもしっかりチェックしましょう。

解約月の月額料金

ドコモ光を解約する場合、解約月の利用料金も忘れてななりません。

利用料金には、日割りされる料金・日割りされない料金があります。

日割り計算のない利用料金

  • ドコモ光の月額料金
  • ドコモ光テレビオプションの月額料金

日割り計算される利用料金

  • ドコモ光電話の月額料金

こうして見ると、主要な契約内容で日割りされるのはドコモ光電話だけなので、ドコモ光の解約月も普段の利用料金と大差ないと考えた方がいいでしょう。

ドコモ光の解約手続きの手順を解説

ドコモ光の解約方法

次に、ドコモ光を解約する手順を確認しましょう。

ドコモ光の解約手続きには、電話 or ドコモショップでのでの手続き方法がありますが、今回は電話での解約方法について解説します。

1.ドコモ インフォメーションセンターに電話をする

ドコモ光の解約手続きは、ドコモのスマホと同じ「ドコモ インフォメーションセンター」で受け付けてくれます。

ガイダンスが流れたら「7」→「1」→「4」の順に入力すれば解約窓口に繋がるので、口頭で解約したい旨を伝えましょう。

なお、解約手続きは契約者本人が電話をする必要があります。

ドコモ インフォメーションセンターの電話番号

  • ドコモスマホ・ケータイから:151
  • 固定電話や他社ケータイから:0120-800-000

2.プロバイダに電話をして解約確認

ドコモ光を解約しても、利用しているプロバイダによっては自動解約にならない、またはオプション契約が残る可能性があります。

契約が残る場合はドコモ インフォメーションセンターの担当が教えてくれることもありますが、プロバイダは別会社なので確実とは言い切れません。

そのため、ドコモ光へ解約手続きをした後は、忘れずにプロバイダにも連絡をしましょう。

ドコモ光の主な提携プロバイダ連絡先

プロバイダ

連絡先

受付時間

ドコモ.net

  • ドコモ回線から:151
  • その他:0120-800-000

9:00〜20:00
(年中無休)

ぷらら

  • 固定電話から:009192-33
  • ひかり電話から:0120-971-391
  • その他:050-7560-0033

10:00〜19:00
(年中無休)

GMOとくとくBB

0570-045-109

10:00〜19:00

BIGLOBE

0120-86-0962

10:00〜19:00
(年末年始除く)

@nifty

0570-03-2210

10:00〜19:00
(年中無休)

楽天ブロードバンド

0800-600-0222

9:00〜18:00
(年中無休)

OCN

0120-506-506

10:00〜19:00
(日・祝・年末年始除く)

@T COM

0120-805633

平日10:00〜20:00
土日祝:10:00〜18:00

ASAHIネット

0120-577-108

10:00〜17:00
(平日のみ)

3 回線終端装置やレンタルしているルーターの返却

ドコモ光の解約が完了して回線が停止した後は、レンタルされていた機器を返却する必要があります。

契約内容によりますが、ご自身で購入した覚えのない機器は基本的にレンタルしていると思っていいでしょう。

■以下のレンタル機器は返却必須

  • 回線終端装置
  • プロバイダからレンタルしているWi-Fiルーター

具体的にどの機器を返却するのかは、ドコモやプロバイダに解約の連絡をした時に確認できます。

もし返却を忘れると、それぞれの機器代金が請求されるので、忘れずに返却するようにしましょう。

ドコモ光を解約する時の注意点

ドコモ光を解約する時に、注意すべきポイントを解説します。

これまでの解説で、違約金などの費用は見てきましたが、実は金銭的な点以外にも注意点は複数あるのです。

見落としてしまい、後でトラブルにならないよう、しっかりチェックしておきましょう。

ドコモ光解約証明書を忘れずに取得しよう

ドコモ光から他の光回線に乗換える際、乗換先で違約金を負担してくれるケースがあります。

こうした違約金を負担するキャンペーンを利用する場合、ドコモ光の違約金を証明する書類(解約証明書)が必要です。

ドコモ光の利用料金はペア回線になったケータイ利用料金と一緒に請求されます。

そのため、ドコモ公式サイトにあるMy docomoで料金明細を印刷するのが1番近道でしょう。

ドコモ公式サイト
My docomoで料金明細の印刷が可能!

