auひかり乗り換えガイド> auひかり以外の回線>@niftyのキャンペーン

niftyのキャンペーンを徹底解説!本当にお得なプロバイダか検証

このエントリーをはてなブックマークに追加

@niftyはOCN、So-net、BIGLOBEなどと並んで、1990年代から提供されている歴史あるプロバイダです。 丁重なサービスやカスタマーサポートで定評があり、人気の高いプロバイダと言えるでしょう。

このページでは@niftyのキャンペーン内容について詳しく解説します。

niftyは歴史ある老舗プロバイダ

@niftyは富士通の完全子会社で1991年からサービス提供を開始している老舗プロバイダです。
ダイアルアップやISDNと言った低速回線が主流だった自体から、プロバイダとして人気がありました。 2016年からは電力自由化で電力事業にも参入しています。

@niftyは元々1986年に設立された株式会社エヌ・アイ・エフが元になっている会社です。 @niftyの社名の由来は株式会社エヌ・アイ・エフの略称であるNetwork Information Forumが元になっています。

"NIF"に英語のかっこよさを持たせるために、"TY"をつけて"NIFTY"となりました。

@niftyはサービス品質にも非常に定評があり、丁寧なカスタマーサポートでも有名です。 そのため、インターネット初心者には特におすすめのプロバイダです。

関連記事
auひかりプロバイダのキャンペーンや速度の違い

niftyの各回線キャンペーン内容

@nifty光 (光コラボ)

キャンペーン内容:無し(auスマホとのセット割が適用)

@nifty光はフレッツ光の回線を丸ごと利用した光コラボ回線です。
2015年のブロードバンドアワードでは光コラボ部門にて受賞しているほど光コラボの中では人気の高いサービスです。

また、NTTのフレッツ光網を使っているので提供エリアが非常に広く、日本全国で利用できます。 また、現在フレッツ光を使っているのであれば、@nifty光へ工事無しで直接乗り換えも可能です。

@niftyは富士通が運営しているプロバイダですが、au携帯、スマホの運営元であるKDDIと提携を行うことで、 auスマホとのセット割が適用されます。

基本的にauスマホをお持ちの方は同じKDDIのサービスであるauひかりを利用した方が割引額も高くお得なのも言うまでもありません。 しかし、auひかりは比較的提供エリアが狭いので、利用できない事も考えられます。

そのため、auひかりがどうしても使えないauスマホユーザーに特におすすめです。

同じ光コラボでauスマホとのセット割りが適用される回線としてはSo-net光コラボなどがあります。 So-net光コラボと@nifty光では月額料金もauスマホセット割の割引額もほとんど変わりありません。

しかし、So-net光コラボであれば新規開通の場合、24,000円のキャッシュバックを受け取る事が出来ます。 そのため、プロバイダにあまり拘りが無いのであれば、So-net光コラボもおすすめです。

So-net光コラボのキャンペーンをご覧ください。

@nifty auひかり

キャンペーン:10,000円キャッシュバック

auひかりはどこのプロバイダを選んでも月額料金も変わらなければ、料金も同じです。 @niftyはauひかりに対応しているプロバイダの中ではそこまでキャッシュバックが高いわけではありません。

そのため、同じauひかりを申し込むのであれば、キャッシュバック金額の高いSo-netの方がおすすめです。

詳しくはauひかり So-netのキャンペーンをご覧ください。

また、auひかりは代理店からの申し込みもお勧めです。 KDDIの正規代理店が多数存在し、それぞれ異なったキャンペーンが実施されています。

ただ、キャッシュバックの金額だけを見て申し込みを決めてしまうと逆に損をすることもあるので注意が必要です。 あまりにも還元金額が高い場合、オプションなどの条件が付いてくる可能性があるためです。

また、オプションの他にも紹介者を数人用意するなどの条件も存在します。

auひかりを代理店から申し込みする場合、キャンペーンの適用条件に注意しましょう。

詳しくはauひかり高額キャッシュバックのコツで詳しく解説しています。

@nifty WiMAX

キャンペーン:20,100円キャッシュバック

@niftyの中でも最もおすすめなのがWiMAXです。
WiMAX回線はすべてKDDIグループであるUQコミュニケーションズが回線提供を行っています。 そのため、どこのプロバイダで申し込みをしてもUQコミュニケーションズの回線を使っているため、回線速度に違いはありません。

正直@nifty WiMAXのキャンペーンで貰える20,100円キャッシュバックは他のプロバイダと比べて高い訳ではありません。

しかし、月額料金など2年間でトータルで支払う金額を考えると他のプロバイダと比べて、一番コストを抑えられるプロバイダです。

最後にキャンペーンについて

インターネットの申し込みでは@niftyのようなプロバイダに直接申し込みをする外ににも、各代理店にも申し込みが可能です。
しかし、注意しなければならないのは、代理店は基本的にプロバイダとは全く別会社で販売を委託しているだけです。

そのため、場合によっては悪質な手口で勧誘活動を行ってくる事もあります。
中には一見非常にお得に見えるキャンペーンでも、実際に申し込んだから、厳しい条件を付けられ結局キャンペーンが適用されない事も少なくありません。

@niftyの各回線を取り扱っている代理店は少なく、@niftyの申し込みではあまり悪質な代理店に引っかかってしまう事は少ないでしょう。
しかし、どこのサービスを申し込むにしろ、代理店からインターネット申し込みをする際は、代理店選びには慎重になりましょう。

【高額還元に注意!】auひかりで最終的に損をするキャンペーンの例 も参考にしてください。 auひかりで失敗したキャンペーンの実例を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加