1. auひかり乗り換えガイド
  2. auひかり工事

auひかりの引っ越しで工事費は請求される?再契約のほうがお得?

このエントリーをはてなブックマークに追加
auひかりの引っ越しで工事費は請求される?再契約のほうがお得?

auひかりを利用中に、突然の転勤…

初めての引越しでは、手続きをどうしたらいいのか?工事費はどれくらい必要になるのか?
さまざまな不安がありますよね。

実は、ほとんどの方はauひかりの引っ越し手続きよりも、一度解約して再度申し込んだほうが安くなります。

今回は、auひかりを利用中の方へ手続きの流れや一番お得に引っ越しできる方法を解説します。

引っ越しの前後は準備などでかなりバタバタするので、余裕を持った手続きでお得にauひかりを引っ越ししましょう!

引っ越し先はauひかり対応?エリア確認方法を解説

引っ越し先はauひかり対応?エリア確認方法を解説

工事費がいくらかかるか、解約金がかかるかなどの疑問点を確認するために、まずは引っ越し先でauひかりが使えるか確認する必要があります。

エリアの確認方法に関しては、auひかりが絶対使えない地域とエリア確認方法もご覧ください。

auひかりの公式サイトだと、エリア内外の判定だけで対応料金プランまでは分からないため、今回はauひかりのプロバイダ「So-net」のエリア確認画面を使って解説します。

戸建てのエリア確認方法

auひかりでは、戸建てとマンションとでエリアの確認方法が少しだけ異なります。

まずは、戸建てでの確認方法を見ていきましょう。

1. So-netの公式ページで郵便番号を入力

sonet エリア

So-netの公式ページ を開いて少し下に進むと、提供エリア確認の画面が表示されます。

この画面が表示されたら、まずは郵便番号の入力し、戸建てを選択して「提供エリアの確認」で次に進みましょう。

もし郵便番号がわからない方は日本郵政のサイトですぐに確認できます。

2. 住所を選択してから番地を入力し「エリアを判定する」

次の画面では、入力した郵便番号をもとに提供可能な住所(何丁目まで)が表示されます。

お住まいの地域を選択し、詳細な番地を入力して「エリアを判定する」を押すと提供エリアか判定されます。

3.エリア判定結果を確認

エリア判定で提供エリア内だと、次の画像のような青い表示が出ます。

sonet エリア

この表示が出れば、引っ越し先はauひかりの提供エリアです。

引っ越し手続きと解約してから再申し込みのどちらもできるので引っ越し手続きと解約して再申し込みのどちらを選ぶべきか?に進んでください。

sonet エリア

逆に赤い表示が出た場合は提供エリア外なので、NURO光やコラボ光など他の光回線を契約する必要があります。

詳しくはauひかりがエリア外の場合に移動して対策を確認してください。

マンションのエリア確認方法

マンションのエリア確認も、ホームタイプと同じページから検索できますが、入力や選択する内容が若干変わります。

下記でも確認方法を紹介していますが、別記事のauひかりマンションのエリア確認方法は?ではさらに詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

1. 郵便番号の入力、マンションを選択し「提供エリアの確認」

sonet エリア

So-net 公式 を開いて少し下に進めると、提供エリア確認の画面が表示されます。

画面が表示されたら、郵便番号入力とマンションを選択し「提供エリアの確認」から次の画面に進みましょう。

郵便番号がわからない方は、日本郵便の公式サイトから検索できます。

2. お住いの物件を選択して「エリアを判定する」

次の画面では、入力した郵便番号をもとに契約可能なマンションが一覧表示されます。

お住いのマンション・棟が表示されていればマンション名を選び、表示されていない場合は「該当住所なし」を選び「エリアを判定する」を押します。

3. エリア判定結果を確認

エリア判定で提供エリア内だと、次のような青い画面が表示されます。

sonet エリア

なお、マンションプランは物件の配線方式によって月額料金や通信速度が変わります。

詳しくは次の項で解説するので、このまま読み進めてください。
逆に赤い画面が表示された場合は、残念ながら引っ越し先はauひかりの提供エリア外の物件です。

sonet エリア

この表示が出た場合、NURO光やSo-net光など他のサービスを契約する必要があります。

詳しくはauひかりがエリア外の場合に移動して対策を確認してください。

↑目次へ戻る

マンションタイプの配線方式ごとの料金プラン

auひかりのマンションタイプは配線方式ごとに料金プランが異なる

マンションが提供エリア内だった場合、次にプランをチェックしましょう。

auひかりのマンションタイプは、物件の配線にどのケーブルが使われているかで決まり、月額料金と通信速度が決まっています。
そのため、自分の希望のプランを必ずしも利用できるわけではありません。

