1. ドコモ光ホーム
  2. ドコモ光速度

ドコモ光の最大速度の変更手続きってあるの?速度が遅い時の改善策

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はドコモ光の速度変更を伴う手続きについて解説します。

ドコモ光は最大1Gbpsの光回線ですが、契約してから速度に不満を感じる方もいるようです。

こうした方は、プロバイダを変更することで解消される可能性があります。

ドコモ光の速度に不満を感じている方は、ぜひ一緒に解決方法を見つけていきましょう!

ドコモ光の最高通信速度は1Gbpsで変更できない

ドコモ光の速度に不満を感じていると、「もっと速いプランがないのか」と考えてしまいますよね。

しかし、ドコモ光のサービス内容として最高速度は1Gbpsなので、ドコモ光に通信速度を上げて欲しいと言っても通信速度の改善はできません。

ドコモ光ミニを利用している方はプラン変更が有効

ドコモ光の料金プランには、最大1GbpsのタイプA・B・Cと利用するデータ量によって料金が変動するドコモ光ミニがあります。

ドコモ光の料金プランと通信速度(戸建)

プラン

月額料金

最大通信速度

タイプA

5,200円

最大1Gbps

タイプB

5,400円

タイプC

4,000円

単独タイプ

5,000円

ドコモ光ミニ

200MBまで2,700円〜
1,200MBから5,700円

最大100Mbps

今利用しているプランがドコモ光ミニなら、タイプA・Bに変更することで最大1Gbpになり、通信速度が大幅に改善する見込みがあります。

なお、タイプCはケーブルテレビ回線なので、変更するならタイプA・Bを選んだ方が無難ですね。

ドコモ光のプロバイダ変更手続き方法

ドコモ光の通信速度はプロバイダによって変わる

ドコモ光はプロバイダで速度が変わる

ドコモ光のプロバイダは25社ありますが、いずれも「最大1Gbps」をうたっているため速度に違いが無いように思われがちです。

しかし、別記事『ドコモ光の通信速度の評判は?』でも解説している通り、ドコモ光の通信速度は契約するプロバイダによって「速い」「遅い」が分かれます。

通信速度はお住いの地域や屋内環境にも左右されますが、今ドコモ光が遅いと感じている方はプロバイダの変更で改善できる可能性が十分にあると言えるでしょう。

プロバイダ別のドコモ光の口コミ

まずはプロバイダによって、どれくらいの速度が出ているのかTwitterでの口コミを見てみましょう。

こうして見ると、GMOとくとくBBのv6プラスがかなり速度が出ていますね。

ここまでの速度が絶対に出るわけではありませんが、速度を重視しているならGMOとくとくBBは最有力候補でしょう。

どうしてプロバイダで通信速度が変わるのか?

ドコモ光はどのプロバイダを選んでも最大1Gbpsなのに、どうしてプロバイダによって通信速度が異なるのでしょうか?

ドコモ光が提携しているプロバイダは、全て最新のIPv6接続を採用しています。

ただ、IPv6接続の中でも複数の通信方式があり、プロバイダによってどの通信方式を採用しているのかが異なります。

IPv6の3つの通信方式

  • PPPoE方式:IPv6の中では最も遅い
  • IPoE方式:IPv6相手では快適だけど、IPv4相手は遅い
  • v6プラス:IPv6・IPv4共に快適

この通信方式の違いがあることで、選んだプロバイダによって通信速度に違いが生まれるのですね。

今ドコモ光が遅いと感じているなら、v6プラスを採用したプロバイダに変更することで大幅な改善が見込めます!

ドコモ光のv6プラス対応プロバイダ

プロバイダ

v6プラス
サービス名称

タイプA

ドコモnet

IPv4 over IPv6機能

ぷらら
ぷらら(Sコース)

ぷららv6エクスプレス

GMOとくとくBB

v6プラス

@nifty

v6プラス

DTI

IPv6(IPoE)接続サービス

BIGLOBE

IPv6オプション

andline

IPv6機能

Tigers-net.com

v6プラス

スピーディア

IPv6サービス(v6プラス)

IC-NET

v6プラス

タイプB

OCN

OCN v6アルファ

@T COM

v6インターネット接続機能(IPoE)

@ちゃんぷるネット

ちゃんぷる光 v6プラス

v6プラス対応プロバイダを使っているのに遅い場合

ドコモ光で利用中のプロバイダがv6プラス対応にも関わらず通信速度が遅い場合は、v6プラスが適用されているかチェックしましょう。

下記のリンクを開いて「v6プラスではありません」と表示された場合は、v6プラスを適用させる必要があります。

IPv4/IPv6接続判定ページ

v6プラスの適用には…

  • プロバイダによってはv6プラスの申し込みが必要
  • v6プラスに対応したWi-Fiルーターを用意する
  • Wi-Fiルーターの設定変更が必要な場合がある

v6プラス対応プロバイダで遅く感じている方は、上記のいずれかで改善される可能性があります。

詳しい手順はプロバイダによって異なるので、お使いのプロバイダに問い合わせてみてくださいね。

速度改善のプロバイダ変更は「GMOとくとくBB」がおすすめ!