印刷が難しい方は1回194円かかりますが、解約の電話の時に料金明細を書面で送ってもらうように手配するのがベストです。

ドコモ光の解約証明書=解約月の料金明細です!

プロバイダはオプションだけ残る可能性がある

解約の手順でも触れましたが、ドコモ光で利用しているプロバイダによって解約時に必要な手続きが異なります。

■ドコモ光の解約パターン

  • ドコモ光と同時に自動解約
  • 有料プランとしてプロバイダ契約続行
  • 無料プランとしてプロバイダ契約続行

ドコモ光と同時に自動解約となるプロバイダでも、ウイルス対策等のオプションサービスだけの契約が残ってしまうこともあるでしょう。

ドコモ光の提携プロバイダはタイプA・タイプB合わせて25社あるので、全てを把握するのは難しくなっています。

ドコモに解約の連絡をした時にある程度は教えてくれますが、解約時にはプロバイダにも連絡をして、解約後に料金が発生することがないか確認するようにしてください。

ドコモ光電話の番号が消失する可能性がある

「ドコモ光電話」を利用している方は、解約する時に電話番号が継続できるか確認しましょう。

ドコモ光の契約時に取得した番号は、auひかりやNURO光といった光コラボ以外の光回線へ電話番号を引き継げない可能性があります。

■電話番号の引継ぎ可否

  • NTT加入電話で発番した番号…引き継ぎ可能
  • ドコモ光契約時に取得した番号…引き継ぎ不可

基本的に、NTT加入権電話(※アナログ電話)の頃から使っていた番号をドコモ光へ引き継いだものなら、他社回線への引き継ぎをして使い続けることができます。

一方、ドコモ光の契約時に初めて発行された電話番号は、ドコモ光解約に伴って電話番号が消失してしまうので注意しなければなりません。

どうしても番号を継続したい場合、後述している他社光コラボへの事業者変更をおすすめします。、

メールアドレスが消失する可能性がある

プロバイダ専用のメールアドレスを利用している方は、アドレスの消失に注意しましょう。

電話番号と同様に、プロバイダのメールアドレスもドコモ光の解約をしてしまうと消失する可能性があります、

特にGMOとくとくBBなど、ドコモ光を解約すると自動的に解約されるプロバイダで注意が必要です。

ドコモ光の解約でメールアドレスが消失する可能性あり
▲メールアドレスは1度消えると取り戻せない…

ただ、ドコモ光提携プロバイダの多くは、メールアドレスのみ利用するプランを用意しているので、月額100円〜500円程度でメールアドレスは継続できます。

ドコモ光の解約後もプロバイダ専用メールアドレスを使いたい方は、ドコモ光の解約手続き前にプロバイダに問い合わせましょう。

■主要プロバイダのメールアドレスを残せるプラン

プロバイダ

メールアドレスのみ

連絡先

ぷらら

ぷらコミ0
(月額220円)

固定電話から:009192-33
ひかり電話から:0120-971-391
その他:050-7560-0033

GMOとくとくBB

フレッツISDN接続サービス
(月額473円)

0570-045-109

BIGLOBE

ベーシックコース
(月額220円)

0120-86-0962

@nifty

@nifty基本料金
(月額275円)

0570-03-2210

OCN

バリュープラン
(月額275円)

0120-506-506

ASAHIネット

電話料込みコースK1プラン
(月額330円)

0120-577-108

 

メアドが残せるかはプロバイダ次第!

ドコモ光解約後におすすめの乗換え先

最後にドコモ光を解約した後におすすめの光回線を紹介します。

ドコモ光を解約する方の多くは、スマホを他のキャリアに乗り換える事が理由でしょう。

ここで紹介する乗り換え先は、違約金を負担してくれたり、高額キャッシュバックが受け取れるキャンペーンを実施しているので、ドコモ光からお得に乗り換えできるはずです。

■おすすめの乗り換え先回線一覧
回線事業者 キャンペーン
auひかり
  • キャッシュバック
    戸建て:70,000円
    マンション:70,000円
  • 月額料金割引
    戸建て:総額22,000円割引
    マンション:総額33,000円
  • So-net公式ページ の場合
So-net光プラス
  • 最大60,000円キャッシュバック
  • 戸建て:6,138円/月
  • マンション:4,928円/
  • So-net光公式 の場合
BIGLOBE光
NURO光
ソフトバンク光

