1. ドコモ光
  2. ドコモ光速度

ドコモ光は通信制限がないって本当?通信容量は気にしない?

ドコモ光の通信制限

スマホで一定の通信量を超えてしまうと、通信制限になってしまう場合があります。

通信制限になってしまうと、通信速度が極端に遅くなり、ストレスを抱えながらインターネットを利用しなければなりません。

それが光回線のなかでも圧倒的なシェアを誇るドコモ光では、『速度制限や通信制限は無いの?』と気になっている方は多いでしょう。

結論から言うと、ドコモ光で通信制限を気にする必要はほぼありません

しかし、契約時に選択するプロバイダによって通信速度の実測値は上下するため、GMOとくとくBBなど通信速度の安定感が高いプロバイダを選ぶことをお勧めします。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
    dポイント最大2,000ptプレゼント
  • キャンペーン期間:2021/9/1~2021/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,720円
  • マンションタイプ月額料金:4,400円


このページでは、ドコモ光の通信制限の仕組みや通信速度が遅くなりにくいプロバイダについて解説していきます。

ドコモ光は通信制限なし!通信容量の制限もない!

ドコモ光には速度制限がない
▲ドコモ光には通信制限が無い

冒頭でも解説した通り、ドコモ光は通信量による速度制限は基本的にありません。

そのため、ほぼ使い放題でインターネットを楽しめます。

そもそも通信制限になってしまうのは、1人のユーザーが通信のしすぎで回線に負担がかかってしまい、全体的な通信そのものが使えなくなってしまうのを防ぐために行います。

特に、スマホやポケットWi-Fiなどのモバイル通信で使い放題にしようとすると、事業者側の設備負担が大きい過ぎるので、ユーザー側に一定の通信制限を設けているのです。

ところが、ドコモ光のような固定回線では事業者側の設備に余裕があり、ユーザーがたくさん通信をしても回線にそれほど負担がかかりません。

つまり、ドコモ光を含めた光回線では、通信制限に至ることはめったに無いのです。

ドコモ光の契約プロバイダによって通信制限がある!?

ドコモ光のプロバイダによる速度制限

ドコモ光が通信制限を行っていないのは間違いありません。

しかし、ドコモ光を契約する際のプロバイダによって、ある一定の通信制限を設けている場合があるようです。

ただ、これについても通常では考えられないような使い方をした場合のみ通信制限がかかります。

そのため、基本気にしなくても問題ないでしょう。

プロバイダによる通信制限について

ドコモ光は、NTTdocomoが提供している光回線です。

しかし、ネットに接続するために必要なプロバイダは24社あり、契約時に1つ選択しなければなりません。

毎月の支払いなどはすべてNTTdocomoが管理しますが、ネットを利用するにあたってのサービス全般はプロバイダの管轄となります。

そのため、プロバイダによっては回線が混雑し過ぎないように1日あたりのデータ使用量に制限を設け、超過した際には通信制限をかけている場合があるようです。

ドコモ光の提携プロバイダの中で、通信制限を行っている可能性があるのは、以下のプロバイダになります。

■通信制限の可能性があるプロバイダの一部

プロバイダ名

通信制限の数値

OCN

1日あたり上り30GB

BIGLOBE

1日あたり上り30GB

ぷらら

1日あたり上り15GB

Hi-ho

1日あたり上り15GB

アサヒネット

1日あたり上り30GB

※FrontPage - ISP規制情報Wikiより引用

ちなみにプロバイダが通信制限を実施しているのは、一部だけになります。

数あるプロバイダの中でも、上記のプロバイダ事業者が通信制限を行っている可能性がありますが、表の通り何もなく制限をかけられるわけではありません。

通信制限が起こってしまうには、ある一定の通信量を超えてしまった場合のみです。

もともと通信制限は、急激な通信の渋滞を予防するために行うので、1日に15GB~30GBほど、極端に通信をしている人だけに向けて、通信制限をかけています。

つまり、過度な使い方をしない限りはドコモ光で通信制限に陥る心配はありません。

ドコモ光の通信制限は無いと考えて大丈夫そう!

実際どのくらい使ったら通信制限になる?

