1. ドコモ光
  2. ドコモ光工事

ドコモ光の工事で穴あけは必要!?穴あけ必須のパターンや工事の注意点を解説

ドコモ光工事
ドコモ光は工事で穴を空けるのか

「ドコモ光の回線工事をすると壁に穴が開くの?穴あけに工事費は掛かる?」

「うちはマンションだから壁に穴を開けたら困るんだけど……」

ドコモ光を検討している方の中には、開通工事にてビス止めなどの穴あけを心配する方は多いでしょう。

穴あけをする工事は、立会い工事かどうかや以前に光回線の工事済みかなどで決まるため、事前に工事内容を把握することはできません。

基本的にドコモ光の工事は、電線から宅内までエアコンのダクトなどを使って光ファイバーを導入しますが、建物の状況によっては穴あけ工事が必要になってしまいます。

このページでは、ドコモ光で穴開け工事が必要なケースや工事不要になるケース、ドコモ光の工事費、お得なキャンペーンについて解説していきます。

ドコモ光を検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。

OCNforドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント2,000pt
  • キャンペーン期間:2020/11/1~2020/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,400円
  • マンションタイプ月額料金:4,200円

派遣工事と無派遣工事、壁に穴が開くのはどっち?

ドコモ光の穴あけ工事について

ドコモ光の回線工事は「派遣工事」「無派遣工事」と2つあります。

工事の種類は宅内環境で決まるため、自分で選ぶことは出来ません。

ドコモ光2種類の工事について

結論からいうと、壁に穴が開く可能性があるのは立会いを必要とする派遣工事です。

無派遣工事では、工事不要のため壁に穴が開くことはありませんが、派遣工事でも壁に穴を開けることは滅多にないので安心してください。

ドコモ光の回線工事で壁に穴開けが必要となるケースを説明する前に、派遣工事と無派遣工事のちがいを一緒に確認しましょう。

【1】契約者の立会いが必要な派遣工事

派遣工事とは、NTTの作業員が契約者の宅内に光ファイバーケーブルを引き込んで、光コンセントを設置する工事のことです。

戸建て、マンションに関係なく下記のいずれかに該当する場合は、NTTの作業員が契約者の自宅を訪れて工事を行います。

ドコモ光の立会い工事必須のケース
  • 宅内に光ファイバーケーブルが通っていない
  • 光コンセントが設置されていない

NTTの作業員が契約者の自宅を訪れるため、工事当日は契約者もしくは家族や友人の立会いが必要です。

工事当日に、どうしても立会人の都合がつかないときもありますよね。

誰も立会いできないときのために、ドコモ光は開通工事立会いの代理人サービスを提供しています。

代理人が必要な人は、ドコモインフォメーションセンター(TEL:0120-800-000、受付時間:年中無休9:00~20:00)に連絡して依頼するとよいでしょう。

なお、立会い工事の作業時間は、1~2時間程度が目安となります。

ただ、下記ケースに該当する場合は、回線工事が1時間以上かかる場合もあります。

作業時間が長引くケース
  • 自宅から光ファイバーケーブルが通る電柱や電線が離れている
  • 光電話、光テレビなどオプションサービスの利用
  • 光コンセントの設置場所が2階以上となる場合
  • 壁に穴開けが必要となる場合など

工事日当日は、半日開けるぐらいの気持ちで予定を組むことをおすすめします。

【2】契約者の立ち合いは不要な無派遣工事

無派遣工事とは、NTTの局内で完結する工事のことです。

詳しくは、別記事『ドコモ光で工事不要のケースとは?』でも解説していますが、無派遣工事は宅内に光回線の設備が導入済みの方が対象となります。

工事自体、NTTの局内工事だけで済むため、派遣工事のような立会いは不要です。

作業員の訪問も無いため、『すごい便利じゃん!!』と思われますが、無派遣工事は下記ケースでしか実施できません。

 ■無派遣工事となるケース
  • 現住所のままでフレッツ光から転用する場合
  • マンションなどですでに光コンセント設置済みの場合

上記に該当しない場合、立会いを必要とする派遣工事になります。

希望して出来る工事では無いため、注意しましょう。

マンションは無派遣工事が多いです!

立会い工事で壁に穴を開けるケースとは?

