1. NURO光
  2. サービス

【NURO光】Wi-fiが遅い!?ルーターを最新機種に交換する方法!

サービス

「せっかくNURO光が開通したのに、Wi-Fiが思ったより遅い…」

それ、実は今使っているルーター(ONU)が原因かもしれません。

もしも現在利用しているルーターが古い機種だった場合、最新機種に交換することで回線速度が大幅に改善される可能性があります。

この記事では、NURO光のルーターについて解説を交えつつ、ルーターを最新機種に交換する方法を紹介していきます。

ONUってなに?

ONU機器の写真。
■一般的に見られるONU。正式名称は「光回線終端末装置」。

私たちが自宅で光回線を利用する際、「ONU」という機器が必要となります。

なぜかというと、光回線で行われているデータのやり取りは全て光信号で行われているからです。

一方、パソコンやスマートフォンの通信はすべて電気信号で行われるため、光信号のままではインターネットを利用することができません。

そこでONUの出番です。
ONUは光信号と電気信号を相互変換する役割を持っています。

ONUを介して通信を行うことで、光信号は電気信号に、電気信号は光信号に変換され、インターネットが利用できるようになるのです。

NURO光のONUは市販、自前ルーターは不要!

NURO光のONU機器。
■NURO光はONU機器一つでWi-Fiも使える。

スマホやタブレットでインターネットを利用したい場合、Wi-Fi機能がついている「ルーター」が必要です。

ルーターはお金を払ってレンタルするか、自費で購入して用意するのが一般的です。
しかし、NURO光のONUには元々Wi-Fi機能がついているため、そういった手間は一切必要ありません。

ちなみに、このWi-Fi機能のついたルーターを自前で用意する場合、最低でも5,000円はかかります。

  • 現在ルーターを持っていない、もしくは購入を検討している
  • 毎月レンタル代金を払ってWi-Fiを利用している

上記に当てはまる人は、といった人は、Wi-Fi機能が無料で使えるNURO光がオススメです。

また、別途Wi-Fiルーターが必要ないため、毎月のレンタル料金が発生しないのもメリットでしょう。
当然、ONUのレンタル料金も発生しないため、毎月のランニングコストを節約できます。

NURO光の公式キャンペーンを利用すれば、無料レンタルに加えて45,000円のキャッシュバックが受け取れるため、さらにお得になります。

詳しくは後述のNURO光の公式キャンペーンはルーターレンタル永年無料をご覧ください。

元々使ってたルーターは使える?

元々自分でルーターを所持していた場合、NURO光のONUにつなげて使うこと自体は可能です。

ただし、NURO光のONUにはすでにWi-Fi機能がついているため、元々のルーターは中継器として利用するのをオススメします。

ルーターを中継器として使うと、NURO光のONUから少し距離が離れた場所でも、安定してインターネットを利用できるでしょう。

ルーターを中継器として利用する場合は、まずルーターの電源を切り、そのあとでルーターをブリッジモードに変更してください。

NURO光のONUは全部で5つ

NURO光のONUは全部で5つ!

現在、NURO光で提供されているONU(ルーター)は全部で5つあります。

この5つの機種のうち、最新の通信規格であるIEEE802.11acに対応している新型のONUは以下の2つです。

■NURO光の新型Wi-Fiルータースペック一覧
 
ZXHN F660A
ZXHN F660A
型番 ZXHN F660A HG8045Q
対応規格 11 a/b/g/n/ac
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
有線LAN速度 1000Mbps
(ポート数:3)
接続台数 10台 32台
無線LAN速度 1,300Mbps

一方、以下の3つのONUは旧型となっています。

■NURO光の旧型Wi-Fiルータースペック一覧
 
ZXHN-F660T.
HG8045j
HG8045D
型番 ZXHN F660T HG8045j HG8045D
対応規格 11 a/b/g/n
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
有線LAN
速度
1000Mbps
(ポート数:3)
無線LAN
速度
450Mbps

ぱっと見た感じでは、大きな違いはなさそうに見えます。
しかし、これらにはWi-Fiを利用するうえで忘れてはならない点があるのです。

新型機種と旧型機種の違いは対応規格

新型と旧型で大きく異なる点は、対応しているWi-Fiの通信規格です。

現在、ルーターの規格は以下のようになっています。

■Wi-Fiルーターの規格一覧
規格 周波数帯
IEEE802.11/b 2.4GHz
IEEE802.11/g 2.4GHz
IEEE802.11/a 5GHz
IEEE802.11/n 2.4GHz及び5GHz
IEEE802.11/ac 5GHz