『過度な使い方って、どのくらい?』と気になる方もいるはずです。

上記で解説した通り、プロバイダによっては通信制限の目安となる15GB~30GBの容量制限が設定されています。

この目安となる容量は、映画などの動画を20~30時間ほど視聴できるレベルになるため、現実的に1日で使いきるのは厳しいと言っていいでしょう。

一般的にネットを楽しむレベルでは、ドコモ光で通信制限になる可能性は無いと考えて良さそうですね。

スマホの通信制限について

スマホなどモバイル端末で通信制限が起きる場合、以下の月間容量をオーバーした場合です。

■携帯事業者のデータ通信容量の制限

スマホ業者

月間データ通信量

ドコモ

2GB~60GB

au

1GB~30GB

softbank

1GB~30GB

上記の表で注意したいのは、あくまで月間で使用できるデータ容量である点です。

ドコモ光のプロバイダによる通信制限は、あくまで1日あたり15~30GBの制限のため、月間にすると900GBもの余裕があります。
つまり、スマホと比較すると15~900倍ぐらいの通信容量が使えるのです。

これを見るとプロバイダの制限より、いかにスマホの通信量が厳しいのか分かります。

スマホの通信量の上限は基本的に月ごとに計算されるので、1日に換算するとかなり少ない量しか通信ができません。

1日換算だとスマホのデータ容量は0.03GBから多くても3GB程度です。
ドコモ光では1日あたり30GBほど使わないと制限がかからないので、スマホと比べると大きな違いです。

また、スマホで通信制限の対象となるのは、アップロードとダウンロードの両方です。

一方、ドコモ光のプロバイダで制限の対象となるのはアップロードだけです。
通常インターネットで主に利用されるのはダウンロードとなっており、こちらはほぼ無制限となっています。

つまり、ドコモ光では、通常では有り得ない通信を行わないと、通信制限を起こす事はありません。

ドコモ光などの光回線で通信制限を起こすのは、パソコンがウイルスに感染していたり、ファイル共有ソフトで違法なファイルを共有しているなど、特殊なケースがほとんどです。

【GMOとくとくBB】なら通信制限なし&速さNo.1の高評価!

ドコモ光×GMOとくとくBB

前述の通り、ドコモ光はプロバイダによって通信制限を設けているものがあります。

ただ、目安としているデータ通信量は1日で使いきるには難しいため、通信制限に対する過剰な心配は必要はないでしょう。

なお、ドコモ光はどんなプロバイダで契約しても、最大速度が1Gbpsなので通信速度も同じように見えます。

しかし、じつはプロバイダによって実行速度(※実際に使える速度)は変わるので注意しなければなりません。

実際の通信速度は、各プロバイダが所有する設備によって上下するため、理論上の最大速度が同じであっても、どこのプロバイダを使うかで速度が変わってきます。

この実行速度における評判の高いプロバイダが、 GMOとくとくBB です。

GMOとくとくBBの気になる特典や速度を大解説でも解説している通り、GMOとくとくBBは100Mbpsを下回った際に、ポイント還元などの保証があるほど通信速度に注力しているプロバイダです。

また、 公式ページ では住んでいる地域の月間平均速度が公表されており、おおむね200~300Mbps程度の速度が出ています。

GMOとくとくBBの平均速度

GMOとくとくBB の平均速度

安定感の高い平均速度は、速度重視の方にとって何よりの魅力と言っていいでしょう。

なお、2021年09月現在、GMOとくとくBBでは豪快キャンペーンを実施しており、最大20,000円が受取れるキャッシュバックキャンペーンも人気がある理由の1つです。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
    dポイント最大2,000ptプレゼント
  • キャンペーン期間:2021/9/1~2021/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,720円
  • マンションタイプ月額料金:4,400円

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがいいの?デメリット多いって聞くけど…

高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルもOK!

自宅のネット接続にWi-Fiを使っている方は多いでしょう。

Wi-Fiは有線での接続とは違って電波で接続をするため、もともと通信が不安定になりやすい弱点を持っています。

しかし、Wi-Fiルーターが古いタイプだったり、スペックが低いものを使用していると、さらに速度低下をひき起こす可能性があります。

そのような心配がないよう GMOとくとくBB では、最新の通信方式であるv6プラスに対応した高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルを実施しているので、Wi-Fiを使いたい方にも安心です。

Wi-Fiルーターは、3種類のメーカーから好きなものを選択することができます。

GMOとくとくBB3種類のWi-Fiルーター比較

BUFFALO
WSR-2533DHP3

NEC
Aterm WG2600HS2
ELECOM
WRC-2533GST2
最大速度:1,733Mbps(5GHz帯)
最大速度:800Mbps(2.4GHz帯)
規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac
LANポート数:4
有線LAN速度:1Gbps
接続サポート
AOSS/WPS WPS WPS
最大接続数
18台 18台 24台
販売価格
7,980円 6,980円 14,110円

