1. ドコモ光ホーム
  2. ドコモ光キャンペーン

ドコモ光の申し込み方法は?手続き方法とおトクな窓口を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ光は、NTTドコモが提供している光コラボ回線です。

ドコモのスマホや携帯電話とのセット割が適用できるため、ドコモユーザーはもちろん、そのネームバリューからも注目を集めています。

2019年の7月からは、光コラボ回線から光コラボ回線への乗り換えも可能になり、今後さらに利用者が増えていくでしょう。

ドコモ光は申し込む窓口によってサービスへの満足度が大きく変わります。
つまり、申し込みの段階でおトクに使えるかどうかが決まるのです。

今回は、ドコモ光の申し込みの流れやおトクに申し込むために知っておきたいポイント、プロバイダの選び方などをまとめて解説します。

ドコモ光の申し込みの流れ

ドコモ光の申し込みの流れを解説

ドコモ光の申し込みには、新規契約転用のふたつの入り口があります。

転用とは、現在フレッツ光を使っている方がドコモ光などの光コラボ回線に乗り換える際の手続きのことです。
これまでは、光回線を乗り換えるときには工事が必須でしたが、転用はフレッツ光の回線をそのまま使うため、めんどうな工事が必要ありません。

今回は、ネット窓口でドコモ光を申し込んだ場合を想定し、新規契約および転用するときの申し込み手順を解説していきます。

まずは窓口で申し込み

まずはドコモ光の窓口で申し込みを行いましょう。

ドコモ光の申込窓口は、ドコモショップ・ネット窓口・家電量販店の3つに分けられます。
この中でもっともオススメなのは、ネット窓口での申し込みです。

ネット窓口は、ドコモショップなどの代理店と異なり、人件費が安く済むため、顧客への還元率も高くなっています。

また、わざわざ店舗に行かなくても申し込めるため、気軽に申し込めるでしょう。

ネットから申し込むときには、 GMOとくとくBB がオススメです。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/9/1~2020/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

申し込みページ: 【GMOとくとくBB】ドコモ光キャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBでは、定番のキャッシュバックに加え、最新技術のv6プラス採用による安定した速度、ルーターの無料レンタルなど、キャンペーン内容も充実しています。

プロバイダにこだわりのない方や、とりあえずおトクにドコモ光をはじめたいという方には、とくにオススメです。

なお、ネット窓口から申し込んだ場合、折り返し連絡の時間を指定できる場合があります。
申し込んだだけでは契約にならないため、電話に対応できる時間帯を指定するのも忘れないようにしましょう。

店舗で申し込むときの注意点は?

ドコモショップなどの店舗で直接話を聞いて、納得したうえで申し込みたいという方もいるでしょう。

ドコモショップの店舗によっては、サービスの詳細に関する質問はもちろん、現在契約しているインターネットとの料金比較などもしてくれることもあります。

先ほどもご紹介したとおり、ドコモショップはキャッシュバックなどのキャンペーンが少ないため、おトク度は薄いです。

しかし、サービスに詳しい人と直接話しながら決められるため、ネットでの申し込みが不安な方や、光回線に苦手意識を持っている方にとっては、安心して申し込めるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、ドコモ光の契約を機にスマホのキャリア変更を考えている方にとっては、新規契約やセット割の申し込みも一緒にできる手軽さもあります。

ドコモショップで新規申し込みを行う場合は、以下の2点が必要です。

  • 契約中のドコモの携帯電話番号
  • 契約事務手数料3,000円

上記に加え、ドコモのスマホ・携帯電話の契約内容を確認するため、本人確認書類も持参すると良いでしょう。

ドコモショップで申し込んだ場合、開通日・工事日の確定から利用開始まではおおむね2週間かかるようです。
引っ越しが多い2月~4月は、さらに時間がかかる可能性もあるため、余裕をもって申し込んでおくと良いでしょう。

転用承諾番号・事業者変更承諾番号の取得(転用)