ドコモ光の派遣工事

先ほど説明したように、派遣工事であっても壁に穴を開けることは滅多にありません。

壁に穴を開けるのは、宅内に光ファイバーケーブルを通す経路や隙間がないときだけです。

一般的に光ファイバーケーブルは下記を経由して、宅内に引き込みます。

■光ファイバーを自宅に通すときの経路
  • 多目的配管
  • エアコンダクト
  • 換気扇やドアホンの隙間
  • 部屋の小窓、通気口など

基本的には、多目的配管やエアコンダクトなど建物のちょっとした隙間から光ファイバーケーブルを宅内に引き込むケースがほとんどです。

建物の構造がよほど特殊でない限り、壁に穴あけ工事をすることはなく、壁に穴を開けることになっても、作業員から事前に相談があるので、勝手に穴をあける心配はありません。

もし、穴あけ工事が難しい場合は、工事当日にキャンセルをしても費用などは発生しないので安心してください。

また、穴あけ工事を実施した場合でも、追加で工事費が発生することもありませんので、費用に関するトラブルもないでしょう。

ただ、壁に穴を開ける場合、どのくらいのサイズなるかなど、気になる方は多いはずです。

宅内に光ファイバーケーブルを引き込む方法を、次の図から確認してみてください。

多目的配管経由で光ファイバーケーブルを通す場合

多目的配管から光ファイバーケーブルを引込み

出典:NTTドコモ「ドコモ光ご利用時の注意事項」

ドコモ光に限らず、光回線の工事で最も多いパターンです。

戸建てやマンションに関係なく、一般的な建物には様々な用途で利用できる配管が壁の中に入っています。

この配管を利用して光ファイバーを導入する際は、穴あけ工事は必要ありません。

エアコンダクト経由で光ファイバーケーブルを通す場合

エアコンのダクトから光ファイバーケーブルを導入

出典:NTTドコモ「ドコモ光ご利用時の注意事項」

エアコンのダクトは、多目的配管が無かった場合に使われることが多くあります。

パイプを繋ぐための配管から光ファイバーケーブルを引込むため、穴あけ工事は不要です。

壁に穴を開けて光ファイバーケーブルを通す場合

壁に穴をあけて光ファイバーを導入

出典:NTTドコモ「ドコモ光ご利用時の注意事項」

多目的配管やエアコンのダクトが無い場合は、最終手段として穴あけ工事が必要です。

穴の大きさは直径1㎝程度のものですが、穴あけ後はシリコーンシーラントなどでしっかり埋めるので水漏れなどの心配はありません。

また、工事業者が穴あけを実施ても、基本的にドコモ光の工事費用だけで済みます。

いくら必要?ドコモ光の回線工事費

ドコモ光の工事費

ドコモ光に新規で申し込んだ場合、「工事の種類」「住居形態」「フレッツ光の利用経験」によって工事費が異なります。

【1】光回線は初!新規申込みの工事費

今までNTTフレッツ光など、光回線の利用経験がない状態で、ドコモ光に申し込んだ場合の回線工事費を一覧にまとめてみました。

ドコモ光に新規申し込みをしたときの回線工事費

工事のタイプ

住居形態

基本工事費

契約事務手数料

工事費総額

派遣工事(※)

 

戸建て

18,000円

3,000円

21,000円

マンション

15,000円

18,000円

無派遣工事

戸建て

2,000円

5,000円

マンション

2,000円

5,000円

※工事日当日にNTT作業員が設備を確認した結果、屋内配線が不要なときは基本工事費が7,600円ですむ場合もあります。

基本工事費は、一括払いをしたときの金額です。

光電話や光テレビなどオプションサービスを使う場合は、基本工事費とは別に工事費が発生することを覚えておきましょう。

「今月は家計がピンチ」「引っ越しを機にドコモ光に乗り換えて、引っ越し代でお金がかかった」人のために、ドコモ光の工事費は分割払いもできます。

分割払いの回数と支払い金額を表にまとめてみました。

ドコモ光の基本工事費の支払い回数と金額

支払い回数

戸建て

マンション

12回払い

1,500円

1,250円

24回払い

750円

625円

36回払い

500円

375円

48回払い

375円

312円(※)

60回払い

300円

250円

※マンションタイプの48回払いの初回請求額は、分割払いの端数の関係で334円です。

なお後で解説していますが、2020年11月現在ドコモ光では 工事費無料キャンペーン を実施中のため、工事費が請求されることはありません。

この工事費無料キャンペーンは、いつでも申し込める訳ではなく不定期に開催されているため、ドコモ光を検討している方は期間内の申込みがお得度アップのチャンスになりますね。