基本的にどのメーカーを選んでもスペックはほぼ同じになっているため、好みのメーカーから選んで問題はないでしょう。

他社で月額500円程度かかるレンタル料が無料になるのは大きなメリットのため、新しいWi-Fiルーターを検討していた方にはピッタリの特典です。

GMOドコモ光のおすすめルーター比較!特徴を詳しく解説

速度重視ならauひかりもおススメ!

auひかりSo-net公式 ▲auひかり公式プロバイダとして人気が高い So-net

ドコモ光は通信制限もなく、速度的にも GMOとくとくBB などのプロバイダを選べば文句ないでしょう。

ただ、本当に速度重視の方はドコモ光よりも auひかり の方がおススメです。

KDDIの独自ネットワークにより、速度が出やすく混雑に強いと言われています。

また、auひかりの場合、ドコモ光と比べるとキャンペーン内容が豪華で、高額なキャッシュバックや割引キャンペーンなどが適用されます。

auひかりとドコモ光の比較
  auひかり ドコモ光
最大速度 1Gbps 1Gbps
実測値

下り平均: 362.5Mbps
上り平均: 297.11Mbps

みんなのネット回線速度より

下り平均: 214.97Mbps
上り平均: 174.26Mbps

みんなのネット回線速度より

月額料金 ホーム:5,390~5,610円
マンション:4,180円前後
ホーム:5,720~5,940円
マンション:4,400~4,620円
キャンペーン 総額94,336割引
So-net auひかり公式 の場合
最大20,000円キャッシュバック
GMOとくとくBB の場合

auひかりのメリット

  • KDDIの独自ネットワークで速度が出やすい
  • キャンペーンの還元率が高い

KDDI独自ネットワークで速度がでやすい

速度測定サイトみんなのネット回線速度の平均速度でもドコモ光が下り平均214.79Mbpsに対して、auひかりは下り平均362.5Mbpsでています。

なぜなら、ドコモ光は、NTTのフレッツ光の設備を丸ごと使った光コラボと呼ばれる回線です。
複数の事業者が同じ設備を使うので、利用者が多く混雑しやすいと言われています。

しかし、auひかりの場合、KDDIの独自ネットワークなので、他社事業者と回線を共有しません。

そのため、混雑に強く、速度が出やすいと言われています。

キャンペーンの還元率が高い

ドコモ光の場合、どんなに還元率が高いプロバイダで申し込みをしてもキャンペーンの還元金額は最大20,000円程度です。

この金額はドコモ光の大元事業者であるNTT docomoがキャンペーンに縛りを設けており、これ以上還元されないようになっています。

しかし、auひかりの事業者であるKDDIは、このようなキャンペーンの縛りがありません。

そのため、高額なキャッシュバックや割引が適用されるのです。

auひかりキャンペーンの金額が大きいオススメ窓口
  キャンペーン
So-net公式
  • ホーム:総額64,296円割引
  • マンション:総額61,776円割引
NNコミュニケーションズ
  • ネットのみ:45,000円
  • ネット+電話:52,000円
アシタエクリエイト 45,000円

auひかりのキャンペーンについて詳しくは、別記事「【2021年最新】auひかり高額キャンペーンの罠!」で解説しています。

auひかりキャッシュバック 【警告】auひかり高額キャンペーンの罠!11万キャッシュバックは損をする? auひかり代理店によっては11万円以上の高額キャッシュバックを行っています。非常に魅力的なキャンペーンですが、実は大きな落とし穴があり結果的に大損をしてしまうことがあります。それではauひかりのキャッシュバックに騙されないためのポイントを解説しましょう。 記事を別タブで開く 2021-06-07

通信制限じゃないのに速度が遅くなるのはなぜ?

通信制限じゃないのに遅くなる理由

通信制限が無くても、速度が遅くなってしまうことがああります。

ドコモ光が通信制限を行っていないのに、なぜ通信速度に変化があるのでしょうか?