ドコモ光に転用するときは、転用承諾番号・事業者変更承諾番号を取得する

現在フレッツ光や他社の光コラボ回線を利用している方がドコモ光を申し込む場合、乗り換える際に転用承諾番号または事業者変更承諾番号が必要です。

ドコモ光を新規で契約する方であれば、これらの番号は必要ありません。

取得する番号は、現在利用している回線事業者によって異なります。

フレッツ光から乗り換える場合

フレッツ光からドコモ光に乗り換えるときは、フレッツ光の窓口で転用承諾番号という10ケタの番号を取得する必要があります。

転用承諾番号を取得するためには、下記の情報が必要です。

これらの情報を揃えたら、対応する窓口で番号を取得しましょう。

窓口は、NTT東日本とNTT西日本のそれぞれでwebと電話の2種類が用意されており、それぞれ受付時間が異なるため、あらかじめ把握しておきましょう。

NTT
東日本
web NTT東日本特設ページ
営業時間:午前8時30分~午後10時
(年末年始をのぞく)
電話 0120-140-202
受付時間:午前9時~午後5時
(年末年始をのぞく)
NTT
西日本
web NTT西日本特設ページ
受付時間:午前7時~翌午前1時
(年末年始をのぞく)
電話 0120-553-104
営業時間:9時~午後5時
(年末年始をのぞく)

転用承諾番号は発行日から15日間という有効期限が設けられており、期限を過ぎると取り消しになってしまいます。

期限を過ぎると、もう一度転用承諾番号を習得しなおさなければいけないため、番号を取得したら、なるべく早めにドコモ光の窓口へ伝えておくと良いでしょう。

また、転用承諾番号を取得しただけでは申し込みになりません。

取得後にドコモ光の窓口で話を聞いてみて、フレッツ光を引き続き利用したくなった場合は、その場でキャンセルも可能です。

他社光コラボ回線から乗り換える場合

2019年7月から、工事不要で光コラボ回線から別の光コラボ回線への乗り換えが可能になりました。

たとえば、現在ソフトバンク光やビッグローブ光を利用している方も、工事なしでドコモ光へ乗り換えできるのです。

乗換えには事業者変更承諾番号が必要になりますが、事業者変更承諾番号は現在利用している光コラボ回線の窓口で取得できます。

必要な情報などは事業者によって異なるため、合わせて確認しておきましょう。

窓口に電話して内容の確認や日取りを調整

ドコモ光の申し込み後、窓口に電話して内容の確認や日取りを調整

ネット窓口で申し込むと、申し込み後に内容確認の電話がかかってきます。
細かい契約内容やキャンペーンの詳細などの説明が受けられるため、疑問点や不明点はここで聞いておきましょう。

転用の場合は、事前に取得しておいた転用番号または事業者変更承諾番号が必要です。
番号を伝えるまでは正式に申し込みにはならないため、かならず用意しておきましょう。

もし新規でドコモ光を申し込んだ方は、このあとドコモ光サービスセンターに連絡し、工事の日程を決める必要があります。

ドコモ光サービスセンター(9時~21時)

  • 0120-766-156(通話料無料)
  • ドコモのスマホ・携帯電話から15715

ドコモ光の工事は、開通日と工事日の確定から利用開始まで、約2週間かかります。

しかし、3月~5月などの引っ越しシーズンは、工事の予約が取りづらいため、契約を決めた時点で連絡するのがオススメです。

開通工事を行う(新規)

ドコモ光の新規申し込みの場合は開通工事を行う

新規契約の方の場合、電話で決めた日程で工事が行われます。

開通工事を行う際は、立ち合いが必要です。
もし日程を忘れていたり、別途予定を入れてしまうなどして立ち会えない場合、再度日程調整のうえ、別日に工事を行うことになります。

開通日が大きくズレる可能性もありますので、工事日が決まった時点でスケジュール帳やカレンダーなどにメモするなどしておくと良いでしょう。

工事では、ホームゲートウェイと呼ばれる機械を自宅に設置し、回線を引き込む作業を行います。

ドコモ光の工事については、ドコモ光の工事内容を詳しく解説で解説していますので、気になる方は事前にチェックしておきましょう。

この工事が終わってようやく、ドコモ光の申込みから契約までの流れが終了します。

ドコモ光の申込みをキャンセルしたいときは?

