1. ホーム
  2. マンション

マンションでauひかりとJ:comはどっちがいい?評判を調べた結果…

マンション
auひかりとJ:comのマンションタイプを比較

今回はマンションにお住まいの方に向けて、auひかりとJ:COMのどちらを契約するべきか徹底的に比較していきます。

auひかりもJ:COMも両方に対応しているマンションでは、どちらを契約するべきか悩む方も多いようです。

特にJ:COM対応物件は不動産屋さんや管理会社から勧められることも多く、「それなら…」と契約してしまうこともあるでしょう。

ただ、使い方によっては言われるがまま契約すると後悔する可能性があります。

■ポイント別おすすめ回線

  • 料金やキャッシュバック等、お得に使うことを重視→auひかり
  • 通信速度の快適性を重視→auひかり
  • ネットもテレビも使いたい→J:COM

この記事では、auひかりとJ:COMどちらがあなたに合っているのか見極めるためにチェックしたいポイントについてまとめました。

auひかりとJ:COMは関連企業!

auひかりとJ:COMを比較する前知識として、両社の関係性を押さえておきましょう。

実は、J:COMを運営する「株式会社ジュピターテレコム」は、au光ひかりを運営するKDDIの子会社です。

また、J:COM以外の各地域のケーブルテレビ局の多くは、J:COMの傘下のような状態になっています。

例えば、千葉県松戸市にあったケーブルテレビ局「JCNコアラ葛飾」が「株式会社ジェイコム東葛葛飾」になっているといった具合です。

つまり、J:COMや傘下のケーブルテレビ局は、みんなauひかりの関連企業ということになります。

auひかりでもJ:COMでもauスマートバリュー対応!

auスマートバリュー

auひかりは、KDDIが指定するインターネット契約とauスマホをセット契約することで、スマホ料金が割引される施策です。

多くの方はauひかりでないといけないと思っているようですが、実は関連企業であるJ:COMや他のケーブルテレビ局の契約でもOKです。

>参考:auスマートバリュー対象固定回線サービス

つまり、あなたの利用方法がケーブルテレビを契約した方がいい使い方なら、無理にauひかりに拘らなくても問題ありません。

auスマートバリューとは?auひかり以外の対象回線も紹介 auスマートバリューとは?スマホセット割引適用方法と注意点をまとめました auスマートバリューとは、対象回線とauスマホがセットで割引になるサービスです。対象となる回線は、auひかりの他にビッグローブ光やSo-net光などがあります。このページでは、auスマートバリューについての情報をまとめました。auスマホユーザの人は、参考にしてく... 記事を別タブで開く 2021-05-25

J:COMからauひかりへの乗り換えは違約金補填無し

auひかりマンションスタートサポート

auひかりでは、「auひかり 新スタートサポート」で他社回線からの乗り換えにかかる費用を負担してくれます。

■新スタートサポートの特典内容

  • 他社からauひかりに乗り換え時の解約違約金を最大30,000円還元
  • 上記回線のauスマートバリューに2回線以上参加で1回線最大10,000円還元

つまり、家族3人でauスマホを使うなら、最大60,000円も還元されます。

仮に違約金やその他の費用で30,000円以上かかったとしても、スマホで還元される分で相殺できるでしょう。

しかし、J:COMやケーブルテレビを利用している方は、この新スタートサポートの対象外となってしまいます。

今J:COMからauひかりへの乗り換えるを検討している方は、違約金がかかると自己負担になることに十分注意しましょう。

auひかり新スタートサポート auひかりへ他社違約金負担0円キャンペーンで乗り換え!新スタートサポートとは? auひかりでは新スタートサポートという他社違約金を負担するキャンペーンを実施しています。そのため、auひかりへの乗換え時に違約金で悩んでいる方も安心して乗換え可能です。また、プロバイダなどではなく一部のWEB代理店では追加でキャッシュバックが受取れるキャ... 記事を別タブで開く 2021-06-07

■ここまでのまとめ

  • J:COMはKDDIの子会社
  • auひかりもJ:COMもauスマートバリュー対象
  • J:COM→auひかりへの乗り換えはauひかり 新スタートサポート対象外

auひかりとJ:COMの月額料金と速度を比較!