【1】auひかり

auひかりは、KDDIの提供する光回線です。

最大1Gbpsのサービスが基本ですが、関東地方の一部では最大5Gbps・10Gbpsの高速サービスも始まりました。

auひかりへの乗り換えでは、ネットの違約金とスマホの違約金を還元してくれる「auスタートサポート」があります。

■auスタートサポートの還元額

  • インターネットの違約金:最大30,000円還元
  • スマホの違約金:1台10,260円分のau WALLETポイント

ドコモ光も家族のスマホも全て違約金が発生するタイミングで乗り換えても、auスタートサポートで丸ごと還元してもらえます。

そのため、違約金がネックで乗り換えを躊躇している方でも乗り換えやすい回線と言えるでしょう。

また、提携プロバイダの So-net では、最大103,000円の還元をしてもらえます。

So-netの公式サイト からauひかりを申し込むだけで、以下のキャッシュバックと月額割引が適用される仕組みです。

auひかりは申し込める窓口が非常に多く、それぞれで豪華な特典も多数提供されています。
その多くが現金キャッシュバックであり、auひかりの申し込みのみだと4万円前後が受け取れるキャンペーンが多いです。

So-netなら、戸建ては総額92,000円、マンションは総額103,000円の還元が受けられます。

また、キャッシュバックなどの特典では受け取り申請が必要なことが多いです。
しかしSo-netの月額料金割引は自動適用ですし、キャッシュバックも非常に簡単な手続きだけで完了します。

そのため、受け取り忘れなどのトラブルも少ないでしょう。
煩わしい手続きや条件がなく、なるべく高額な特典を受け取りたいという方は、So-netから申し込めば間違いありません。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャッシュバック:
    戸建て:70,000円
    マンション:70,000円
  • 月額割引:
    戸建て:総額22,000円
    マンション:総額33,000円
  • キャンペーン期間:2022/8/1~2022/8/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,390円
  • マンションタイプ月額料金:4,180円

【2】So-net光プラス

So-net光プラスは、ドコモ光と同じフレッツ光の光回線を利用した光コラボ事業者です。

違約金の負担はありませんが、2022年08月現在、業界最高クラスのキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

そのキャッシュバック額は最大で60,000円にもなり、ドコモ光でおこなわれている高額キャンペーン窓口の特典と比較しても金額差は歴然です。

■ドコモ光とSo-net光プラスの特典比較

 

キャッシュバック

So-net光プラス

  • 新規:60,000円
  • 転用:50,000円
  • 事業者変更:50,000円

OCN for ドコモ光

20,000円

ドコモ光×GMOとくとくBB

20,000円

これほどの高額キャッシュバックであれば、ドコモ光で解約金等が発生してもほぼ相殺できるでしょう。

また、So-net光プラスはauスマホとのセット割であるauスマートバリューに対応しています。

最終的なお得額はauひかりの方がいいのですが、auひかりが提供エリア外の方や、工事が面倒という方は、So-net光プラスに事業者変更してauスマートバリューを適用するのが良いでしょう。

So-net光プラス公式ページ
  • キャンペーン
    60,000円キャッシュバック
    工事費分割引
  • 月額料金
    戸建て:6,138円
    マンション:4,928円


【3】BIGLOBE光

BIGLOBE光も、ドコモ光と同じ光コラボ事業者です。

高額キャッシュバックを実施している代理店のWEB窓口から申し込むと、35,000円キャッシュバックが受けられるので、ドコモ光からの乗り換えで違約金が発生してもまかなえます。

月額料金が、ドコモ光とほぼ同じですが、auスマートバリューに対応しているのでauユーザーにはおすすめの光コラボでしょう。

ドコモ光とBIGLOBE光の料金比較

 

戸建

マンション

BIGLOBE光

5,698円

4,488円

ドコモ光
(タイプA)

