1. ホーム

auひかりちゅらの全情報|沖縄県限定の光回線は本当にお得なのか!?

ホーム
auひかりちゅらの全情報

「auひかりちゅら」は、沖縄県限定のインターネット回線サービスです。

沖縄県に在住している方はもしかしたら知っているかもしれませんが、他県ではあまり聞き慣れない光回線のサービスではないでしょうか。

今回はあまり知られていないにも関わらず、大手の光回線サービスにも負けないauひかりちゅらに関して解説しました。

沖縄県在住で早くて安いインターネット回線を探している方はもちろん、これから沖縄に引っ越しなどを考えている方もぜひ参考にしてください。

auひかりちゅらの基本情報

auひかりちゅらの基本情報

auひかりちゅらは、冒頭でも説明した通り沖縄地区限定の光回線インターネットサービスです。

名称にauひかりとありますが、サービスを提供しているのは沖縄セルラー電話会社で、auひかりとは系列会社ではありますが、auひかりとは別会社だと言えます。

沖縄セルラー電話株式会社は1991年設立された会社で、全国に展開していたDDIセルラーグループがKDDIに統合されたとき、唯一、沖縄県だけが地域企業として残りました。

その沖縄セルラー電話株式会社が展開しているのがauひかりちゅらサービスですが、サービス名が示すようにauユーザーにとってうれしい特典がたくさんあります。

auひかりちゅらの料金まとめ

auひかりちゅらの料金

auひかりちゅらの基本的な料金を表にまとめました。

■auひかりちゅらの料金
月額(戸建て)
  • 6,039円(3年契約)

  • 5,610円(3年契約+KDDIまとめて請求)

月額(マンションV)
  • 4,059円(2年契約)

  • 3,630円(2年契約+KDDIまとめて請求)

月額(マンションギガ)
  • 4,719円(2年契約)

  • 4,290円(2年契約+KDDIまとめて請求)

工事費 実質無料
初期費用 880円(契約事務手数料)
キャッシュバック
  • 30,000円~40,000円(auスマートバリュー加入)

  • 10,000円(auスマートバリュー未加入)

  • 40,000円~50,000円(auスマートバリュー+TV)

契約期間 最低利用期間6ヶ月(2~3年自動更新)
違約金
  • 10,450円(戸建て・マンションギガ)

  • 2,772円(マンションV)

auひかりちゅらの料金を見ると、通常の大手光回線のサービス内容とほとんど変わりがありません

料金プランがシンプルでわかりやすいところは、ユーザーにとってはうれしいメリットだと言えるでしょう。

また、auひかりちゅらの公式ホームページが非常に魅力的なキャッシュバックを行なっている点も見逃せません。

auひかりちゅらの速度について

auひかりちゅらの回線速度は最大1Gbpsです。

最大1Gbpsは、auひかりやフレッツ光といった光回線の最大速度と同じで、とくに速いというわけでも遅いというわけでもありません。

しかし、auひかりちゅらは、フレッツ光の光回線網とは独立している回線ですので、回線が混み合うことでの速度低下が起きにくというという特徴があります。

光回線は、同じ回線を利用している人間が多ければ多いほどに、速度が遅くなる傾向にありますが、その点、auひかりちゅらは、フレッツ光や光コラボとは違う回線を使ったサービスなので安心できるでしょう。

また、詳しくは後述しますが、auひかりちゅらはプロバイダをau one netしか選択できません。

au one net

自分でプロバイダを選びたい人にとってはデメリットですが、au one netでは、IPv6に対応しています。

IPv6というのは、最新の接続方式のことで、従来のIPv4と比べると、速度が速く安定するのが特徴です。

プロバイダによっては、IPv6に対応していない場合がありますが、auひかりちゅらはau one netしかプロバイダーを選べないので、必ずIPv6に対応できると言えます。

auひかりちゅらのメリット・デメリット

auひかりちゅらのメリット・デメリット

auひかりちゅらの基本情報がわかったところで、メリット・デメリットについても見ていきましょう。

どちらもしっかりと把握した上で、他社と比較検討することをオススメします。

メリットは料金の安さとキャンペーン

auひかりちゅらのメリットはたくさんありますが、ここでは以下の4つを厳選しました。

  • auひかりちゅらのメリット
  • 月額料金が安い
  • auスマートバリューに加入できる
  • 公式によるキャンペーンが充実している
  • 初期工事費が実質無料

