1. auひかり乗り換えガイド
  2. マンション

auひかりマンションタイプ都市機構って高い!?プランの詳細やエリアについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション
UR都市機構向けのauひかりプラン

今回はauひかりマンションタイプ都市機構のプラン内容や注意点について解説します。

auひかりマンションタイプ都市機構は、UR都市機構のマンションにお住いの方が申込める専用プランです。

ただ、auひかり公式サイトを見ると複数のプランがあり、どのプランになるのか分かりにくいですよね。

URのマンションにお住いの方は、ここでプラン内容をしっかりチェックしてくださいね。

auひかりマンションタイプ都市機構以外のプランについては、別記事『auひかりをマンションで申し込むポイント!』にて解説しています。気になる方はチェックしてみてください。

auひかりマンションタイプ都市機構のプランについて

auひかりマンション都市機構について

auひかりマンションタイプ都市機構では、次の4つのプランがあります。

プランによって最大速度が異なり、16Mの2プランは今から契約するには少々辛い通信速度でしょう。

都市機構のプランと最大速度

  • 都市機構G DX-G:最大664Mbps
  • 都市機構 DX:最大100Mbps
  • 都市機構/都市機構G 16M(B)ベーシック:最大16Mbps
  • 都市機構/都市機構G 16M(R)レンタル:最大16Mbps

URのマンションは都市機構DXが基本

UR都市機構でauひかりに対応したマンションでは、基本的に都市機構DXを利用することになります。

都市機構DXは他のマンションで言うところの「タイプV」と同等のプランとなり、物件内の配線は電話線が利用されています。

通信速度も最大100MbpsでタイプVと同等なので、パソコンやスマホでネット検索をするには全く問題ないでしょう。

都市機構Gは順次対応していく

auひかりは2018年11月から、最大664Mbpsの高速通信ができる「都市機構G」を開始しました。

都市機構Gでは都市機構DXと同じく物件内の配線に電話線を利用していますが、G.fastと言う新しい通信方式を採用しています。

このG.fast方式が非常に優秀で、auひかりマンションタイプ都市機構Gは下り最大664Mbps・上り最大166Mbpsの通信速度を実現しています。

通常の都市機構DXは下り最大100Mbps、上り最大35Mbpsなので、都市機構Gに対応すると一気に高速化されますね!

ただ、都市機構Gを利用するには、マンション共有部分に設置されたauひかりの通信機器を入れ替える必要があります。

UR都市機構の物件は大型物件で棟数が多いため、一般的なマンションより対応されるまで時間がかかるかもしれませんね。

現状、都市機構Gに対応した物件は決して多くありませんが、対応状況はauひかりの提供エリア検索で簡単に確認できます。

エリア検索の表示について

  • 「都市機構東日本」「都市機構西日本」:最大100Mbps
  • 「都市機構G東日本」「都市機構G西日本」:最大664Mbps

なお、すでにauひかりを利用中の方は、都市機構Gに対応したら切り替え手続きが必要です。

都市機構Gに対応しても

  • 切り替え手続き前:都市機構G DX(最大100Mbps)
  • 切り替え手続き後:都市機構G DX-G(最大664Mbps)

これからauひかりに申込む方も、すでに利用中の方も、URのマンションにお住いなら都市機構Gに対応しているかは必ずチェックしましょうね!

今から契約するなら16M(B)・16M(R)はおすすめできない

auひかりマンションタイプ都市機構・都市機構Gでは、上り・下り最大16Mbpsのインターネット専用プランも用意されています。

ただ、せっかくauひかりを契約するのに最大16Mbpsでは、全く使い物にならない可能性が高くおすすめできません。

最大16Mbpsだと…

  • Webサイトがいつまでたっても表示されない
  • YouTube等の動画が全く再生できない
  • スマホのOSやアプリのアップデート等が全く進まない
  • LINEのテキストトークやテキストのみのメールなら問題なく使える

