1. ドコモ光
  2. ドコモ光解約

知らないと怖い!ドコモ光の解約や引っ越しで返却必須のものとは!?

ドコモ光解約
ドコモ光の返却するもの

ドコモ光を解約するとNTTから借りた機器を返却する必要があります。

しかし、「返却するものが何かわからない」と困る人も少なくありません。

プロバイダからも機器を借りているため、「何をどこに返却すればいいの?」と疑問に思う人もいますよね。

ドコモ光を解約したときに返却するもの返却方法引越しのときも機器返却が必要なのか詳しく調べてみました。

また、ドコモ光の解約後、乗り換え先としておすすめの光回線についても解説しています。

■ドコモ光解約後のおすすめ乗り換え先
回線 乗り換え特典  

NURO光

  • 45,000円のキャッシュバック
  • 初期工事費実質無料
  • Wi-Fiルーター標準装備
  • 訪問サポート1回無料
    (※ NURO光公式ページ の場合)
詳細

auひかり

詳細
ソフトバンク光
  • 最大53,000円キャッシュバック
  • 初期工事費実質無料
  • 他社解約金最大10万円負担
  • 最短2ヶ月後振込み
    (※ 代理店STORY の場合)
詳細

ドコモ光の解約を予定されている方の参考になれば幸いです。

何を返せばいい?ドコモ光の解約で返却するもの

ドコモ光の引っ越しなどで返却するもの

ドコモ光を解約すると、ONU(光回線終端装置)やホームゲートウェイなどNTTからレンタルした機器を返却しなければなりません。

「なぜ返却先がNTTなの?」と疑問に思う人もいますよね。

それはドコモ光が、東西NTTのフレッツ光の回線設備を利用した光コラボレーションだからです。

NTTだけでなくプロバイダのオプションで機器をレンタルする人も少なくありません。

NTTとプロバイダの両方から機器をレンタルした人は、「何をどこに返せばいいの?」と混乱しますよね。

返却が必要な機器と返却先、返却不要なものを表にまとめてみました。

返却するものがわからない人は、下の表を参考にしてみてください。

ドコモ光解約で返却する機器一覧

返却先

返却する機器

NTT

  • ONU
  • CTU(加入者網終端装置)
  • ホームゲートウェイ
  • VDSLモデム
  • VoIP
  • 無線LANカード
  • 光ファイバーケーブル
  • 電源アダプタ
  • ひかりTVテレビチューナーなど

プロバイダ

  • Wi-Fiルーター(※)など

契約者の私物で

返却不要なもの

  • LANケーブル
  • Wi-Fiルーターなど(※)

※Wi-Fiルーターは契約者自身が購入する場合と、プロバイダから無料または有料でWi-Fiルーターがレンタルする場合があります。

上の表はあくまでも一例に過ぎません。
NTTやプロバイダに返却するものは住居形態やオプションサービスの加入状況で異なります。

返却物の詳細は、あとで説明する返却キットに同封してある書面で通達されます。
書面を確認したうえで、指定された返却期日までにNTTから借りた機器を返却しましょう。

別記事『ドコモ光解約時の注意点』でも解説していますが、返却期日から一定期間過ぎても機器が返却されない場合、NTTから督促状の郵送もしくは電話連絡が入ります。

督促状や電話連絡をもらっても機器を返却しないときは、NTTから未返却の機器と同等の弁償金を請求される可能性もゼロではありません。

借りた機器は必ず期日まで返却しましょう。

プロバイダからWi-Fiルーターをレンタルしている人は、プロバイダの案内に従って期日までに返却してくださいね。

ドコモ光の返却キットでの機器返却方法

ドコモ光の機器返却方法

ドコモ光の解約手続きが終わったら、NTTから借りた機器を次の手順に従って返却します。

STEP1:返却キットが届いたら返却物を確認

ドコモ光の解約手続きをすませた数日以内に、契約者の自宅にNTTから返却キットと呼ばれる郵便物が届きます。

返却キットの現物は下の画像を参考にしてくださいね。

ドコモ光回収キット

出典:NTT西日本「コラボ光 認定ガイド 事前ご準備(到着物のご確認)

返却手順書にNTTに返却するものの一覧が詳しく記載されています。

返却手順書に従って、期日までにNTTから借りたものを返却しましょう。

返却用伝票には返却先の住所が印字済みです。
返却用の紙袋にNTTから借りた機器一式をつめて、そのまま返却用伝票を貼ればすぐに郵送できますよ。

STEP2:郵便局かコンビニに機器一式を持っていき返却

NTTから借りた機器を返却用の紙袋につめ終わったら、最寄りの郵便局かコンビニにもっていきましょう。

返却用伝票は着払い伝票なので、契約者が送料を負担する心配はありません。


関連記事

ドコモ光の引っ越し方法 ドコモ光の引越し手順やポイント!移転費用や引越しNGのケースも解説 ドコモ光を引っ越し先でも利用するには移転手続きが必要です。引っ越し手続きに関する手順は難しくありませんが、引っ越し先の建物や設備によっては費用が発生したり、移転できないケースもあります。逆に、特に立会いなどの工事不要で移転できる場合もあるため、事... 2020-11-28