続いてauひかりとJ:COMの月額料金と速度を比較し、お住まいのマンションでインターネットを中心に使うなら、どちらがいいのかチェックしましょう。

auひかりとJ:COMの料金はどっちが安い?

auひかりは、お住まいのマンションによって対応しているプランが異なります。

そのため、月額料金を比較するために、マンションに対応したauひかりの料金プランを確認する必要があります。

お住まいに対応するauひかりのプランがまだわからない方は、先にauひかりの提供エリア確認を行いましょう。

>auひかりエリア確認方法はこちら

一方、J:COMは速度の違う複数のプランから自由に選べます。

それぞれのプラン内容を確認して、どちらが安いか比較していきましょう。

auひかりの料金プランについて

auひかりの料金プランは、お住まいが対応している配線方式によってプランが決まります。

■auひかりマンションの月額料金
料金プラン 16契約以上 8契約以上
タイプV/
タイプG(V契約)
4,180円 4,510円
都市機構DX※ 4,180円
タイプG(G契約)※ 5,390円 5,720円
都市機構G DX-G 13,200円
タイプE 3,740円 4,070円
タイプF 4,290円
ギガ 4,455円
ミニギガ 5,500円

ほとんどのマンションはタイプVが導入され、タイプEやタイプFを利用できるマンションはかなりレアです。

また、UR賃貸マンションは専用プランとなる都市機構が導入されています。

新しい物件や設備投資を積極的に行う物件はギガに対応していることもありますが、総数は決して多くありません。

つまり、ほとんどの方はauひかりは月額4,180円になります。

auひかりのマンションタイプの料金は?安くなる裏ワザがあるって本当?

J:COMの料金プランについて

J:COMが提供するインターネット接続サービス「J:COM NET」は、通信速度によって利用料金が異なります。

■J:COM NETの料金
料金プラン 月額料金
1Gコース 7,348円
320Mコース 5,918円
120Mコース 5,148円
12Mコース 4,576円
1Mコース 3,476円

なお、1番速い1Gコースは、対応している事業所管内でしか利用できません。

1Gコース対応の事業所は次の通りです。

■1Gコース対応のJ:COM事業所

地域

1G対応 J:COM事業所
関東
  • J:COM 熊谷・深谷
  • J:COM 湘南・鎌倉
  • J:COM 中野
  • J:COM 小田原
  • J:COM 市川・浦安
  • J:COM 大田
  • J:COM 武蔵野・三鷹
  • J:COM YY船橋習志野
  • J:COM 千葉セントラル
  • J:COM 東葛・葛飾
  • J:COM 八王子・日野
  • J:COM 東京北
北海道 J:COM 札幌
九州
  • J:COM 熊本
  • J:COM 福岡
関西
  • J:COM 南大阪
  • J:COM 堺
  • J:COM 神戸
  • J:COM 三木

上記の事業所管内で、かつマンションに設備が整っている物件となると限られてしまいます。

そのため、1Gコースに対応しているマンションは、auひかりマンションギガより遥かに少なく、対応していたらラッキーです。

また、12Mコースや1Mコースは、今から契約するとなると遅くておすすめできません。

つまり、J:COMのインターネットを利用するなら、120Mコースの5,148円か320Mの5,918円のどちらかとなります。

結論:月額料金はauひかりの方が安い!

ここまで見てきた通り、1ギガ対応の場合も非対応の場合も、auひかりの方が料金が安いとわかりました。

■auひかりとJ:COMの料金比較
  auひかり J:COM NET
1ギガ対応プラン
  • マンションギガ:4,455円
  • マンションミニギガ:5,500円
1Gコース
7,348円
1ギガ非対応プラン タイプV、都市機構
4,180円
  • 320Mコース:5,918円
  • 120Mコース:5,148円

毎月の料金を重視して選ぶなら、auひかりの方が良いでしょう。

auひかりとJ:COMの速度はどっちが速い?