5,720円

4,400円

差額

22円

88円

そのため、So-net光同様にドコモからauに乗り換える方で、auひかりの提供エリア外の方におすすめの光回線と言えますね。

ビッグローブ光正規代理店アウンカンパニー
  • キャンペーン:
    ネットのみ:35,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2022/8/1~2022/8/31
  • 戸建てタイプ月額料金:4,980円
  • マンションタイプ月額料金:3,980円

【4】NURO光

NURO光は、最大2Gbpsの高速インターネットサービスです。

提供エリアがドコモ光やauひかりより限定的ですが、インターネットの速度を重視したい方におすすめでしょう。

NURO光の提供エリア

  • 北海道…石狩市、恵庭市、江別市、小樽市、札幌市、千歳市
  • 関東…茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、栃木県
  • 東海…愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西…大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 中国…広島、岡山
  • 九州…福岡県、佐賀県の一部

NURO光は違約金の負担はありませんが、1年間980円で使えるキャンペーンや45,000円キャッシュバックキャンペーンが選べるので、ドコモ光の解約で違約金がかかっても相殺できるでしょう。

また、NURO光でんわもセットで利用すれば、ソフトバンクの光セット割引「おうち割」も適用できます。

ドコモからソフトバンクへMNPをする方で、提供エリア内ならNURO光が最もおすすめです。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン:45,000円キャッシュバック
  • 月額料金:5,200円
    ※戸建て、マンションミニ共通

【5】ソフトバンク光

ソフトバンク光はドコモ光と同様に、フレッツ光の回線を利用した光コラボです。

ドコモ光利用中の方は、事業者変更手続きで確実に乗り換えられるので安心です。

利用料金はドコモ光とほとんど同じです。

ドコモ光とソフトバンク光の料金比較

 

戸建

マンション

ソフトバンク光

5,720円

4,180円

ドコモ光
(タイプA)

5,720円

4,400円

差額

0円

220円

また、ソフトバンク光は、最大10万円までの違約金・撤去工事費を満額負担してくれるので、自己負担なくドコモ光から乗り換えできます。

ソフトバンクにMNPをする方で、NURO光の提供エリア外ならソフトバンク光を選ぶといいでしょう。

ソフトバンク光代理店STORY
  • キャンペーン
    新規:最大63,400円キャッシュバック
    転用:最大16,000円キャッシュバック
  • 月額料金
    戸建て:5,720円
    マンション:4,180円


他社光コラボに解約せずに乗換えが可能な事業者間転用とは?

ドコモ光事業者間転用

これまで、ドコモ光から他社光回線に乗換えるには、1度解約が必須でした。

しかし、2019年7月1日から事業者変更手続きが開始され、ソフトバンク光やSo-net光などドコモ光と同じ光コラボ回線には、フレッツ光でしか使えなかった転用と同様の手続きで切替が可能になっています。