撤去工事をする場合のみ機器返却は不要

撤去工事をする場合のみ機器返却は不要

ドコモ光を解約すると、多くの契約者が自分でNTTに機器一式を返却します。

しかし、NTTの作業員が契約者の自宅を訪れて回線の撤去工事を行うときは機器を返却する必要はありません。
撤去工事当日にNTTの作業員が機器一式を回収してくれるからです。

回線の撤去工事は契約者が任意で行うものなので、ほとんどの人が実施しません。
ただし、マンション住まいの人は管理会社や大家さんが回線撤去を希望したら、それに応じましょう。

賃貸・分譲に関係なくマンションの共有スペースはマンションの管理会社や大家さんに所有権があるからです。

解約や引越しでマンションを退去するときは、必ず管理会社やオーナーに回線撤去について相談してくださいね。

ドコモ光の機器返却の注意点3つ

ドコモ光機器へんきゃする際の注意点

ドコモ光の機器を返却する際の注意点が3つあります。

  • 機器を紛失した場合
  • 機器返却ではなく買い取りを希望する場合
  • 他の光回線で機器の再利用を希望する場合

では1つずつ詳しく解説していきますね。

機器を紛失や破損した場合

レンタルした機器を失くしたり、壊したりするとNTTから該当の機器1台分の料金を請求される場合があります。

別記事『ドコモ光の撤去工事費用や返却するものまとめ』でも解説している通り、機器1台分の購入金は1万円程度といわれています。

万一、機器の紛失や破損したときはNTTに約1万円分の弁償金を支払うと覚えておきましょう。

機器返却ではなく買い取りを希望する場合

機器を返却せずに買い取りたい人もいますよね。

ドコモ光で利用している機器は、NTTからのレンタル品なので買い取りできません。

光コラボで使う機器はほとんどNTTからのレンタル品のため、ドコモ光だけでなく、Softbank光やSo-net光など他光コラボでも機器買い取りはできないと考えてください。

プロバイダから借りた機器がある人は、プロバイダの案内に従うようにしましょう。

他の光回線で機器の再利用を希望する場合

ドコモ光以外の光回線を利用する場合、乗り換え先により機器の再利用ができるケースとできないケースがあります。

再利用できるケースとできないケースをそれぞれまとめてみました。

他の光コラボなら機器の再利用が可能

乗り換え先が、東西NTTのフレッツ光の回線設備を利用する他の光コラボレーションならドコモ光で使っていた機器をそのまま再利用できます。

ドコモ光の工事不要なケース』でも解説していますが、2019年7月に事業者変更が適用されてから、光コラボレーション間での回線の乗り換えであれば回線工事や機器返却が不要となったからです。

ドコモ光から他の光コラボレーションに乗り換える人は、解約前にドコモインフォメーションセンターに電話して事業者変更の手続きを行いましょう。

ドコモインフォーションセンター

連絡先:151(ドコモの携帯電話)、0120-800-000(その他電話)

営業時間:9:00~20:00(年中無休)

事業者変更の手続きをすると事業者変更承諾番号が発効されます。

事業者変更承諾番号は、東西NTTで異なります。

詳細なちがいは下の図を参考にしてみてください。

事業者変更承諾番号
事業者変更承諾番号の有効期限は発効日を含めて15日間しかありません。
乗り換え先の光コラボレーションで、早めに手続きをすませてくださいね。

事業者変更承諾番号の有効期限は、承諾番号から調べることができます。
忘れた人は、先頭アルファベットうしろ4桁の数字が有効期限の日にちと覚えておきましょう。

乗り換え先の事業者変更の手続き方法は、乗り換え先の光コラボレーションの公式サイトを確認してみてください。

光コラボ以外の光回線は機器の再利用ができない

auひかりやNURO光など光コラボレーション以外の光回線では、ドコモ光で使った機器を再利用できません。

auひかりやNURO光などに乗り換えする人は、指定された期日までに機器をNTTやプロバイダに返却しましょう。

引越しだとエリア次第でONUを返却する場合もある

引越しだとエリアとONU次第で返却する場合もある

引越しする場合の機器返却は、移転先のNTTのエリアと使用中のONUで対応が異なります。

引越しのパターン別に対応方法をお伝えしますね。

パターン1:NTT東日本のエリア内での引越し

NTT東日本のエリア内で引越しする場合は、基本的に機器返却は不要です。

ただし、移転先のONU判定を行った結果、現在使用中のONUと移転先のONUが一致した場合に限ります。
ONU判定で不一致となった場合は、一度NTTに機器一式を返却しなければなりません。

