1. NURO光ホーム
  2. NURO光の工事

賃貸でNURO光を導入する方法!工事内容を詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

NURO光に限らず、賃貸住宅で光ファイバーの導入工事を行うためには必ず大家さんに許可を得る必要があります。
マンションタイプなどで既に設備が導入されている場合は許可は不要ですが、設備のない集合住宅などでも、 賃貸住宅では許可が必須でしょう。

このページでは大家さんに許可を貰うコツなどを詳しく解説します。

大家さんに許可を取る裏技

NURO光は光ファイバーを使ったサービスなので、ケーブルを宅内に導入する必要があります。 賃貸で導入する場合、当然大家さんに許可を取る必要があります。

許可を取らなくても工事をするめる事は可能ですが、後々大家さんとトラブルになる可能性もあるので、必ず一言伝えて許可を取っておきましょう。

また、大家さんからの許可は基本的に口頭でもらえれば問題ありません。

ただ、集合住宅などで、MDF配電盤をつかった通常の工事ができる場合、許可が要らない場合もあります。
NURO光はマンションなら賃貸でも導入が簡単!

大家さんによってはインターネットの工事をあまり良く思わない方も居るでしょう。
特に年配の方だと、「良く分からない変な物をつけられたら困る」と言われ許可を貰えない可能性があります。

ただ、実際に光ファイバーの導入工事は、工事と呼べるようなものではなく、ごく簡単な配線作業だけで終了します。
工事と言われると大掛かりなものを想像してしまいますが、実際は1時間程度で終わる程度の物と理解しておきましょう。

ポイント1: NTTの工事が入る旨を説明

NURO光は設備こそSo-net自前の回線ですが、光ファイバー自体はNTTの物が利用されています。
そのため、電柱から光ファイバーの引き込みについてはNTTが担当します。

NTTであれば、信頼性が非常に高く、承諾してくれる可能性が高くなるかもしれません。

ポイント2:電話の導入工事である旨を説明

特に大家さんが年配の方だと、インターネットや光ファイバーと言ってしまうと、 難しく感じてしまい、拒否されてしまいます。

光ファイバーは実際、電話回線のインフラとして国からも認められているので、光ファイバーの工事は電話の工事と同等と考えていいでしょう。
そのため、インターネットではなく電話の導入工事であると説明すると、すんなりOKしてくれる可能性があります。

ポイント3:そもそも「工事」と言わない

「工事」と言ってしまうと、壁に穴を開けるなど大掛かりな物を想像してしまいます。 実際に光ファイバーの導入工事は工事とよばるような作業ではありません。

そのため、工事とは言わずに「新しい電話線の引き込み作業」などと説明したした方が納得がいきやすいかもしれません。

目次へ戻る↑

壁に穴あけが必要になった場合

NURO光の工事は宅内に光ファイバーを導入するのに、既存の電話配管が利用されます。
そのため、通常は壁に穴を空けるような事はありません。

仮に、電話の配管が使えなかったの場合、エアコンのダクトなどからの導入を試みます。 大部分のケースでは電話の配管かエアコンのダクトのどちらかで導入が可能です。

しかし、ごくまれに、どちらも使えなかった場合、壁にドリルで直径1cm程度の穴を空けて光ファイバーを導入する事も有り得ます。 さすがに、直径1cmの穴を空けるような事があると、大家さんも黙っていない可能性があるでしょう。

もし、このような事態になったら、許可を得られない可能性があります。

しかし、穴あけが必要になるケースは非常にまれです。 そのため、工事当日に、大家さんとすぐに連絡が取れる状態であれば、穴あけが必要になった時だけ大家さんに電話で許可を求めても問題ないでしょう。

目次へ戻る↑

光キャビネットの話もしておこう

NURO光の工事の特徴として、外壁に光キャビネットと呼ばれる光ファイバーを収納する箱を取り付ける必要があります。

建物の外観に関わることなので、大家さんによっては嫌がるかもしれません。 また、この光キャビネットを設置する際、直径4mm程度のビス穴が空いてしまいます。

NURO光を解約する時に、空いてしまったビス穴は、きちんと穴埋めをしてくれますが、外壁を傷つけることに変わりはありません。 工事後にトラブルにならないように、きちんと説明はしておきましょう。

