1. ドコモ光
  2. ドコモ光工事

部屋が汚いからドコモ光の立会い工事が嫌な人!工事を回避する方法は?

ドコモ光工事
部屋が汚いから工事で家に入られたくない

『部屋が汚いから…工事業者を家の中に入れたくない…』

このような悩みを抱えている方は、少なからずいるはずです。

ドコモ光に限らず、フレッツ光やauひかりなど光回線を利用するには開通工事が必要になるため、指定した日時に立ち合いをしなければなりません。

また、立ち合い工事の際、家の中でも機器の取り付けなどがあるため、工事業者は家の中に必ず入ります。

しかし、部屋が汚いなどの理由で家の中に工事業者を入れなくない場合、回避する方法はないのでしょうか。

部屋が汚くてもドコモ光の工事はしてくれる

ドコモ光の工事に部屋が汚いかは関係ない

ドコモ光に限らず、基本的に光回線の工事は部屋が汚くても実施してくれます。

当サイトの管理人が光回線の営業をしていた頃、実際に工事関係の作業員と話す機会がありましたが、部屋が多少汚くても工事をおこなっていたというのは聞いていました。

ただ、物があまりにも多く、外の電柱から宅内まで光ファイバーを引き込むポイントが無いなどの問題がある場合は工事が厳しいようです。

光ファイバーを引込めるポイントと必要な機器を設置する場所の確保は最低限の条件となってくるでしょう。

ドコモ光の立会い工事はどこを作業する?

ドコモ光の立会い工事

そもそもドコモ光の立会い工事では、何をするのでしょうか。

基本的にドコモ光だけではなく、フレッツ光など光回線の工事はどれも共通しています。

工事の流れについては、別記事『ドコモ光の工事内容を詳しく解説』で詳しく解説していますが、作業内容は家の外⇒家の中という順番で行われるのが一般的です。

戸建て、マンションといった建物種別によって家の外で行われる工事に違いはありますが、家の中で行われる工事はどんな建物でも変わりません。

ネット回線の工事業者が家の中でする作業

ドコモ光の工事にも共通する、家の中で実施する作業内容の紹介です。

まず、壁に備わっている電話線の差込口(※モジュラーと呼ばれる)に、『光コンセント』という光ファイバーを接続するためのコンセントを取り付けます。

光コンセント

▲光コンセントの例

次に行うのは、ONU(※回線終端装置)という機器の設置です。

屋外から引っ張ってきた光ファイバーケーブルを、光コンセントを通して家の中に引込み、ONUと接続します。

ONUのイメージ

▲ONUのイメージ

最後に、工事業者が持参する確認用のパソコンとONUをつなぎ、開通の確認がとれれば工事は完了です。

作業時間は、屋外⇒家の中での工事まで、すべて含めて1~2時間程度が目安となります。

穴あけ工事が必要になることもある

ドコモ光の工事で穴あけは必要!?』でも解説の通り、工事の際に穴あけが必要になることもあります。

これは非常にレアなケースになりますが、外の電柱から宅内に光回線を引き込む際に通常は下記のような場所を通します。

  • 既存の電話線が通っている配管
  • エアコンのダクト
  • 壁や窓のちょっとした隙間

基本的に上記のような場所を使って回線の引込みをするため、作業員はむやみに穴を空けたりはしません。

ただ、どうしても宅内に入線する場所が無かった場合、壁に3~4ミリ程度の穴を空けることもあります。

穴あけ後は、コーキング剤などで穴埋めをするので水漏れなどの心配はありません。

家の中での作業は光コンセントの部屋のみ

上記の通り、家の中での作業は光コンセントの取り付けがメインとなります。

つまり、工事業者が作業するのは壁に電話線の差込口がある部屋のみになるため、『部屋が汚いから家の中に入られたくない…』と悩んでいる方も少し不安が解消されるはずです。

