1. ドコモ光
  2. ドコモ光解約

ドコモ光でBIGLOBEを選んだ際の解約方法は?|手順と解約金を解説

引っ越しなどの理由で、やむを得ずドコモ光を解約しなければならない事があります。

そんなとき、解約の手続きに対して不安を持っている方や、なるべく速やかに手続きを済ませたい方も多いでしょう。

今回は、ドコモ光のプロバイダをBIGLOBEで契約しているケースの解約方法を解説します。
なお、BIGLOBE以外のプロバイダで契約している方は、別記事の「ドコモ光の解約手順や違約金などを解説」をご覧ください。

ドコモ光の解約3つのステップ

ドコモ光解約方法

実はドコモ光は、プロバイダがBIGLOBEであっても、それ以外であっても解約方法は同じです。

ステップにわけると、以下の3つに集約されます。

  1. 必要な書類や情報を集める
  2. ドコモ光へと解約を申し入れる
  3. レンタルしている機器を返却する

どれも簡単に行えるものではありますが、安心して解約をするために、それぞれ確認をしておきましょう。

ステップ1 必要な書類や情報を集める

ドコモ光の解約は電話、またはドコモショップで受け付けていますが、手続きをする前に必要な書類や情報を用意しておきましょう。

できるだけスムーズに、電話も何度もかけなおすようなことがないよう準備が必要です。

ドコモ光を解約するために以下のものを用意しておくことをオススメします。

  1. ドコモの携帯電話契約内容
  2. ネット―ワーク暗証番号
  3. 免許証や保険証(念のため)
  4. 契約ID/お客様ID
    (ドコモの携帯回線以外を契約している場合)

ドコモ光の解約手続きを行うときは、ドコモの携帯電話契約内容とネットワーク暗証番号が必要です。

また、口頭での本人確認をされますが、基本的に免許証や保険証などの本人確認書類の提出は求められません。
ただ、念のため用意しておくと安心です。

ドコモの携帯回線を持っていない方であれば、契約ID(お客様ID)等での本人確認を行います。

解約月までの料金は翌月に請求されますが、店頭などで即時支払う必要はありません。

また、住んでいる建物によっては撤去工事が必要なことがあり、工事の有無や日程調整についてもこのタイミングで聞いておくようにしてください。

ステップ2 ドコモ光へと解約を申し入れる

ドコモ光の解約は、ドコモインフォメーションセンターまたはドコモショップで行えます。

  • ドコモインフォメーションセンター
    電話番号:
    151(ドコモの携帯から)
    0120-800-000(すべての電話で利用可)
    受付時間:9:00~20:00(年中無休)

電話をかけた場合は、まじめにガイダンスが流れます。

「7」→「1」→「4」の順番に番号を入力することで解約窓口につながるので、そこでオペレーターに解約したい旨を伝えてください。

ただし、ドコモインフォメーションセンターは、解約以外の問い合わせにも応じているためか、時期や時間によってはかなり混み合っています。

そのため、「インフォメーションセンターへのコール事前予約」を上手に利用しましょう。

インフォメーションセンターへのコール事前予約は、当日から31日先までの電話口の予約ができるサービスです。

スマホやパソコンから、dアカウントを利用して予約を行い、指定した日時になったら専用ダイヤルである「#8515」へと電話をかけます。

ガイダンス入力なしで優先的にオペレーターへとつなげてくれるので便利です。

ドコモショップで解約する場合

ドコモショップでもドコモ光の解約はできます。
基本的には電話口で行う手続きを、対面で行うだけのことです。

近所にドコモショップがあるのであれば、電話よりも早く窓口に案内されてスムーズに解約できる可能性はあるでしょう。

また、ドコモショップでは、来店予約がweb上で行えます。
ちかくのドコモショップが混み合うようでしたら、「来店予約」から予約をしてみてください。

予約は翌日以降からできて、当然ですが予約した日時に来店すれば優先的に案内をしてもらえます。

ステップ3 レンタルしている機器を返却する

撤去工事がない場合、ホームゲートウェイやケーブルなど、ドコモ光からレンタルされている機器一式の返却が必要です。

解約手続きを行って数日後、返却キットがドコモ光から届くので、レンタル機器一式を梱包して返送します。

もし一定期間返却がない場合、NTTドコモから督促状や電話で連絡が来たり、レンタル機器相当額が請求されるケースもあったりするため、解約後はなるべく早めに返却しましょう。

レンタルされている機器が分からないという方は、連絡した時点で聞いておくと安心です。

また、BIGLOBEでは無償でルーターをレンタルしてくれるキャンペーンを実施しています。
返却する場合は、ドコモ光とは別途、BIGLOBEへと電話をかけなくてはいけません。

  • BIGLOBEカスタマーサポート
    電話番号:
    0120-86-0962(通話料無料)
    03-6385-0962(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
    受付時間:9:00~18:00 365日受付