ひとつつず、詳しく見ていきましょう。

メリット1 月額利用料金が安い

auひかりちゅらの契約プランは、ホームタイプとマンションタイプの2つです。

マンションタイプは、さらに「マンションV」と「マンションギガ」の2つにわかれます。

  • ホームタイプ
    戸建住宅と4階建て以下の集合住宅用のサービス
  • マンションタイプ
    4階建て以上の集合住宅用のサービス

マンションタイプは、すでにauひかりちゅらの設備が導入されているマンションが対象で、設備によって「マンションV」と「マンションギガ」にわかれます。

どちらのプランになるかは、導入されている設備で決定してしまうので、契約者が決めることは基本的にはできません。

ホームタイプであってもマンションタイプであっても、基本料金は「しま割」「auセット割」という割引が適用され、月額利用料金をかなりお得にできます。

■auひかりちゅらのマンション料金プラン
プラン 標準プラン しま割
適用料金
auセット割
適用料金
しま割+auセット割
適用料金
ちゅらホーム 6,930円 6,039円 6,501円 5,610円
ちゅらマンションV 4,290円 4,059円 3,861円 3,630円
ちゅらマンションギガ 5,148円 4,719円 4,719円 4,290円

しま割とは、2〜3年間の利用継続を前提として、月額利用料金を割引サービスです。

しま割を適用すると「auひかりちゅらホーム」、「auひかりちゅらマンションギガ」で毎月891円、「auひかりちゅらマンションV」で毎月231円が割引されます。

また、auセット割を利用するとサービスの月額利用料が最大429円割引きになるため、さらにお得にauひかりちゅらを利用することができるでしょう。

メリット2 auスマートバリューにも加入できる

auひかりちゅらは、auスマホとのセット割である「auスマートバリュー」に加入することができます。

割引されるのは、スマホの月額料金ですが、1台につき最大で1,100円の割引を受けることが可能です。

また最大10回線まで適用されますので、家族全体でauスマートフォンや携帯を利用している場合には、全体の通信費がかなりお得になることは間違いありません。

auスマートフォンや携帯を利用しているのであれば、auひかりちゅらに申し込むことで大きなメリットを受けられるでしょう。

メリット3 公式によるキャッシュバックが高額

auひかりちゅらキャンペーン

auひかりちゅらを申し込むと、さまざまなキャンペーンが適用されます。
現在は以下のようなキャンペーンが実施されていますので要チェックです。

auひかりちゅらのキャンペーン内容▲出典(auひかりちゅら公式ホームページ

非常に高額なキャッシュバックキャンペーンが受け取れるのは魅力的ですが、以下の点で注意が必要です。

  1. auPAY残高へのチャージであること
  2. 適用条件があること

auひかりちゅらの公式キャンペーンの注意点については、後述するデメリットで詳しく解説しています。

メリット4 初期工事費用が実質無料

auひかりちゅらは他の光回線の初期工事費無料と同様、月額利用料金から初期費用相当額を割り引くサービスがあります。

auひかりちゅらの初期工事費用は41,250円なのですが、これを36ヶ月間分割して支払う仕組みです。

しかし、電話サービスを同時に申し込みした場合に、初期費用相当割引サービスが適用されます。
毎月の支払い分1,155円が無料になるサービスで、実質工事費は無料になるわけです。

