1. ドコモ光ホーム
  2. ドコモ光回線比較

ドコモ光とフレッツ光ネクストってどう違う?異なる点を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモ光とフレッツ光ネクストの異なる点を徹底解説

ドコモ光は、フレッツ光の光回線を借り入れてサービスを提供している光コラボレーション回線です。

物理的な回線は同じものであるため、回線速度は変わりませんが、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、ドコモ光とフレッツ光ネクストの違いや、フレッツ光からドコモ光へ転用するメリットとデメリットなどをまとめて解説します。

速度が同じドコモ光とフレッツ光ネクストの違いは?

ドコモ光とフレッツ光ネクストの違いを解説

先述したとおり、ドコモ光はフレッツ光の光回線を借り入れてサービスを提供しているため、どちらも回線速度は同じ最大1Gbpsです。

しかし、回線は同じであっても別のサービスであるため、いくつかの違いが存在します。

たとえば、フレッツ光ネクストであればNTT東日本またはNTT西日本、ドコモ光ならNTTドコモが回線事業者となり、契約内容なども変わってくるのです。

別記事のドコモ光とフレッツ光を徹底比較!でもご紹介しているとおり、ドコモ光とフレッツ光ネクストには、以下のような違いがあります。

【1】ドコモ光の方が料金が安い

ドコモ光とフレッツ光ネクストでは、毎月支払う料金が異なります。

サービス 戸建て マンション
ドコモ光 5,200円~ 4,000円~
フレッツ光
ネクスト
5,200円~ 3,550円~

△ドコモ光とフレッツ光ネクストの料金形態

フレッツ光では、光回線単体の契約となり、別途プロバイダの契約が必要です。
そのため、契約や料金の支払いも別々に行わなくてはいけません。

また、選んだプロバイダによっては、月額料金がさらに高くなるケースもあるでしょう。

対してドコモ光は、プロバイダ込みの料金となっており、料金もフレッツ光ネクストに比べて500~1,000円ほど安く設定されています。
支払う際も、回線とプロバイダを分ける必要がありません。

工事費などを含めたドコモ光の料金については、別記事のドコモ光の料金を分かりやすく徹底解説で解説しているので、料金について詳しく知りたい方はチェックしておくと良いでしょう。

【2】フレッツ光ネクストはキャンペーンが無い

ドコモ光とフレッツ光ネクストでは、新規申し込みや転用した場合に適用されるキャンペーンも異なります。

サービス 主なキャンペーン
ドコモ光
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • ひかりTV for docomo新規お申込み特典
  • 申し込む窓口によってはキャッシュバック
フレッツ光
ネクスト
(NTT東日本)
  • ギガ推し!割
  • にねん割
  • マンスリーポイント
  • 単身&かぞく応援割
フレッツ光
ネクスト
(NTT西日本)
  • 光はじめ割
  • グループ割
  • 移行工事費割
  • リモートサポート1ヶ月無料
  • セキュリティ機能各種1ヶ月無料

上記の内容以外でも、ドコモ光ではプロバイダやネット代理店などの窓口でもキャンペーンが開催されており、さらにキャッシュバック特典を受け取れるケースもあります。

対してフレッツ光ネクストは、数百円単位の割引サービスはあるものの、ドコモ光のようなキャッシュバックなど直接的なキャンペーン特典はありません。

キャンペーンで比較した場合、ドコモ光がお得度は高いと言えるでしょう。

詳しくは【2019年】ドコモ光のキャンペーンを解説!で紹介していますので、ドコモ光の申し込みを考えている方はチェックしてみると良いでしょう。

【3】使えるプロバイダの数が違う

ドコモ光とフレッツ光ネクストでは、提携しているプロバイダも異なります。

フレッツ光ネクストでは、数えきれないほどのプロバイダのなかから好きなプロバイダの選択が可能です。
フレッツ光ネクストが対応しているプロバイダについては、NTT東日本の対応プロバイダ一覧またはNTT西日本の対応プロバイダで確認できます。

ドコモ光では、24種類の中から任意のプロバイダを選択するため、フレッツ光ネクストに比べて選択肢がぐっと狭まってしまうでしょう。
しかし、月額料金にプロバイダの利用料金も含まれているため、フレッツ光よりも500~1,000円ほど安く抑えられるメリットもあります。

ドコモ光の提携プロバイダの選び方については、別記事のドコモ光のプロバイダの選び方と違いを比較をご覧ください。

もしドコモ光が提携しているプロバイダ以外を使いたい方は、回線とプロバイダとを別々に契約する単独タイプを選ぶことで利用可能です。

フレッツ光からドコモ光に転用するメリットは?