電話をかけたらオペレーターの指示に従ってレンタルしたルーターを返却します。

返送手数料として1,430円が請求されますので、覚えておきましょう。

ドコモ光×BIGLOBEの解約でかかる費用

ドコモ光の解約時期によっては解約金が発生する

解約するときに気になるのが、違約金などの費用ではないでしょうか。

前述したように、BIGLOBEでルーターを無償レンタルしていた人は、その返送に1,430円がかかります。

また、ドコモ光ユーザーが共通で解約するときにかかる可能性がある必要としては、以下の2つです。

  1. 更新月以外の解約での違約金
  2. 分割工事費時の残債

どちらの費用もドコモ光だからといってかかるお金ではなく、多くの光回線では同じように解約時に上記の費用を請求されます。

どれくらい契約していたか、またどの月に解約するかでかかってくる費用が異なりますので確認をしておきましょう。

更新月以外での解約は解約金が発生

ドコモ光を2年間の定期契約をしていた場合、更新月以外のタイミングで解約してしまうと、戸建てなら5,500円マンションなら4,180円の違約金が発生します。

更新月とは、契約満了月の翌月と翌々月の2ヶ月間を指します。

解約の申し出がないと自動更新されるため、ドコモ光の解約を少しでも考えているのであれば、更新月が終わる前に結論を出しましょう。

解約金や更新月については、別記事の「ドコモ光の解約時の費用と手続きの注意点」で解説していますので、解約金について確認しておきたい方は参考にしてみてください。

分割工事費の残債が一括請求されるケースも

ドコモ光の新規工事をした場合には工事費の残債が一括請求される

ドコモ光を新規で申し込んだ方は、分割工事費の残債が一括請求されます。

ドコモ光の開通工事は12回・24回・36回・48回・60回払いのいずれかで分割払いが可能です。
もし支払っている途中で解約すると、未払いの工事費の残債が解約金として発生します。

いつ完済できるのかをあらかじめ確認しておくと、解約時に支払う金額を大幅に抑えることが可能です。

転用の場合は、ドコモ光の工事費ではなく、フレッツ光の工事費の残債を支払わなければいけません。
目安として、フレッツ光とドコモ光の契約期間が24ヶ月以内の場合は、まだ工事費を支払っている可能性があるため、手続きの前に契約状況を確認しておきましょう。

ただし、工事費無料キャンペーンを利用して契約した方は、7か月以上ドコモ光を利用していれば、工事費を負担することなく解約が可能です。

ドコモ光の工事費無料キャンペーンについては、当サイトの「ドコモ光の工事費無料キャンペーンの適用条件」をご覧ください。

BIGLOBEではとくに手続きは必要ナシ!

ドコモ光の解約でBIGLOBEで必要な手続きは特にない

利用しているプロバイダがBIGLOBEだからと言って、BIGLOBEの窓口に連絡してもドコモ光の解約はできません。

NTTドコモでドコモ光の解約手続きを行うと、BIGLOBEは自動的に解約扱いになります。

プロバイダーがBIGLOBEだったからといって、特別な手続きはありません。
ただし、前述したように無償でルーターをBIGLOBEから借りている場合などには、返却が必要です。

また、BIGLOBEが提供している一部有償オプションを利用している場合は、ドコモ光を解約してもBIGLOBEのサービスをそのまま継続利用できる場合があります。

オプションサービスなどについての詳しいことは、ドコモ光の解約手続き終了後、BIGLOBEから『「ひかり」コースwithドコモ光契約解除のお知らせ』という書類が届きますので、しっかりと確認をしましょう。

解約に際する重要事項や、同時解約になるオプションなどが記載されているため、大切に保管しておくようにしてください。

BIGLOBEだけ解約したい!そんなときは?

「ドコモ光の解約ではなく、BIGLOBEのみを解約したい!」という方もいるかもしれません。

そんなときは、プロバイダの変更を行います。

プロバイダの変更手続きは、解約と同じくドコモインフォメーションセンターかドコモショップで変更可能です。

ウェブ上では変更できないため、かならずいずれかの窓口で手続きを行いましょう。
手続きの際には、以下のように事務手数料が発生します。

■変更手数料
理由 事務手数料
同じタイプ内でのプロバイダ変更
(ぷららからBIGLOBEなど)
3,300円
異なるタイプでのプロバイダ変更
(OCNからぷららなど)
3,300円
単独プランからタイプAまたはBへの変更 3,300円
タイプAまたはBから単独プランへ変更 無料

BIGLOBEはタイプAに属するプロバイダなので、変更手続きを行うと必ず事務手数料3,300円が必要です。

タイミングによっては解約金よりもはるかに安くで済むため、どうしても今のプロバイダに満足できないのであれば、プロバイダの変更も視野に入れてみると良いでしょう。

プロバイダ変更の注意点などは、「ドコモ光のプロバイダ変更の注意点」でまとめているので、プロバイダの変更を考えている際に参考にしてみてください。

関連記事
ドコモ光の解約金を免除する方法 ドコモ光の解約金を免除できる2つの方法を暴露!引っ越しにも使える
ドコモ光解約
ドコモ光に限らず、ネットの回線の解約に解約金はつきものです。ドコモ光では、2年ごとに訪れる更新月で解約する、または他社の乗換えキャンペーンを活用することで余分な違約金を...
ドコモ光を解約新規をするメリット・デメリット ドコモ光の引越しは解約新規と移転どっちがお得?キャンペーンのコツとは… ドコモ光を引っ越し先でも継続する場合、移転または解約新規という2つの方法があります。手続きの面で簡単なのは移転になりますが、解約新規では利用状況によって金銭的に移転より...
ドコモ光の引っ越しでプロバイダは手続きが必要か ドコモ光の引越しでプロバイダは手続きしないと解約になる!? ドコモ光はプロバイダを選べる珍しい光コラボですが、プランによってはプロバイダ一体型ではありません。そのため、引っ越し時に手続きが必要なケースもあるため注意しなければな...
ドコモ光返却するものまとめ 知らないと怖い!ドコモ光の解約や引っ越しで返却必須のものとは!? ドコモ光は、解約や引っ越しにあたって返却が必要となる機器があります。返却を忘れてしまうと思わぬトラブルになるため、注意しなければなりません。基本的にNTTからレンタルして...
ドコモ光解約時のトラブルについて ドコモ光解約トラブルに注意!無駄な費用を回避する方法とは… ドコモ光を解約するには、手続きが必要です。手順や流れを把握せずに解約してしまうと後々トラブルの原因になりかねません。また、解約のタイミングによっては違約金など費用の発...