1. ドコモ光
  2. ドコモ光プロバイダ

失敗しないドコモ光プロバイダの選び方!違いを分かりやすく比較

ドコモ光を使うにはプロバイダと契約する必要がありますが、たくさんのプロバイダの中から、どれを利用すればいいのか迷ってしまうはずです。
その場合は以下のような選び方をしてみてください。

  • 料金が安いプロバイダ(タイプA)
  • キャンペーンが充実しているのか?
  • 通信速度が安定したところがおすすめ

基本的にプロバイダを選び間違えたとしても、インターネットの使い勝手に大きな差が出ることはありません。
だからこそ料金から選んだほうが、長期間使うのもあり、お得になります。

また一部では通信速度が安定しやすいプロバイダがあり、それも一緒に紹介するので、チェックしてみましょう。

結論から言うと、ドコモ光のプロバイダで比較的おすすめなのがGMOとくとくBBです。
実施されているキャンペーン内容だけでなく、速度面やWi-Fiルーターなどのサービスが充実しており、人気を集めています。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/11/1~2020/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

この記事ではドコモ光のプロバイダの選び方から、おすすめのプロバイダについて解説します。

ドコモ光のプロバイダ選びには料金の違いを比較しよう

まずドコモ光選びで1番重要になってくるのが、料金の違いです。
とくに月額料金をチェックしておくと、毎月の支払いに違が出てくるので、お得なプロバイダを選んでおきましょう。

その際に覚えておくキーワードがあり、それがタイプAとタイプBです。これはドコモ光固有のプランになっており、この2つの料金には少しだけ違いが出ています。

ドコモ光にはタイプAとタイプBが存在!その違いとは?

料金の違いを確認する前に、ドコモ光のタイプAとタイプBは、料金以外の違いがあるのか覚えておきましょう。

まずタイプAに関してですが、先に結論から言ってしまうと、タイプAがおすすめです。

基本的にタイプAとタイプBは明確な違いはなく、月額料金だけが行っています。

月額料金は長期で使えば使うほどお得になるので、少しでも安いプロバイダがおすすめです。
とくにこだわりがないのなら、初めからタイプAのプロバイダを選んでおきましょう。

タイプAのプロバイダはどこがある?その料金も紹介

プロバイダ

月額料金

  • ドコモねっと
  • ぷらら
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • BIGLOBE
  • ANDLINE
  • So-net
  • タイガーネットドットコム
  • エディオンネット
  • Excite
  • ハイホー
  • SIS
  • Ic-net
  • synapse
  • 楽天ブロードバンド
  • ネスク
  • チキチキ
  • 01光コアラ
  • 戸建てタイプ:5,200円
  • マンションタイプ:4,000円

ではドコモ光のタイプAというのは、どこが該当しているのでしょうか?
詳しくは上記の表を見てもらうとわかりますが、かなり多くのプロバイダがこのタイプに属しています。

もちろんこのタイプ内の月額料金は、どのプロバイダを選んでも、戸建てタイプが5,200円、マンションタイプが4,000円です。

詳しくは以下で紹介しますが、この中でプロバイダ選びをするなら、残りは通信速度を比較しましょう。細かい部分に違いはありますが、大きい違いはとくにありません。
強いてあげるなら以下のようになります。

メールアドレスの数と容量はプロバイダによって様々です。
しかし、最近はプロバイダが提供しているメールアドレスを使っている方は極端に少ないのが現状です。

ほとんどの場合、GmailやYahooメール、iCloudなどプロバイダと無関係なアドレスを使っている方が多いでしょう。
そのため、メールアドレスでプロバイダを選ぶのはおすすめできません。

セキュリティソフトに関しては、大手プロバイダだと、ほとんど12カ月無料となっています。
この辺の条件もプロバイダごとに違いはありません。

タイプBのプロバイダはコレ!料金に若干の違いが!