ただ、部屋までの導線(※廊下など)などは使わないといけないため、それでも不満に感じてしまう方もいるでしょう。

そもそも家の中に工事業者を入れたくないという方は、これから解説する後述を参考にしてみてください。

工事で家に業者を入れたくない場合の対処法3選

ドコモ光の宅内工事対処法

ネット回線の立会い工事する場合、家の中での作業は回避できません。

ただ、どうしても部屋に人を入れたくない場合の対処法として、いくつかの代替案を紹介します。

【1】光コンセントがあれば無派遣工事が可能

ドコモ光をはじめ、光回線の利用には光コンセントの設置が必須です。

過去に光回線を使用したことが無い場合は、高確率で自宅に光コンセントが無いため、工事業者が派遣工事にて設置しなければなりません。

しかし、過去に光回線を使用した経歴があり、すでに光コンセントが設置されている部屋では、『無派遣工事』という立会い不要の工事が可能です。

無派遣工事では、NTTの局舎内で信号を切り替えるだけの工事になるため、工事業者が訪問する必要がなく、家の中に人が入る心配はありません。

無派遣工事の仕組み

また、特にマンションでは、以前の入居者が退去する際に光コンセントをそのままにしているケースが多く、高い確率で無派遣工事が見込めます。

ただ、無派遣工事は自分で希望することは出来ません。

家の中に工事業者を入れたくない方は、まず光コンセントの有無を確認した方が良いでしょう。

フレッツ光ユーザーなら、ドコモ光へ『転用』で乗換えることで立会い工事を回避できます。

転用は、フレッツ光の設備を丸ごと再利用してドコモ光へ乗換えられるため、非常に便利な方法です。

転用の方法については、別記事『転用の手順』にて解説しているので、チェックしてみてください。

【2】モバイルWi-Fiなど工事不要のネット回線を使う

光回線など、固定回線を導入する場合は立会い工事は高確率で必要です。

そのため、どうしても『部屋が汚いから…』などの理由で家の中に工事業者を入れたくない場合は、WiMAXなどのモバイルWi-Fiを検討するのも1つの対処法になるでしょう。

モバイルWi-Fiは、最短で契約した当日から工事不要で利用できるため、ネット回線の工事に不満がある方にとってはピッタリです。

また、場所を選ばずにどこでもWi-Fiが利用出来るため外出先でネット利用の多い方にもおすすめでしょう。

WiMAXおすすめ窓口は?

WiMAX2+のおすすめ窓口

手軽にネット生活をスタートできるモバイルWi-Fiの中でも、圧倒的な人気を誇るのがWiMAXです。

固定回線なみの通信速度と低価格な料金設定が人気を呼び、爆発的にユーザー数を伸ばしています。

また、豪華キャンペーンも人気の理由です。

WiMAXの中でも人気プロバイダである GMOとくとくBB では、WiMAXの新規加入で最大32,000円のキャッシュバックが受取れます。

GMOとくとくBB WiMAX
  • キャンペーン:32,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2021/1/1〜2021/1/31
  • 月額料金:
    1〜2ヵ月目:3,609円
    3ヵ月目以降:4,263円

