auひかり乗り換えガイド> auひかり以外の回線>エキサイト光

本当はお得ではない?業界最安水準エキサイト光の料金を検証

このエントリーをはてなブックマークに追加
エキサイト光

エキサイト光はフレッツ光の回線を利用した光コラボ事業者です。
一番の魅力が業界最安水準と言われている月額料金でしょう。一般的に光ファイバーを使ったインターネットと比べると月額500〜700円ほど安く使うことができます。

しかし、エキサイト光には他のサービスにはないデメリットも存在します。

業界最安水準、しかしスマホセット割には及ばない

エキサイト光はインターネットサービスとして業界最安水準と言われています。実際に他の事業者と比べてみると、その差は明らかでしょう。

エキサイト光の月額料金比較
戸建てマンション
エキサイト光4,360円3,360円
auひかり4,900〜5,100円3,800円
ソフトバンク光5,200円3,800円
ドコモ光5,200〜5,400円3,800〜4,000円
フレッツ光5,100〜5,800円3,450〜3,850円

このようにauひかりやソフトバンク光と言った大手事業者の料金と比較すると、確かに月額料金が割安となっています。

関連記事
【auひかりの料金を徹底解説】プランによっては解約金が発生!?

エキサイト光でスマホセット割は利用できない

スマホセット割

エキサイト光は一般的な事業者と比べると月額料金は安いですが、欠点も存在します。 それは、スマホとのセット割が適用されない点です。

auひかりやソフトバンク光、ドコモ光と言ったサービスはどれも携帯通信事業者が提供しているサービスです。 そのため、スマホとのセット割が適用されます。

たとえば、auひかりとauスマホをセットで使うとスマホ1台につき月額934〜2,000円の割引が適用されます。 ソフトバンク光でも月額500〜2,000円の割引となるので、割引額を考えるとエキサイト光よりもお得と言えるでしょう。

また、家族で同じキャリアのスマホを使っている人が居ればスマホの台数分だけ割引を受けることもできます。

auひかりとauスマホとのセット割についてはauスマートバリュースマホセット割の注意点をご覧ください。

エキサイト光がいくら業界最安水準だとしても、auやソフトバンクなどの大手キャリアスマホを使っている方にとっては、お得とは言えないでしょう。

目次へ戻る↑

最低利用期間なし

一般的にインターネットの契約を行う場合、どこのサービスで申し込んでも最低利用期間が存在します。
多くのサービスでは2年間となっており、2年以内に解約すると10,000円程度の解約金を支払わなければなりません。

また、この最低利用期間は自動更新となっており、2年経過後、解約の申し出がなければ、再度2年間の最低利用期間が始まってしまいます。
つまり、無料で解約できるチャンスは2年に一度訪れる更新月のみとなります。

エキサイト光の良いところは、このような最低利用期間が存在しない点です。 そのため、引っ越しが多い方や単身赴任の方など、いつ解約するか分らない方にはお勧めのサービスと言えます。

目次へ戻る↑

工事費は100%負担!

工事費負担

最近ではどこの光インターネットサービスで申し込みをしても、必ず工事費が請求されます。
たいていの場合、この工事費は2年ほどの分割となっており、毎月の月額料金に加算されて支払わなければなりません。

ただ、auひかりやソフトバンク光など大手サービスの多くは、毎月工事費を請求すると同時に、工事費相当分の割引が適用されます。

たとえば、auひかりでは毎月1,250円の工事費を30ヶ月間支払わなければなりません。
しかし、毎月1,250円の工事費を請求すると同時に毎月1,250円の割引が受けられるので、工事費は実質0円となります。

エキサイト光の欠点として、一般的な大手事業者で行っているような工事費相当分の割引がありません。
エキサイト光を戸建てタイプで申し込みをすると18,000円の工事費がかかりますが、全く割引されずに、丸ごと支払わなければなりません。

auひかりの工事費についてはauひかりの工事費は本当に無料?初期工事費のカラクリをご覧ください。

目次へ戻る↑

キャッシュバックなどのキャンペーンは適用されない

エキサイト光のもう一つの大きなデメリットがキャッシュバックなどが貰えるキャンペーンを行っていない点です。

通常、光回線を使ったインターネットではキャッシュバックの金額が多いと言われています。
事業者や申し込みをする窓口によってもキャッシュバックの金額は大きく異なってきますが、どんなに少なくても5,000円ほどの金額が還元されるでしょう。 また、代理店などを上手く選べば、場合によっては40,000円近くのキャッシュバックを受け取ることができます。