無線LANの速度は対応している通信規格に大きく左右されます。

旧型のONUは一世代前に11nという通信規格に対応しており、速度は450Mbpsとなっています。
一方、新型のONUは最新のac規格に対応しており、1,300Mbpsでの高速通信が可能です。

旧型の速度も十分速くはあるのですが、新型はその3倍以上の速度で通信が可能なため、より快適にWi-Fiでインターネットを利用できます。

NURO光のルーターを最新機種に交換するためには?

NURO光のルーターを最新機種に交換するためには?

せっかくNURO光を利用しているのであれば、なるべくなら無線LANも速い方がよいでしょう。

先ほど紹介したONUですが、NURO光の申し込み時に自分で選択は出来ず、5つの中からどれか1つのONUが届きます。

もし届いたONUが旧型だと、どうしても有線で繋いだときと速度に差があるため、人によっては「Wi-Fiが思ったより速くない」と感じるかもしれません。
そういった場合は、ONUを最新機種に交換してもらうのがオススメです。

公式サイトには掲載されていませんが、NURO光ではサポート窓口に問い合わせをすればONUを無料で交換してくれます。

NUROサポート窓口

  • 電話番号:0120-65-3810(無料)
  • 時間:9:00~18:00

交換までの基本的な流れは、以下の通りです。

■NURO光のONU交換方法

  1. サポート窓口に電話をし、旧型のONUを新型と交換したいと伝える。合わせて受け取りと返却の日時を指定する。
  2. 指定日時に新型のONUを受け取る。
  3. 指定日時に旧型のONUを返却する。

以上の3つの手順でONUの交換は完了です。

なお、電話の際にユーザーIDとパスワードを聞かれる場合があります。
これらの情報はNURO光に申し込んだときに届く入会証に記載されているため、あらかじめ用意しておくのがよいでしょう。

なお、設置工事が2015年の8月31日以前の場合、税込10,800円の交換費用がかかります。
心配な方は、あらかじめ契約書等で確認しておくと良いかもしれません。

NURO光のルーターの交換について詳しくは、別記事のNURO光の最新ルーターの交換方法を解説をご覧ください。

ルーターを交換しても速度が変わらない…対処法はある?

ルーターを交換しても速度が変わらない…対処法はある?

無事に最新のルーターに交換できても、実際に使ってみるとさほど速度が上がらない場合もあるかもしれません。

その場合、何か他の要因が関係している可能性があるため、以下の3つの点についてチェックしてみてください。

■NURO光が遅いときの対処法

  • Wi-Fiを利用している場合はルーターの位置を変える
  • 有線接続の場合は、LANケーブルのカテゴリをチェック
  • スマホ、パソコンのネットワーク設定を再設定してみる

Wi-Fiを利用している場合はルーターの位置を変える

まず試してほしいのは、Wi-Fiルーターの設置場所を変えてみることです。

Wi-Fiルーターを利用している場合、ご自宅の間取りや設備、家具の配置等によっては、Wi-Fiで電波を飛ばしたときに速度が落ちてしまう場合があります。

適した設置場所についてはご自宅の状況によって変わりますが、可能であれば家具の配置換えも視野に入れてみてください。

スマホ、パソコンのネットワーク設定を再設定してみる

これまでは問題なくインターネットが使えていたのに、最近は思うように速度が出ないと感じているのであれば、Wi-Fiに接続する機器側の設定をもう一度やり直してみるのも有効です。

基本的に、Wi-Fi接続は一度設定してしまえば再設定の必要なくインターネットを利用できます。
しかし、長らくつないだままにしていると、まれに接続不良が起こる場合があるのです。

接続設定を再度行うことで、一時的な接続不良が改善され、以前のように問題なく使えるようになります。

有線接続の場合は、LANケーブルのカテゴリをチェック

もしルーターの配置換えや接続の再設定を行っても改善されない場合は、LANケーブルなどの周辺機器も合わせて見直してみると良いでしょう。

インターネットの通信速度は、経由する接続機器の一番遅い速度に統一されます。
つまり、いくら速い回線を契約していたとしても、最大100Mbpsのケーブルを使っていれば、最大100Mbpsまでしか利用できません。

