1. ドコモ光ホーム
  2. ドコモ光プロバイダ

OCN for ドコモ光のv6アルファで速度が上がる!速度の秘密とメリット・デメリットまでまとめて解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
「OCN for ドコモ光のv6アルファで速度が上がる!?その秘密を解説」のアイキャッチ

ドコモ光プロバイダとしても人気の高いOCNですが、「OCN for ドコモ光は通信速度が遅い」という口コミを見かけることがあります。

しかし、OCNの「v6アルファ」を利用すれば、大きく通信速度が改善する可能性があるのです。

今回は、v6アルファがどういったサービスなのかをまとめて解説します。
今後ドコモ光を利用したい人はもちろん、すでにドコモ光を利用していて通信速度に不満がある方も参考にしてください。

OCN for ドコモ光の「v6アルファ」とは

OCN for ドコモ光の「v6アルファ」について解説

OCN for ドコモ光が採用しているv6アルファは、インターネット接続サービスの中でも高速な通信方式のひとつです。

道路に例えると、違う道路を拡張して、通りをスムーズにするようなイメージでしょう。

v6アルファを利用することで、快適にインターネットを楽しむことができるようになります。

限界になった「PPPoE方式」

これまでのインターネットの配線方式は「PPPoE方式」が主流でした。

PPPoE方式とは、モデム(回線終端装置)を経由して、電話線でプロバイダと接続してインターネットへつなぐ接続方式です。

PPPoE方式を利用してインターネットに接続する際、コンピューターを識別するために、IPv4(Internet Protocol Version4)と呼ばれるしくみを利用して、IPアドレスを発行します。

IPv4接続では、約43億通りのアドレスを割り振る事が可能でしたが、インターネットを利用する人が急増し、アドレスが枯渇してきたのです。

また、PPPoE方式は、電話回線を利用するのが前提の配線方式だったため、通信量が混雑すると極端に通信速度が遅くなるデメリットもありました。

このままではインターネットを快適に利用できなくなるため、新たに登場したのが「IPoE方式」です。

次世代通信規格の「IPoE方式」の登場

「IPoE方式」は、PPPoE方式の通信速度を改善し、枯渇しつつあるIPv4の代わりにできた次世代通信規格です。

「IP over Ethernet」の略語で、電話回線の利用前提としたPPPoE方式と違い、「イーサネット(Ethernet)」を使ってIPパケットを伝送する事を前提としています。

PPPoE方式はの回線速度が最大200Mbpsだったのに対し、IPoE方式は最大100Gbpsで、通過できるデータ容量も大きく混雑がおきにくいのが大きな特徴です。

また、IPoE方式ではお互いのコンピューターを認識するためにIPv6(Internet Protocol Version6)を利用しています。

IPv6方式でのIPアドレスの総数は約340澗(1澗は1兆×1兆×1兆)個と言われており、当分は枯渇する心配がありません。

以上のことから、IPoE方式はPPPoE方式に代わる新たな接続方式として注目を集めているのです。

行き来きできない通信をできるようにした「IPv4 over IPv6」

IPv4 over IPv6
参照:OCN公式サイト

実は、IPv4とIPv6上にあるインターネットのデータは、互換性がありません。

つまり、IPv4アドレスでの通信の場合はIPv6上のデータは見れないため、これまでと同じサービスが利用できなくなる可能性が高いのです。

閲覧できるものとできないものがあると、いくら速度が改善されてもユーザー側にストレスを与えてしまいます。

そこで新たに生まれたの技術が「IPv4 over IPv6」です。

IPv4 over IPv6では、基本的な通信を速度が高速なIPv6で行い、その中にIPv4を包含して利用します。

IPv4形式の通信パケットをIPv6形式の通信パケットのように見せることで、IPv6でもIPv4向けのページが見られるようになるのです。

この技術を「カプセル化」と呼びます。

ドコモ光とOCNでは、このIPv4 Over IPv6を採用しているため、「IPv6 IPoE」+「IPv4 over IPv6」で通信速度が速く、どんなデータも閲覧できるようになっているのです。

v6アルファとv6プラスの違いとは?

v6アルファとv6プラスの違いとは?

IPv6と似たようなサービスとして、v6プラスがあります。

名前が違うので、全く異なるサービスのように感じますが、いずれも通信を高速化する技術です。
また、トンネリング技術カプセル化を利用し、同じ技術が使われています。

ただし、提供しているサービス元が違うため、IPv4/IPv6接続判定ツールなどで測定してもお互いでNGが出るケースもあるようです。

技術的には同じでも、サービスに適用しているルーターを使用しないと利用できないため、表向きは別のサービスと言えるでしょう。

OCN v6アルファとv6アルファパッケージの違いは?