関連記事
auひかり高額キャッシュバックのコツ
NURO光の高額キャンペーンに騙されないために
ソフトバンク光のキャンペーン

しかし、エキサイト光ではキャッシュバックなどの入会特典が全くありません。
月額料金は安いのですが、キャッシュバックが還元されないとなると、本当にお得かどうかは疑問でしょう。

目次へ戻る↑

本当はお得ではない?業界最安水準エキサイト光

このようにエキサイト光には以下のようなデメリットが存在します。

このようなデメリットあるエキサイト光ですが、月額料金は業界最安水準と言われています。 そのため、実際にお得なのか分からないので、他社サービスと総合的な料金を比べてみました。

今回はauひかりの戸建てタイプとエキサイト光の戸建てタイプでトータルの実質支払金額を計算してみます。

まず、auひかりの戸建てタイプには2年契約であるギガ得プランと3年契約であるずっとギガ得プランが用意されています。 ずっとギガ得プランの料金は1年目は5,100円、2年目は5,000円、3年目は4,900円と毎年少しずつ料金が安くなっていきます。

それでは、auひかりの戸建てタイプで最も一般的な3年契約で計算してみましょう。 auひかりに申し込みをする方の多くはスマホセット割が目的となっています。セット割の条件であるauひかり電話のオプションサービスを考慮して計算してみます。

すると、3年間のトータルでの金額は、198,000円となります。 またauひかりの場合、工事費は実質無料となるので、工事費と割引を入れて計算しても、金額は変わりありません。

これに、申し込み時に貰えるキャッシュバックの金額を差し引いてみましょう。
キャッシュバックの金額は申し込みをする代理店によっても変わってきます。 今回はauひかり高額キャッシュバックのコツでも紹介しているNNコミュニケーションズでの金額である40,000円を引いてみます。

すると実質の支払金額は158,000円となります。
さらに、auスマホのセット割も適用されるので、実質の支払金額はさらに少なくなることになります。 auスマホの割引額はスマホのデータ容量や家族の人数によっても違ってくるので、計算に考慮しませんが、どんなに小さく見積もっても33,624円が割引されます。

次にエキサイト光の料金を計算してみましょう。エキサイト光の月額料金は4,360円です。 仮に3年間使ったとしてら、合計金額は156,960円となります。 申し込み時に工事費が請求されるので、すべて含めると174,960円となります。

この時点でauひかりの実質支払金額を上回ってしまいました。もし、ひかり電話なども付けると、合計で192,960円です。 しかも、エキサイト光にはauひかりのようにスマホセット割はありません。

auひかりエキサイト光
実質支払金額158,000円
(さらにスマホの料金が割引)
192,960円

エキサイト光では割引やキャッシュバックがない上に、工事費も丸ごと請求されます。 そのため、どんなに小さく見積もっても、auひかりよりもエキサイト光の方が実質支払金額は高くなってしまいます。

このように、いくら月額料金が業界最安水準と言っても、きちんと計算してみると、実際には損をしてしまう可能性があるのです。

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
フレッツ光とauひかりの比較
【比較】料金、割引、速度までいろいろ違う!フレッツ光とauひかりを詳しく比較しました
高額キャッシュバックのコツ
auひかりお得なキャンペーンを適用するためには|高額なキャッシュバックは逆に損をする?キャンペーン内容に騙されないために
キャンペーンの失敗例
【高額還元には注意が必要!】auひかりで最終的に損をするキャンペーンの事例を紹介|トラブルに巻き込まれる事もありうる?
モバイルWi-Fiとauひかりを比較
モバイルWi-Fiは遅い?auひかりとモバイル回線を比較!速度制限や通信速度にここまで違いがあった
ソフトバンク光、ドコモ光など光コラボとauひかりとの比較
ソフトバンク光・ドコモ光って何?光コラボとauひかりを速度・料金・スマホセット割りなどの面から徹底比較