外壁に取り付けられた光キャビネット
NURO光の光キャビネット

直径4mm程度の小さな穴である事を強調し、解約時にきちんと穴埋めをする事をきちんと伝えれば、許可を貰える可能性は高いと思います。

↑目次へ戻る

NURO光の工事方法

NURO光の工事はフレッツ光やauひかりなどと比べると少し特殊な方法で行われます。 通常は、電柱から光ファイバーを電話の配管を経由して宅内まで引き込みされます。

一般的な光ファイバーの工事
NURO光の工事

NURO光では、電話の配管を利用する上ではおなじなのですが、壁に外壁に光キャビネットと呼ばれる箱を取り付ける必要があります。

また、工事はNURO光を提供しているSo-netの工事と、NTTの工事の2回行われます。

まず、So-netが壁に外壁に光キャビネットを設置し、電話の配管を利用して光ファイバーを宅内まで引き込みします。
後日、NTTが電柱から光ファイバーを引き出し、外壁の光キャビネットに接続すればNURO光でインターネットが使えるようになります。

NURO光の導入工事
NURO光の工事

このように、NURO光は少し特殊な工事を行うため、開通まで少し時間がかかる場合があります。
フレッツ光などあれば、通常申し込みから2週間ほどで開通しますが、NURO光の場合1ヶ月ほどかかる可能性があるでしょう。

NURO光の申し込みは余裕を持って行うことをお勧めします。

目次へ戻る↑

NURO光はマンションなら賃貸でも工事が簡単

これまで、戸建てタイプの賃貸を前提にお話ししてきました。 しかし、NURO光の導入工事はマンションなどの集合住宅だと、工事方法が違ってきます。

すでに解説した通り、NURO光の工事は家の外壁に光キャビネットを設置し、電話の配管を通って光ファイバーを引き込みします。 しかし、マンションの場合、この光キャビネットの設置自体必要が無いのです。

通常、多くのマンションではMDFと呼ばれる配電盤が共有部分に設置されています。 このMDFを利用して光ファイバーを引き込みすることができるのです。

まず、1回目の屋内工事では、このMDFと宅内を光ファイバーで接続します。 So-netによる工事となり、約1時間程度で完了します。

2回目の屋外工事では電柱からMDFまで光ファイバーを引き込みます。

NURO光マンションでの工事方法

多くのマンションではMDF配電盤が設置されているので、インターネットの工事が安易に行うことが可能です。
そのため、お住まいのマンションにもよりますが、大家さんの許可などを取る必要が無い場合も多いでしょう。

詳しくはNURO光マンションミニなら手軽に入れられる!導入条件と確認方法をチェックをご覧ください。

MDF室の解錠を忘れずに!

多くのマンションに設置してあるMDF配電盤には鍵がかかっており、勝手に入れないようになっています。 工事の際、MDFの鍵がかかっているため、再工事になってしまう事が、多いので注意が必要です。

MDFの鍵は多くの場合、マンションの管理会社が管理しています。 1回目のSo-netの工事日が決まったら、なるべく早く管理会社に連絡し、MDFの解錠依頼を行いましょう。

管理会社に電話して「インターネットの工事があるので○月○日にMDFの解錠をお願いします」と言えば問題ありません。

MDFのない小規模アパートは要注意!

基本的にMDFを利用したインターネット工事は、どこのマンションでも想定されている工事内容なので、許可が下りないことは少ないでしょう。 しかし、問題はアパートなどの小規模集合住宅です。

MDFが設置されていない集合住宅では、通常の戸建てタイプと同じ工事が必要となるので、光キャビネットなどの設置が必要となります。 そのため、大家さんによっては許可を出してくれないこともあるでしょう。

目次へ戻る↑

賃貸の導入方法まとめ!NURO光のおすすめキャンペーンについて

すでに解説した通り、光ファイバーの工事は大掛かりな物ではなく、簡単な配線作業です。 そのため、賃貸であっても伝え方によっては簡単に許可が貰えるでしょう。

また、マンションの場合、MDFが設置してあることが多いので、光キャビネットも必要ありません。 MDFは光ファイバーの工事などが安易にできるようになっているので、許可と呼べるような物は必要ない事が多いでしょう。