料金の比較ではauひかりの方が安いことがわかりました。

続いてauひかりとJ:COMの速度をSNS上の口コミも見ながら比較しましょう。

ギガ対応なら速度はそこまで変わらない

■ギガ対応プランのスペック

 

下り速度

上り速度

auひかり

最大1Gbps

最大1Gbps

J:COM

最大1Gbps

最大100Mbps

auひかりもJ:COMも、ギガ対応のプランの下り速度は同じ最大1Gbpsです。

ただ、J:COMの1Gコースは上り速度が最大100Mbpsであることに注意しましょう。

アップロード速度を重視する使い方なら、auひかりを選んだ方がいいかもしれません。

auひかりを選んだ方がいいのは…

  • YouTubeやSNSに動画を投稿したい方
  • DropboxやGoogle Driveにたっぷりデータを預けたい方

また、SNSで速度測定結果の公開をしている方を見ると、下りの実効速度はauひかりもJ:COMも同程度です。

上り速度を気にしないなら、auひかりとJ:COMはどちらを選んでも問題ないでしょう。

ただ、Webサイトの閲覧だけでも、HTTPリクエストの送信(アップロード)が必要です。

別記事『JCOMとauひかりを料金・速度を丸ごと解説』でも解説している通り、総合的な通信速度を見るなら、上りも最大1Gbpsになるauひかりの方がいいでしょう。

ギガ非対応のマンションならauひかりの方がいい!

ギガ対応ならどちらも快適に使えるとお伝えしましたが、auひかりもJ:COMも、ギガ非対応のマンションの方が多くなっています。

また、ギガ非対応のマンションでは、auひかりは最大100MbpsのタイプVが主流です。

そのため、両者のプランを比較するとJ:COMの方が高速です。

■ギガ非対応プランのスペック

 

下り速度

上り速度

auひかり
タイプV
タイプG(V契約)

最大100Mbps

最大35Mbps
タイプG(V契約)は
最大100Mbps

auひかり
タイプG(G契約)

最大664Mbps

最大166Mbps

J:COM
320Mコース

最大320Mbps

最大10Mbps

J:COM
120Mコース

最大120Mbps

最大10Mbps

しかし、SNSでの口コミでは、auひかりのタイプVとJ:COMの320Mコースは大きな速度差が無いように見受けられます。

こうして口コミを比較すると、auひかりのタイプVでもJ:COMの320Mコースでも、下り速度にはそれほど違いはありません。

なお、auひかりのタイプVが導入されている物件は、今後タイプGが提供される可能性が高いといえます。

タイプGはタイプVと同じ電話線を利用した配線方式です。

しかし、新しいG.fastという通信規格に対応したことで、下り最大664Mbpsと光回線に近い速度を実現

同じ配線で利用できるプランなので、提供エリアが拡大されれば確実にauひかりの方が早くなります。

口コミでも、タイプGは光並みに速い測定結果が出ています。

現状auひかりがギガやタイプGに非対応の物件でも、先々を見越して契約するならauひかりを選んだ方が良いでしょう。

auひかりマンションタイプG導入の注意点!変更後の料金や速度は?

結論:速度を重視するならauひかりがおすすめ!

ここまでの速度の比較しましたが、普通に使うならauひかりもJ:COMも同じくらいの速度で使えることがわかりました。

ただ、それぞれauひかりの方が優位な点があります。

auひかりが優位な点

  • ギガ:auひかりは上り速度も最大1Gbpsで総合的に速い
  • ギガ以外:auひかりに最も多いタイプVは、今後タイプGが拡大すれば超高速になる

この違いがあるので、速度を重視する方はauひかりの方がおすすめです。

料金と速度比較まとめ

  • ギガ対応・非対応に関わらず月額料金はauひかりが安い
  • ギガ対応プランなら、下り速度はauひかりもJ:COMも同じ最大1Gbps
  • ギガ非対応プランならauひかりのタイプVとJ:COMの320Mコースの実効速度は同等
  • auひかりのタイプVなら、今後より速いタイプGの導入が期待できる!