ドコモ光の申込みは工事前ならキャンセル可能

ドコモ光の申込みをキャンセルする場合には、工事をする前であれば、工事費や違約金なしでキャンセルできます。

もしキャンセルしたいときは、工事日までにドコモ光サービスセンターに連絡しましょう。

ドコモ光サービスセンター(9時~21時)

  • 0120-766-156(通話料無料)
  • ドコモのスマホ・携帯電話から15715

また、契約書の受領から8日以内であれば、初期契約解除制度が利用できるため、違約金の負担なくキャンセルできます。

初期契約解除制度を利用するときは、契約書類とともに送られてきくる解約書類に、必要事項の記入をして窓口へ送り返せば手続きは完了です。
実際に申し込みを行った窓口や最寄りのドコモショップ、ドコモ光サービスセンターでも手続きができます。

なお、工事を行ったのちにキャンセルをすると、初期契約解除の期間内でも解約日までの料金と工事費は別途発生します。

ただし、フレッツ光からドコモ光へ転用し、切り替え工事が完了していた場合、再びフレッツ光に戻ることはできません。

初期契約解除期間を過ぎると解約扱いに

初期契約解除制度の適用期間を過ぎると、キャンセルではなく解約扱いになります。

解約では、違約金と工事費の両方が発生します。

また、プロバイダの解約も別途必要となり、違約金が発生する場合があります。

ドコモ光の公式キャンペーンはおトク?

ドコモ光の公式キャンペーンはおトク感が薄い?

ドコモ光を申し込むとき、ドコモ光の公式サイトなどから申し込みを考えている方もいるかもしれません。

しかし、公式サイトから申し込んでしまうとおトク感が薄れてしまう可能性があります。

ドコモ光が公式に行っているキャンペーンは、以下の3つです。

新規契約時の工事費が完全無料!

新規契約時の工事費が完全無料!

ドコモ光を新規で申し込んだ場合、開通工事が必要です。

開通工事には、戸建ては18,000円、マンションでは15,000円の工事費がかかります。

他社回線でも、工事費無料キャンペーンを行っていますが、そのほとんどが実質無料です。
そのため、途中解約をしてしまうと工事費の残債がまとめて請求されるケースもあります。

しかし、ドコモ光の工事費無料キャンペーンは完全無料となっているため、もし途中解約してしまっても残債が請求されることはありません。

ただし、適用条件として申し込み月を含む7ヶ月間継続利用することが必須のため、もし6ヶ月以内に解約してしまうと違約金が発生してしまうので注意しましょう。

dポイント10,000ptプレゼント!

ドコモ光の申込でdポイント10,000ptもらえる

ドコモ光を申し込むと、新規申し込みで10,000pt、転用で5,000ptのdポイントがプレゼントされます。

dポイントは、1ポイント=1円で利用できるポイントのことで、ドコモ光が開通した翌々月にdポイントクラブ会員のポイントとして付与されます。

キャンペーンで付与されるdポイントには6か月間の有効期限があるため、付与されたらなるべく早く使い切ってしまうと良いでしょう。

ただし、dポイントを受け取るには、docomoユーザーかつdポイントクラブ会員である必要があるため、ドコモユーザー以外の方にとってはおトク感のないキャンペーンと言えます。

dポイントが利用できる店舗は、dポイントの公式サイト内のdポイントがたまる・つかえるお店をご覧ください。

ひかりTV for docomo新規お申込み特典

ドコモ光に申し込むとひかりTV for docomo新規お申込み特典が貰える

ドコモ光と同時にひかりTV for docomoを新規申し込みすると、dポイントが2,500ptプレゼントされます。

dポイントを受け取るための条件は、以下の3点です。

  1. ドコモ光の新規申し込みを行い、申し込み月を含む7か月以内に利用開始すること
  2. ドコモ光の利用開始翌月末時点で、ひかりTV for docomo(2年割)の契約が継続されていること
  3. ひかりTV for docomo(2年割)の契約者がdポイントクラブの会員であること

このキャンペーンでも、先述したdポイントプレゼントと同じく、ドコモユーザーかつdポイントクラブの会員であることが条件となっています。
他社キャリアのスマホを利用している場合は、特典を受け取れません。

また、このキャンペーンでもらえるdポイントは、ドコモ光の開通日の翌々月中旬に付与されたのち、2ヶ月間の有効期限が設けられているため、なるべく早めに消費しましょう。

ひかりTV for docomoの新規お申込み特典の詳細は、公式サイトのキャンペーンページで確認できます。

おトクに申し込むならプロバイダ経由がオススメ!