最大16Mbpsでは、そもそもの通信速度がスマホより遅いですよね。

16M(B)・16M(R)は月額料金が非常に安く設定されていますが、これからauひかりを契約するなら極力避けたほうがいいでしょう。

ここまでのまとめ

  • URのマンションは都市機構DX(最大100Mbps)が基本
  • 都市機構Gは最大664Mbpsだが、対応物件はまだ少ない
  • 16M(B)・16M(R)はスマホより遅いのでおすすめできない

auひかりマンションタイプ都市機構の料金

マンションタイプ都市機構の料金

続いてauひかりマンションタイプ都市機構の月額料金や初期費用を確認しましょう。

都市機構DXや都市機構G DX-Gの月額料金と初期費用

都市機構DXや都市機構G DX-Gの月額料金と初期費用は次の通りです。

都市機構DX・都市機構G DX-Gの月額料金・初期費用

 

都市機構DX

都市機構G DX-G

月額料金

3,800円

お得プラン:3,800円
標準プラン:4,900円

新規登録料

3,000円

工事費

一括:30,000円
分割:1,250円×24回

都市機構DXも都市機構Gも、月額料金は基本的に3,800円と考えて良いでしょう。

最大速度が100Mbpsの都市機構DX、都市機構G DXは、2年縛りのお得プランAでも縛りなしの標準プランでも、月額料金は3,800円です。

お得プランAを利用すると、オプションサービスの「おうちトラブルサポート」の月額料金400円が無料になる特典がありますが、このオプションが不要なら標準プランで問題ないですね。

お得プランAについてはauひかりマンションのお得プランAって何?をご覧ください。

一方、最大速度が664Mbpsの都市機構G DX-Gは、2年縛りのなし標準プランでは月額4,900円と少し高くなります。

そのため、都市機構Gが契約できるマンションでは、極力お得プランで契約した方がいいでしょう。

また、どのプランも工事費はauひかりのキャンペーン「初期費用相当額割引」で実質0円になります。

そのため、初期費用は新規登録料の3,000円だけで済むと考えていいでしょう。

16M(B)・16M(R)の月額料金と初期費用

先の解説であまりおすすめではないとお伝えしましたが、都市機構16M(B)と都市機構16M(R)の月額料金も確認しておきましょう。

この2つのプランは都市機構・都市機構Gのどちらの設備が導入されていても、通信速度は最大16Mbpsとなります。

■都市機構16Mの月額料金と初期費用

 

16M(B)

16M(R)

東日本

西日本

東日本

西日本

月額料金

2,350円

2,750円

2,750円

3,150円

新規登録料

3,000円

工事費

一括12,000円

-

-

こうして見ると、東日本より西日本の方が月額料金が高いです。
また、16M(B)は工事費が一括払いで発生する代わりに月額料金が安くなります。

一方、16M(R)は開通工事の料金はかかりませんが、月額料金が少し高く設定されています。

auひかりマンションタイプ都市機構のエリア確認方法

マンションタイプ都市機構エリア確認

続いてお住いのUR都市機構のマンションがauひかり都市機構・都市機構Gのどちらの対応しているのか確認する方法を見ていきましょう。

  1. auひかりの提供エリア検索ページにアクセス
  2. 「マンション/アパートなど」を選ぶ
  3. 郵便番号を入力して「エリアを確認する」に進む
  4. 住所やマンション名を選んで「次へ」に進む
  5. 表示される対応サービスを確認

最後に表示される対応サービスによって、申し込めるプランが異なります。

エリア検索結果と対応サービス

  • 都市機構東日本/西日本:都市機構DX、16M(B)、16M(R)
  • 都市機構G東日本/西日本:都市機構G DX、都市機構G DX-G、16M(B)、16M(R)

都市機構Gと表示される物件は都市機構G DX-Gが利用できます。

一方、都市機構としか表示されない物件は、最大100Mbpsのままです。

今後都市機構Gに対応される可能性はありますが、現段階では都市機構DXで利用するしないでしょう。

提供エリア外の場合の対処

auひかりの提供エリア検索で、お住いのマンション名が表示されないなら、auひかりマンションタイプ都市機構は提供エリア外です。

もしお住いが提供エリア外だった場合は、フレッツ光や光コラボで光回線が契約できないか確認しましょう。

UR都市機構の賃貸マンションは、ほぼ全ての物件で何かしらの光回線が契約できます。
ただ、物件の設備の兼ね合いで、auひかりは導入されていなかったということになるでしょう。

なお、別記事のスマートバリューが使えるネット回線でも紹介していますが、auスマートバリューを目的にしている方でも、光コラボのSo-net光やBIGLOBE光ならスマホの割引を受けられます。
auひかりが導入できないからと諦めるのではなく、導入できる光回線の種類をきちんと確認しましょう。

auひかりマンションタイプ都市機構はプラン変更できるのか?