工事費実質無料

もし電話サービスを申し込まなかった場合には605円のみ割引され、初期工事費用の約半分は支払わなくてはいけません。

つまり電話サービスの月額料金分の費用がかかるというわけです。

とりあえずネットと電話を申し込み、工事費用を支払いを終える36ヶ月後に不要であれば電話サービスを停止することで最大限お得に利用できるでしょう。

ちなみに工事費用は実質無料にはなりますが、初期費用として登録料880円がかかります。
この登録料の800円は無料にはなりませんのでご注意ください。

デメリットはプロバイダとエリア

auひかりちゅらのデメリット

多くのキャンペーンやサービスがあり、メリットも多いauひかりちゅらですが、デメリットもいくつか存在します。

  • auひかりちゅらのデメリット
  • プロバイダを選ぶことができない
  • 公式キャンペーンに注意点がある
  • 台風の影響を地域柄受けやすい
  • 沖縄県でも使えないエリアがある

詳しく解説していきます。

デメリット1 プロバイダを選ぶことができない

auひかりちゅらの大きなデメリットの1つとしてプロバイダが選べないという面があります。

前述しましたが、auひかりちゅらで利用できるプロバイダはau one netのみです。

特にプロバイダにこだわらない人にとってはそれほど問題ではありませんが、他社の光回線から乗り換える際、利用していたプロバイダ利用できなくなる点は困る人もいるでしょう。

プロバイダのメールが使えなくなったり、オプションサービスが利用できなくなったりするので、それらプロバイダのサービスを利用している方にとっては大きなデメリットというわけです。

デメリット2 公式キャンペーンに注意点がある

先で説明したように、auひかりちゅらでは、申込者に対して豪華なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

ただし、このキャッシュバックキャンペーンは以下の点で注意が必要です。

  1. auPAY残高へのチャージであること
  2. 適用条件があること

通常キャッシュバックと言うと、「開通から〇〇月後にキャッシュバックされます!」というような現金をイメージする事が多いのですが、auひかりちゅらの場合はauPAYの残高へチャージされる仕組みです。

つまり現金で受け取るわけではありません。

光回線のキャンペーンの中でもこのような受け渡し方法はあまり見かけないので、戸惑ってしまう人も多いでしょう。

auPAYを使っている方にはお得な面もありますが、使っていない方にはデメリットだと言えます。

auPAYの現金化は可能ですが、auショップへ行ったり、手続きの電話をしなければならないのでそれなりの手順が必要です。

auショップなどでの申し込みであれば郵便為替でキャッシュバックを受け取ることも可能なようですが、面倒であることには変わりありません。

もう1つの注意点として最大50,000円のキャッシュバックをもらうには適用条件があることです。

■auひかりちゅらキャッシュバック額
適用条件 ホームタイプ マンションタイプ
auスマートバリュー
セットトップボックスレンタル
50,000円 40,000円
auスマートバリューのみ 40,000円 30,000円
auスマートバリュー未加入 10,000円 10,000円

表見ていただければわかるように、まずauひかりちゅらのホームタイプとマンションタイプでキャッシュバック額が違います。

マンションタイプでも最大50,000円がもらえると勘違いして申し込んでしまうと、あとでがっかりすることにもなりかねません。

勘違いしてガッカリしないように▲絶対に50,000円をもらえる
わけではないので注意…

ただ、ホームタイプとマンションタイプのキャッシュバック金額が違うことは、他の光回線キャッシュバックキャンペーンでもよくあることなので申し込みされる際は覚えておくといいでしょう。

次に、キャッシュバックを最大で受け取るためには、auスマートバリューとセットトップボックスレンタルの両方に申し込まなければなりません。

そもそもauスマートバリューへと加入するのには、以下のどちらかの条件を満たしている必要があります。

  • インターネットと光電話の契約
  • auスマートポートをauスマートフォンなどと同時に契約している

はじめからauスマートバリューへ加入する気の人は良いですが、そもそもauスマホを持ってない人からしたらハードルの高い条件です。


auひかりちゅら TVサービス

高額キャッシュバックを受け取るための条件のもうひとつである「セットトップボックス」とは、ケーブルテレビ放送や衛星放送、地上波テレビ放送、IP放送(ブロードバンドVODなど)などを一般のテレビで視聴可能にするデバイスのことを指します。

auひかりちゅらでは、この機器のレンタル代として月額550円が発生するので注意しましょう。

このセットトップボックスをレンタルし、auひかりテレビサービスを利用することで、地上波はもちろん最新映画やドラマを見ることができるビデオパス、YouTubeやHulu、AbemaTVといったインターネットコンテンツのテレビで視聴が可能になります。

