auひかり乗り換えガイド> auひかり以外の回線>フレッツ光からの転用方法

フレッツ光からの転用方法を詳しく解説!乗り換え前に必ず転用番号を取得

このエントリーをはてなブックマークに追加
フレッツ光から光コラボへの転用

フレッツ光からソフトバンク光やドコモ光と言った光コラボ事業者に乗り換えを行う際、転用手続きを行う事ができます。 光コラボの登場以来、料金も高く契約も複雑となるフレッツ光を使い続けるメリットはほとんどありません。

転用手続きを行えば、工事なしで簡単に乗り換えが可能なため、転用が盛んに行われています。 このページではフレッツ光から光コラボ事業者へ転用するための方法を詳しく解説しましょう。

そもそも転用って何?

2015年の初めごろにNTTが光コラボレーション事業を開始しました。 略して光コラボとも呼ばれています。

この光コラボとは何かと言うと、簡単に言うとNTTのサービスであるフレッツ光を他の事業者に貸し出しを行うことです。
このようにNTTのフレッツ光の設備や回線を丸ごと借りる事でサービス提供をしているインターネット事業者の事を光コラボ事業者と呼びます。

例えば、ソフトバンク光やドコモ光、So-net光コラボと言ったサービスはすべてフレッツ光の回線を利用しています。

転用とは、「現在フレッツ光を使っている人が光コラボ事業者にそのまま乗り換え」を行うことです。 すでにフレッツ光を使っているのであれば、開通工事などを行う必要もなく、簡単に他社サービスに乗り換える事が出来るのです。

ちなみに、auひかりは光コラボではないので、フレッツ光から転用する事はできません。
auひかりへ乗り換えを行うためには、フレッツ光を解約し、auひかりへ新規で申し込みをする必要があります。

目次へ戻る↑

転用準備!NTTから転用番号を取得しよう

現在フレッツ光を使っていればソフトバンク光やドコモ光などに工事なしでそのまま転用することができますが、 新しいサービスへ申し込みをする前に転用番号を取得する必要があります。 この転用番号がないと申し込みすら行う事ができません。

転用番号はNTT東日本または西日本に電話をして取得スパのをするか、またはWEB上で手続きをすることもできます。

電話で手続きをする場合は以下の窓口に連絡をすれば転用番号が取得できます。

NTT東日本エリア:0120-140202 9時〜17時 土日・祝日も受付
NTT西日本エリア:0120-553-104 9時〜17時 土日・祝日も受付

フレッツ光から光コラボ事業者へ転用する人は常に多いので電話で手続きをすると混み合ってしまう場合があります。 そのため、できるだけWEB上からの手続きがおすすめです。
WEB上で手続きをする場合は以下のURLにアクセスをして転用番号を取得しましょう。

NTT東日本エリア: https://flets.com/tenyou/#process
NTT西日本エリア: https://www.west-frc.com/websi/W517100S

フレッツ光のお客様 id ご利用住所など必要事項を入力し、最後に「転用承認番号発行のお知らせ送信先メールアドレス」の入力欄があります。
ここで入力したメールアドレスに転用番号が記載されたメールが届きます。光コラボ事業者申し込みをする際にこの転用番号が必要になるので大事に保管しておきましょう。

NTT東日本
NTT東日本光コラボ転用

NTT西日本
NTT西日本光コラボ転用

また、この転用番号には有効期限があります。 有効期限が切れてしまうと再度同じ手続きを行い転用番号を取得する必要が出てきてしまうので注意しましょう 。

目次へ戻る↑

光コラボ事業者への申し込み

転用番号を取得したら、希望の光コラボ事業者へ申し込みを行いましょう。 この転用番号の有効期限は15日間です。
ただ、光コラボ事業者によっては有効期限が異なる場合もあります。

転用番号を取得したらなるべく早く申し込み手続きを行いましょう。

光コラボ事業者にWEB上で申し込みをする際、以下のような転用番号入力欄があります。 そこに、NTTから発行してもらった転用番号を入力します。

転用番号入力
目次へ戻る↑

フレッツ光にはデメリットが多い

フレッツ光から光コラボへの転用は工事も必要なく、簡単に他社事業者に乗り換えできることで、今後ますます進むと言われています。

また、転用が進む理由はフレッツ光自体のデメリットにも大きく関係しているでしょう。

詳しくはフレッツ光のデメリットでも解説しています。

例えば、光コラボであるソフトバンク光はソフトバンクスマホとのセット割が適用されます。
BIGLOBE光、So-net光はauスマホとのセット割であるスマートバリューに対応しています。

しかし、フレッツ光はNTTグループが提供しているサービスにも関わらずドコモとのスマホセット割は提供されていません。

その他にも、フレッツ光は料金が高いことでも客離れの原因になっています。

フレッツ光の場合、NTTとの契約の他に、別途プロバイダ契約が必要です。
プロバイダの料金自体は月額1,000円程度なのですが、フレッツ光の回線料金とプロバイダ料金を合計した場合、光コラボと比較するとどうしても割高になってしまいます。

また、プロバイダが別契約になっているため、月額料金の請求が別々になるのも難点でしょう。

このようにフレッツ光には他の光回線サービスには無いデメリットが多数存在しており、光コラボへの転用はますます進みそうです。

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
So-net光コラボ
フレッツ光回線を使ったSo-net光コラボ!auひかりが使えなくてもスマホセット割り|高額キャッシュバックはどこ?
ドコモ光
どこで申し込む?ドコモ光の月額料金やキャッシュバックを徹底比較|ドコモ光はプロバイダによって速度に違いがあった!
ソフトバンク光のキャンペーン
【ソフトバンクユーザー必見】ソフトバンク光の申し込みで損をしないためには?高額キャッシュバックを貰うための代理店選び
フレッツ光からauひかりへ乗り換え注意点
【フレッツ光からauひかりへ乗り換え注意点】フレッツ光解約時の厄介なプロバイダ連絡や違約金、電話番号継続方法などを徹底解説