プロバイダ

月額料金

  • OCN
  • @T COM
  • TNC
  • アサヒネット
  • WAKWAK
  • @ちゃんぷるネット
  • 戸建てタイプ:5,400円
  • マンションタイプ:4,200円

タイプBはタイプAと比較して、そこまで多くのプロバイダはありません。

タイプBのプロバイダを選ぶと、戸建てタイプで5,400円、マンションタイプでは4,200円となります。

基本的タイプAとタイプBでは、月額料金が540052000円ほど違うだけで、サービス内容に違いはありません。
そのため、よほどプロバイダに拘りが無ければ、タイプAのプロバイダを選びましょう。

ドコモ光の中でもv6プラスに対応したプロバイダを選ぶ

通信速度は同じドコモ光を使うなら、そこまで変化がないのでは?と思うかもしれませんが、プロバイダというのは光回線と繋がっているので通信速度にも影響が出ます。

ではどのように選ぶのかというと、「v6プラス」に対応しているのかを見てみましょう。詳しくは以下を確認してみてください。

通信速度が速くなる?v6プラスとは?

ドコモ光IPv6対応プロバイダ

まずv6プラスとは何か、把握しておく必要があります。
もともと今のインターネットには、IPアドレスというものを使っており、それがIPv4という方式。ザックリ言うと4つに分割した数値で、住所のように管理されているのが、この方式の特徴です。

もともとIPv4では世界中で利用できるIPアドレスが4億程度と限りがありました。
そこで、IPアドレスの数をうためにv6プラスという仕組みを作って、問題解決しようとしたわけです。

V6プラスで使われているIPv6では事実上無限に近い数のIPアドレスが割り当てできます。

今の段階ではv6プラスを利用している人が少ないため、通信速度が速くて安定しやすくなっています。

プロバイダ選びで重要になる選び方

プロバイダを契約する際に以下のポイントを見ると、通信速度が安定して、快適にインターネットが楽しめるでしょう。

  • V6プラスに対応している
  • IPv4にも切り替えができる
  • IPoE方式で接続できる

V6プラスは便利な機能ですが、インターネット上のサイトやサービスには、まだまだ対応できていない物が多く存在します。
そのためIPv4に戻さないと、サイトが見られなくなる問題があり、そのたびにIPv4に切り替えたほうが使い勝手がよくなります。

さらにIPoE方式で接続できるプロバイダを選びましょう。

この仕組みを簡単に説明すると、いくつもの通路に分けられて通信をするものです。つまり通信速度が渋滞を起こしにくくなっており、v6プラスの通信速度をより早くしてくれます。

この3種類の機能を兼ねそろえたプロバイダを選べば、ドコモ光を使えば、さらに通信が快適なるのでおすすめです。

v6プラスに対応したプロバイダをチェック

上記のような仕組みをすべて兼ねそろえたプロバイダは、以下の11個になりました。
通信速度だけを見てプロバイダを選ぶなら、参考にしてみてください。

ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、ic-net、Tigers-net、GIBLOBE、アンドライン、SIS、OCN
※ドコモ光対応プロバイダのIPv6対応状況より引用

さらにこの特徴を踏まえて、料金とキャンペーンを考慮すれば、プロバイダ選びで失敗はありません。
ところが通信速度は場所によって左右される可能性もあるため、プロバイダの変更方法も知っておいて損はないでしょう。

ドコモ光のプロバイダの中でおすすめは「GMOとくとくBB」

上記の選び方をするとちょうどいいプロバイダは、かなり数が絞られるはずです。
その中でもGMOとくとくBBは、キャンペーンが充実していて、お得にドコモ光が使えます。

大きく分けて3種類のキャンペーンが用意されていておすすめです。

  • キャッシュバック
  • dポイントプレゼント
  • 通信速度とポイント還元

プロバイダ内でも3種類のキャンペーンが用意されているところは、他にはなかなかありません。
上記の内容を詳しく見てみましょう。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/11/1~2020/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

