1. ドコモ光
  2. ドコモ光工事

部屋が汚いからドコモ光の立会い工事が嫌な人!工事を回避する方法は?

ドコモ光工事
部屋が汚いから工事で家に入られたくない

『部屋が汚いから…工事業者を家の中に入れたくない…』

このような悩みを抱えている方は、少なからずいるはずです。

ドコモ光に限らず、フレッツ光やauひかりなど光回線を利用するには開通工事が必要になるため、指定した日時に立ち合いをしなければなりません。

また、立ち合い工事の際、家の中でも機器の取り付けなどがあるため、工事業者は家の中に必ず入ります。

しかし、部屋が汚いなどの理由で家の中に工事業者を入れなくない場合、回避する方法はないのでしょうか。

部屋が汚くてもドコモ光の工事はしてくれる

ドコモ光の工事に部屋が汚いかは関係ない

ドコモ光に限らず、基本的に光回線の工事は部屋が汚くても実施してくれます。

当サイトの管理人が光回線の営業をしていた頃、実際に工事関係の作業員と話す機会がありましたが、部屋が多少汚くても工事をおこなっていたというのは聞いていました。

ただ、物があまりにも多く、外の電柱から宅内まで光ファイバーを引き込むポイントが無いなどの問題がある場合は工事が厳しいようです。

光ファイバーを引込めるポイントと必要な機器を設置する場所の確保は最低限の条件となってくるでしょう。

家の中に人が入らない工事はある?

前述した通り、ある程度お部屋が片付けられていなくてもドコモ光の開通工事はしてもらえます。

ただ、『できることなら部屋に人を入れずに工事が終わらないかなぁ…』と考えている方も多いでしょう。

じつは光回線の工事には無派遣工事という宅内に作業員が入らなくても完了する工事が存在し、下記のケースに当てはまる場合は高確率で無派遣工事が適用されます。

無派遣工事が実施できるケース

  • フレッツ光ユーザーによる転用、または他社光コラボユーザーによる事業者変更にてドコモ光へ乗り換えた場合
  • マンションに住んでいる場合
  • フレッツ光等の利用歴があり、自宅に光コンセントが設置済みの場合(※戸建て)

上記ケースの詳しい内容については、後述している『工事で家に業者を入れたくない場合の対処法』で解説していますが、無派遣工事が可能であれば工事に関する悩みが解消できます。

ただ、上記のケースに該当をしても無派遣工事は自分から希望することはできず、ドコモ光の申込み後に事業者から工事日調整などの連絡が入った際に可否がハッキリします

そのため無派遣工事を希望するなら、まず OCN などのプロバイダから1度登録をして、結果を待ってみるのがベストです。

結果的に無派遣工事が難しいと判断されてしまった場合、キャンセルをしても費用は一切かからないので心配もありません。

ドコモ光の立会い工事はどこを作業する?