引っ越し先がどのプランなのかは、エリア判定結果の青い表示の中に書かれています。

先ほどの画像だと「So-net光(auひかり)マンションV16」と表示されているので、最後のV16がauひかりのプランということです。

各プランの月額料金と速度、配線方式などは以下のように設定されています。

【プラン毎のauひかり月額料金・速度】
タイプ 配線方式 工事 最大速度 月額料金
V16 VDSL 不要 100Mbsp 3,800円
V8 4,100円
都市機構(DX) 3,800円
E8 LAN 3,700円
E16 3,400円
F 光配線 3,900円
F(s) 3,400円
マンション
ギガ
1Gbsp 4,049円
ミニギガ 5,000円

もし、今V16を契約していた方が、マンションギガの物件に引っ越した場合は、速度が100Mbpsから1Gbpsに速くなる代わりに、利用料金は3,800円から4,049円になります。

auひかりのマンションプランの料金や速度については、auひかりをマンションで申し込むポイントでも詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

なお、今どのプランを使っているかわからないという方は、先ほどのエリア判定画面で現住所を調べれば確認可能です。

大きな料金差ではないかもしれませんが、毎月のコストが変わる可能性があるのでしっかり確認しておきましょう。

↑目次へ戻る

引っ越し手続きと解約して再申し込みのどちらを選ぶべきか?

auひかりの利用中に引っ越す場合、引っ越し手続きと解約して再申し込みのどちらを選ぶべきか?

引っ越し先がauひかりの提供エリア内だとわかったら、次に気になるのは、引っ越し手続きと解約して新規契約するのではどちらがお得になるかでしょう。

冒頭でもお伝えしましたが、auひかりで引っ越す場合、一度解約して再申し込みの方がお得に使える可能性が高いです。

ここでは、引っ越し手続きと新規契約した場合をそれぞれ想定し、主に料金の面で比較・解説します。

auひかりの開通工事の工程や乗り換えの方法については、auひかり開通工事、乗り換え手順をご覧ください。

auひかりの引っ越し費用

auひかりでは、引っ越しの場合でも「新しい住所で新規契約」と同じ扱いをします。
つまり、工事費は普通に新規契約をしたときと同じ料金が発生するということです。

もちろん、割引特典もそのまま受けられるので、実質的には工事費無料で引っ越しができ、登録料だけかかると考えて問題ありません。

【auひかりの引っ越し初期費用】
  ホーム マンション
登録料 3,000円 3,000円
工事費 37,500円
(625円×60回)※
30,000円
(1,250円×24回)※
割引特典 −625円×60回
(ネット125円、電話500円)
−1,250円×24回

※:2018年3月1日から分割回数が60回に改定されました。

また、元々のお住まいで契約しているauひかりは解約扱いですが、引っ越し先でauひかりを契約すると、次のようなメリットがあります。

  • 契約解除料9,500円は免除
  • 工事費残債がある場合は一括請求だが、新住所の料金から同額割引

つまり、元のお住まいで解約にかかる費用は実質無料になるのです。

事実上、auひかりの引っ越して続きでかかる費用は、登録料の3,000円のみということですね。

再申し込み(新規契約)の工事費

続いて引っ越し前のお住まいのauひかりを解約し、引っ越し先で新たに申し込む場合の費用を見てみましょう。

この手続きでは、新規契約の費用は上記の引越し手続きと変わらず、元のお住まいの契約解除料金などが発生します。

  • ホームタイプ:工事費の残額と契約解除料金
  • マンションタイプ:工事費の残額のみ

契約解除料金や工事費の残債は、契約期間により変動します。

プラン 契約期間 解約金
戸建てタイプ
(ギガ得プラン)
2年 9,500円
戸建てタイプ
(ずっとギガ得プラン)
3年 15,000円
マンションタイプ
(標準プラン)
なし なし
マンションタイプ
(お得プラン・お得プランA)
2年 7,000円