ドコモ光GMOとくとくBBは速い

プロバイダを変更してドコモ光の速度を速くしたい方や、これからドコモ光を申し込む方は、 GMOとくとくBB がおすすめです。

GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • v6プラスにバッチリ対応
  • 全国各地の通信速度の実測値を公開している
  • 100Mbpsの最低速度保証を実施している
  • v6プラス対応高速Wi-Fiルーターが無料レンタル

v6プラスにバッチリ対応

先にお伝えした通り、ドコモ光はどのプロバイダを選ぶかによって通信速度が異なります。

GMOとくとくBBは、IPv6接続の中でも最も速度が出るv6プラスにバッチリ対応しているので、速度重視の方でも安心して申し込みできます。

全国各地の通信速度の実測値を公開している

GMOとくとくBBでは、公式サイトで全国各地のユーザーが測定した実測の平均速度を公開しています。

ただ公開しているだけではなく、毎月最新データに更新してくれているのも高評価ですね。

プロバイダによっては最大1Gbpsの理論値しか表示せず、実際に契約したら思ったより速度が出なかったということも。

その点、GMOとくとくBBは最新の実効速度をチェックできるので、安心して契約できますね!

100Mbpsの最低速度保証を実施している

GMOとくとくBBが公開している実測値を見ると、ほとんどの地域で快適な通信速度を実現しています。

とはいえ、公開している速度はあくまで平均値です。

利用する地域や環境によっては、平均速度を大きく下回る可能性もゼロではありません。

契約後に速度が遅かったとしても、一般的なプロバイダは「ベストエフォート方式だから仕方ない」と取り合ってくれませんよね。

しかし、別記事『ドコモ光の速度高評価プロバイダ』でも解説している通り、GMOとくとくBBでは受信速度が100Mbps以下になったら、100円分のポイントを補填してくれます。

しかも補填は1回だけではなく、100Mbpsになった場合は毎月補填の申請ができます。

1回1回は微々たる金額ですが、実効速度についての保証が一切ないプロバイダよりは補填のあるGMOとくとくBBの方が安心して利用できるのではないでしょうか。

v6プラス対応の高速Wi-Fiルーターが無料レンタル

GMOとくとくBBでは、v6プラスに対応したWi-FIルーターが無料レンタルできます。

さらにレンタル可能なWi-Fiルーターは3種類あり、好みに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

選べるWi-Fiルーター

  • BUFFALO製 WXR-1750DHP2
  • NEC製 Aterm WG1900HP2
  • ELECOM製 WRC-2533GST2

各Wi-Fiルーターの特徴については次の記事で解説しています。

あなたの使い方にぴったりなv6プラス対応ルーターを選んでくださいね!

ドコモ光のプロバイダ変更手続き方法

最後にドコモ光のプロバイダ変更手続きの流れを確認しましょう。

なお、ドコモ光ミニからタイプA・タイプBに変更する場合も、基本的な流れは同じです。

なお、ドコモ光のプロバイダ変更・ドコモ光ミニからの変更には費用が発生します。

プロバイダ変更の料金

  • プロバイダ変更のみ:事務手数料3,000円
  • ドコモ光ミニからの変更:事務手数料3,000円+工事費(戸建:18,000円、マンション:15,000円)

手順1:電話 or ドコモショップで手続き

ドコモ光のプロバイダ変更は、ドコモインフォメーションセンターへの電話またはドコモショップで行います。

プロバイダへ直接問い合わせてもプロバイダ変更の手続きはできないので注意しましょう。

電話でプロバイダ変更する場合

電話でプロバイダ変更を申し込む場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話をしましょう。

ドコモインフォメーションセンターの連絡先

  • ドコモ回線から:151
  • その他の電話から:0120-800-000
  • 受付時間:9:00〜20:00

ガイダンスが流れたら、「7」→「1」→「4」と進むとオペレータに繋がります。

ドコモ光とペア回線となっているドコモの電話番号とネットワーク暗証番号で本人確認をした後に、「変更先のプロバイダ名」と「いつから切り替えたいのか」を伝えましょう。

v6プラス対応プロバイダに切り替える場合は、この時にv6プラスを使いたい旨も伝えてくださいね。

なお、プロバイダ変更のみなら申し込みから10日後以降の日程を指定できますが、ドコモ光ミニからの変更は工事が必要となるので、後日切替え日(工事日)の調整の連絡が入ります。