ドコモ光の立会い工事

そもそもドコモ光の立会い工事では、何をするのでしょうか。

基本的にドコモ光だけではなく、フレッツ光など光回線の工事はどれも共通しています。

工事の流れについては、別記事『 』で詳しく解説していますが、作業内容は家の外⇒家の中という順番で行われるのが一般的です。

戸建て、マンションといった建物種別によって家の外で行われる工事に違いはありますが、家の中で行われる工事はどんな建物でも変わりません。

ネット回線の工事業者が家の中でする作業

ドコモ光の工事にも共通する、家の中で実施する作業内容の紹介です。

まず、壁に備わっている電話線の差込口(※モジュラーと呼ばれる)に、『光コンセント』という光ファイバーを接続するためのコンセントを取り付けます。

光コンセント
▲光コンセントの例

次に行うのは、ONU(※回線終端装置)という機器の設置です。

屋外から引っ張ってきた光ファイバーケーブルを、光コンセントを通して家の中に引込み、ONUと接続します。

ONUのイメージ
▲ONUのイメージ

最後に、工事業者が持参する確認用のパソコンとONUをつなぎ、開通の確認がとれれば工事は完了です。

作業時間は、屋外⇒家の中での工事まで、すべて含めて1~2時間程度が目安となります。

穴あけ工事が必要になることもある

ドコモ光の工事で穴あけは必要!?穴あけ必須のパターンや工事の注意点を解説』でも解説の通り、工事の際に穴あけが必要になることもあります。

これは非常にレアなケースになりますが、外の電柱から宅内に光回線を引き込む際に通常は下記のような場所を通します。

  • 既存の電話線が通っている配管
  • エアコンのダクト
  • 壁や窓のちょっとした隙間

基本的に上記のような場所を使って回線の引込みをするため、作業員はむやみに穴を空けたりはしません。

ただ、どうしても宅内に入線する場所が無かった場合、壁に3~4ミリ程度の穴を空けることもあります。

穴あけ後は、コーキング剤などで穴埋めをするので水漏れなどの心配はありません。

家の中での作業は光コンセントの部屋のみ

上記の通り、家の中での作業は光コンセントの取り付けがメインとなります。

つまり、工事業者が作業するのは壁に電話線の差込口がある部屋のみになるため、『部屋が汚いから家の中に入られたくない…』と悩んでいる方も少し不安が解消されるはずです。

ただ、部屋までの導線(※廊下など)などは使わないといけないため、それでも不満に感じてしまう方もいるでしょう。

そもそも家の中に工事業者を入れたくないという方は、これから解説する後述を参考にしてみてください。

工事で家に業者を入れたくない場合の対処法

ドコモ光の宅内工事対処法

ネット回線の立会い工事する場合、家の中での作業は回避できません。

ただ、どうしても部屋に人を入れたくない場合の対処法として、いくつかの代替案を紹介します。

工事で家の中に人を入れない対処法

  1. 転用/事業者変更でドコモ光へ乗り換える
  2. マンションに住んでいる場合は高確率で工事不要
  3. 自宅に光コンセントが設置済みの戸建て
  4. ホームルーターなど工事不要のネット回線を利用する

【1】転用/事業者変更でドコモ光へ乗り換える

前述した通り、ドコモ光をはじめ、光回線の工事には家の中の作業を必要とする派遣工事とは対称的に、物理的な工事が不要となる無派遣工事が存在します。

無派遣工事では、NTTの局舎内で信号を切り替えるだけの工事になるため、工事業者が訪問する必要がなく、家の中に人が入る心配はありません。

無派遣工事の仕組み
▲無派遣工事のイメージ

この無派遣工事は、転用/事業者変更で乗り換えると高確率で対象となります。

転用、事業者変更とは、すでに設置済みの光コンセント、ONU、ルーターなどをそのままドコモ光へ乗り換えるための手続きになり、利用環境は変わらないので物理的な工事を必要としません。