そのため、速度を少しでも上げたいのであれば、速度に適したLANケーブルを用意する必要があります。

LANケーブルには、最大速度などによってカテゴリと呼ばれる規格で割り振られています。

■LANケーブルのカテゴリと速度
通信規格 対応LANケーブル 最大通信速度
10BASE-T カテゴリ3以上 10Mbps
100BASE-TX カテゴリ5以上 100Mbps
1000BASE-T カテゴリ5e以上 1Gbps
10GBASE-TX カテゴリ6以上 10Gbps

上記の表をもとに考えてみると、もし最大2GbpsのNURO光を契約していたとしても、カテゴリ5eのLANケーブルを利用していた場合、最大で1Gbpsまでしか速度が出ません。

そのため、NURO光でインターネットを利用するときには、カテゴリ6以上のLANケーブルで接続するのがベストです。

LANケーブルを購入する際の注意事項に関しては、別記事のLANケーブルのカテゴリの種類や違いと選び方をご覧ください。

NURO光の公式キャンペーンはルーターレンタル永年無料

NURO光の公式キャンペーンはルーターレンタル永年無料

NURO光を申し込む際、提供元のSo-netが行っているキャンペーンを利用すれば、永年無料で高性能ルーターを利用できます。

ルーターをレンタルすると、毎月500円前後のレンタル料金が必要なことが多いため、2年間の定期契約プランであればおよそ12,000円ものレンタル料金が必要です。

しかし、 NURO光の公式キャンペーン では、NURO光を契約している限りルーターのレンタル料金は永年無料のため、毎月のコストを削減できます。

さらに、45,000円の高額キャッシュバックも受け取れるため、総合的な還元額はかなり高額です。

公式キャンペーンについては、別記事のNURO光の公式キャンペーンを全種比較で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン:45,000円キャッシュバック
  • 月額料金:4,743円
    ※戸建て、マンションミニ共通

NURO光のルーター交換についてまとめ

NURO光のルーター交換についてまとめ

これまでの内容をまとめます。

■NURO光のルーター交換についてまとめ

  • NURO光のONUはWi-Fiも使える
  • 新しくルーターを用意する必要はない
  • 新型のONUは旧型に比べて速度が3倍以上
  • 旧型のONUは電話で新型に交換できる

現在、ONUの交換はあくまで非公式で行われているため、いつも無料である保証はありません。

もし自分の使っているONUが旧型だった場合は、早めに交換を済ませてしまいましょう。

関連記事
自宅のネット料金を徹底比較 最も安いネット回線はどれ?自宅のネット料金を徹底比較
サービス
自宅のネット回線で特に安く、なおかつ速度も速い回線を厳選。インターネットを選ぶ際、料金は非常に大事なポイントです。戸建てやマンションによっても選ぶ基準が変わってくるで...
NURO光のプラン「G2V」と「G2」の違いは? NURO光のプランG2VとG2の違いは3つ!G2は損?
サービス
NURO光の戸建て向けプランであるG2VとG2の違いを解説しています。結論としてお得なのはG2Vで、月額料金やキャンペーンに大きな差があるのです。NURO光の申し込みにおすすめのキャ...
NURO光の引っ越し NURO光の引っ越しで高額請求?解約金をかからないようにする方法
サービス
NURO光は引っ越しの手続きに対応していません。引っ越しをする場合一度解約する必要がでてきます。ただ、解約の場合、時期によっては高額な解約金が請求されることもあるのです。...
パソコンなし!それでもNURO光は必要?ポケットWiFi・スマホと比較 パソコンなし!それでもNURO光は必要?ポケットWiFi・スマホと比較
サービス
近年、スマホやタブレットの普及が急速に進み、自宅でネット環境を整えている方も多いのではないでしょうか。それとは対称的に、パソコンを自宅に持っている人は年々減少傾向にあ...
So-netってどんなプロバイダ?人気の秘密や提供サービスを解説! So-netってどんなプロバイダ?人気の秘密や提供サービスを解説!
サービス
So-netの会社概要や展開しているサービス、人気が高い秘密などをまとめています。また、So-netが行っている月額料金の割引キャンペーンについても解説しているので、So-netのサー...