auひかりとJ:COMのキャンペーン比較

続いてauひかりとJ:COMのキャンペーンを見ていきます。

回線 auひかり JCOM
還元額
  • 戸建て:94,336円
  • マンション:78,531円
なし
適用時期 開通翌月 -
その他の特典
  • 工事費実質無料特典
  • 乗り換え時解約金最大30,000円還元
  • 工事費5,500円無料
  • JCOMスタート割
  • 新社会人応援U26割
  • J:COM学割
公式サイト So-net J:COM公式サイト

後述していますが、auひかりは申し込み窓口の豊富さとキャンペーンの豪華さが魅力です。

一方、J:COMは公式キャンペーンのみで、auひかりと比較すると少し弱いと感じてしまうかもしれません。

auひかりのキャンペーンは高額特典が豊富!

auひかりはKDDI公式だけでなく、数多くの代理店やプロバイダから申し込めるネット回線です。

代理店のキャンペーンはキャッシュバックが多く、人気の代理店では4万円以上のキャッシュバックがもらえます。

KDDI公式ページでは、キャッシュバックなど特典は実施されていないため、高額な特典を受け取れる窓口を選ぶと良いでしょう。

ただ、別記事『auひかり高額キャッシュバックのワナ!』でも解説している通り、代理店には悪質な条件を設けている窓口もあるので慎重に選ぶようにしてください。

なお、auひかり対応プロバイダの1つである So-net は、70,000円のキャッシュバックに加え、2年~3年に及ぶ月額料金割引を実施していて、毎月の料金を抑えたい方にはピッタリです。

■auひかりの主要キャンペーン
窓口 キャンペーン内容
So-net
  • キャッシュバック
    マンション…70,000円
  • 月額料金割引
    マンション…総額33,000円
NNコミュニケーションズ
  • ネットのみ:60,000円キャッシュバック
  • ネット+電話:66,000円キャッシュバック
株式会社NEXT
  • ネットのみ:40,000円キャッシュバック
  • ネット+電話:47,000円キャッシュバック
    ※どちらもWi-Fiルータープレゼント!

先に解説した通り、auひかりは月額料金もJ:COMより安いのに、さらにキャンペーンで高額還元されるのは嬉しいポイントでしょう。

もっともおすすめなのはSo-netからの申し込み

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャッシュバック:
    戸建て:70,000円
    マンション:70,000円
  • 月額割引:
    戸建て:総額22,000円
    マンション:総額33,000円
  • キャンペーン期間:2022/8/1~2022/8/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,390円
  • マンションタイプ月額料金:4,180円

auひかりを申しむ際、代理店や公式プロバイダといった複数の窓口が存在します。

ただ、代理店から申し込む場合、キャンペーンが厳しい条件付きのものであったり、手続きが複雑で思っていた通りに特典が受け取れないなどトラブルに発展するケースも少なくありません。

そのため、面倒なリスクを回避してauひかりスタートするなら、公式プロバイダが実施しているキャンペーン経由で申しむのがベストです。

auひかりは8社のプロバイダが提携していますが、So-netは速度やキャンペーン内容の理由から、auひかりユーザーの6割以上が利用していると言われています。

So-netでは、オプション加入などの条件無しでキャッシュバックと月額料金のキャンペーンを受けることができます。

  • キャッシュバック
    戸建て…70,000円
    マンション…70,000円
  • 月額割引
    戸建て…総額22,000円
    マンション…総額33,000円

