1. NURO光
  2. サービス

フレッツ光からNURO光へ工事なしで転用?光コラボとの大きな違い

サービス

ソフトバンク光やドコモ光と言った光コラボ回線の場合、NTTの光ケーブルや設備を利用しています。
そのため、工事なしでフレッツ光から簡単に転用が可能です。

そのため、同じNTTの光ケーブルを利用するNURO光にも転用できると考える方も多いようです。

しかし、実際はフレッツ光からNURO光への転用はできません。
フレッツ光からNURO光に乗り換えするためには、フレッツ光を解約しNURO光に新規で申し込みする必要があります。

そこで今回は、転用や光コラボがどういったサービスで、なぜNURO光に転用できないのかを解説します。

光コラボとは?フレッツから転用できる秘密

光コラボへの転用

光コラボとはNTT東西が提供するフレッツ光の通信網を利用したインターネット接続サービスの総称です。
有名な光コラボだと、ソフトバンク光ドコモ光OCN光と言ったサービスが有名でしょう。

従来のフレッツ光では、別途プロバイダ契約が必要だったため、契約が複雑になる上に、料金も高くなってしまいました。
しかし、光コラボでは契約する事業者が一括してサービスを提供するので、料金の請求やサポートもすべて光コラボ事業者が行います。

光コラボは実質フレッツ光

光コラボは基本的にフレッツ光の回線が使われています。
回線だけでなく、宅内に置くONUなどのネットワーク機器やNTT局舎内の設備など、丸ごとフレッツ光が使われているのです。

あくまで、光コラボは契約上、光コラボ事業者と契約を結ぶだけで、実質フレッツ光を使っているのと違いがありません。
そのため、現在フレッツ光を使っていれば、安易に光コラボ事業者に転用することが可能なのです。

NURO光はNTTの光ファイバーを使っているだけ

一方、NURO光はフレッツ光とは全く別物です。
物理的な光ファイバーだけはNTTから借りていますが、宅内のONUや局舎内の設備まで、すべてSo-netが自前で用意しているのです。

設備だけでなく使われているアクセス網形態など、加入者への光ファイバーの提供方法自体違います。

フレッツ光とNURO光は全く別物なので、フレッツ光からNURO光に転用することはできません。

光コラボ ONU、局舎設備、アクセス網など、フレッツ光の物を丸ごと利用
NURO光 NTTの光ファイバーを利用。ONU、局舎内設備、アクセス網など全く別物

フレッツ光からNURO光への乗り換えは工事が必要

フレッツ光からNURO光への乗り換え工事

すでに解説した通り、フレッツ光とNURO光は全く別物なので、乗り換えをする際に、工事が必要です。

また、現在フレッツ光を使っている方であれば、光ファイバーがすでに宅内に引き込まれています。

一見、この引き込み済みのケーブルが使えそうですが、実はNURO光では新たに光ファイバーを引き込む必要が出てくるのです。

NURO光の開通工事

NURO光の開通工事は2回に分かれて行われます。
1回目の工事がSo-netによる宅内工事、2回目がNTTによる屋外工事です。

この2つの工事が無事完了した時点でNURO光を利用することができます。

NURO光の開通工事

1回目の工事でSo-netが自宅の壁の外壁に光キャビネットと呼ばれる収納ボックスを取り付けます。
この光キャビネットから電話の配管などを利用して光ファイバーを引き込みします。

2回目の工事ではNTTが最寄りの電柱から光ファイバーを引き込み光キャビネットへ接続します。

NURO光マンションでの工事方法

NURO光をマンションなどの集合住宅で利用する場合、2つのプランが用意されています。

1つはNURO光 for マンションです。
こちらは、マンション自体にNURO光の設備が入っていないと利用できません。東京の都心部でも利用できるマンションは数えるほどしか存在しないので、利用できる可能性は低いでしょう。

利用できる可能性が低い上に、使えたとしても工事と呼べるような作業は必要ないため、ここでは説明を省きます。

2つ目はNURO光マンションミニです。
このプランは戸建てタイプのNURO光をそのままマンションに入れるイメージで提供されます。

フレッツ光のマンションタイプとは違い、マンションの他の住人と回線を共有する必要がないため、戸建てタイプ並みの速度が期待できます。

このマンションミニの場合でも、戸建てと同じように2回の工事が必要です。

NURO光マンションの工事

まず、So-netによる宅内工事では、MDFと呼ばれるマンションの配電盤から電話の配管を通り宅内まで光ファイバーを引き込みます。
この配電盤は、多くのマンションに設置してあり、各戸へ電話の配線を分配する役割を持つものです。