インターネットコンテンツを最大限に楽しみたい人には非常にお得なオプションです。

ちなみにauひかりちゅらのTVサービスはムービー・アニメ・スポーツ・ドラマ・エンタメ・ライフのコンテンツの中から1ジャンル1,628円/月で利用ができます。

この二つのサービスに加入する事で、キャッシュバックを最大額受け取ることが可能になります。

ハードルの高さは少し残念ではありますが、キャッシュバックのスピードが非常に早く、最速でauひかりちゅら開通月の翌月末にはキャッシュバックされます

せめてauスマートバリューには申し込んで高額なキャッシュバックを狙うことをおすすめします。

デメリット3 台風の影響を地域柄受けやすい

台風のせいでインターネット回線障害が発生するケースがあります。

特に沖縄県は台風のルートになりやすい地域ですので、どうしても台風による回線障害が起こりやすいといえます。

ただauひかりちゅらのデメリットというよりは沖縄県のデメリットと言ってもいいでしょう。

もともと台風が多い地域ではあることは分かっていることなので、auひかりちゅら側でのサポートの強化やインフラの強化などを期待したいところです。

デメリット4 沖縄県でも使えないエリアがある

auひかりちゅらに限ったことではありませんが、インターネットサービスが利用できない地域や建物があります。

特にマンションなどの集合住宅に関しては、auひかりちゅらに対応していないことが結構あるようです。

以下のページから提供エリアや建物が検索できますので、申し込む前には必ず確認しておきましょう。

auひかりちゅら エリア検索▲auひかりちゅら提供エリア検索

auひかりちゅらが契約できない場合はSo-net光プラスがおすすめ

オススメはSo-net光プラス

基本料金の安さや高額なキャンペーンなどauひかりちゅらは魅力的な光回線サービスではあります。

ただ、提供エリアには注意しなければなりません。

沖縄本土ではかなり利用できるエリアが広いのですが、離島になるとほとんど利用することはできず、沖縄本土でも集合住宅に関しては利用できない建物も多くあります。

万が一、自宅がauひかりちゅらの提供エリア外だった場合は、auひかりちゅらと同じセット割『auスマートバリュー』が適用される光コラボを選ぶのがベストです。

光コラボはNTTの設備を使ってプロバイダ事業者などが提供する独自の光回線ですが、KDDIと提携している事業者の光コラボであれば全く同じスマホとのセット割が使えます。

また、NTTは提供エリアがもっとも広いため、同じ設備を使った光コラボならauひかりちゅらの代替案として最適です。

特にauひかりちゅらの代替案としてお勧めとなるのが So-net光プラス です。

So-net光プラス公式ページ
  • キャンペーン
    60,000円キャッシュバック
    工事費分割引
  • 月額料金
    戸建て:6,138円
    マンション:4,928円

SONYの子会社であるSo-netが提供する光コラボが、So-net光プラスです。

So-net光プラスは他社光コラボには無い独自の割引キャンペーンを実施しており、業界最安クラスの料金でネットを楽しむことができます。

So-net光プラス公式キャンペーン詳細
  戸建て マンション
通常料金 6,138円 4,928円
割引額
  • 1~24ヶ月:2,798円割引
  • 25~60ヶ月:440円割引
  • 1~24ヶ月:2,798円割引
  • 25~60ヶ月:550円割引
割引後の料金
  • 1~24ヶ月:2,980円
  • 25~60ヶ月:6,138円
  • 1~24ヶ月:1,980円
  • 25~60ヶ月:4,928円
割引総額