ONU判定の結果は住居形態に関係ありません。
引越し前の住居がマンションで引越し後が戸建てと住居形態が変更しても、移転前と同じONUが利用できるケースも少なくありません。

逆に戸建てから戸建てへの引越しで住居形態の変わらない移転でも、引越し前のONUが利用できない場合もあります。

パターン2:NTT西日本のエリア内での引越し

NTT西日本のエリア内での引越しは、契約内容や移転先の住居形態、ONUに関係なく一度NTTに機器返却をしなければなりません。

移転先で回線工事が不要な場合でも機器返却は必要です。

NTTからの案内に従って、指定の期日までに機器一式を返却しましょう。

パターン3:NTTのエリアをまたいだ引越し

NTT東日本からNTT西日本、NTT西日本からNTT東日本とエリア外に引越すると、新規契約と同じ扱いになるため回線工事が発生します。

そのため、NTTへの機器返却は必須です。

NTTの案内に従って、指定の期日までに今の機器をすべて返却してくださいね。


あわせて読みたい記事

ドコモ光を解約新規をするメリット・デメリット ドコモ光の引越しは解約新規と移転どっちがお得?キャンペーンのコツとは… ドコモ光を引っ越し先でも継続する場合、移転または解約新規という2つの方法があります。手続きの面で簡単なのは移転になりますが、解約新規では利用状況によって金銭的に移転よりもお得になる可能性があります。 2020-11-28

【おまけ】ドコモ光の解約や引っ越し後におすすめの乗換え先

ドコモ光の解約による機器の返却後、次のネット回線を検討する方は多いはずです。

基本的にネット回線を契約する際、『月額料金・通信速度・キャンペーン』を重要視される方が多いでしょう。

今回は、この3つのポイントに注目してドコモ光解約後の乗換え先として、おすすめの光回線をまとめてみました。

ドコモ光解約後のおすすめ回線
  NURO光
詳細
auひかり詳細 ソフトバンク光
詳細
料金

戸建/マンション:4,743円

  • 戸建:4,900~5,100円
  • 集合:3,800円~
  • 戸建:5,200円
  • 集合:3,800円
速度 最大2Gbps 最大1Gbps 最大1Gbps
特典 45,000円キャッシュバック
※NURO光公式限定
  • 最大52,000円
    ※NNコミュニケーションズ限定
  • 他社違約金負担
    ※最大55,000円
  • 最大37,000円
    ※ソフトバンク正規代理店STORY限定
  • 他社違約金最大10万円負担
スマホセット割 ソフトバンクスマホ auスマホ ソフトバンクスマホ
窓口 NURO光公式サイト NNコミュニケーションズ 代理店STORY

NURO光

NURO光
▲NURO光公式ページ

テレビCMでも話題のNURO光は、今もっとも注目度の高い光回線です。

その最大の魅力は、世界最速とも言われる最大2Gbpsの通信速度になり、実測値においても高い数値が測定されることで速度に関する評判は抜群です。

月額料金も4,743円と、ドコモ光より割安なため、非常にコスパに優れた光回線と言って良いでしょう。

また、【厳選】NURO光キャンペーン比較でも解説している通り、NURO光は各代理店などでも申し込みが可能です。
しかし、キャッシュバックの金額が少ない上に、オプション加入などの面倒な条件が付いてくることがほとんどです。

NURO光では提供元のSo-netが直接運営する 特設ページ であれば、無条件で45,000円が受け取れます。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン:45,000円キャッシュバック
  • 月額料金:4,743円
    ※戸建て、マンションミニ共通

キャッシュバック金額としてもNURO光で実施されているキャンペーン中、トップクラスの金額になので通信速度はもちろん、キャンペーンのお得度を重視している方にもおすすめです。

auひかり

auひかり

ドコモ光に劣らない知名度をもつauひかりは、KDDIが提供する光回線です。

auひかりの最大速度はドコモ光と同じ最大1Gbpsですが、独自のネットワーク網を使っているため、夜間など混雑しがちな時間帯でも快適に通信できることで高評価を得ています。

また、スマホがauユーザーであればまとめてセット割引も適用されるため、auユーザーは通信費の大きな節約に繋がるでしょう。

なお、auひかりの最大の魅力は高額なキャッシュバックキャンペーンです。

リスクなしでキャッシュバックが受け取れる代理店

通常、auひかりのキャッシュバックはどんなに高くても、40,000円程度が相場です。

まれに、10万円を超える金額を還元している代理店もありますが、テレビサービスやポケットWi-Fiなどのオプション契約が別途必要となります。
そのため、結果として月額料金が高額になってしまうでしょう。

auひかりの申し込み窓口を選ぶ際、リスクなしでキャンペーンが適用されるか、確認する事が大切です。

例えば、KDDI正規代理店であるNNコミュニケーションズでは、無条件で45,000円のキャッシュバックが受け取れます。

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2021/1/1~2021/1/31
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円~