キャッシュバックを貰うための条件や金額

まずGMOとくとくBBとの契約で、おすすめとなるキャンペーンがキャッシュバックです。
このキャンペーンは、上記の表になる条件をクリアすると、現金を口座に振り込んでくれるという内容になっています。

その金額は最大20,000円にもなるため、ドコモ光のプロバイダ内の中でもトップクラスのキャンペーンです。

適用条件 キャッシュバック
ドコモ光 (2年定期契約)

ひかりTV for docomo

DAZN for docomo
20,000円
ドコモ光 (2年定期契約)

ひかりTV for docomo
18,000円
ドコモ光 (2年定期契約)

スカパー!
15,500円
ドコモ光 (2年定期契約)

DAZN for docomo
ドコモ光 (2年定期契約)

dTV
10,500円
ドコモ光 (2年定期契約)

dアニメストア
ドコモ光(2年定期契約プラン)のみ 6,000円

また、条件を気にしなくても、最低で6,000円は貰えます。

6,000円と言うと、インターネット回線のキャンペーンとしてはちょっと少なく感じるでしょう。
しかし、ドコモ光の場合、NTT docomo側の規制の影響もあり、各プロバイダのキャンペーンが制限されています。

そのため、ドコモ光の場合、オプションサービス無しで受け取れるキャッシュバックの相場が5,000円程度となっているのです。

ちなみにひかりTVというのは、インターネットで見られる衛星放送のようなもの。テレビが好きな人なら、契約して損はありません。DAZNはスポーツ専門チャンネルとなっています。

キャッシュバックの申し込み方法と振込時期

GMOとくとくBBを契約して、すぐにキャッシュバックがもらえるわけでありません。
以下のように順番を踏まないと、むしろキャッシュバックがもらえない可能性があるので注意しましょう。

  1. GMOとくとくBBからメールを受信
  2. メール内にある登録ページでIDとパスワードを入力
  3. 振り込んでもらう口座情報を入力

キャッシュバックをもらうためには、メールを見逃さないようにしてください。
そして必要事項を入力できたら、キャッシュバックの申し込みは完了です。

申し込み自体が簡単なところも、他のプロバイダよりおすすめのポイント。メールを読み忘れないなら、かなり気軽にキャッシュバックがもらえます。

ちなみにいつキャッシュバックが振り込まれるかは、「メールから申し込みをしてから翌月の末日」です。9月に申し込みをしたなら、10月末に現金が振込されます。

dポイントをプレゼントしてもらえるチャンス!

dポイントプレゼントキャンペーン

もらえるポイント

適用条件

契約体系

開通期限

2,000ポイント

新規

申し込み月を含めて

7ヶ月以内

5,000ポイント

転用

ドコモ光に契約すると、dポイントがもらえるチャンスも控えています。
もちろんこれにも条件が用意されているので、ポイントをもらうためには以下のポイントを抑えておきましょう。

上記の条件に当てはまると、上記の表にあるdポイントがもらえます。
上記の条件のように、単独契約ではなく、ペア回線でないといけない点に注意しましょう。

100Mbpsより遅かったらポイント還元!

さらにドコモ光でGMOとくとくBBに契約した人に限って、通信速度が遅い人はポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。ちなみにポイントとはGMOとくとくBBのポイントです。そのためには以下の順序を守って、速度を計測しましょう。

  1. GMOとくとくBBの指定したサイトで計測
  2. 速度の計測結果をスクリーンショットで撮影
  3. 専用フォームに送信して完了

GMOとくとくBBは高速通信ができるプロバイダだけあって、通信速度には自信があるのが、このキャンペーンでわかるでしょう。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/11/1~2020/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円


合わせて読みたい記事

GMOとくとくBBドコモ光 ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンを申し込んで発覚したデメリットとは? GMOとくとくBBはドコモ光でも人気のプロバイダですが、人気がある1番の理由は豪華キャンペーンです。高額キャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタルといった嬉しい特典が受けられます。ただ、実際に申込んでみると注意点もいくつかあるようです。 2019-05-31

