auひかり乗り換えガイド> auひかり基礎知識>auひかりのキャンセル料

間違えて申し込んだauひかりの工事費やキャンセル料は請求される?

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今では、自宅にインターネットの回線を引き込んでいるのがほとんどですが、このインターネット回線を販売している代理店がしつこい営業を行ったり、法的にギリギリとも言える悪質な勧誘を行う代理店も少なくありません。

実際にこういった悪質な営業の結果、希望していなかった契約を交わしてしまったり、うっかり申し込みをしてしまい後悔した経験のある人もいるかと思います。

今回は、auひかりを間違えて申し込んでしまった場合や、強引に契約をさせられてしまった場合にキャンセルが出来るのか、その場合キャンセル料は発生するのかなどをご紹介していきたいと思います。

auひかりの申込窓口

まずは、auひかりはどういった場所で申し込みが出来るのかをご紹介していきたいと思います。

KDDI公式ホームページ

auひかりを申し込む代表的な窓口と言えば、KDDIの公式ホームページになります。

申込をするための操作は非常に簡単で、ホームページ上にある申込ボタンから利用地域や申込サービスを選択していくことで申し込みを行うことが可能になっています。

また、画面を進めていくと、実際に支払う料金を確認出来る料金シミュレーションページがありますので、安心して申込を行うことが出来ます。

ホームページから申し込むのが難しい場合は、ホームページに書かれているカスタマーセンターへ電話で申し込みをすることも可能です。

auショップやKDDI公式申し込みで大損?

プロバイダのホームページ

auひかりを利用するにあたり、7つのプロバイダから好きなプロバイダを選ぶようになっていますが、このプロバイダのホームページからauひかりを申し込むことも可能になっています。

プロバイダのホームページから申し込むメリットとしては、KDDIが公式で行っているキャンペーンの他に、プロバイダが独自に行っているキャンペーンを利用出来るという点です。

各プロバイダに関しては、auひかりプロバイダのキャンペーンや速度の違い別記事でまとめていますので、チェックしてみて下さい。

申込に伴う操作方法は、KDDI公式ホームページとほとんど変わりませんので、申込サービスをじっくり選びながら、高額なキャッシュバックを受け取ることが出来るのが特徴です。

auショップや家電量販店

ホームページや電話からではなく、auショップや家電量販店など、対面方式でauひかりを申し込むことも可能です。
店員さんにわからないことや不安な点を相談しながら申し込みが出来るので、パソコンの操作が苦手な人にはオススメです。

また、その店舗でキャンペーンを行っていればキャッシュバックなどのサービスを受けることも可能ですが、他の申込方法に比べると金額は低めなことが多いのがデメリットです。

auひかり販売代理店

auひかり販売代理店で申し込みを行う場合、自分からホームページや電話で申し込みを行う場合と、電話や訪問などの勧誘で申し込む場合の2つのパターンが存在します。

自分から申し込みを行う場合は、事前に料金やキャンペーンの下調べを行うことが出来ます。しかし、電話で問い合わせをした際に「即日申込でないとキャンペーンは適用出来ない」と言われたり、巧妙な話術で希望しないサービスを申し込んでしまう可能性もあります。

また、電話や訪問勧誘の場合も同様に、「安くなる」「今よりも速くなるので快適に使える」「キャッシュバックもたくさん受けられる」などといった強引な勧誘で、希望していない申し込みをしてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

↑目次へ戻る

auひかりは申込後にキャンセル出来るのか?

では実際に、希望していなかった申し込みをしてしまった場合、auひかりをキャンセルすることは出来るのでしょうか。
どういったタイミングならキャンセルが出来るのか、キャンセル料は発生するのかなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

工事前なら無料でキャンセル可能

auひかりは基本的に、どの窓口から申し込みをした場合でも、工事をする前であれば無料でauひかりをキャンセルすることが可能になっています。

実際の回線開通工事は申し込みをしてすぐに行われるわけではなく、2週間から4週間ほど期間があくのが一般的ですので、その間にキャンセルを行えば問題はありません。

間違って申し込みをしてしまった場合や、希望しない申し込みをさせられてしまった場合などは、必ず工事を行う前にキャンセルをするようにしてください。

代理店へのキャンセル料は支払わなくてOK

工事前のキャンセルを代理店に申し出た際、キャンセルは出来るがキャンセル料が発生すると言われることがあります。

本来、工事を行う前であればキャンセル料は発生しませんが、悪質な代理店の場合はこのようにキャンセル料を請求してくる場合があります。

ですが、キャンセル料を請求されたとしても支払う必要はありません。
本来、工事費などauひかりに関する料金はKDDIへ支払うものですので、代理店からキャンセル料を請求されたとしても支払う必要は全くありません。

また、一度申し込んだ契約をキャンセルすることは出来ないと言ってくる代理店が存在しますが、そういった場合は初期契約解除制度が利用出来ることを代理店に申し出てください。

この初期契約解除制度という仕組みは、平成28年5月に改正された改正電気通信事業法令に導入されたもので、これにより消費者は契約から8日以内であれば契約者都合であったとしても、契約をキャンセルすることが認められています。