マンションタイプ都市機構のプラン変更

auひかりマンションタイプ都市機構Gが開始されたことで、マンションタイプ都市機構のプラン変更について調べる方が多くなっています。

そこで、マンションタイプ都市機構のプラン変更ができるパターンを見ていきましょう。

都市機構でプラン変更可能なパターン

  • 都市機構G DX→都市機構G DX-G
  • 都市機構16M(B)・16M(R)→都市機構DX
  • 都市機構G 16M(B)・16M(R)→都市機構G DX、都市機構G DX-G

マンションタイプ都市機構でプラン変更ができるのは、主に上記の3パターンです。

今、都市機構DXで利用している方は、物件が都市機構Gの設備に交換されていない状態なので、都市機構G DX-Gへの変更はできません。

今後マンションの設備が交換されると、自動的に利用中のプラン名が都市機構G DXに変わります。

都市機構G DX-Gを利用したい方は、契約中のプランが都市機構G DXになるのを待ってからプランをアップグレードしましょう。

auひかりマンションタイプ都市機構の注意点

マンションタイプ都市機構の注意点

最後にauひかりマンションタイプ都市機構の注意点をご紹介します。
申し込む前に、一通り確認しておきましょう。

16Mはauひかり電話やテレビオプションが利用できない

マンションタイプ都市機構・都市機構Gの16M(B)・16M(R)は、インターネットのみの契約になります。

そのため、auひかり電話やテレビオプションが契約できないので注意しましょう。

特にauスマホを利用している方は、auスマートバリュー目当てにauひかりを検討していますよね。

auひかりでauスマートバリューを適用させる条件は「ネット+電話」を利用することです。

月額料金が安いからと16M(B)・16M(R)を契約してもauスマートバリューは開始されないので、十分に注意してくださいね。

16M(B)は初期費用の分割払い不可

auひかりマンションタイプ都市機構 16M(B)を契約する場合、工事費が12,000円発生します。

この工事費は他のauひかりのプランとは異なり、一括払いのみになるので注意しましょう。

また、16M(B)は初期費用相当額割引もありません。

結果的に初期費用は都市機構DXや都市機構G DX-Gの方が安くなりますね。

auひかり契約時にオーナーの許可は不要

UR都市機構の賃貸マンションをはじめ、大手が運営している賃貸マンションでは、契約時にオーナーの許可を取る必要はありません。

これは、auひかりの提供エリア検索で提供エリアと確認できれば、基本的な開通工事だけで済む可能性が非常に高いからですね。

もし通常の工事以外にオーナーの許可が必要な工程がある場合、基本的にKDDIとURの交渉になります。

利用者側で何か許可を取るという必要はないので、auひかりの提供エリア内と確認できたら気にせず契約してしまいましょう。

オーナーに許可をもらいやすくなる言い回しなどは賃貸で大家さんに許可をもらうコツをご覧ください。

auひかりホームの契約は不可

auひかりでは、特定の条件を満たせばマンションにauひかりホームでの契約ができます。

auひかりホームで契約できれば、他の住民の影響で速度が遅くなることもなく最大1Gbpsの通信速度で利用できる強みがあります。

マンションの通信速度が遅いと感じている方は、是非ともホームタイプを契約したいですよね。

しかし、auひかりホームをマンションで契約する条件は、UR都市機構の賃貸マンションでは満たせない可能性大です。

マンションで戸建契約をする条件

  • 3階以下の部屋に引込む
  • オーナーから外壁へのビス留め・壁の穴あけの許可をもらう
  • 部屋へ光ファイバーが届く範囲に電柱があること

この3つの条件のうち、オーナーの許可が取れる可能性が極めて低いです。

URをはじめ大手が運営している賃貸住宅では、壁への穴あけはまず許可が降りないからですね。

auひかりマンションタイプ都市機構DXで通信速度に不満を感じた場合は、auひかりホーム契約以外の対処を取る方が現実的でしょう。

都市機構DXが遅いと感じた時の対処

  • So-net光など、他の光回線がギガ対応していないかチェック
  • 都市機構Gに対応するのを待つ
  • WiMAX等のモバイルWi-Fiルーターを契約する

都市機構DXの通信速度に不満を感じたら、上記の対処を中心に検討してくださいね!

