So-net×フレッツ光は大損?フレッツ光に隠された落とし穴とは…

ホーム

フレッツ光はNTT東日本及び西日本が提供しているサービスで、提供エリアも広く利用者数も圧倒的に多いサービスです。

光ファイバーを使ったインターネット回線の申し込みを検討している方の中には、フレッツ光を視野に入れている方も多いでしょう。

しかし、フレッツ光には大きな落とし穴が存在し、他のサービスと比較すると損をしてしまう可能性があります。

そこで、今回はSo-netのフレッツ光コースに重点を置き、フレッツ光の欠点や他社サービスとの比較をまとめてみました。

フレッツ光のデメリットとは?まとめて解説

フレッツ光のデメリットをまとめて解説

光ファイバーを使ったインターネット回線と言えば、フレッツ光が最も有名でしょう。

フレッツ光は、NTTがサービス提供しているだけあって信頼性が高く、光回線の中では日本で最も高いシェアを誇る回線です。

ただし、フレッツ光にはいくつかのデメリットが存在します。

フレッツ光の料金は高すぎる

フレッツ光の最も大きなデメリットは、月額料金が高いことでしょう。

たとえば、東日本エリアでフレッツ光を利用すると、月額料金は5,940円です。
ただ、1Gbpsのコースを2年契約で申し込むと割引が適用されるため、月額料金は5,170円まで下がります。

戸建てタイプの場合、auひかりでも2年契約で月額5,720円、ソフトバンク光でも同じく2年契約で5,720円が必要なため、決して高くはないでしょう。

しかし、フレッツ光の場合、NTTとは別にプロバイダとの契約が必要なので、別途プロバイダ料金が発生します。

通常、大手プロバイダだと月額1,200円ほどの利用料金がかかるので、フレッツ光の5,170円と合わせると月額6,370円かかる計算です。

もしプロバイダをSo-netにしてフレッツ光に申し込んだ場合、So-net側で2年契約を組めばプロバイダ料金が月額1,320円から1,100円に割引されます。
それでも、月額料金が月額6,270円かかるのです。

auひかりやソフトバンク光など、他社回線では別途プロバイダ料金が必要ないため、フレッツ光の月額料金の高さは明らかと言えるでしょう。

プロバイダと回線の2個所から請求される

すでに解説した通り、フレッツ光では必ず別途プロバイダ契約が必要です。
つまり、2つの会社との契約が必要なため、料金も2個所に払わなくてはいけません。

なかには、フレッツ光との料金を合算できるプロバイダも存在します。
ただ、このように料金を合算して請求可能なプロバイダはごくわずかです。

フレッツ光は300社以上のプロバイダに対応していますが、料金合算が可能なのは下記の10社に限られています。

■料金合算可能なプロバイダ

@nifty、AsahiNet、BB.excite、BIGLOBE、DTI、hi-ho、OCN、plala、So-net、WAKWAK

これらのプロバイダ以外を使う場合、必ず請求が別々になるため、支払いが面倒になるデメリットが生じるでしょう。

目次へ戻る↑

現在はフレッツ光よりも光コラボが主流

現在はフレッツ光よりも光コラボが主流

フレッツ光は別途プロバイダ料金が必要となるため、どうしても月額料金が高くなってしまいます。
So-netのフレッツ光コースでも、So-netとNTTの両方と契約するため、戸建てタイプで月額6,170円、マンションだと月額3,950~4,950円かかってしまうのです。

そこで、現在フレッツ光に代わって主流になっているサービスが光コラボ回線です。

光コラボとは、プロバイダなどの回線設備を持たない通信事業者が、NTTからフレッツ光の設備や回線を丸ごと借り入れてサービス提供を行っている業者を指します。

光コラボの最大のメリットとして、フレッツ光と比べて月額料金が安くなったり、各通信事業者の独自の割引が適用される点が挙げられるでしょう。

例えば、So-netの光コラボである So-net光プラス に申し込みすると戸建てで2年間3,780円、マンションだと2,780円で利用できます。

■So-net光コラボとフレッツ光の料金比較
住戸タイプ So-net光コラボ So-net
with フレッツ光
戸建て 3,780円 6,270円
マンション 2,780円 3,685〜4,785円