事業者変更のメリット

  • 工事なしで他社光コラボへ乗り換えが可能
  • インターネットが使えない期間がない
  • ひかり電話発番の電話番号も引き継げる

ただ、事業者変更手続きには3,300円の事務手数料が発生します。

また、ドコモ光で発生する解約金や工事費の残債は免除されず、上記で解説したドコモ光のルール通り請求されるので注意しなければなりません。

なお、乗り換え先の光回線によっては事業者間変更をするよりも、ドコモ光解約⇒新規申込みをする方がお得なキャンペーンの対象になる可能性があります。

乗り換え先の光コラボのキャンペーンなどをしっかりチェックしたうえで、「事業者変更」「解約・新規」のどちらを選びましょう。

事業者間変更の手続きについて

事業者間変更を行うには、どのような手続きが必要なのでしょうか。

手続きの流れとしては、フレッツ光からドコモ光などの光コラボに変更する際と同じイメージです。

1 ドコモから「事業者変更承諾番号」を取得する

ドコモ光から他の光コラボへ事業者変更をするために、ドコモから「事業者変更承諾番号」を取得する必要があります。

事業者変更承諾番号はドコモショップまたはドコモ インフォメーションセンターで発行できます。

ドコモショップは待ち時間が長くなる可能性があるので、他の手続きがなければ電話での取得がおすすめですよ。

ドコモ インフォメーションセンターの電話番号

  • ドコモスマホ・ケータイから:151
  • 固定電話や他社ケータイから:0120-800-000

ガイダンスが流れたら「7」→「1」→「3」の順に押せば事業者変更承諾番号の発行窓口に繋がります。

なお、ドコモ光の工事費を分割払いしていると、事業者変更承諾番号の発行翌月に工事費の残債を一括清算する必要があります。

加えて事業者変更承諾番号の有効期限は、発行から15日間です。

期限が切れると再発行が必要になるので、乗り換え先の光コラボを契約する直前に発行したほうが良いでしょう。

2 フレッツ光のオプションがある方はNTTへ連絡

ドコモ光は開始当初、フレッツ光の各種オプションサービスは転用できませんでした。

そのため、いち早くドコモ光に転用した方は、フレッツ光のひかり電話やフレッツテレビを継続利用しています。

こうしたフレッツ光のオプションサービスを継続利用している方は、事業者変更承諾番号に加えてNTTの「情報開示承諾手続き」が必要です。

この手続きを行わないと、事業者変更時にフレッツ光のオプションが解約となってしまうので注意ましょう。

■情報開示承諾手続き窓口

 

電話番号

受付時間

NTT東日本

0120-112335

9:00〜17:00
(年末年始除く)

NTT西日本

0800-200-1057

3 乗り換え先の光コラボを契約

事業者変更承諾番号の取得と情報開示承諾手続きが終わったら、乗り換え先の光コラボを契約しましょう。

乗り換え先の光コラボを契約する際に、事業者変更承諾番号と合わせて以下の情報が必要になります。

4 回線切り替え完了

事業者変更の手続きが完了したら、およそ2週間前後で乗り換え先の光コラボへ切り替わります。

乗り換え先の開通日になったら、問題なくインターネット接続ができるかチェックしましょう。

ドコモ光の解約金と解約の流れまとめ

ドコモ光の解約金と解約の流れまとめ

今回はドコモ光を解約するときに必要な費用や、解約手続きの流れと注意点をお伝えしました。

ドコモ光の解約時には、次の3つの費用が必要でしたね。

ドコモ光解約の費用

  • 2年契約の違約金
  • 工事費分割払いの残債
  • 解約月の月額料金

このうち2年契約の違約金や工事費の残債は、乗り換え先によっては負担してくれたり、キャッシュバック等のキャンペーンで相殺できます。

また、2019年7月からは光コラボ間で事業者変更ができるようになりました。

そのため、So-net光やソフトバンク光など、他の光コラボへの乗り換えが非常に簡単にできます。

今回の解説を参考に、ドコモ光を解約する方は、少しでもお得に他の光回線に乗り換えできれば幸いです。

関連記事
ドコモ光でBIGLOBEを選んだ際の解約方法は?|手順と解約金を解説 ドコモ光でBIGLOBEを選んだ際の解約方法は?|手順と解約金を解説 引っ越しなどの事情で、やむを得ずドコモ光を解約しなければいけないこともあるでしょう。この記事では、ドコモ光でBIGLOBEを選んでいる方向けに、解約する際の手続き方法や解約時...
ドコモ光の解約月の調べ方!違約金で失敗しないための確認方法を伝授 出来ればドコモ光に違約金を支払いたくない。とお考えの方に向けてドコモ光を解約する際に違約金が発生しない解約月の調べ方をご紹介します。最適な解約月を事前に知っておくこと...
ドコモ光の引っ越し方法 ドコモ光の引越し手順やポイント!移転費用や引越しNGのケースも解説 ドコモ光を引っ越し先でも利用するには移転手続きが必要です。引っ越し手続きに関する手順は難しくありませんが、引っ越し先の建物や設備によっては費用が発生したり、移転できな...
ドコモ光の引っ越しでプロバイダは手続きが必要か ドコモ光の引越しでプロバイダは手続きしないと解約になる!? ドコモ光はプロバイダを選べる珍しい光コラボですが、プランによってはプロバイダ一体型ではありません。そのため、引っ越し時に手続きが必要なケースもあるため注意しなければな...
ドコモ光解約時のトラブルについて ドコモ光解約トラブルに注意!無駄な費用を回避する方法とは… ドコモ光を解約するには、手続きが必要です。手順や流れを把握せずに解約してしまうと後々トラブルの原因になりかねません。また、解約のタイミングによっては違約金など費用の発...