プロバイダの変更は可能?方法について調べてみた

ドコモ光のプロバイダには2種類のタイプに分けられると、上記で詳しく紹介しました。
同じドコモ光でもプロバイダを変えるだけで、通信が安定するときもあるので、満足できなかった人は変更をしたくなるはずです。

実際にドコモ光内で、プロバイダを変更できるのかというと、じつは以下の方法を正しく進めば変更できます。1個ずつ詳しく見てみましょう。

ドコモ光のプロバイダを変更するには費用が必要

 

必要費用

タイプ内でのプロバイダ変更

3,000円

タイプA→タイプBの変更

タイプB→タイプAの変更

3,000円

単独プラン→タイプA or タイプB

無料

タイプA or タイプB→単独プラン

3,000円

まずプロバイダを変更するには、料金を支払わなければいけません。
ところがこの料金にも上記の表のように違いがあり、注意しておく必要があります。

基本的に3,000円あれば十分なのですが、単独プランからの変更は無料です。単独プランについて紹介していなかったので、ここで確認しておきましょう。
ドコモ光にはタイプAとタイプBのプロバイダを選択すれば、インターネットが使えるようになりますが、これはドコモ光を通しての契約となります。

単独プランというのはドコモ光を通さずに、プロバイダと直接契約をする方法です。つまり料金の支払いが別々となるため、プロバイダを変更したとしても無料になります。

つまりドコモ光を通してプロバイダと契約しておけば、どちらにしても3,000円の料金が発生してしまうので、覚えておいてください。

プロバイダを変更するのに必要な準備物

次に必要になるのがドコモの携帯電話情報を確認するため、以下のもの準備しておきましょう。
ドコモ光は名前のとおりドコモが運営しているので、携帯電話の情報があればスムーズに変更ができます。

もちろん使っている携帯電話が、ドコモでない人はドコモ光の契約情報を準備しておきましょう。契約IDが書かれた書類を準備しておくだけで大丈夫です。

プロバイダを変更するための手続き方法

ドコモ光のプロバイダを変更するためには、以下の2パターンとなっています。上記の準備物を持ってから、相談してみてください。

それぞれ受付時間が決められているので、注意しましょう。ドコモのインフォメーションセンターだと、午前9時から午後8時となっています。

ドコモショップは店舗によって時間が変わってくるので、予め営業時間を調べてから行きましょう。

関連記事
ドコモ光の料金は複雑で高い?月額料金から解約費用まで徹底解説 ドコモ光の料金は複雑で高い?月額料金から解約費用まで徹底解説
ドコモ光
ドコモ光の料金についてまとめています。ドコモ光では、5種類の料金プランを展開していますが、内容が複雑で分かりづらいと感じている方も少なくありません。そこでこの記事では、...
ドコモ光のプロバイダ変更について ドコモ光のプロバイダ変更はミスると危険!注意点や安全な方法を解説 ドコモ光は契約後、プロバイダのみ変更することができます。変更の方法は電話またはドコモショップで手続きすれば問題ありません。しかし、変更の際に事務手数料が必要であったり...
ドコモ光 for OCNの引越し手続きまとめ ドコモ光 for OCNでお引越し|手続き方法とお得になる裏ワザとは ドコモ光 for OCNの引越し手続きについて解説しています。ドコモ光のプロバイダをOCNで利用しているとき、似た名前のサービスが多く、どう手続きを進めるべきか迷う方も少なくあり...
ドコモ光プロバイダの無料セキュリティソフトは必要?各ソフトを徹底比較 ドコモ光プロバイダの無料セキュリティソフトは必要?各ソフトを徹底比較 ドコモ光のプロバイダでのセキュリティソフトの利用について解説しています。ドコモ光では、各プロバイダで期間限定の無料セキュリティソフトを提供していますが、実際に必要なの...