ドコモ光の申し込みはプロバイダ経由がオススメ

ドコモ光の公式キャンペーンよりも手厚いのが、プロバイダのキャンペーンです。

ドコモ光では、24種類のなかから好きなプロバイダを選択できます。
選んだプロバイダによってキャンペーン内容が異なるため、どこを選ぶかによってサービスの満足度が変わると言っても過言ではありません。

ドコモ光のキャンペーンについては、別記事のドコモ光のキャンペーンを解説でさらに詳しく解説しています。

プロバイダを選ぶときに必ず確認しておきたいのは、下記の2点です。

キャッシュバックの有無と適用条件

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン

「なるべくおトクに申し込みたい!」という方であれば、キャッシュバックがあるを基準に選び、適用条件も確認して決めると良いでしょう。

光回線のキャンペーンではとくに人気の高いキッシュバックですが、ドコモ光で選べるプロバイダ24社のうち、キャッシュバックを行っているのは5社のみです。

とくにプロバイダにこだわりのない方であれば、キャッシュバックを行っているプロバイダのなかから選択すると良いでしょう。

ただし、プロバイダによっては、キャッシュバックを受け取る条件としてオプションの同時加入を条件にしていることがあります。

オプションに加入すると、別途月額料金が発生します。
また、一定の継続期間が設けられているケースもあるため、キャッシュバックのためだけに使わないオプションに加入すると、かえって損をする可能性があります。

キャッシュバックが行われているプロバイダを選ぶときは、適用条件も合わせて確認してから決めましょう。

v6プラスに対応しているか

速度を求める方であれば、v6プラスに対応しているかどうかをチェックしましょう。

v6プラスとは、プロバイダの接続技術のことです。
従来の接続方法(PPPoE接続)と異なるIPoEという技術を採用し、これまで使われていたネットワークとは異なるネットワークを使って接続します。

そのため、通信の混雑による影響を受けづらく、利用者が増えやすい夜間や、都心などの利用者が多い地域でも、安定して速度が出やすくなるのです。

ただし、v6プラスを利用するためには、v6プラスに対応したルーターが必要になります。

もしルーターの無料レンタルを行っていないプロバイダを選んでしまうと、ルーターのレンタル料や分割支払金が月額料金に上乗せされるため、ルーターの無料レンタルの有無も確認してから選びましょう。

オススメはGMOとくとくBB

「とくにこだわりはないけど、損をしない窓口を知りたい!」
「とにかくおトクにドコモ光を申し込みたい!」

そんな方に当サイトでオススメしている窓口が GMOとくとくBB です。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/9/1~2020/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

申し込みページ: 【GMOとくとくBB】ドコモ光キャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBをオススメする理由は、以下の3点です。

  • 最新技術のv6プラスに対応済みで、速度保証制度も設けている
  • v6プラス対応の高性能無線Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • 最大20,000円のキャッシュバック

それぞれ詳しく解説していきます。

最大20,000円のキャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBBでは、ドコモ光の申し込みで最大20,000円のキャッシュバックを受け取れます。

キャッシュバックは、オプションの加入状況によって金額が変動します。

金額 適用条件
20,000円
  • ドコモ光(2年定期契約プラン/タイプA)
  • ひかりTV for docomo(2年制)
  • DAZN for docomo(90日間以上継続)
18,000円
  • ドコモ光(2年定期契約プラン/タイプA)
  • ひかりTV for docomo(2年制)
15,500円
  • ドコモ光(2年定期契約プラン/タイプA)
  • DAZN for docomo(90日間以上継続)またはスカパー!で1,833円以上の商品を申し込む
6,000円 ドコモ光(2年定期契約プラン)

DAZN for docomoは、スポーツ中継をはじめとしたコンテンツを配信している映像サービスです。
ひかりTV for docomoは、光回線を利用してテレビを視聴できる映像サービスで、幅広いチャンネルの番組を楽しむことができます。

ただし、ひかりTV for docomoは2,500円、DAZN for docomoは980円~の月額料金が発生します。
また、それぞれ継続利用期間も設けられており、あまり使わないのにオプションを追加してしまうと、かえって損してしまうケースもあります。

もしスポーツや映画、ドラマなどを見るのが好きな方にとっては、うれしいキャンペーンと言えるでしょう。

速度に自信!最新技術のv6プラスで高速

GMOとくとくBBは、最新の接続技術であるv6プラスを採用しており、利用者が増える夜間や土日、利用者が多い都心部でも遅延が起こりにくく、従来の光回線よりも快適にインターネットを楽しめます。