So-net光プラスでは、公式サイトからの申し込みで2年のあいだ月額料金に割引が適用され、戸建ては総額67,152円、マンションは総額64,752円が割引されます。

So-net光プラス公式ページ
  • キャンペーン
    月額料金大幅割引
    戸建て:総額67,152円
    マンション:総額64,752円
    工事費無料
  • 月額料金
    戸建て:3,780円
    マンション:2,780円

詳しいキャンペーン内容についてはSo-net光コラボのキャンペーンをご覧ください。

So-net光プラスはauスマートバリューが適用可能

So-net光プラスはauスマートバリューが適用可能

So-net光コラボは、ソニーグループであるSo-netが提供しているサービスです。
しかし、auひかりやauスマホなどを提供しているKDDIと提携しているため、auスマホのセット割であるauスマートバリューが適用できます。

auスマートバリューとは、auスマホ・携帯電話と固定回線をセットで利用すると、毎月割引が受けられるサービスです。

そのため、サービス提供エリア外やマンションが対応していないなどの理由でauひかりが使えなくても、So-net光コラボを契約すればauスマートバリューを適用できます。

また、スマホで利用しているデータ容量に応じて最大1,100円の割引が適用でき、家族にauスマホ・携帯電話を使っている方がいるなら、家族分の契約もスマホ割の対象です。

■auスマートバリューの割引額
データプラン 割引額
使い放題MAX
5G/4G
1,100円
ピタットプラン5G/4G ~1GB:対象外
1~7GB:550円
povo なし

auスマートバリューの詳細については、別記事のauスマートバリューの適用方法と注意点をご覧ください。

フレッツ光に対応していればSo-net光コラボに申し込み可能

So-net光プラスは、So-netがフレッツ光の回線や設備を丸ごと借り入れて提供されているサービスです。
そのため、フレッツ光が使える地域であればSo-net光プラスも利用できます。

また、マンションなどの集合住宅にお住まいの場合、フレッツ光しか対応してないケースが多く、auひかりやNURO光などの他社回線も諦めていた方も多いでしょう。

しかし、So-net光プラスはフレッツ光の設備が使われているので、フレッツ光に対応している集合住宅であれば問題なくSo-net光プラスにも申し込めます。

転用なら工事不要でSo-net光プラスへ

So-net光プラスを希望する場合、フレッツ光ユーザーなら転用で簡単に乗り換えが可能です。

転用は、フレッツ光で使っている設備をそのまま再利用するため、物理的な工事不要となります。

ただ、利用中のフレッツ光がかなり古いプランだった場合は、モデムが対応していないケースがあるため、その際はモデム交換が必要です。

また、プロバイダの解約は別途手続きしなければならないので注意しましょう。

So-net光プラス以外の光コラボにおいても、事業者変更により転用と同じ流れでSo-net光プラスに乗り換えができるので非常に便利です。

工事不要の転用については『フレッツ光転用に関する詳細情報』をご覧ください。

目次へ戻る↑

フレッツ光や光コラボの速度に満足できない場合は?

フレッツ光や光コラボの速度に満足できない場合は?