【2】フレッツ光からの転用した場合の工事費

NTT東日本・西日本のフレッツ光ユーザーは、ドコモ光へ転用が可能です。

転用の場合は無派遣工事になる可能性が高く、物理的な工事は不要になるので工事費はかかりません。

初回契約で支払う金額は、契約事務手数料の3,000円だけです。

ただし、下記ケースに該当する場合は、フレッツ光からの転用でも工事費が発生するので注意してください。

フレッツ光からの転用で工事費が発生する場合
  • 回線種別のアップグレード(例:「Bフレッツ」から「フレッツ 光ネクスト」に変更)
  • 引っ越し
  • ドコモ光に乗り換えて新規で光電話や光テレビなどオプションサービスを使うなど

なお、転用については別記事『転用の正しい手順』にて解説しています。

土日祝日、年末年始は工事費の追加料金が発生

工事をする時期曜日によっては、別途工事費が発生します。

回線開通工事を土日祝日、12/29~1/3に指定した場合は、先ほど一覧で紹介した工事費に3,000円の追加料金が必要です。

これは、派遣工事が対象になるため、なるべく費用を抑えたい方は工事日を平日に設定するようにしましょう。

穴が開くことは事前にわかる?回線工事の注意点

ドコモ光工事の注意点

工事で穴あけが必要になるかは、作業員が現地入りしないとわかりません。

宅内にどのルートで配線をするかは、作業員が工事当日に建物の造りなどを確認してから決定します。

そのため、下調べてなどは実施しないため、当日まで穴あけの有無はわからないのです。

また、宅内までの配線の仕方によって作業時間も決まるため、どの程度時間を必要とするかも作業員が訪問してからじゃないとハッキリしません。

工事当日は、余裕を持って時間を確保しましょう。

マンションでは事前に管理会社に連絡すべし

マンションでは、「穴あけ工事は困る……」という方が大半でしょう。

また、穴を開けなくても光ファイバーケーブルを外壁に固定するため、ビス止めをするケースもあり、いずれもマンションの外観に影響があると問題になってしまう可能性があります。

様々な理由から、マンションでは大家や管理会社に事前に連絡を必要とするケースがほとんどです。

マンションでは大家や管理会社に事前連絡要

▲マンションでは事前連絡が必要なケースが多い

ただ、事前連絡を必要とする場合は、前もってドコモより報告があります。

また、工事当日に穴あけなどイレギュラーな工事が必要になることが発覚した場合、作業員が大家さんや管理会社へ説明してくれるので心配はなりでしょう。

ONUやWi-Fiルーターの接続など初期設定は自分で対応

派遣工事に訪れるNTTの作業員の対応範囲は、「宅内に光ファイバーケーブルの敷設」「光コンセントの設置」の2点だけです。

その後、ONU(回線終端装置)、Wi-Fiルーターとパソコンなどの接続、インターネットの初期設定は契約者側でしなければなりません。

 

ONUへの接続

▲機器からPCまでの接続・設定は自分で!

もし、機器の接続やインターネットの初期設定でサポートが必要な場合は、自分が契約しているプロバイダのサポートに相談してみてください。

初回限定の無料訪問サポートのサービスを受けられるプロバイダもあるので、困っときは、まずはプロバイダに問い合わせてみましょう。

マンション・アパートは戸数によっては戸建て扱い

マンション・アパートでは、建物の戸数によって戸建てタイプしか利用できません。

基本的に集合住宅であっても、4戸未満の建物は戸建て扱いとされ、一戸建てと同じプランが適用されてしまうケースが多いようです。

その場合、月額料金や工事費などはもちろんですが、工事内容も戸建てと同じ作業が必要になります。

マンションの工事は建物戸数に注意

▲集合住宅は建物戸数に注意!

マンションタイプの工事では、建物の共有スペースに光回線の設備が導入済みになっているため、簡易的にドコモ光を導入できいますが、戸建てタイプはケーブルの引込みなど1からの作業が必要です。

もし、該当する建物に住んでいる場合は、事前に確認するのが良いでしょう。

今だけのチャンス!?工事費無料のキャンペーン

ドコモ光公式工事費無料キャンペーン

出典:NTTドコモ公式サイト

ドコモ光では、不定期で工事費を無料にできるキャンペーンを実施しています。

他社の光回線でも、工事費を○○ヶ月の分割で請求して、○○ヶ月継続することで実質無料にするといったキャンペーンが行われていますが、ドコモ光は完全無料にしてくれます。