64,296円割引

61,776円割引

割引は戸建て・マンションのどちらも2年間適用され、その総額は戸建て…64,296円、マンション…61,776円という高額還元になります。

そのため、『毎月の料金を少しでも抑えたい!』といった方にはピッタリと言っていいでしょう。

もちろん、auスマートバリューも適用されるので、auひかりちゅらを検討しているauユーザーにもおすすめです。

So-net光プラスまとめ So-net光プラスの正体を1番分かりやすく解説!So-net光との違いとは? So-netが提供しているSo-net光には様々な種類があります。その中でSo-net光プラスはNTTフレッツ光の設備を借りた光コラボです。以前までサービス名がSo-net光だったため、違いが分かりづらくなってしまいました。So-net光プラスは元々光コラボだったSo-net光の進化版... 記事を別タブで開く 2021-08-13

auひかりちゅらの申し込みから解約まで

auひかりちゅらの申し込みから解約まで

auひかりちゅらの申し込み方法から解約までについて簡単に解説しました。

もしもauひかりちゅらとの契約を検討している人は、解約の方法や違約金などについて先に知っておくようにしましょう。
いざ解約をするというときになって、高額な違約金などが発生する場合があるので注意が必要です。

申し込みは公式ホームページから

auひかりちゅらの申し込み方法は公式ホームページや電話窓口、もしくはauショップで申し込みができます。

一番簡単な方法はやはりインターネットからの申し込みです。
申し込みは24時間受付が可能ですので自分のタイミングに合わせて申し込みができます。

auひかりちゅらの申し込み方法の簡単な流れは以下のような流れです。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 約2週間後にauから連絡
  3. 工事日の調整と相談
  4. 約1ヶ月後に回線工事
  5. 利用中サービスの解約予約やプラン変更

工事は立ち会いが必要でのすので、時間と予定に余裕を持って申し込みすることをオススメします。

auひかりちゅらの解約は電話でのみ対応

auひかりちゅらを申し込んだ際に何らかの理由で解約しなければいけないことも可能性としてはあります。

その際なるべくスムーズに解約できるように解約方法も知っておくと、あとあと役に立つでしょう。

また、解約の際にかかる費用なども確認しておくと余計な出費をせずに解約することもできます。

解約手順

まずは簡単ではありますがauひかりちゅらの解約手順をまとめました。

  1. 「0120-994-778」に電話をする
  2. 撤去工事の日程調整をする
  3. 撤去工事に立ち会い、その後モデム等を返却する

解約自体はそれほど難しいことはなく、解約したい旨を電話で伝え、おおよそ一週間ほどで撤去工事日の調整をするための電話が折り返しかかってきます。

撤去工事には必ず立会いが必要なため、都合のいい日を選んで撤去工事日の調整をしましょう。
ちなみに撤去工事はおおよそ1時間ほどかかりますので、時間に余裕のある日を伝えてください。

撤去工事が終われば解約の完了ですが、モデムなどauひかりちゅらを申し込んだ際に借りている機器は返却しなければなりません。

後日返却用の着払い伝票が送られてきますので、機器を梱包して返却しましょう。

解約にかかる費用

auひかりちゅらを解約するにあたって回線撤去費用は無料ですが、解約の際に費用が発生する場合があります。

費用が発生する条件は以下の2つです。

  1. 契約期間内に解約をしてしまう
  2. 工事費用が支払い終わっていない間に解約してしまう

auひかりちゅらを申し込む際には各プランやサービスを選択して契約をします。

その際各プランやサービスにはある一定の契約期間があり、その契約期間内に解約をすると解約金という形で費用が発生します。

各プランやサービスごとの解約金をまとめると以下の通りです。

■auひかりちゅら解約金一覧
割引適用 ホームタイプ・マンションギガ マンションV
しま割なし 15,840円 3,520円
しま割あり 26,290円 6,292円
しま割なし 0円
しま割あり
(更新月と更新月の翌月以外)
10,450円 2,772円