マンションタイプの標準プラン以外は、契約期間の縛りが設けられており、いずれも契約期間中に解約すると違約金が発生します。

さらに、上記の金額に工事の残債がプラスされるため、タイミングによってはかなり大きな金額がかかってきてしまうのです。

これだけ見ると、引っ越し手続きの方がお得だと感じてしまうかもしれません。
しかし、次に解説するプロバイダや代理店のキャンペーンを合わせて考えると、一度解約した方がお得になります。

auひかりの工事費のついての詳細は、auひかりの工事費のカラクリについて詳しく解説をご覧ください。

プロバイダや代理店のキャンペーン

auひかりの新規契約では、プロバイダの公式ページや代理店のWebサイトから申し込みを行うと、様々なキャンペーンが受けられます。

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを利用するときの注意点を解説したauひかり高額キャッシュバックのコツもあわせてご覧ください。

■auひかりホームタイプの人気キャンペーン
キャンペーン 特典 受け取り
NNコミュニ
ケーションズ
ネットのみ:45,000円、ネット+電話:52,000円キャッシュバック 1~2ヶ月後
株式会社NEXT ネットのみ:45,000円、ネット+電話:52,000円キャッシュバック 翌月末
So-net 月額割引:69,820円分(24ヶ月) -
BIGLOBE 50,000円キャッシュバック 11か月目以降

どのキャンペーンも、約5万円の還元があるのでかなりお得です。

先ほどの解約金や工事費用の残額の一覧と比較するとわかりますが、仮に工事費が全額残っている状態であってもキャンペーン金額の方が多くなります。

  1. 例:利用1年で引っ越し手続きを行った場合
    工事費30,000円が一括請求され、3,000円の事務手数料も発生。ただし解約金は免除
  2. 例:利用1年で解約し、NNコミュニケーションズから再契約した場合
    45,000円(キャッシュバック)-30,000円(工事費)→15,000円おトクに!

引っ越し先がauひかりに対応している方は、引っ越しと同時に解約再申し込みを行い、再契約の手続きをするほうがお得です。

↑目次へ戻る

再申し込みでオススメの代理店とプロバイダ

auひかりの再申し込みでオススメの代理店とプロバイダ

ここからは、auひかりを再申し込みする代理店、プロバイダを紹介します。
先ほどのキャンペーン一覧に出てきたところですが、より細かく解説するので参考にしてください。

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2019/10/1~2019/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

auひかりの代理店の多くは、最大キャッシュバックを受け取るために多くのオプションの契約が必要です。
さらに、受け取りまでの期間が非常に長く、受け取り申請を忘れるとキャッシュバックがもらえないことも。
そんな代理店が多い中、NNコミュニケーションズは申し込み時にキャッシュバック申し込みも同時に行い、還元率100%を維持している超優良代理店です。

高額キャッシュバックを確実に受け取れるので、どこで申し込んだらいいか迷ったらNNコミュニケーションズ一択でいいでしょう。

詳しいキャッシュバック内容については、 最短1ヶ月で早い!NNコミュニケーションズのキャッシュバックをご覧ください。

申し込みページ: auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズ

auひかり正規代理店 株式会社NEXTのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:40,000円キャッシュバック
    ネット+電話:47,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2019/10/1~2019/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円

株式会社NEXTは、NNコミュニケーションズと同様、還元率100%の超優良代理店です。
ネットのみの申し込みで45,000円、ネット+電話の申し込みで52,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャンペーンの特徴は、Buffalo製のWi-Fiルーターのプレゼントされることでしょう。

家電量販店で購入すると7,000円〜10,000円程度で販売されているモデルがプレゼントされます。
もしauひかりの再申し込みと同時にWi-Fiルーターを新調しようと思っているなら、NNコミュニケーションズより少しお得になりますよ!