じつは以下の3パターンが考えられます。

  • ドコモ光を繋ぐプロバイダが原因で通信速度に変化が
  • wifiの電波を遮る障害物がある
  • マンションタイプだと通信速度が遅くなる

それぞれ通信速度に違いがある原因を見てみましょう。

ドコモ光のプロバイダが原因で通信速度が遅くなる

ドコモ光は、契約するプロバイダによって通信速度が変わります。

これは、通信制限や速度制限が影響するものではなく、契約したプロバイダ側の設備によるものです。

インターネットの通信速度はプロバイダや回線事業者の設備に依存するので、きちんと設備投資をしてないプロバイダでは混雑時に速度が出ないのです。

ドコモ光のプロバイダはIPv6プラスなど、最新の規格に対応したものを利用しましょう。

すでにご紹介した GMOとくとくBB では、特に速度について定評があります。

GMOとくとくBBの平均速度

GMOとくとくBB の平均速度

なお、ドコモ光を利用中で速度に悩んでいる方は、プロバイダを変更をすることで通信速度が改善されたケースもあるため、プロバイダのの変更も視野に入れるべきです。

ドコモ光のプロバイダ変更方法に関しては、『ドコモ光の速度変更について』で詳しく解説しています。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判を徹底調査!キャンペーンが超お得?

Wi-Fiの回線を邪魔する障害物が近くにある

Wi-Fiで接続している場合、ドコモ光が通信制限を行っているのではなく、Wi-Fiの電波が障害物によって邪魔をされている可能性があります。

障害物になり得るものは多数ありますが、代表的なものでは以下のようなものがあります。

  • コンクリート
  • 鉄骨
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • コードレス電話 など

利用中のWi-Fiルーターが上記の近くにある場合、距離を置くだけでも通信速度が改善される可能性があります。

物理的な障害物が原因なので、少し手を加えるだけで通信速度を回復できます。

ドコモ光でもマンションタイプは通信速度が遅くなりがち

ドコモ光に限らず、マンションでは通信速度の低下が起きがちです。

これは通信制限に関係なく、同じドコモ光の設備をたくさんの人で共有しているため、回線が混雑してしまうことが原因になります。

特に、夜間や休日ではネット利用者が集中するので、この影響で通信制限になったと勘違いしてしまう人がいてもおかしくありません。

ドコモ光が通信制限を行っているわけでないので、時間が過ぎれば、すぐに元の通信速度に戻ります。

ドコモ光で通信速度が遅いのはほとんどが通信制限でない

ドコモ光の通信制限についてまとめ

ドコモ光では通信制限を起こすように、通信量に制限を設けて管理を行っているわけでありません。通信速度に違いが出ているのは、以下のような原因が考えられます。

  • プロバイダが通信制限を行っている
  • 通信の妨げになっている障害物がある
  • ドコモ光の回線で渋滞が行っている

上記の原因はドコモ光に関係なく、光回線全般に起こりうる可能性があるので、注意しておいたほうがいいでしょう。

とくにプロバイダが通信制限を行ってしまうと、すぐに通信速度は元に戻りません。とはいっても1日に極端の通信量を使わないようにすれば、通信制限が起こらないので安心してください。

スマホの通信制限のほうが厳しい設定をしているので、インターネットを楽しむなら、ドコモ光のような光回線を使うようにしましょう。

関連記事
光回線の速度の平均的な目安や速度測定する方法 光回線の速度の平均的な目安を公開!おすすめの実測値測定方法も 一般的な光回線の最大速度は1Gbpsですが、常に最大速度で利用することはできません。そのため、通信速度で大切なポイントは最大速度ではなく実測値です。昨今のネットサービスは実...
ドコモ光の通信制限 ドコモ光は通信制限がないって本当?通信容量は気にしない? ドコモ光では基本的に通信制限はありません。スマホやポケットWiFiような制限とは無縁なので、速度制限を気にせずに利用できます。この記事ではドコモ光の通信制限や各プロバイダ...
ドコモ光まとめ ドコモ光ルーター選びのコツを伝授!v6プラス対応に注意! ドコモ光でネット使う際、Wi-Fiルーターを検討される方も多いでしょう。ドコモ光でルーターの選択としては、購入やレンタルなどいくつかの方法があります。ただ、どんな機種を選べ...
ドコモ光プロバイダの速度変更まとめ ドコモ光の最大速度の変更手続きってあるの?速度が遅い時の改善策 ドコモ光の通信速度はフレッツ光と同じ最大1Gbpsになります。そのため、最大速度のプラン変更はできません。しかし、通信速度で悩んでいる方は、プロバイダを変更することで速度を...
ドコモ光のv6対応プロバイダ ドコモ光のIpv6やv6プラスが丸わかり!快適な速度に必要なルーターも伝授! ドコモ光には、プロバイダによってIpv4、Ipv6、v6プラスなどいくつかの接続方式があります。結果的に、快適な通信速度でネットを楽しむのであればv6プラス対応のプロバイダで契約...