また、このMDFには鍵がかかっていることが多いでしょう。
NURO光の工事の際、MDFに鍵がかかっていると工事ができず延期になってしまうこともあります。

そのため、1回目の工事までに、必ずマンションの管理会社に連絡して、MDFの鍵を開けてもらうように手配しましょう。

1回目の工事が終われば、次はNTTによる2回目の工事が行われます。
最寄りの電柱から光ファイバーを引き込み、MDF内で、引き込み済みの光ファイバーと接続を行います。

この2回目の工事が完了すれば、マンションでもNURO光が使えるようになります。

NURO光はどこで申し込む?キャンペーンの注意点

NURO光はSo-netが提供しているサービスですが、申し込み自体はSo-net以外からでも行えます。
多くの代理店がNURO光の取次を行っており、独自のキャンペーンが適用されるのも魅了でしょう。

ただ、注意しなければならないのが、代理店によってはキャンペーンの適用に厳しい条件を付ける場合があります。

最も多い事例が、オプションサービスへ申し込みさせられることです。
テレビサービスポケットWi-Fiなどのモバイル通信、電話のオプションパックなどのオプションを申し込みしないとキャッシュバックがもらえません。

しかも、これらのオプションは数カ月から1年ほど解約ができないため、せっかくもらったキャッシュバックが無駄になってしまいます。

こうしたキャンペーンを避けるためには、So-netの公式キャンペーンからの申し込みがおススメです。
公式ページから申し込みすれば、このような代理店特有のトラブルを避けることができます。

また、So-netでは複数の公式キャンペーンが実施されており、その中から好きなキャンペーンを選べるようになっています。
中でも、最もお得度が高いのがキャッシュバックキャンペーンでしょう。NURO光に申し込みするだけで、無条件に45,000円のキャッシュバックが受け取れます。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン:45,000円キャッシュバック
  • 月額料金:4,743円
    ※戸建て、マンションミニ共通

また、公式キャンペーンではキャッシュバック以外にも月額料金を大幅に安くするキャンペーンが存在します。
例えば、ワンコインキャンペーンでは、NURO光の月額料金が500円になるので、一見キャッシュバックを貰うよりもお得でしょう。

しかし、当然、ずっと500円で利用できるわけではありません。500円で使えるのは最初の3カ月間だけで、4ヶ月目以降は値上げしてしまいます。
最終的に、このワンコインキャンペーンで割引される金額は20,000円程度となるので、あまりお得とは言えないでしょう。

関連記事
自宅のネット料金を徹底比較 最も安いネット回線はどれ?自宅のネット料金を徹底比較
サービス
自宅のネット回線で特に安く、なおかつ速度も速い回線を厳選。インターネットを選ぶ際、料金は非常に大事なポイントです。戸建てやマンションによっても選ぶ基準が変わってくるで...
固定IPアドレスって何?NURO光で使える? NURO光のIPアドレスは半固定!完全固定IPを利用する方法とは?
サービス
結論から言うと、NURO光のIPアドレスは変動型となっています。しかし、実際にNURO光を利用している人の様子を見ると、「IPアドレスがほとんど変わらない」といった場合がほとんど...
NURO光引越し前にすべきことまとめ NURO光の引越し前に!お得に使うために確認すべきことと注意点
サービス
NURO光の引越し前にしておくべき手続きやお得なキャンペーンについて解説しています。NURO光を引越し先でも引き続き使いたいと考えている方も多いでしょう。NURO光ではお引越しキ...
NURO光のプロバイダまとめ NURO光はプロバイダ不要!いまさら聞けないプロバイダの役割も解説
サービス
NURO光のプロバイダと、プロバイダの役割について解説しています。ネットを利用する際、回線事業者とは別にプロバイダとの契約が必要ですが、NURO光はプロバイダ一体回線であるた...
So-netってどんなプロバイダ?人気の秘密や提供サービスを解説! So-netってどんなプロバイダ?人気の秘密や提供サービスを解説!
サービス
So-netの会社概要や展開しているサービス、人気が高い秘密などをまとめています。また、So-netが行っている月額料金の割引キャンペーンについても解説しているので、So-netのサー...