都市機構G DXから都市機構G DX-Gへの切り替え非対応のプロバイダが多い

すでにauひかりマンションタイプ都市機構を利用している方で、お住いが都市機構Gに対応した場合、プロバイダで都市機構G DX-Gへプラン変更の手続きを取ることで今より高速なインターネットが利用できます。

都市機構G DXから都市機構G DX-Gへのプラン変更手続きの流れは、タイプVからタイプGへの変更手続きと同様です。

しかし、2019年9月現在、都市機構G DX-Gへの切り替え手続きに対応しているのは「au one net」と「@nifty」の2プロバイダのみです。

その他のプロバイダを契約している場合は次の2つの対処しかありません。

  • 1度解約して新規で契約し直す
  • プロバイダが切り替え手続きに対応するのを待つ

都市機構Gはサービスが開始されて間もないので、もうしばらく経てば切り替え手続きに対応するプロバイダが増えるはずです。

しかし、どうしても待てないという方は、解約新規でauひかりを申込みし直しましょう。

解約新規の注意点

  • 家の電話番号が変わる可能性がある
  • プロバイダによっては契約解除料がかかる可能性がある
  • キャッシュバック等のキャンペーンを利用している場合、返金が必要になる可能性がある

解約新規で都市機構Gに対応する場合は、上記のデメリットが問題ないか確認してから手続きを行いましょうね!

auひかりマンションタイプ都市機構についてまとめ

マンションタイプ都市機構についてまとめ

今回はauひかりマンションタイプ都市機構のプランや注意点について解説しました。

マンションタイプ都市機構は、UR都市機構のマンション専用のプランで、auひかりの通常プランにはないプラン構成でしたね。

都市機構のプランまとめ

  • 基本は都市機構DXで最大100Mbps
  • 都市機構Gは対応物件が少ないが最大664Mbpsと高速
  • 16M(B)・16M(R)は安いが最大16Mbps、auスマートバリュー非対応なのでおすすめできない

都市機構DX、都市機構G DX-Gはお得プランなら月額料金3,800円で使えるので、お住いのUR賃貸マンションが対応したらプラン変更するべきですね!

また、URの賃貸マンションは他の物件のようにホームタイプの契約はできません。

都市機構DXで速度に不満を感じた場合は、都市機構Gへの対応を待つか、他の回線への乗り換えを視野に入れましょう。

auスマートバリュー対応回線

  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • WiMAX
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
大阪でauひかりがマンションしか対応してない理由!未対応時の対策とは?
マンション
大阪でauひかりを利用する場合、マンションタイプしか対応していません。戸建てタイプは工事はもちろん、申込み自体できないため他社を検討する必要があります。マンションでも利...
auひかりはアパートでマンションタイプが使えない!?条件と対処法を解説
マンション
auひかりのマンションタイプは、専用設備が導入の建物でしか利用出来ません。アパートなど小規模な賃貸住宅では利用できる可能性が低いため、ホームタイプの検討がベストです。た...
auひかりマンションミニギガの正体とは!?契約の注意点はココ!
マンション
auひかりマンションミニギガはホームタイプ同様の通信速度が期待できるため、高速通信を欲するユーザーにはおすすめのプランです。ただ、速度が速い分、月額料金は他プランに比較...
auひかりがマンションでも高速になる!auひかりのIPv6接続を詳しく解説!
マンション
auひかりのマンションタイプは、最新技術であるIPv6に対応しています。これによりさらに快適になったauひかりですが、具体的にどのようなしくみなのかご存知でしょうか。この記事...
auひかりマンションタイプの契約の注意点!実はデメリットだらけ!?
マンション
auひかりマンションタイプを契約する際、まずエリア確認が大切です。建物によってはエリア内の地域でも契約出来ない場合があるので注意しましょう。また、契約可能建物でも好きなa...