So-net光プラスは、フレッツ光の回線が使われているので、速度的に満足ができない方も多いでしょう。

同じ1Gbpsの回線であってもフレッツ光は回線の共有人数が多く、速度が出にくいと言われています。

So-net光コラボ以外にも、ソフトバンク光やビッグローブ光と言った光コラボ事業者に関しても同様で速度があまりでない可能性もあるでしょう。

そのため、速度重視の方にはSo-net光プラス以外の回線がおすすめです。

そこで、回線速度に定評があるauひかりとNURO光について解説します。

全国展開!安定した速度のauひかり

全国展開!安定した速度のauひかり

So-net光コラボのように全国的に利用できる回線でおすすめなのがauひかりです。

フレッツ光と同じく最大1Gbpsのサービスですが、技術的な共有方法の違いから速度がでやすいと言われています。
詳しくはauひかりとフレッツ光の速度の違いをご覧ください。

現在、auひかりは7つのプロバイダに対応していますが、料金や割引などに違いはありません。
また、回線品質に関してもKDDI側の設備が重要なため、プロバイダごとの違いはほとんど無いと言えるでしょう。

そのため、申し込み時のキャンペーン内容でお得度が決まります。

各プロバイダごとの違いについてはauひかりプロバイダのキャンペーンや速度の違いをご覧ください。

とくに、大幅な月額料金の割引キャンペーンを行っているSo-netは、auひかり対応プロバイダのなかも、還元額が高額なのでおすすめです。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額85,784円
    マンション:総額78,120円
  • キャンペーン期間:2021/4/1~2021/4/30
  • 戸建てタイプ月額料金:3,798円
  • マンションタイプ月額料金:2,300円

世界最速の最大2Gbps!NURO光

世界最速の最大2Gbps!NURO光について

CMなどでも言われていますがSo-netが提供しているNURO光は世界で最も速い家庭用インターネット回線として知られています。

他社のインターネット回線の場合、最大速度はどんなに速くても最大1Gbpsでした。
しかし、NURO光の場合は最大2Gbpsで利用することができるので、他社回線と比べて圧倒的な回線速度が期待できます。

また、速度の割に月額料金も安く、高機能なセキュリティソフトや高速規格に対応したWiFiルーターが無料で装備されています。
他社と比べると、かなりコストパフォーマンスが非常に高い回線と言えるでしょう。

ただ、提供エリアが関東地方に限定されており、集合住宅に関しては階数制限などもあるので、場合によっては利用できない場合もあります。

NURO光の詳しい導入条件やキャンペーンについてはNURO光特集!キャンペーンや速度、料金を丸ごと比較をご覧ください。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン:45,000円キャッシュバック
  • 月額料金:5,217円
    ※戸建て、マンションミニ共通

目次へ戻る↑
関連記事
ADSLと光回線の違いについて ADSL回線と光回線の違いを比較!速度や料金、乗換えの注意点まで
ホーム
ADSLと光回線はケーブル素材が違います。ADSLは電話回線、光回線は光ファイバーを使っており、通信速度を比較すると大きな違いが生じます。また、ADSLは2025年を目処に各社サービ...
auひかりへの転用は可能なのか フレッツ光からauひかりに転用は不可!ソフトバンク、ドコモ光と比較
ホーム
フレッツ光からauひかりへの転用はできません。auひかりはフレッツ光とは別の光回線網を利用したサービスで、乗り換えるためには、auひかりの開通工事とフレッツ光の撤去工事が発...
5社の解約金を比較 光回線の解約金を比較 | 解約金をゼロにする方法は?
ホーム
この記事では、光回線5社の解約金を比較しています。解約金は、更新期間に解約すれば無料になりますが、お得なキャンペーンの利用で無料にすることも可能です。そんなお得なキャン...
光回線とスマホのセット割はお得じゃない?格安スマホと比較してみた 光回線とスマホのセット割はお得じゃない?格安スマホと比較してみた
ホーム
auひかりとauスマホのセット割など、スマホと光の割引が主流になってきています。しかしこの割引にはいくつか条件があり、人によっては大して安くならない場合があります。そんな...
メガエッグとauひかりの比較 中国エリアに住むなら?メガエッグとauひかりの速度や料金を比較してみた
ホーム
メガエッグとauひかりについて、料金や速度などを比較・解説しています。中国地方にお住まいの方が光回線を契約する場合、中国地方限定の回線であるメガエッグを選択肢のひとつに...