フレッツ光ネクストからドコモ光に転用するメリット

ドコモ光は、フレッツ光の回線を借り入れてサービスを提供している光コラボ回線です。
そのため、転用を利用すれば面倒な工事をせずに乗り換えができます。

フレッツ光ネクストからドコモ光に転用するメリットとして挙げられるのは、以下の2点です。

ドコモ光への転用で月額料金が安くなる

フレッツ光ネクストからドコモ光に転用すると、フレッツ光ネクストよりも月額料金が安くなります。
また、プロバイダ一体型のため、支払先が同じなのもメリットと言えるでしょう。

ドコモ光では、どのプロバイダを利用するのかによって月額料金が異なります。

契約タイプ 月額料金 プロバイダ
タイプA 戸建:5,200円
集合:4,000円
BIGLOBE、GMOとくとくBBなど18種類
タイプB 戸建:5,400円
集合:4,200円
OCN、アサヒネットなど6種類

タイプAよりもタイプBのほうが200円高く設定されていますが、戸建てに住んでいる方であればどちらのタイプを選んでも料金が安くなります。

集合住宅に住んでいる場合でも、選ぶプロバイダによっては料金が安くなるので、現在の月額料金と比べてみると良いでしょう。

ドコモ光の料金についての詳細は、別記事のドコモ光の料金を分かりやすく徹底解説をご覧ください。

ドコモユーザーはセット割の適用が可能

ドコモユーザーはドコモ光セット割が適用できる

ドコモのスマホまたはスマホを使っている方であれば、ドコモの携帯回線の契約内容によって毎月の料金から一定金額を割引する、ドコモ光セット割が適用できます。

ドコモのセット割が適用できるのはドコモ光のみなので、ドコモユーザーであればドコモ光を選ぶ価値があるのです。

家族ならシェアパックでドコモ光セット割

家族でドコモを使っているご家庭であれば、家族でひとつのパケットパックを共有するシェアパックを契約すると、ドコモ光セット割の適用が可能です。

シェアパックには、毎月使えるパケット数が固定されているウルトラシェアパックと、最大30GBまで使えるベーシックシェアパックがあります。

パケットパック名 容量 通常料金 割引額
ウルトラ
シェアパック
100GB 25,000円 -3,500円
50GB 16,000円 -2,900円
30GB 13,500円 -2,500円
ベーシック
シェアパック
~30GB 15,000円 -1,800円
~15GB 12,000円 -1,800円
~10GB 9,000円 -1,200円
~5GB 6,500円 -800円

2019年6月から開始された新料金プラン(ギガホ/ギガライト)を適用している場合、いずれかのプランを適用している回線の数に応じて割引き額が変動します。

プラン 通常料金 割引額
ギガホ ~6,980円 -1,000円
ギガライト ステップ4
(~7GB)
5,980円 -1,000円
ステップ3
(~5GB)
4,980円 -1,000円
ステップ2
(~3GB)
3,980円 -500円
ステップ1
(~1GB)
2,980円 -

新料金プランでは、ファミリー割引とビジネス通話割引のいずれかのグループ内に、対象プランを1回線以上ドコモの回線があると、永年500~1,000円の割引が受けられます。

もしこれらのシェアパックを利用していないのであれば、ドコモ光を申し込む前にプラン変更しておきましょう。

さらに、ドコモの長期優待割引である「ずっとドコモ割プラス」または「ずっとドコモ特典」と併用できるため、ドコモの契約期間が長い方は、さらに料金が安くなります。

単身者ならパケットパックでドコモ光セット割

家族の中でドコモを使っているのが自分だけの場合でも、対象のパケットパックを契約すれば、ドコモ光セット割が適用できます。

パケットパック名 容量 通常料金 割引額
ウルトラデータ
LLパック
30GB 8,000円 -1,600円
ウルトラデータ
Lパック
20GB 6,000円 -1,400円
ベーシックパック ~20GB 7,000円 -800円
~5GB 5,000円 -800円
~3GB 4,000円 -200円
~1GB 2,900円 -100円
ケータイパック 2GB 300
~4,200円
-500円

単身者でドコモ光セット割を適用するためには、ドコモ光とドコモの携帯回線をそれぞれ契約していることのみでなので、家族向けよりも手軽に適用できます。

また、家族向けプランと同じく、単身者プランでも「ずっとドコモ割プラス」または「ずっとドコモ特典」も併用可能です。

フレッツ光からドコモ光への転用手続きを解説!

転用とは、現在フレッツ光を使っている方がドコモ光などの光コラボ回線に乗り換える際の手続きのことです。

これまでは、光回線を乗り換えるときには工事が必須でしたが、転用はフレッツ光の回線をそのまま使うため、めんどうな工事が必要ありません。

フレッツ光ネクストからドコモ光に転用するときには、以下の手続きが必要です。

まずはプロバイダでドコモ光を申し込む

フレッツ光からドコモ光への転用手続きを解説

まずはドコモ光の窓口で申し込みを行いましょう。

ドコモ光の申込窓口は、ドコモショップ・ネット窓口・家電量販店の3つに分けられます。

どこから申し込むか迷ったときは、プロバイダやネット代理店からの申し込みがオススメです。

たとえば GMOとくとくBB のキャンペーンサイトから申し込むと、最大20,000円のキャッシュバックや、高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルなどのキャンペーンが行われており、おトクにドコモ光をスタートできます。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/10/1~2020/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