公式サイトでは、地域ごとの通信速度を開示していることから、速度に対しての自信がうかがえます。

GMOとくとくBBでは地域ごとの回線速度を公開
△GMOとくとくBBの地域別の通信速度

さらに、自宅などの回線速度が100Mbpsを下回っていた場合、手続きを行うことで100円相当のGMOとくとくポイントを還元する、速度保証制度も設けているのも特長です。

GMOとくとくBBは速度保証制度も設けている
GMOとくとくポイントは、ドコモ光の月額料金の割引や、GMOポイントモールなどで買い物にも使えます。
使えるサービスについては、GMOの公式サイトにてご確認ください。

高性能Wi-Fiルーターのレンタルが永年無料!

GMOとくとくBBでは、v6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターが永年無料でレンタルできます。

プロバイダによっては、申し込み時に購入が必要だったり、月額300~500円でルーターのレンタルを行っているところもあり、多少なりともコストがかかることもあるでしょう。

GMOとくとくBBでは、v6プラスに対応したWi-Fiルーターを永年無料でレンタルしているため、初期費用やランニングコストを大幅に節約できます。

GMOとくとくBBのWi-Fiルーター無料レンタル

△レンタルするWi-Fiルーターは3種類から選べる

レンタルできるWi-Fiルーターは、3種類のなかから自分で選択でき、いずれもWi-Fi接続時のID・パスワードの設定が不要なため、あまりネットや機械に詳しくない方でも導入しやすいと言えるでしょう。

長期的な目で見たときの金銭的なコストや、設定の手間を省けるのも、GMOとくとくBBのメリットです。

申し込み前にドコモ光のメリットをおさらい

ドコモ光の申し込み前にメリットをおさらいしておこう

ここまでドコモ光の申し込み方法やキャンペーンについてご紹介してきましたが、ドコモ光がどういったサービスなのかがまだ不明瞭な方もいるかもしれません。

光回線選びで重要なのは、きちんと情報を確認し、理解したうえで契約することです。

ここからは、ドコモ光のメリットについておさらいしておきましょう。

ドコモ光セット割でドコモのスマホが安く!

ドコモ光の最大のメリットは、ドコモのスマホ・携帯電話のセット割である「ドコモ光セット割」を適用できることでしょう。

ドコモ光はドコモのスマホ・携帯料金とのセット割が可能

ドコモ光セット割は、家族単位で大容量のシェアパックを契約していれば最大3,780円、単身者だと最大1,728円が、工事完了日から契約終了日までずっと割引されます。

現状、ドコモのセット割を適用できるのはドコモ光のみであるため、スマホや携帯電話のキャリアがドコモの方は、それだけでもドコモ光を契約するメリットがあります。

家族でドコモならシェアパックでドコモ光セット割

家族でドコモを使っている方は、家族でひとつのパケットパックを共有する「シェアパック」を契約すると、ドコモ光セット割を適用できます。

ドコモのシェアパックには、毎月使えるパケット数が固定されているウルトラシェアパックと、従量制プランになるベーシックシェアパックがあります。

パケットパック名 容量 通常料金 割引額
ウルトラ
シェアパック
100GB 25,000円 -3,500円
50GB 16,000円 -2,900円
30GB 13,500円 -2,500円
ベーシック
シェアパック
~30GB 15,000円 -1,800円
~15GB 12,000円 -1,800円
~10GB 9,000円 -1,200円
~5GB 6,500円 -800円

もし、シェアパックを利用していないときは、ドコモ光の申し込み前にプラン変更しておけば、問題なく適用できます。

さらに、これらの割引に加え、ドコモの長期優待割引である「ずっとドコモ割プラス」や、dポイントクラブのステージによって誕生月にdポイントを受け取れる「ずっとドコモ特典」とも併用可能です。

新料金プランは適用人数によって割引額が変動

2019年6月から開始された新料金プラン(ギガホ/ギガライト)を適用している場合、新料金プランを適用している回線の数に応じて割引かれる料金が変わります。

プラン 通常料金 割引額
ギガホ ~6,980円 -1,000円
ギガライト ステップ4
(~7GB)
5,980円 -1,000円
ステップ3
(~5GB)
4,980円 -1,000円
ステップ2
(~3GB)
3,980円 -500円
ステップ1
(~1GB)
2,980円 -