株式会社NEXTのキャンペーンの詳細は、無条件キャッシュバック還元される窓口・株式会社NEXTで紹介しています。

申し込みページ: 【auひかり正規代理店】株式会社NEXT

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額76,300円
    マンション:総額70,800円
  • キャンペーン期間:2019/10/1~2019/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:3,500円
  • マンションタイプ月額料金:2,100円

auひかりのプロバイダであるSo-netの公式のキャンペーンです。日本のメジャーな光回線すべてのプロバイダを担当しているだけあり、通信速度やサポート体制がバッチリのSo-net。
キャンペーンはキャッシュバックではなく月額割引で、ホームタイプなら代理店のキャッシュバックよりかなりお得になります。

ただ、引っ越し直後は何かと入用になります。現金でもらう方が嬉しい人が多いので今回は3位にしました。
逆に総合的に安い方がいいかたはSo-net公式に直接申し込みましょう!

詳しくはSo-netのキャンペーンをご覧ください。

  申し込みページ: 【So-net公式】So-net auひかり

申込方法について解説:
WEB入力フォームを徹底解説!So-net auひかりを公式で申込む際の疑問点

これらのプロバイダや代理店以外にもありますので、気になった方はauひかり代理店比較auひかりプロバイダのキャンペーンや速度の違いもチェックしてみて下さい。

↑目次へ戻る

auひかりを再申し込みする流れ

auひかりを再申し込みする流れを解説

auひかり利用中に引っ越す場合は一度解約して再申し込みしたほうがお得であるのは、先ほど解説したとおりです。

では、早速手続きの流れをチェックしましょう。

1.まず引っ越し先住所でauひかりの新規申し込み

引っ越し先が決まっているので、現在のauひかりを解約する前に引っ越し先の申し込みを進めましょう。

auひかりはホームタイプが約1ヶ月、マンションタイプが約2週間ほどで開通しますが、時期によってかなり変動します。

とくに、引っ越しシーズンである2月~4月や。決算期や異動がある企業が多い9月手前は、インターネットの新規開通を行う世帯も多くなるため、なかなか工事の予約が取れないこともあるのです。

いずれにせよ、引っ越した後になかなかインターネットが開通しないと不便な方は、早めに申し込み手続きを進めましょう。

2.現在のお住まいでのauひかりを解約

auひかりの解約は、利用中のプロバイダへ解約手続きが必要です。
各プロバイダの連絡先は次の通りです。

  電話 Web
So-net 0120-80-7761
受付:9:00〜19:00
解約ページへ
au one net 0077-777
受付:9:00〜20:00
解約ページへ
@nifty 012-32-2210
受付:9:00〜19:00
解約ページへ
@T com 0120-805-633
受付:9:00〜20:00
解約ページへ
Asahi Net 0570-01-3500
受付:10:00〜19:00
解約ページへ
BIGLOBE 0120-86-0962
受付:9:00〜21:00
解約ページへ
DTI 0120-830-501
受付:10:00〜17:00
解約ページへ

現在利用中のプロバイダ毎に解約窓口は違いますが、共通して以下の注意点があります。

  • ホームタイプは工事費の残額と契約解除料金が必要
  • 最終月の利用料金の日割りされず、1ヶ月分全額支払いが必要

機器返却に関しては、解約手続きを進めると期限と送付先を教えてくれます。

万が一返却を忘れると、機器代金相当の料金を請求される場合があります。
忘れずに返却しましょう。

また、auひかりを解約す合、解約するタイミングによっては解約金が発生します。
プランごとの解約金についてはauひかりマンションタイプの解約費用をすべて解説をご覧ください。

auスマートバリューに再度申し込む

現在auスマートバリューを適用している方は、上記の申し込みや解約が終わったら、auショップでスマートバリューを申し込みし直しましょう。

auスマートバリューは、auひかりをauのスマホをセットにすることで、毎月のスマホ代から最大2,000円が割り引かれるサービスです。
auユーザーかつauひかりの利用者であれば、ほとんどの方が利用しているでしょう。