また、ドコモ光には2年の契約期間が設けられていますが、契約期間内に解約した場合でも工事費を請求されることはありません。

このお得な工事費無料キャンペーンは、2020年11月現在実施中なので、ドコモ光を検討している方はキャンペーン中に申し込むことをお勧めします。

ただし、無料の対象になるのは基本工事費のみになりますので注意しましょう。

キャンペーン適用外の工事費
  • 引っ越しに伴う移転工事
  • 土日祝日、年末年始の追加工事費
  • 光電話、光テレビなどオプションサービスの工事費など

上記の工事費は無料キャンペーンの対象外になってしまいますが、オプション無しで平日に工事をすれば概ね費用は抑えられるはずです。

工事費無料+20,000円!OCN for ドコモ光キャンペーン

OCNforドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント2,000pt
  • キャンペーン期間:2020/11/1~2020/11/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,400円
  • マンションタイプ月額料金:4,200円

ドコモ光の申込み窓口は公式プロバイダや代理店など多数あります。

ただ、そのなかでも1番お得なキャンペーンを実施しているのが公式プロバイダである OCN です。

OCN for ドコモ光のキャンペーンでは、工事費が無料になるのはもちろん、追加特典として20,000円ものキャッシュバックが受け取れます。

また、有料オプションの加入義務などキャンペーンに関する特別な条件もないので、無条件で受けられるキャンペーンとしてはドコモ光でNo1のお得度です。

OCN for ドコモ光キャンペーン一覧
  • 20,000円のキャッシュバック
  • v6アルファ対応のWi-Fiルーターの無料レンタル
  • 2,000pt分のdポイントプレゼント
  • 1年間無料のセキュリティサービス

OCNはプロバイダ事業者としても最大手の老舗プロバイダであり、日本でもっとも認知度の高いプロバイダになります。

プロバイダに特にこだわりが無い方や、ドコモ光を初めて利用する方にとっておすすめの窓口と言って良いでしょう。

まとめ:ドコモ光で壁への穴あけ工事はほぼ無い

ドコモ光工事まとめ

ドコモ光の開通工事にて、壁に穴が開くことはほとんどありません。

工事で壁に穴が開くのは下記のいずれかを経由して、光ファイバーケーブルを宅内に引き込めないときだけです。

よほど特殊な環境でないかぎり、回線工事で穴が開くことはないと考えて良いでしょう。

また、万が一、壁に穴を開けても、別途工事費も発生しないので安心です。

壁に穴が開くことが心配でドコモ光への乗り換えを迷っていた人は、これを機に申し込みを検討してみてくださいね。

関連記事
ドコモ光開通までの流れ ドコモ光の立会い工事は本人がしなきゃダメ!?工事の条件と立会い不要のケース
ドコモ光工事
ドコモ光に限らず、ネット回線の工事には立ち合いが必須です。ただ、ドコモ光には派遣工事・無派遣工事という2種類の工事があり、自宅の環境によっては工事不要で開通できる場合も...
ドコモ光は解約工事が0円?撤去工事費や解約時の注意点をチェック! ドコモ光は解約工事が0円?撤去工事費や解約時の注意点をチェック! ドコモ光の撤去工事の方法と費用についてまとめました。ドコモ光を解約する場合、回線撤去工事の他に機器の返却などが必要です。回線撤去工事についても、お住まいの建物によって...
ドコモ光の転用時の工事について ドコモ光への転用で派遣工事が必要なケースとは!?手数料など費用も公開 ドコモ光へ転用する場合、基本的に工事は不要です。ただ、マンションにて速度変更などを希望する場合は派遣工事が必要になります。また、工事に伴い、工事費も発生するため注意し...
オリンピック時期はネットの開通工事が3ヶ月待ち?工事が遅い理由を考察 オリンピック時期はネットの開通工事が3ヶ月待ち?工事が遅い理由を考察
ドコモ光工事
オリンピックの時期はネット回線の工事が遅くなるのかを考察しています。光回線の作業員によると、オリンピック前後はネットの開通工事が3ヶ月待ちになる見込みとなっているため、...
ドコモ光が無派遣工事になる条件について ドコモ光が無派遣工事になる条件とは?工事内容、お得な契約方法を解説!
ドコモ光工事
ドコモ光が無派遣工事になる条件を主に解説しました。無派遣工事は派遣工事に比べて大幅に安くて手軽です。条件に合致せず派遣工事になった場合にお得に契約する方法についても解...