ただし、集合住宅向けサービスであるNURO光マンションミニの導入は、7階建以下の建物に限定されてしまうので注意しましょう。

    賃貸でNURO光を導入する方法まとめ
  • 大家さんの許可は 簡単な配線作業と伝える
  • 戸建ての場合、光キャビネットのビス穴が空く
  • マンションの場合、MDFがあれば導入は簡単!光キャビネットも必要なし

NURO光キャンペーンの注意点

導入できることが分かれば、あとは申し込み先です。 NURO光は提供元であるSo-netに直接申し込みする方法の他にも、代理店経由での申し込みも受け付けています。

基本的にどこで申し込みしても、開通後のサービス内容や月額料金に違いが出ることはありません。

しかし、最初のキャッシュバックなどのキャンペーンは大幅に違ってくるのです。 きちんとキャンペーンを比較した上で申し込まないと、30,000円以上損をする可能性もあるでしょう。

また、キャッシュバックの金額が高いから必ずお得とは限りません。

代理店によっては申し込み後に、キャンペーン適用条件として高額なオプション申し込みが必要な場合もあります。 このオプションは開通後、半年から1年ほどは解約できないので月額料金が高額になってしまうでしょう。

そのため、せっかくキャッシュバックを貰っても、月額料金で相殺されてしまい、結果的に損をしてしまいます。

NURO光の申し込みはキャンペーンの適用条件をきちんと確認しましょう。

参考記事 厳選!NURO光キャンペーン比較

NURO光のキャンペーンは公式が安心

数あるNURO光の申し込み先の中でも、人気が高いのがSo-netが公式で行っているキャッシュバックキャンペーンです。 公式では複数のキャンペーンが実施されていますが、どれも金額換算すると20,000円前後となります。

しかし、公式のキャンペーンキャンペーンから申し込みすれば、35,000円のキャッシュバックが受け取れます。

また、公式キャンペーンなので、代理店などで行っているオプション申し込み条件は一切ありません。 そのため、デメリットなしである程度高額なキャッシュバックを受け取れる窓口と言えるでしょう。

公式であることの安心感や、オプション条件なしでの高額キャッシュバックなどで最も人気の高い窓口として知られています。

  • キャンペーン:35,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2019/2/1〜2019/2/28
  • 月額料金:4,743円
    ※戸建て、マンションミニ共通

申し込みページ: 【So-net公式】NURO光 35,000円キャッシュバック特設ページ

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
NURO光の工事費 NURO光の工事費は非常に高額!無料にする方法とカラクリを解説
NURO光の工事費はauひかりやフレッツ光と比べても割高です。しかしキャンペーンなどを上手く利用する事で高額な工事費を実質無料にする事が可能です。無料にするためのカラクリや...続きを読む
NURO光の2回目の工事 2回目の屋外工事はなぜ遅い?NURO光の工事内容と早く開通させる方法を解説
NURO光で特に遅いのが2回目の屋外工事です。1回目が完了してもなかなか連絡が来ない場合があるので、開通まで時間がかかる可能性があります。このページでは2回目の工事が遅い原因...続きを読む
NURO光の工事が遅い原因と対処方法 NURO光の工事が遅い原因と最短で工事するための方法を解説
NURO光の工事は宅内と屋外に分かれて行われるため開通が遅く時間がかかります。特に2回目の工事はなかなか連絡が来ない事も。このページでは開通が遅い原因と工事を早めるための裏...続きを読む
NURO光の工事比較 NURO光の特殊な工事!auひかりなどと比較してみた
NURO光は他の回線と比べて高速な通信が可能なため、導入工事も特殊な内容になっています。auひかりやフレッツ光など通常光ファイバーと比べて具体的にどのように違うのかを解説し...続きを読む
NURO光VDSL配線方式と光配線方式の違い NURO光はVDSL?マンションの配線方式の違いとは?
NURO光は他の回線と比べて高速な通信が可能なため、導入工事も特殊な内容になっています。マンションでは、VDSL、光配線という2つの配線方式がありますが、NURO光は光配線方式を採...続きを読む