auひかり乗り換えガイド> auひかり基礎知識>通信スピードはどのくらい必要?

インターネットの必要速度

このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットサービスに申し込みをする際、通信速度は非常に気になるポイントです。
ただ、各回線事業者やプロバイダから提供されているサービスは様々で、 遅い回線の場合、ADSLなどで最大1Mbpsの回線もあれば、その1000倍の速度の最大1Gbpsのコースなどもあります。

実際にどのくらいの通信速度があればいいのか?と言うのは実際にインターネットをどのような目的で使うかによって、 大きく異なってきます。
そのため非常に大雑把にしか説明できませんが、簡単に説明すると以下の通りです

メールやネットサーフィンをする程度

メールやWebサイトの情報量は、非常に少なく低スペックのインターネット回線でも利用することができます。 たまに遅いと感じる場合もありますが、実測で10Mbpsぐらいの速度がでていれば十分でしょう。

YouTubeなどの動画サイトを頻繁に視聴する。

おおよそ20〜30Mbpsほどの実測があれば快適に視聴出来ます。LTEなど高速なモバイル通信(モバイルWi-Fiルーター)や、光ファイバーなどで契約すれば、 ほぼストレス無く利用することができます。

ただモバイル系の通信方法の場合、環境に大きく左右されてしまうため、場所や時間帯によって速度が大きく落ちてしまう場合もあります。 そのため、安定して動画を見るのであれば、出来る限り光ファイバーを利用した方がお勧めです。

大容量の動画やファイルをダウンロードしたり、オンラインゲームを頻繁に行う

実測値で50〜100Mbps出ていれば十分快適に利用できます。この速度になると、やはり光ファイバーの利用をお勧めします。 LTEなどのモバイル回線等でも最大値として100Mbpsを超えるサービスは存在しますが、やはり実際の速度と安定性を考えると 光ファイバーが無難です。

これらの速度はあくまで実測値です。そのため、プロバイダが提示している最高速度とは別物なので、 注意しましょう。

実際の速度として50Mbpsほど必要だったとしても、最大100Mbps程度のサービスでは足りないことがほとんどです。 1Gbps(1,000Mbps)回線であれば、実際の速度として50〜100Mbpsほどで使える可能性が高いでしょう。

auひかりで1Gbpsは決してでない
auひかり基礎知識へ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりの速度制限
auひかりにも速度制限は存在する?光ファイバーのデータ容量制限について
auひかりで1Gbpsは使えない
auひかりは1Gbps(1ギガ)の高速インターネット回線!でも本当は1Gbpsなんて使えない
高額キャッシュバックのコツ
auひかりお得なキャンペーンを適用するためには|高額なキャッシュバックは逆に損をする?キャンペーン内容に騙されないために
マンションの速度
auひかりマンションの速度が遅くなる理由|契約後に後悔しないために
bpsとは
メガとかギガとかbpsとか色々言うけれど...bpsって結局何なの?インターネットの速度の単位