光とスマホのセット割じゃ大して安くならない?格安スマホと比較してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりとauスマホのセット割りであるスマートバリューは非常に有名ですが、人によってはスマホセット割りの恩恵を受けられない場合もあります。 また、大手キャリアスマホ(docomo、au、SoftBank)で利用できる無料通話も、今やラインなどの無料アプリの登場で価値を失いつつあります。

月額料金だけ高いキャリアスマホを使い続けるより、割引や無料通話が利用できない変わりに、月額料金が大幅に安くなる格安スマホが人気を集めています。

インターネット回線については最も安いネット回線はどれ?自宅のネット料金を徹底比較で解説しています。

通話はラインとかで十分!?格安スマホの方が安くなる条件

無料通話は価値がない!

キャリアスマホの場合、少なくとも月額6,000〜7,000円かかります。
月額料金は高いのですが、その代わりに日本全国カケ放題の無料通話が付いています。友人や恋人と通話料を気にせずにいつまでも話が出来るので、かなりお得なサービスです。

しかし、こカケ放題サービスですが、何年も前であれば画期的だったかもしれませんが、現在ではほとんど価値が失われてしまいました。 なぜなら、最近では家族や友達との通話ぐらいであれば、ラインなどの無料通話アプリで十分だからです。

スマホでインターネットさえ繋がっていれば、スマホの通話機能を使わなくても、アプリなどで無料通話が実現できてしまうので、ほとんど無意味でしょう。
格安スマホに変更すれば、無料通話は利用できなくなりますが、月額2,000〜3,000円ほどで利用できます。

無料通話はあまり使い道が無い!
ラインなどの無料通話アプリで十分

スマホセット割りはあまり意味がない!

大手キャリアスマホであれば、固定回線とのセット割りが適用できます。 auスマホならauひかり、SoftBankスマホならソフトバンク光、docomoスマホならドコモ光でセット割りになります。

しかし、このセット割りを適用するためにはいくつかの条件もあります。
通常は月額500円の固定電話の申し込みが必要です。つまり家電の事です。 最初から固定電話が必要な方であればいいのですが、そもそも家電が必要ないのであれば、月額の負担が増えてしまいます。

また、ソフトバンク光ではスマホセット割りの条件として光BBユニットと呼ばれる機器をレンタルしなければなりません。 そのため、月額1,000円程度のオプション料金が余計にかかってしまいます。

これだけなら、割引額があるていど多ければ許せるかもしれません。 しかし、スマホセット割りの割引額はスマホで契約しているデータ容量によって変わってきます。 例えば、スマホのデータプランを月間1GBや2GBなどの低いプランにしている場合、毎月の割引額は500〜1,000円程度です。

そのため、無料通話なども必要ないのであれば、固定回線とスマホセット割りを諦めて、格安スマホに乗り換えた方が明らかに安く使えます。

光ファイバーとスマホセット割りは
スマホのデータ容量が大きく無いと割引額が非常に少ない

 

格安スマホはこんな人におすすめ!
  • キャリアスマホの無料通話はあまり使わない!ラインなどの無料通話アプリで十分
  • データ容量を安いプランに設定しているので、固定回線とのスマホ割の割引額も少ない

 

繋がりやすさ、回線品質はどれも一緒!

日本で携帯電話事業を始めるには、必ず総務省から特定の周波数を使うためのライセンスを取得しなければなりません。 しかし、このライセンスは数に限りがあるため、どこの事業者でも簡単に取得できる訳ではありません。

日本でライセンスを所有しているのはdocomoやKDDI、SoftBankと言った大手通信事業者だけです。

それでは、格安スマホを提供している事業者はどうすればいいのでしょうか? これらの、事業者はライセンスを所有している事業者から回線を借りる事が出来ます。これをMVNOと呼びます。

現在格安スマホを提供している事業者のほとんどはdocomoから回線を借りています。 そのため、どこの格安スマホで契約しても、docomoの回線に変わりは無いので、繋がりやすさや回線品質は全く同じになります。

ただ、UQモバイルなど一部の事業者ではKDDI、つまりauの回線を使っている場合もあります。

格安スマホの回線は、ほとんどdocomo回線!
なので、どの格安スマホでも回線品質は同じ

 

格安スマホおすすめ事業者

すでにご説明した通り、格安スマホはどこで契約しても回線品質、繋がりやすさはほとんど違いがありません。 そのため、格安スマホを選ぶポイントとして、月額料金や、月間のデータ容量の多さなどで選びましょう。

U-mobile 大容量通信に最適

月額料金(通話対応プラン)
  • 容量3GB:1,580円
  • 容量5GB:1,980円
  • LTE使い放題:2,980円


U-mobileはデータ容量プランが3GBと5GBしかなく、自分の使い方にあった柔軟なプラン選びが難しくなってしまいます。 しかし、その代わりにU-mobileではLTE使い放題プランが用意されています。

月間のデータ容量の制限なくインターネットに接続できるので、頻繁に動画を見るなど大容量の通信を行う方に向いています。
他社の格安スマホのデータプラント比べても、U-mobileの使い放題プランは、データ容量の大きいプランの中では最もコストパフォーマンスが良いプランの1つです。

公式ページ u-mobile 格安スマホ LTE使い放題!データ無制限

 

UQ mobile 格安スマホでも無料通話

月額料金(通話対応プラン)
  • 容量2GB:1,980円(無料通話 90分)
  • 容量6GB:2,980円(無料通話 180分)


UQ mobileはU-mobileと同じくデータプランの選択肢が少なく、あまり柔軟なプラン選びが出来ません。 しかし、UQ mobileの特徴として格安スマホには非常に珍しい無料通話が付いてきます。

データ容量2GBプラン(月額1,980円)で90分(3,600円相当)、 データ容量6GBプラン(月額2,980円)で180分(7,200円相当)の無料通話がセットになっています。

大手キャリアスマホのようにカケ放題までは要らないが、格安スマホでも多少通話を使う方にとっては、他社の格安スマホよりも通話料を安く抑える事が出来ます。

公式ページ UQ mobile 格安スマホ 無料通話付き 1,980円~

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
工事なし!Softbank Airの特徴を徹底解説!デメリットにも注意しよう Softbank Airは開通工事なしでルーターを設置するだけでインターネットが使えるため、注目を集めている回線です。またスマホ割や速度制限無しも人気の秘密です。しかし、速度面や...
九州限定BBIQとauひかりを徹底比較!料金や速度、キャンペーンの違い 九州では九州限定インターネットであるBBIQが有名です。auひかりと同じ用にauスマホとのセット割りを適用する事も可能。BBIQとauひかりの違いを料金や工事費、速度やキャッシュバ...
法人、SOHO、個人事業で後悔しない厳選ネット回線!未だにフレッツ光がおすすめ
他社回線
事業をやる上でネット回線は必需品です。しかし個人契約と違い、事業に最適のネット回線を選ぶのは非常に難しいでしょう。このページでは法人など事業に最適な電話サービスや個人...
MEGAとauひかりの違いを詳しく比較!料金や速度、キャンペーンの違い 中国地方で人気の高いインターネットが中国電力が提供するMEGA EGGです。中国地方限定で、サービスや回線品質に定評があります。しかし、高額な違約金やキャンペーンなどいくつか...
フレッツ光でキャッシュバックが貰えない本当の理由|高額還元はウソ 4〜5万円、まれに10万円を超えるようなキャッシュバックを目にする事が多いフレッツ光のキャンペーン。ほとんどの場合キャッシュバックが貰えない落とし穴が存在します。フレッツ...