また、ひかり電話も同時申し込みを行うと、キャッシュバックが増額され52,000円が受け取り可能です。

さらに、乗り換え時に発生する解約金も最大55,000円まで負担してもらえるため、解約費用の心配がありません。

ドコモ光からの乗換え時に『お得なキャンペーンがいい!』という方には、ピッタリの乗換え先です。

auひかりのキャンペーンに関する情報は、別記事『auひかりのキャンペーンで高額キャッシュバックを貰うコツ』をご覧ください。

ソフトバンク光

ソフトバンク光

ソフトバンク光はドコモ光と同じ、NTTの設備を流用した光コラボです。

そのため、『事業者間転用』の手続きをおこなえば工事不要、工事費無料で簡単に乗換えることができます。

また、最大速度や月額料金はドコモ光と同等ですが、スマホがソフトバンクユーザーの場合はセット割引が適用されるので非常に有利になるでしょう。

窓口次第ではありますが、キャンペーンのお得度も他社光回線に負けていません。

SoftBank光代理店STORY
  • キャンペーン
    新規:最大61,000円キャッシュバック
    転用:最大16,000円キャッシュバック
  • 冬の追加ボーナスキャンペーン
    戸建て:+20,000円
    マンション:+10,000円
  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:3,800円

ソフトバンク光は、公式ページよりも代理店のほうがお得にキャンペーンを実施していますが、なかでも人気の窓口が代理店 STORY です。

STORYでは基本キャッシュバックとして37,000円が受け取れます。
(※転用の場合は16,000円)

これに加え、新規申込みの場合は初期工事費(※24,000円)をすべて還元するキャンペーンの対象となるので総額61,000円となります。

2021年01月現在では、さらに冬のボーナスキャンペーンをおこなっているので、戸建て…20,000円、マンション…10,000円追加されるのです。

また、他社光回線からの乗換え時に発生する違約金を最大10万円まで負担してくれるので解約金の心配もありません。

他社代理店では、キャッシュバックの高額なキャンペーンの条件として有料オプションの加入義務などを設けていることが多々ありますが、STORYでは必要ありません。

『ソフトバンク光をお得に始めたい!』という方には、ピッタリの申込み窓口になるでしょう。

まとめ:ドコモ光の機器返却の手続きは割とシンプル

ドコモ光返却するものまとめ

ドコモ光の解約や引越しで返却するものは、NTTか郵送する返却キットに同封された返却手順書に記入されています。

そのため、契約者が解約や引越しで「何を返却すればいいの?」とドコモ光に問い合わせる必要はありません。

返却方法も返却手順書に詳しく掲載されているので、手順書通りに作業すれば簡単に返却できるでしょう。

ただし、解約後の乗り換え先や引越し先次第で機器返却方法が若干異なります。
この記事で紹介した手順を参考にして、機器返却を行ってみてください。

関連記事
ドコモ光の解約金と解約の流れまとめ ドコモ光の解約金が知りたい!解約時の費用と手続きの注意点を全公開 ドコモ光を解約する際、解約金を心配される方は多いでしょう。ドコモ光は基本的に2年間の定期契約になり、タイミング次第では解約金が必要です。また、工事費を分割している方は、...
ドコモ光を解約新規をするメリット・デメリット ドコモ光の引越しは解約新規と移転どっちがお得?キャンペーンのコツとは…
ドコモ光解約
ドコモ光を引っ越し先でも継続する場合、移転または解約新規という2つの方法があります。手続きの面で簡単なのは移転になりますが、解約新規では利用状況によって金銭的に移転より...
ドコモ光の引っ越し方法 ドコモ光の引越し手順やポイント!移転費用や引越しNGのケースも解説
ドコモ光解約
ドコモ光を引っ越し先でも利用するには移転手続きが必要です。引っ越し手続きに関する手順は難しくありませんが、引っ越し先の建物や設備によっては費用が発生したり、移転できな...
ドコモ光の引っ越しでプロバイダは手続きが必要か ドコモ光の引越しでプロバイダは手続きしないと解約になる!?
ドコモ光解約
ドコモ光はプロバイダを選べる珍しい光コラボですが、プランによってはプロバイダ一体型ではありません。そのため、引っ越し時に手続きが必要なケースもあるため注意しなければな...
ドコモ光解約時のトラブルについて ドコモ光解約トラブルに注意!無駄な費用を回避する方法とは… ドコモ光を解約するには、手続きが必要です。手順や流れを把握せずに解約してしまうと後々トラブルの原因になりかねません。また、解約のタイミングによっては違約金など費用の発...