『せっかくWiMAX契約するなら、お得な窓口がいい!』という方には、ピッタリのプロバイダでしょう。

なお、WiMAXのお得なキャンペーン情報に関しては『WiMAXのキャンペーンで損をしない選び方』でも詳しく解説しています。

【3】自力または専門業者に依頼して片づける

どうしても光回線を導入したい場合、やはり自力で部屋を片付けるのが1番の近道でしょう。

ドコモ光にも当てはまりますが、光回線の工事は申込み後に、日程や時間を指定することができます。

片付けるために時間が欲しい場合は、工事日を時間をあけて指定できるので、部屋の掃除のための時間を確保することが可能です。

また、『大きな家具の裏に光コンセントがあって工事出来ない…』といったケースもあるでしょう。

当サイト管理人が、某光回線の販売を行っていた頃にも実際あったケースですが、この場合は引越し業者やなんでも屋などを利用することで、大きな家具の移動もできます。

ただ、業者に依頼すると当然費用が発生するため、多少の出費は覚悟しなければならないでしょう。

大手引っ越し業者や、清掃・家具移動などをしてくれる業者の相場を調べてみると、おおよそ家具の移動で1万円前後でした。

ドコモ光のキャンペーンで部屋の掃除費用を相殺

ドコモ光のキャンペーン

ドコモ光では、プロバイダによってお得なキャンペーンを実施しています。

そのため、キャンペーンを上手く活用することで部屋の片づけや家具の移動に費用が発生しても、キャッシュバックなどで相殺することが可能です。

ただ、別記事『ドコモ光のプロバイダを選ぶコツ!』でも解説していますが、ドコモ光には24社ものプロバイダがあります。

そのなかで、キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているプロバイダは非常に数が少ないため、慎重に選ばなければなりません。

キャンペーンを実施しているドコモ光のプロバイダで最も特典が豪華で人気なのが OCN です。

OCNforドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント20,000pt
  • キャンペーン期間:2021/1/1~2021/1/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,400円
  • マンションタイプ月額料金:4,200円

OCNは言わずと知れた大手プロバイダであり、NTTの直接の子会社であるNTTコミュニケーションズが提供しているため、安心感が別格です。

また、ドコモ光の申込みで無条件に20,000円のキャッシュバックが受け取れるため、もっとも注目度の高いキャンペーンと言えます。

どうしても部屋の片づけにおいて費用が出てしまう方には、非常におすすめのキャンペーンになるでしょう。

OCNについて詳しくは、別記事のOCN for ドコモ光の評判は速度が速くて満足度が高い?も参考にしてください。

まとめ

まとめ

部屋が汚い等の理由で、家の中に人を入れたくない場合の対処法を解説しました。

結論として、自宅に光コンセントが無く、それでもドコモ光など光回線を導入したいといった場合は、立ち合い工事は回避できません。

そのため、自力または引っ越し業者などを上手く活用して部屋を整理しておくにこしたことはありません。

ただ、業者などの費用はドコモ光のキャンペーンを利用すれば負担を減らせるので多少は大丈夫でしょう。

また、光コンセントが設置済みの部屋や、フレッツ光ユーザーであれば立会い工事はないため、安心してドコモ光を利用出来ます。

関連記事
ドコモ光工事まとめ ドコモ光の工事で穴あけは必要!?穴あけ必須のパターンや工事の注意点を解説 ドコモ光に限らず、ネット回線の工事で心配なのが穴あけ工事です。工事で穴あけをすることは滅多にありませんが、稀に宅内まで光ファイバーケーブルの引込み口が無い場合に行われ...
ドコモ光を工事不要で引越すケースのまとめ 工事不要でドコモ光は引越し可能!不要なケースと工事ありの違いは? 引越し先でドコモ光を継続して利用する場合、工事不要で利用できる特殊なケースがあります。工事の有無は、引っ越し先に光コンセントと呼ばれる設備が導入済みかで変わります。特...
ドコモ光が無派遣工事になる条件について ドコモ光が無派遣工事になる条件とは?工事内容、お得な契約方法を解説! ドコモ光が無派遣工事になる条件を主に解説しました。無派遣工事は派遣工事に比べて大幅に安くて手軽です。条件に合致せず派遣工事になった場合にお得に契約する方法についても解...
家の中でドコモ光の工事は何をするの?工事内容と注意点を解説 ドコモ光の派遣工事が必要になった場合、家の中での作業が必要です。基本的に家の中で行う作業は、光コンセントの設置やインターネットの疎通確認になるため、大掛かりな工事は実...
ドコモ光最短工事日についてまとめ ドコモ光の最短工事日を新規・転用ごとに分析!工事が遅くなる理由も公開 ドコモ光の最短工事日は、新規・転用のどちらで申し込むか、また戸建てかマンションかによって異なります。基本的に新規申し込みでは立会い工事が必要になり、工事日の調整が必要...