auひかりの代理店が実施しているキャンペーンの相場が40,000円前後です。
比較するとSo-netが条件なしでかなりの高額還元をしていることが分かります。

J:COMはネットのみではキャンペーンが少ない

J:COMはauひかりのような代理店窓口ではなく、直接 J:COMの公式サイト から申し込めます。

そのため、J:COMでは公式キャンペーンや特典しか利用できず、auひかりよりお得感は少なくなるでしょう。

JCOMは公式ページからの申し込みがおすすめ
△JCOMは 公式サイト から申し込み可能!
正規代理店などの窓口は存在しない。

また、もともとJ:COMはテレビ中心のサービスであることから、、ネットのみで利用できるキャンペーンはごく僅かです。

J:COM NETのキャンペーン

  • 基本工事費0円(通常5,500円)
  • 新社会人応援 U26割
  • J:COM学割

基本工事費0円キャンペーンについて

基本工事費0円キャンペーンは、J:COM NETの新規開通工事費が無料になるキャンペーンです。

J:COM NETだけでなく、テレビや電話セットでも工事費は無料になります。

ただ、J:COM NETのみの申し込みで対象となるのは120Mコース以上です。
12Mと1Mは5,500円の工事費がかかるので注意しましょう。

新社会人応援 U26割とJ:COM学割について

新社会人応援 U26割とJ:COM学割は、対象者と割引額が異なりますが、ほぼ同じキャンペーンです。

集合住宅専用のキャンペーンで、対象者がJ:COM NET 320M+J:COM Wi-Fiを申し込むことで、4年間特別価格で利用できます。

キャンペーン内容

 

U26割

学割

対象者

15歳以上〜
27歳誕生日前日まで

満18歳以上の
大学生・専門学生

割引期間

4年間

割引後の月額

4,048円

3,630円

320Mコースの通常価格は5,918円なので、U26割や学割が使える方は、かなり安くなります。
とはいえ、auひかりで最も多いタイプVは月額4,180円です。

J:COM学割との差額は550円差、4年間で26,400円の差でしかないので、auひかりで高額キャッシュバックをもらった方がお得になります。

■キャンペーン比較まとめ

  • auひかりは最大47,000円キャッシュバック
  • So-netなら開通後に総額94,336円の割引が自動適用
  • J:COMは基本的に工事費0円キャンペーンのみ。
  • 対象者にはU26割や学割もあるが、月額料金も考慮するとauひかりのキャッシュバックの方がお得

ここまで解説してきた料金や速度、キャンペーンの比較を総合的に見て、インターネットを中心にお得に利用するならauひかりを選んだ方が良いでしょう。

【2019最新】auひかりキャンペーン丸ごと比較!注意点や適用条件を解説

ネット+地デジならJ:COMの方がいい!

ここまでインターネットの料金・速度を中心に比較したため、J:COMよりauひかりの方がおすすめだとお伝えしました。

しかし、ネットだけでなくテレビも一緒に契約したい方は、J:COMを選んだ方がいいでしょう。

■地デジ視聴にJ:COMを選ぶ理由

  • auひかりは地デジサービス無し
  • J:COMはネット+テレビ等、複数サービスでセット割引がある

auひかりにもテレビサービスのオプションはありますが、スカパーやひかりTVのような専門チャンネルの視聴サービスのため、地デジは視聴できません。

特にフレッツ光や光コラボのテレビサービスを利用している方は、auひかりに乗り換えると地デジ・BSが視聴できなくなってしまうので要注意です。

J:COMなら、どのテレビプランを選んでも、地デジ・BSが視聴できるようになります。

また、J:COMはインターネット契約だけでなく、テレビや電話を組み合わせたセット料金も提供しています。

■J:COMのセット料金例

 

スマートお得
セレクト NET320M

スマートお得
プラン320

月額料金

6ヶ月間:4,290円
以降:6,530円

6ヶ月間:8,338円
以降:10,428円

セット内容

TV:38ch
電話
ネット:320Mコース

TV:90ch
電話
ネット:320Mコース

J:COMのテレビサービスは専門チャンネル契約が必須ですが、38chのスマートお得セレクトなら6,530円で利用できます。

インターネットのみの320Mコースで5,918円なので、専門チャンネルに拘らないなら、たった612円で地デジ対応もOKです。

  • ネットだけでなく地デジも必要
  • 地デジ・BSだけでなく様々な番組が見たい

こうしたテレビサービスが必要な方は、J:COMでまとめて契約した方がお得に使えるでしょう。

auひかりの提供エリア確認について

最後にauひかりの提供エリア確認の流れを解説します。

auひかりとJ:COMを比較して選ぶには、お住まいのマンションにauひかりのどのプランに対応しているかが重要です。

お住まいの対応状況がわからない方は、ここで一緒にチェックしていきましょう!