ギガホとギガライトを契約している場合、ファミリー割引またはビジネス通話割引のグループ内に、対象プランを契約したドコモの回線が1回線以上あれば、永年500円~1,000円の割引が受けられます。

単身者は対象パケットパックでドコモ光セット割

家族中でドコモを使っているのが自分だけの方や、一人暮らしをしている方でも、対象のパケットパックを契約するとドコモ光セット割の適用が可能です。

パケットパック名 容量 通常料金 割引額
ウルトラデータ
LLパック
30GB 8,000円 -1,600円
ウルトラデータ
Lパック
20GB 6,000円 -1,400円
ベーシックパック ~20GB 7,000円 -800円
~5GB 5,000円 -800円
~3GB 4,000円 -200円
~1GB 2,900円 -100円
ケータイパック 2GB 300
~4,200円
-500円

契約しているパケットパックの容量が大きくなるほど、割引額も多くなります。

単身でドコモを利用している方であれば、ドコモ光とドコモの携帯回線をそれぞれ契約しているだけでセット割が適用されるので、家族向けよりも条件をクリアしやすいでしょう。

また、家族向けプランと同じく、単身者プランでも「ずっとドコモ割プラス」「ずっとドコモ特典」も併用できるため、ドコモを長く使っていれば使っているほど、得られる割引も高くなります。

24種類もの中からプロバイダを選べる

ドコモ光では、24種類の中から好きなプロバイダを選択できます。

ドコモ光ではタイプAタイプBの2つのプランがあり、月額料金と選べるプロバイダが異なります。

タイプ 料金 プロバイダ
タイプA 戸建:5,200円
集合:4,000円
ぷらら、BIGLOBE、ドコモネット、楽天ブロードバンドなど
タイプB 戸建:5,400円
集合:4,200円
AsahiNet、So-net、@nifty、@TCOM、OCNなど

タイプAは、タイプBよりも200円安く設定されており、選べるプロバイダも多いのが特徴です。
少しでも料金を節約したい方はタイプAがオススメです。

タイプBは料金が200円上がりますが、どうしても選びたいプロバイダがある方は、タイプBを選ぶと良いでしょう。

どのプロバイダを選んだかによって、得られる特典やサービスが変わるため、キャンペーンや特典をきちんと比較したうえで決めるのが重要です。

ドコモ光で選べるプロバイダの詳細は、別記事のドコモ光プロバイダの選び方を分かりやすく比較で解説しています。

転用を使えば工事不要!

フレッツ光を利用している方なら、工事不要でドコモ光に乗り換えることができます。

光回線を変更するときは、再度開通工事を行わなくてはならず、立ち合いのためにスケジュールを空けたり、高額な工事費が必要でした。

しかし、フレッツ光からドコモ光などの光コラボ回線に変更する場合、転用という手続きのみで変更できるため、事務手数料の3,000円で乗り換えが可能です。

現在フレッツ光を利用しているドコモユーザーの方にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

転用については、別記事のフレッツ光からの転用方法を詳しく解説!に詳しく記載しています。

さらに、2019年7月からは、ソフトバンク光やビッグローブ光といった他社の光コラボ事業者からも、工事なしで乗り換えられるようになりました。

この場合、プロバイダによっては違約金が発生する可能性があるため、契約期間や工事費の残債を確認してから手続きを行うと良いでしょう。

ドコモ光は速度が遅くて、窓口に電話がつながらない?

ドコモ光は速度が遅くて、窓口に電話がつながらない?

ドコモ光を申し込むとき、トラブルが起きないかが心配な方も多いでしょう。

ドコモ光のデメリットやトラブルに関して調べてみると、「速度が遅い」「電話がつながらず対応が悪い」「開通工事が遅い」の3点が多く見受けられます。

この3つについて、SNS上での口コミを調査してみました。

速度が遅くて使いづらい

もっとも多いのが、「ドコモ光に変えたら速度が落ちた」「ドコモ光は速度が遅い」という口コミです。

一般的に、利用者が増える土日や夜の時間帯は、ネットの速度が遅くなることが多いです。
人の多い都心部であると、さらに速度遅延が起きやすくなるでしょう。

速度が遅くなる原因としては、

  • ルーターなどの周辺機器やプロバイダに、一時的な問題が起きている
  • 同じルーターを長年使い続けている
  • プロバイダがv6プラスに対応していない
  • プロバイダはv6プラスに対応しているが、ルーターが未対応の型である