手続きの種別は、乗り換え前のネット回線によって分かれます。

転用/事業者変更の違い

  • 転用…フレッツ光からドコモ光への乗り換え
  • 事業者変更…他社光コラボ(※ソフトバンク光、ビッグローブ光など)からドコモ光への乗り換え

つまり、契約中のネット回線がフレッツ光、またはドコモ光以外の光コラボであれば工事が必要ないということですね。

転用/事業者変更の方法については、別記事『転用の手順』にて解説しているので、チェックしてみてください。

【2】マンションに住んでいる場合は高確率で工事不要

じつはマンションなど集合住宅にお住いの方は、新規契約であっても高確率で無派遣工事が適用される傾向にあります。

多くのマンションは建物自体に光ファイバーケーブルが導入されているため、作業員が訪問して物理的な工事を1から実施する必要がありません。

ドコモ光の申込み後に郵送されてくるONUなどの機器を、宅内にて自分で取り付けるだけになるので、利用開始までのハードルがかなり低いと考えていいでしょう。

MDF
▲マンションは建物の集合装置に
光ファイバーが導入済みなので工事不要

建物の設備によっては、宅内で光コンセントを取り付けるなどの派遣工事を必要とするケースもあります。

ただ、以前の入居者が退去する際に光コンセントを残している場合が多いので、結果的には高確率で無派遣工事が見込めます。

家の中に作業員を入れたくない方でも、マンションにお住いであれば積極的に申し込みを検討して損はないでしょう。

OCNforドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント2,000pt
  • キャンペーン期間:2023/2/1~2023/2/28
  • 戸建てタイプ月額料金:5,940円
  • マンションタイプ月額料金:4,620円

ドコモ光の導入は大家さんから許可が必要!使える言い回しや工事内容まとめ] 賃貸でドコモ光は大家の許可は必要?必要なケースと許可を得る方法 ドコモ光の導入時に大家さんから許可をもらうコツについてまとめています。ドコモ光に限らず、賃貸物件で光回線を導入するためには、大家さんなどの管理者から許可が必要です。この記事では、大家さんからドコモ光の導入について許可をもらう言い回しのコツや工事内... 記事を別タブで開く 2022-12-23

【3】自宅に光コンセントが設置済みの戸建て

通常、ドコモ光の戸建てタイプを新規契約をする場合は立会い工事が必要となり、家の中での作業は避けられません。

ただ、下記のようなケースにおいては無派遣工事が可能となります。

戸建てで無派遣工事が可能になるケースの例

  • 過去にフレッツ光などの利用歴があり、光コンセントが残っている
  • フレッツ光ユーザー、または他社光コラボユーザーで『転用』や『事業者変更』が可能

過去にフレッツ光の利用歴があるなどの理由から、光コンセントが宅内に設置済みのケースでは無派遣工事の対象となる場合が多くあります。

また、前述した通り、フレッツ光ユーザーや他社光コラボユーザーなら機器や設備をそのまま再利用する『転用』や『事業者変更』といった手続きが可能になるため、物理的な工事は必要ありません。

【4】ホームルーターなど工事不要のネット回線を使う

無派遣工事がどうしもNGとなってしまうケースも考えられます。

そのため、どうしても『部屋が汚いから…』などの理由で家の中に工事業者を入れたくない場合は、固定回線の代替案としてホームルーターを検討するのも1つの対処法になるでしょう。

ホームルーターの中でも人気の高い ソフトバンクエアー は、本体をコンセントと繋ぐだけで利用できるため、ネット回線の工事に不安を持つ方にとってはピッタリです。

通信速度においてもドコモ光の通常プランが最大1Gbpsで提供しているのに対し、ソフトバンクエアーでは最大962Mbps(※一部エリア)もの速度で提供されており、理論上は光回線の代替案として十分なスペックと言っていいでしょう。

なお、申し込みから最短3日ほどで本体が届くので、すぐにインターネット環境を必要としている方にもベストな選択肢です。

ソフトバンクエアーおすすめ窓口は?

SoftBank Air正規代理店NEXT
  • キャンペーン:30,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2023/2/1〜2023/2/28
  • 月額料金:
    1〜12ヵ月目:4,180円
    13ヵ月目以降:5,368円

ソフトバンクエアーは、ソフトバンク公式サイトや代理店など様々な申込み窓口が存在します。

ただ、結論として公式サイト等よりも代理店を経由して申し込む方法がキャンペーンなどの特典が非常に豪華でお得です。

なかでもソフトバンクエアーの優良代理店である NEXT では、最大30,000円の現金キャッシュバックが受けられるため多くの加入者から人気を集めています。

他社代理店のキャッシュバック相場が2万円前後になるので、キャンペーンのお得度は圧倒的ですね。

また、有料オプションへの加入といった複雑な条件もないため、どなたでも安心して利用できる点も魅力的です。

ドコモ光はプロバイダ経由の申し込みがベスト!