ただし、auスマートバリューの対象になるauひかりが引っ越し先住所に変わるので、auスマートバリューの手続きの前に登録情報の変更が必須です。

  1. 市役所での住所変更
  2. 住民票か警察で免許の裏面記載
  3. auショップで登録情報の変更+スマートバリュー申し込み

少し手間がかかりますが、auスマホの台数が多いほど早く済ませないと損してしまうので、忘れずに手続きを行いましょう。

auスマートバリューの詳細や申し込み方法については、auスマートバリューの適用方法と注意点まとめをご覧ください。

↑目次へ戻る

auひかりがエリア外の場合

auひかりがエリア外の場合はSo-net光かNURO光がオススメ

ここからは、最初のエリア検索で引っ越し先がauひかりの対応エリア外だった場合の対処方法を解説します。

具体的には、auひかりの代わりに他の光回線を契約することになります。

auスマートバリューを使うならSo-net光

引っ越し先がauひかり非対応では、現在スマートバリュー利用している人であれば、かなりガッカリしてしまいます。

しかし、auひかり以外にも、スマートバリューが適用できる光回線があるのです。
そのひとつが、auのプロバイダにもなっているSo-netが提供しているSo-net光です。

月額料金もauひかりと大きく違いがなく、さらに新規申し込みのキャンペーンも豊富です。

【So-net光の基本情報】
  一戸建て マンション
月額 5,200円 4,100円
最大通信速度 最大1Gbps
キャンペーン 月額-1,500円×30か月分

So-net光のサービス詳細については、別記事のSo-net光って何?光コラボとは?で解説しています。

ネットの速度重視ならNURO光

auスマートバリューを利用していない方や、速度を重視したい方は、まずNURO光の提供エリアをチェックするといいでしょう。

NURO光は、SONYが提供している世界最速の光回線です。
従来の回線速度は最大2Gbpsでしたが、現在は最大10Gbpsまで対応しています。

  料金 速度 キャンペーン
通常プラン 4,743円 2Gbps 35,000円キャッシュバック
10Gbp
プラン
6,480円 10Gbps -

NURO光の料金や速度などのサービス詳細については、姉妹サイトのNURO光乗り換え完全ガイドをご覧ください。

↑目次へ戻る

引っ越しが決まったら早めの手続きを!

引っ越しが決まったら早めにauひかりの手続きをしよう

今回はauひかりを利用中に引っ越しする場合の工事費や手続きの解説と、お得に引っ越す方法を解説しました。

  • 引っ越し先のエリア確認は必須
  • 引っ越し手続きより解約して再申し込みの方がお得
  • エリア外ならSo-net光やNURO光がおすすめ

引っ越し先の物件がauひかりの提供エリア内の場合、普通に手続きを進めると大幅に損してしまう可能性が高いです。

せっかくなら50,000円のキャッシュバックを受け取って引っ越しの出費を少しでも抑えたいですよね。

違約金や工事費が残っていたとしても、引っ越し手続きを行うのではなく、一度解約してから再度新規申し込みするほうがおトクです。

もし引っ越しを控えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

↑目次へ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
モバイルWi-Fiルーターからauひかりへの乗り換え方法 モバイル回線のWi-Fiルーターなどからauひかりへ乗り換える際の注意点や詳しい方法を説明します。基本的に物理的に別回線なので、難しい手続きなど不要で簡単に乗り換える事が出来...
他社光、ケーブルTVからの乗り換え手順 光ファイバー同士の乗り換えの場合、物理的に別回線となるのでADSLの時のように、乗り換えのタイミングを測ったり、撤去工事の関係で開通が遅れることはありません。しかし、電話...
不安を解消!auひかりの工事内容と工事費をやさしく解説
auひかり工事
auひかりの工事は一見大掛かりに思えますが、実際は1時間ほどで終わる簡単な工事です。戸建てとマンション、それぞれの工事方法の違いや工事費が実質無料になるキャンペーンについ...
auひかりマンションタイプの工事で立ち合いは必須?
マンション
通常光回線の開通工事を行う際、当日に立会いが必要となります。ただ仕事などで立会いができない方も多いでしょう。マンションタイプに関しては不要なケースも存在します。工事方...
auひかり工事前の下準備・これだけはやって置こう! auひかりの工事は基本的に面倒な準備は必要ないのですが、これだけはきちんとやっておきましょう。ネットワーク機器の設置場所や、賃貸の場合大家さんへの工事許可などいくつか注...