提供エリアの確認手順

  1. auひかりのエリア確認ページにアクセス
  2. 「マンション・アパートなど」を選択
    auひかりエリア確認ページ1
  3. 郵便番号を入力
    auひかりエリア確認ページ
  4. 「エリアを確認する」をタップ
    auひかりエリア確認ページ3
  5. お住まいの住所をタップ
    auひかりエリア確認ページ4
  6. お住まいの物件名をチェックして「次へ」をタップ
    auひかりエリア確認ページ5
  7. 表示された対応サービス名をチェック
    auひかりエリア確認ページ6

最後の画面でauひかりのプラン名が表示されれば、お住まいのマンションはauひかりに対応しています。

特にマンションタイプギガやタイプGに対応していれば、超高速で快適なネット環境が約束されたと言っても過言ではないでしょう。

auひかりとJ:COMの料金・速度比較に戻る


関連記事

auひかりをマンションで申込むポイント!料金や未対応だった場合の対処法 auひかりをマンションで申し込むポイント!料金や未対応だった時の対処 auひかりのマンションは料金も安く工事も無いので気軽に導入できるのがメリットです。auひかりの料金や未対応だった時の対処、マンションタイプで高額なキャッシュバックを受け取る方法を解説します 記事を別タブで開く 2021-06-26

auひかりとJ:COMのマンションプラン比較まとめ

auひかりとJCOMのマンションプラン比較まとめ

今回はマンションで利用する場合に、auひかりとJ:COMのどちらが良いのかを比較していきました。

auひかり VS J:COMまとめ

  • 料金やキャッシュバック等、お得に使うことを重視→auひかり
  • 通信速度の快適性を重視→auひかり
  • ネットもテレビも使いたい→J:COM

auひかりの方が料金も安く速度も快適で、さらにキャッシュバックでお得に契約できます。

そのため、ネット契約だけが目的なら、auひかりを選ぶほうがおすすめです。

一方、J:COMはネットだけでなくテレビも必要な方におすすめです。

特に地デジ視聴が目的で専門チャンネルは最低限で良いのなら、ネット料金+612円だけでテレビ対応もバッチリです。

今回の解説を参考に、ネットだけならauひかり、テレビも必要ならJ:COMもぜひ検討してください。

関連記事
大阪でauひかりマンションタイプしか使えない理由 大阪でauひかりがマンションしか対応してない理由!未対応時の対策とは?
マンション
大阪でauひかりを利用する場合、マンションタイプしか対応していません。戸建てタイプは工事はもちろん、申込み自体できないため他社を検討する必要があります。マンションでも利...
auひかりとJ:comのマンションタイプを比較 マンションでauひかりとJ:comはどっちがいい?評判を調べた結果…
マンション
auひかりとJ:comはKDDIの関係会社です。しかし、戸建て・マンションのどちらもサービス内容や提供エリアが異なるため、契約時には慎重に選ぶべきでしょう。このページではauひかり...
auひかりマンションタイプの解約金 auひかりマンションタイプの解約金っていくら?解約費用をすべて解説
マンション
auひかりマンションタイプは、複数のプランが存在します。ただ、解約時の解約金はプランによる違いはありません。異なるのは、お得プランという2年契約を結んでいるかの違いになり...
auひかりマンションタイプ速度改善の対処法 マンションでauひかりの速度をアップする方法!VDSLで遅い時の対策とは
マンション
auひかりのマンションタイプは数種類あり、最大速度が異なります。また、VDSLなどの配線方式による速度の差もあるため、改善するのは困難です。ただ、利用中のPCやwifiルーターな...
auひかりマンションタイプGまとめ auひかりマンションタイプGを完全解説!速度が速いは本当?
マンション
2018年11月よりauひかりマンションタイプGの提供が開始しました。これまでマンションタイプとして主流だったタイプVよりも通信速度が向上したプランです。ただ、利用するにあたっ...