詳しくはauひかりで損をするキャンペーンの例でも紹介しています。

強引な手口で申込をさせられてしまった場合でもキャンセルは出来ますし、代理店へキャンセル料を支払う必要はありません。

その他悪質な代理店への口コミについてはauひかりキャンペーンについて評判や口コミを調査!も参考にしてください。

キャンセルはKDDIへ連絡

希望しない契約を交わしてしまったのでキャンセルをしたいけれど、代理店へキャンセルを申し出にくいと思われる方は少なくないと思います。

実は、工事前に契約をキャンセルしたい場合は代理店へ申し出る必要はなく、KDDIのカスタマーセンターへ連絡をすればキャンセルをすることが出来るのです。

代理店はあくまでも申し込みの受付を行う窓口であり、それ以降の工事手続きはKDDIが行います。ですので、キャンセルに関する連絡は代理店へする必要はありません。

キャンセルの連絡はKDDIへするようにしてください。KDDIの窓口でしたら、スムーズにキャンセル手続きを行うことが出来ます。

また、申込をした後には必ず工事前にKDDIから工事日の電話連絡がありますので、そのタイミングにキャンセルを申し出ることも可能です。

■KDDIカスタマーセンター
電話番号:0077-777 (通話料無料)
受付時間: 9:00〜20:00 (年中無休)

工事をした後のキャンセルは有料になる

工事を行う前であれば無料でキャンセルが出来ますが、工事を行った後は回線が開通したことになりますので、キャンセルをするには料金が発生してきてしまいます。

これはauひかりに限らず、光回線を工事後にキャンセルする場合は「キャンセル」ではなく「解約」という扱いになるためです。

この場合、開通した日から解約する日までの日割り料金や違約金、工事費などが発生し、解約するタイミングや契約したプランによっては50,000円近くの料金が発生してきてしまうこともあります。

では、悪質な勧誘などで望まない契約をしてしまった場合でも、この金額を支払う必要があるのでしょうか。

実は、auひかりでは先ほどご紹介した「初期契約解除」という制度を設けているので、この制度を利用すれば以下の料金のみで契約を解除することが可能になっています。

<初期契約解除を利用した際に発生する料金>

残念ながらすべて無料になるわけではありませんが、2年、3年契約などに関する違約金を回避することが出来ます。また、工事費に関しては上限が設けられていますので、上記の金額で解約をするよりも安く済ませることが出来ます。もし工事後に契約を解除したい場合は、初期契約解除が利用出来る期間をしっかりと調べておくようにしてください。

■工事後のキャンセルにかかる料金
金額 解約時に発生する料金 初期契約解除制度を利用した際に発生する料金
登録料 3,000円 3,000円
違約金 2年契約(ホームタイプ):9,500円
3年契約(ホームタイプ):15,000円
お得プランA(マンションタイプ):7,000円
なし
工事費 戸建:最大37,500円
マンション:最大30,000円
戸建:最大25,000円
マンション:最大23,000円
月額料金 開通〜解約までの日割り 開通〜解約までの日割り

なお、工事後の解約や初期契約解除制度を利用する場合は、以下の条件が必要になりますので注意をしてください。

<初期契約解除制度を利用する場合の条件>

もし、auひかりを解約する場合は、できるだけ損せず解約しましょう。 auひかりの解約に関しての詳しいことは、auひかり解約まとめにまとめていますので、解約時は確認してみて下さい。

↑目次へ戻る

納得のいく契約をするために

auひかりだけではなく、インターネット回線を申し込む際、自分で納得のいく契約をするためには必ず下調べをすることをオススメします。

昨今はテレビや新聞だけでなく、スマホやタブレットを使って簡単に情報が集められますので、契約をする前には必要な情報を集め、どの窓口で申し込むのかを選ぶことが可能になっています。

また、きちんと下調べをしておけば電話や自宅訪問などで勧誘を受けた場合でも冷静に対処できますし、申し込みをする場合も落ち着いて話を聞くことが出来ます。

それでももし、誤って希望しない契約をしてしまった場合は、必ず工事を行う前にキャンセルを行うようにしてください。

回線事業者やプロバイダはそういった手続きを毎日行っていますので、工事前のキャンセルは遠慮する必要はありません。

もちろん、繰り返し契約とキャンセルを行う悪質な行為は避けるべきですが、望まない契約を交わしてしまった場合はキャンセルをしても全く問題はありません。

また、工事後ですと初期契約解除制度を利用しても料金は発生しますし、撤去工事などの手続きがとても面倒です。

申込をしてから工事を行うまでに2〜4週間ほど時間が空きますので、契約に不安があるようでしたら、必ずこの期間に契約内容を見直し、しかるべき対応をとるように心掛けてください。

auひかりを契約するならプロバイダ申込がオススメ

auひかりを申し込みたいけれど、どこで申し込むべきか迷っている方にオススメなのがプロバイダで申し込む方法です。

プロバイダで申し込みをする場合はホームページで申し込みが出来るため、じっくりと内容を検討することが出来ます。利用地域の確認や料金シミュレーションなども手軽に出来ますし、問い合わせの電話を入れたとしても悪質な勧誘をされることはありません。

また、プロバイダでauひかりを申し込んだ場合、KDDIの公式キャンペーンの他に、プロバイダ独自のキャンペーンを行っていることが多いので、高額なキャッシュバックを受けられるのも魅力のひとつです。

その中でも大手プロバイダのSo-netは、独自のキャッシュバックキャンペーンやポイントプレゼントキャンペーンなど多彩なキャンペーンで非常に人気があります。

So-netのキャンペーンに関しては、So-net auひかりのキャンペーンに詳しく記載していますが、月額料金が大幅に安くなるキャンペーンや、12カ月のセキュリティソフト無料期間月額など、様々なサービスを行っているのが魅力です。

auひかりの申込窓口を迷っている場合は、So-netでの申込をオススメします。

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかり工事方法
【具体的な工事方法・注意点をおさらい】auひかり開通工事、乗り換え手順
ソフトバンク光の解約方法
ソフトバンク光の解約手順|違約金や工事費の残金の請求について
工事が出来ないケース
他社光、ケーブルTVからの乗り換え!タイムラグの無くし方や電話番号の移行方法など