しま割には契約期間が2年と3年がありますが、その期間内に解約をしてしまうと表のような解約金が発生してしまいます。

この解約金を発生させないためには更新月で解約する必要がありますので、解約を考えているのであれば必ず自分の更新付きは把握しておきましょう。

また工事費用残債がある場合も解約時に一括で支払う必要があり、とくに初期費用相当額割引を利用している場合には注意が必要です。

41,250円36ヶ月の分割で支払う事が条件で毎月最大1,155円が相殺されて実質無料になる契約になっています。

そのため2年(24ヶ月)で解約した場合には、残り1年分の工事費用13,860円を解約金とは別に一括で支払わなければなりません

auひかりちゅら解約する際には、どれぐらい費用が発生するのかは必ず確認しておきましょう。

引っ越しする際の手続き方法

auひかりちゅらの引っ越し

auひかりちゅらの利用を開始して、沖縄県内で引っ越すこともあるでしょう。

そのような場合は、移転手続きをすると便利です。
今まで使っていたサービスをそのまま継続できる上に、移転工事費などは一切かからないため安心して引っ越しできます。

移転手続きはサイトからでもauショップからでも行う事が可能ですが、サイトからですと以下のページから移転手続きが可能です。

auひかりちゅらの引越し手続き▲出典(auひかりちゅら公式ホームページ

ただし、引っ越し先での利用が工事日程の関係などでかなり遅くなる可能性もあります。

引っ越し先でインターネットを利用することが非常に重要な場合には、工事が遅くなる点を考慮して、早めに対応したり、モバイルWi-Fiなどを利用することを検討することでセーフティネットを張っておきましょう。

auひかりちゅらの問い合わせ

auひかりちゅらは引っ越しの事やキャンペーン、工事費用などについてホームページにはあまり詳しく書いていない面があります。

auひかりちゅらへの様々な質問や、契約・解約の申し込みなどよくわからない事は問い合わせ窓口へ連絡しましょう。

  • auひかりちゅらの問い合わせ窓口
    電話:0120-994-778
    (受付時間9:00~20:00、年中無休)

連絡をする際には沖縄県のどの地域へ引っ越しされるかなどをあらかじめ聞かれる事がありますので、引っ越しを考えている場合など必要であれば答えられるようにしておきましょう。

関連記事
ダイヤルアップと光回線を徹底比較 ダイヤルアップから光回線にしないと損をする?徹底的に比較してみた
ホーム
ダイヤルアップとは、アナログ電話回線やISDN回線でインターネットを利用する方法のこです。2000年代前半までは主流でしたが、ここ最近では光ファイバーケーブルにその座を奪われ...
公衆無線LAN(フリーWi-Fi)ってなに? 公衆無線LAN(フリーWi-Fi)ってなに?スポットの探し方やリスクを解説
ホーム
現在、公衆無線LAN(フリーWi-Fi)は、コンビニや、飲食店、公共交通機関など、多くの場所で使えます。有料のものもありますが、無料で使えるWi-Fiも多く、便利に利用している人も...
auひかり 北海道 【札幌】auひかりを北海道で契約するもっともお得な窓口を徹底解説
ホーム
札幌を中心に北海道ではauひかりの人気が比較的高い地域として知られています。家電量販店やネット代理店など申込先は色々ありますがキャッシュバックはそれぞれ異なります。場合...
bpsとは?わかりにくい通信速度の単位をやさしく解説 1Gbpsの「bps」とは?データ通信の速度を表す単位をやさしく解説
ホーム
1メガ、1ギガなどインターネットの通信速度を示す場合に、頻繁に使われる言葉です。正確に言うとメガやギガは速度の単位ではなく、bps (ビーピーエス)と呼ばれる単位が通信速度...
高齢者におすすめのインターネット回線特集!トラブルに強い安心の回線は?
ホーム
新型コロナの影響もあり、昨今では高齢者のインターネット普及率が増加しています。行政などもデジタル化を推進する傾向もあり、高齢者のインターネット利用者は今後ますます増加...