ドコモ光のキャンペーン

ドコモ光では、公式ページやプロバイダなど多数の申し込み窓口がありますが、プロバイダ経由の申し込みがもっともお得な選択肢となります。

ただ、別記事『 ドコモ光のプロバイダ変更はミスると危険!注意点や安全な方法を解説』でも解説していますが、ドコモ光には24社ものプロバイダがあります。

そのなかで、すべてのプロバイダがキャッシュバックなどのキャンペーンを実施している訳では無いため、慎重に選ばなければなりません。

2023年02月現在、ドコモ光のプロバイダで最も豪華なキャンペーンで人気を集めるのが OCN です。

OCNforドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント2,000pt
  • キャンペーン期間:2023/2/1~2023/2/28
  • 戸建てタイプ月額料金:5,940円
  • マンションタイプ月額料金:4,620円

OCNは言わずと知れた大手プロバイダであり、NTTの直接の子会社であるNTTコミュニケーションズが提供しているため、安心感の大きさが格別です。

また、有料オプションなどの条件もなく20,000円のキャッシュバックが受け取れる点が最大の魅力と言っていいでしょう。

ドコモ光のプロバイダはキャンペーン実施しているプロバイダ自体が少なく、仮にキャンペーンを実施していても有料オプションなどの条件をクリアしないと平均5,000~10,000円程度の還元となります。

特典の豪華さにおいてもトップクラスを誇るため、ドコモ光の申込み窓口として最有力候補と考えて損はありません。

OCNについて詳しくは、別記事「 OCN for ドコモ光の評判をチェック!速度が速くて満足度が高いって本当?」も参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダでOCNは避けた方がいい理由 OCN for ドコモ光は損!?メリット・評判・特殊なルーターを徹底分析 OCNはNTTコミュニケーションズが提供する大手プロバイダであり、高い人気を誇ります。ドコモ光ではOCN for ドコモ光として提供しており、お得なキャンペーンをはじめ、高速通信を可能にするv6アルファ、v6アルファ対応ルーターの無料提供などお得な特典を多数用意... 記事を別タブで開く 2022-05-18

関連記事
ドコモ光は解約工事が0円?撤去工事費や解約時の注意点をチェック! ドコモ光は解約工事が0円?撤去工事費や解約時の注意点をチェック! ドコモ光の撤去工事の方法と費用についてまとめました。ドコモ光を解約する場合、回線撤去工事の他に機器の返却などが必要です。回線撤去工事についても、お住まいの建物によって...
ドコモ光工事まとめ ドコモ光の工事で穴あけは必要!?穴あけ必須のパターンや工事の注意点を解説
ドコモ光工事
ドコモ光に限らず、ネット回線の工事で心配なのが穴あけ工事です。工事で穴あけをすることは滅多にありませんが、稀に宅内まで光ファイバーケーブルの引込み口が無い場合に行われ...
オリンピック時期はネットの開通工事が3ヶ月待ち?工事が遅い理由を考察 オリンピック時期はネットの開通工事が3ヶ月待ち?工事が遅い理由を考察 オリンピックの時期はネット回線の工事が遅くなるのかを考察しています。光回線の作業員によると、オリンピック前後はネットの開通工事が3ヶ月待ちになる見込みとなっているため、...
ドコモ光の引っ越しの手順と損しない方法 【2021年】ドコモ光引っ越しの手順と最も損しない方法、工事内容を解説 ドコモ光を引っ越しする場合、移転手続きと解約新規という2つの継続方法があります。移転に伴う手続きの手順は難しくありませんが、引越し先のエリアによっては費用が大きく変わり...
ドコモ光のルーターについて ドコモ光のルーターの選び方!チェックしたいポイントと接続設定まで解説 ドコモ光は工事後、ルーターを自分で接続設定しなければなりません。また、ルーターを用意するには購入・レンタルといった選択肢があるため、悩む方は多いでしょう。このページで...