ドコモショップでプロバイダ変更する場合

ドコモショップでプロバイダ変更をする場合は、必ずドコモ光とペア回線になっている電話番号の契約者が行きましょう。

また、基本的に窓口では、ネットワーク暗証番号の入力で本人確認が行われます。

もしネットワーク暗証番号を忘れてしまったら、忘れずに免許証等の本人確認書類も持って行きましょうね。

本人確認の後に、「変更先のプロバイダ名」と「いつから切り替えたいのか」を伝えます。

v6プラス対応プロバイダに切り替える場合は、この時にv6プラスを使いたい旨も伝えてください。

なお、ドコモ光ミニへの変更の場合は、ドコモショップスタッフからドコモ光サービスセンターへ連絡して工事日の調整もしてくれます。

プロバイダ変更のみなら申し込みから10日目以降、ドコモ光ミニからの切り替えは約2週間後から切替え日(工事日)が指定できます。

手順2:書面が郵送される

ドコモ光のプロバイダ変更日・ドコモ光ミニからの切替え日が決まったら、予定日の前日までに契約内容や開通関連の書類が郵送されてきます。

この書類の中には設定に必要な情報も含まれているので、必ず保管しておきましょう。

手順3:変更日にONUやルーターの再設定

プロバイダの変更日になったら、ONUやレンタルしているWi-Fiルーターを再設定しましょう。

設定方法は開通の案内に同封されている手順書や、プロバイダのサポートサイトを参考にしてください。

なお、v6プラスで開通していれば、基本的にひかり電話対応ルーターやWi-Fiルーターへの設定不要で接続できます。

旧プロバイダの接続情報や変更先プロバイダのPPPoE接続設定を入れてしまうと正常に繋がらないこともあるので、接続できなくなった場合は各機器を初期化してみてくださいね。


関連記事

ドコモ光のプロバイダ変更はミスると危険!注意点や安全な方法を解説 ドコモ光は契約後、プロバイダのみ変更することができます。変更の方法は電話またはドコモショップで手続きすれば問題ありません。しかし、変更の際に事務手数料が必要であったり、タイミングを間違えるとネットが切断される可能性があるため、変更の際は注意しなけ... 2020-09-27

ドコモ光の速度変更に伴う手続きまとめ

ドコモ光プロバイダの速度変更まとめ

今回はドコモ光の速度が遅いと感じた場合に、通信速度を改善するためのプロバイダ変更手続きを中心に解説しました。

ドコモ光はどのプロバイダでも最大1Gbpsの通信速度ですが、プロバイダによって出せる速度が違います。

どのプロバイダが速い速度が出せるのかは、IPv6の接続方式によって変わるのでしたね。

IPv6接続の方式と速度まとめ

  • IPv6 PPPoE方式:IPv6の中では遅い接続方式
  • IPv6 IPoE方式:IPv6相手なら快適、IPv4相手は遅い
  • v6プラス:IPv6・IPv4問わず快適

ドコモ光が遅いと感じている方は、v6プラス対応のプロバイダに変更すれば、通信速度が改善する見込みがあります。

中でもGMOとくとくBBは、高速Wi-Fiルーターの無料レンタルや速度保証があるのでおすすめです。

GMOとくとくBBおすすめポイント

  • v6プラスに対応していて速い
  • 全国の実効速度平均を公開している
  • 100Mbpsの最低速度保証がある
  • 3種類のv6プラス対応Wi-Fiルーターを選んで無料レンタル

今回の解説を参考に、ドコモ光の速度に不満を感じている方は、ぜひプロバイダを乗り換えて快適な通信速度を確保してくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
光回線の速度の平均的な目安を公開!おすすめの実測値測定方法も
ドコモ光速度
一般的な光回線の最大速度は1Gbpsですが、常に最大速度で利用することはできません。そのため、通信速度で大切なポイントは最大速度ではなく実測値です。昨今のネットサービスは実...
ドコモ光は通信制限がないって本当?通信容量は気にしない?
ドコモ光速度
ドコモ光では基本的に通信制限はありません。スマホやポケットWiFiような制限とは無縁なので、速度制限を気にせずに利用できます。この記事ではドコモ光の通信制限や各プロバイダ...
ドコモ光ルーター選びのコツを伝授!v6プラス対応に注意!
ドコモ光速度
ドコモ光でネット使う際、Wi-Fiルーターを検討される方も多いでしょう。ドコモ光でルーターの選択としては、購入やレンタルなどいくつかの方法があります。ただ、どんな機種を選べ...
ドコモ光マンションタイプは速度がでない?原因と対策を解説 ドコモ光などの光回線をマンションで使う場合、速度がでにくいと言われています。特に建物によって最大通信速度が100Mbpsになるなど速度制限が厳しい場合があるのです。このページ...
ドコモ光のIpv6やv6プラスが丸わかり!快適な速度に必要なルーターも伝授!
ドコモ光速度
ドコモ光には、プロバイダによってIpv4、Ipv6、v6プラスなどいくつかの接続方式があります。結果的に、快適な通信速度でネットを楽しむのであればv6プラス対応のプロバイダで契約...