上記のようなものが考えられるでしょう。

ただし、すべての方がスピードの遅さを訴えているわけではなく、「速度が速くなった!」と口コミされている方もいました。

この方はプロバイダをOCNにしているようですが、同じOCNを選択している方の中にも「遅い」と口コミを投稿している方もいます。

一概に「ドコモ光が遅い」というわけではなく、住んでいる地域の環境に左右される部分もあるため、必ずしも速度が出ないというわけではなさそうです。

サポートセンターの対応が悪い

ドコモ光について調べてみると、サポートセンターの対応が良くないという口コミもよく見かけます。

誤った情報を伝えられたり、態度の悪い対応をされてしまうと、誰でも気分が悪くなってしまいます。

また、サポートセンターに電話がつながらないと訴えている方も多いようです。

ネットがつながらないなどのトラブルが起きているときに、頼みのサポートセンターへつながらないとなると、不安を覚えてしまうでしょう。
そう考えると、電話がつながりにくいのはデメリットと言えます。

しかし、中には丁寧な対応をしてもらえたという口コミや、スムーズにつながったという口コミも寄せられているので、すべてにおいてというわけではなさそうです。

どうせ対応してもらうなら、分かりやすくて丁寧な対応をしてくれるほうが安心できますし、うれしいものです。

個人で解決できないトラブルが起こってしまったのであれば、つながるまで何度も電話をかけるしかないでしょう。

夕方や土日といった問い合わせが増えるタイミングを避ければ、スムーズにつながることもあります。

開通工事が遅く、使えるまでに時間がかかる

ドコモ光を新規契約で申し込んだ場合、開通工事が必要になります。
しかし、工事の予約が取りづらく、実際にインターネットをが開通するまで期間を要することもあるようです。

ドコモ光に限らず、引っ越しシーズンである2月~4月ごろはインターネットの申し込みが殺到するため、工事の予約が非常に取りにくくなります。

もし2月~4月に引っ越すのが前もって決まっているのであれば、引っ越しが決まった時点で申し込んでおくと良いでしょう。

引っ越しシーズン以外の時期であれば、申し込みから通常2週間~1ヶ月程度で開通できることが多いため、引っ越しシーズンを避けて申し込むと確実です。

まとめ

今回は、ドコモ光の申し込みについて解説しました。

どうせ申し込むなら、誰もがおトクな窓口を利用したいですよね。

別記事では、ドコモ光に関するキャンペーンもまとめてご紹介していますので、ドコモ光のキャンペーンを解説!もチェックしてみてください。

また、当サイトでオススメしている GMOとくとくBB についての詳細は、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがいいの?で解説しています。

GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2020/9/1~2020/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

申し込みページ: 【GMOとくとくBB】ドコモ光キャッシュバックキャンペーン
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ドコモ光の正しいキャッシュバックの受け取り方!怖い注意点とは… ドコモ光はお得なキャッシュバックキャンペーンを実施しているケースがあります。ただ、窓口ごにキャッシュバックを受け取るための手続き方法や受取れる時期がバラバラです。この...
So-netドコモ光のキャンペーンを比較!他社プロバイダとの違いは? So-net光はドコモ光プロバイダの中では特に人気の高いサービスです。この記事ではキャンペーンの比較や、キャッシュバックの受け取りかたについて解説します。また、ライバルであ...
ドコモ光の工事費無料キャンペーンの適用条件|いつまで実施される? ドコモ光では工事費が無料になるキャンペーンが実施されています。一度終了したものですが、再度復活し期間が延長されました。このページでは工事費が無料になる条件や終了時期に...
ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンを申し込んで発覚したデメリットとは? GMOとくとくBBはドコモ光でも人気のプロバイダですが、人気がある1番の理由は豪華キャンペーンです。高額キャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタルといった嬉しい特典が受け...
プロお墨付きのドコモ光乗換え方法とは!?メリット多数の窓口も公開! ドコモ光、お得なキャンペーンやセット割があるため、検討している方は多いでしょう。ただ、現在利用中のサービスによって、メリットやデメリットが大きく変わるため、乗換えは慎...