申し込みページ: 【GMOとくとくBB】ドコモ光キャッシュバックキャンペーン

なお、ネット窓口から申し込んだ場合、折り返し連絡の時間を指定できる場合があります。
申し込んだだけでは契約とはならないため、確実に電話を取れる時間帯を指定するようにしましょう。

転用承諾番号を取得する

転用には転用承諾番号の取得が必要

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合、転用承諾番号という10ケタの番号を取得する必要があります。

転用承諾番号は、NTT東日本とNTT西日本のそれぞれでwebと電話の2種類が用意されており、窓口によって受付時間が異なるため、問い合わせる前に確認しておきましょう。

NTT
東日本
web NTT東日本特設ページ
営業時間:午前8時30分~午後10時
(年末年始をのぞく)
電話 0120-140-202
受付時間:午前9時~午後5時
(年末年始をのぞく)
NTT
西日本
web NTT西日本特設ページ
受付時間:午前7時~翌午前1時
(年末年始をのぞく)
電話 0120-553-104
営業時間:9時~午後5時
(年末年始をのぞく)

また、転用承諾番号を取得するためには、下記の情報が必要です。

  • フレッツ光のお客様ID/光電話番号/契約者の連絡先電話番号のいずれか
  • フレッツ光の契約者名と契約住所
  • 現在の支払い方法

転用承諾番号には、発行日から15日間という有効期限が設けられており、万が一期限が過ぎると再度転用承諾番号を習得しなおさなくてはいけません。
番号を習得したら、なるべく早くドコモ光を申し込んだ窓口に連絡しましょう。

もし番号の取得後にフレッツ光ネクストを継続利用したくなった場合は、その場でのキャンセルも可能です。

取得した転用承諾番号を窓口に伝える

無事に転用承諾番号を取得したら、ドコモ光の申し込みを行った窓口に再度連絡しましょう。

先ほども解説したとおり、転用承諾番号を取得しただけではドコモ光の申し込みにはなりません。
また、転用承諾番号は発行してから15日を過ぎてしまうと番号が使えなくなってしまいます。

もし連絡を忘れてしまうと、ドコモ光の申し込みが自動的にキャンセルとなってしまったり、もう一度番号を取得する手間が発生するため、番号を取得したらなるべく早く連絡すると良いでしょう。

ドコモ光に転用するときにオススメの窓口は?

フレッツ光ネクストからドコモ光に転用するときにオススメの窓口は、ズバリ GMOとくとくBB です。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/10/1~2020/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

申し込みページ: 【GMOとくとくBB】ドコモ光キャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBのキャンペーンでは、最大20,000円のキャッシュバックが行われているため、ドコモ光をおトクにはじめられます。

速度にも自信を持っており、最新の接続技術であるv6プラスを採用しているほか、速度が100Mbpsを下回った場合に100円相当のポイントをプレゼントする速度保証制度を行っているのも特長です。

また、有料でレンタルされることが多いWi-Fiルーターを永年無料で貸し出すなど、申し込んだあともおトクにドコモ光を利用できます。

GMOとくとくBBのキャンペーンの詳細は、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがいいの?でご紹介していますので、おトクにドコモ光を申し込みたい方はチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
GMOとくとくBB×ドコモ光のルーター比較|おすすめ機種と特徴まとめ! GMOとくとくBB×ドコモ光で無料レンタル可能なWi-Fiルーターについて解説しています。GMOとくとくBBでは、3種類の高性能Wi-FIルーターのうち1種類を無料レンタルしています。いずれ...
OCN光とOCN for ドコモ光の違いを徹底比較!どっちがお得か丸わかり OCN光とOCN for ドコモ光は、どちらもOCNが携わるサービスですが提供元が大きく違います。また、サービス内容に関しても月額料金やセット割、Ipv6オプションに違いがあるため、契...
関西ではドコモ光とeo光どっちを使うべき?料金や速度など徹底比較 eo光は関西限定の光回線ですが、低価格で人気が高く、お得なキャンペーンを実施していることでも有名です。ただ、全国エリアで利用できるドコモ光に比べて利用価値は高いのでしょ...
【最新版】ドコモ光とコミュファ光はどっちがおすすめ?割引・料金・速度など徹底比較 ドコモユーザーにとってドコモ光は非常に魅力的な光回線ですが、中部地方にお住まいの方は、地域限定のコミファ光を検討する方も多いでしょう。ドコモ光とコミファ光は、適用され...
ADSLからドコモ光の乗り換えでお得に!?工事や手続きの注意点を解説 ADSLからドコモ光への乗り換えについて解説しています。フレッツのADSL回線サービスは、2023年1月31日で終了が決定しており、現在ADSLを利用している方は乗り換えが必要です。そこ...