OCN v6アルファには、v6アルファv6アルファパッケージの2種類のサービスがあります。

サービス名から想像できる通り、サービス内容は変わりません。
しかし、申し込む回線によって名称が変わります。

■v6アルファパッケージとv6アルファの違い
サービス名 回線 通信内容
OCN
v6アルファ
パッケージ
OCN光
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス
OCN
v6アルファ
OCN光 with フレッツ/OCN for ドコモ光

v6アルファは、OCN for ドコモ光、OCN光 with フレッツで申し込めます。
v6アルファパッケージは、OCN光とv6アルファを一緒にしたサービス名です。

通信方法も変わらないため、どの光回線を契約するかによって適用されるサービスが変わります。

OCN for ドコモ光のv6アルファの3つのメリット

OCN for ドコモ光のv6アルファのメリット3つ

OCN for ドコモ光のv6アルファは通信速度が速くなるだけでなく、他にもいろいろなメリットがあります。

そこで、OCN for ドコモ光のv6アルファのメリットをまとめてみました。

通信速度が速くなる

ここまで解説してきたとおり、OCN v6アルファではIPoE方式の採用しているため、通信速度がかなり向上しています。

IPoEによる通信速度の向上、また回線の混雑具合に応じて接続を自動選択するため、通信速度かつIPv4とIPv6の垣根を超える事のできる、いいとこ取りな通信技術です。

OCN開通とことんサポートが初回無料

OCN開通とことんサポートが初回無料

「インターネット通信が高速になるのは分かったけど、設定が難しそう…」と思っている方もいるかもしれません。

そんな時に便利なのが、OCN開通とことんサポートです。

OCN開通とことんサポートでは、作業員が家に直接来て設定のサポートをしてくれるため、通信機器の接続などが苦手な人にはうれしいサービスと言えるでしょう。

サポートの範囲も非常に広く、インターネットの接続設定はもちろん、無線LANアクセスポイントの設定や家庭用複合プリンターの印刷設定、IPoE接続設定やセキュリティ設定まで全てサポートしてくれます。

OCN開通とことんサポートを利用する際は、サービス内容に応じて1,500円から8,000円がかかりますが、初回利用に限り全て無料で利用できるのです。

設定などに自信がない方でも、お得に安全にインターネットをはじめられるサービスと言えるでしょう。

OCN v6アルファのアプリで各状況を一括管理

OCN v6アルファのアプリで各状況を一括管理できる

OCN for ドコモ光のv6アルファ専用のアプリを使えば、スマートフォンで通信情報などをまとめて確認できる手軽さもメリットでしょう。

■アプリで確認できる項目

  • インターネット接続機器の確認(IoT機器、モバイル端末を含む)
  • インターネットセキュリティ状況の確認
  • インターネット通信量

様々な状況をスマートフォンで確認できるようになり、何かアクシデントが発生した場合でもお知らせなどが届き原因究明に役立ちます。

なお、アプリを利用するには、以下の動作環境が必要です。

■v6アルファアプリの動作環境
Android版 Ver.5.0以降
iOS版 11以降

利用するスマートフォンの動作環境に適しているか、あらかじめ確認しておきましょう。

OCN for ドコモ光のv6アルファのデメリットまとめ

OCN for ドコモ光のv6アルファのデメリットまとめ

技術的にはメリットだらけのv6アルファですが、気をつけなければならない点もいくつかあります。

デメリットもしっかり把握しておきましょう。

最低利用期間があり、解約した場合違約金も

OCN for ドコモ光のv6アルファには、2年間の最低利用期間が設定されています。

期間中に光回線のサービスを解約してしまうと、以下のような違約金が発生します。

  • v6アルファ最低利用期間の違約金8,000円
  • 別途で光回線解約の違約金11,000円

光回線の違約金だけではなく、v6アルファの違約金も発生するため違約金がかなり高額になります。

引っ越しなどでやむを得ず解約しなければいけないとき以外は、なるべく2年間使い続けた方がお得です。

どうしても解約しなければいけない場合は、他社回線のキャッシュバックキャンペーンなどを利用して負担を減らしましょう。

ドコモ光以外は専用ルーターのレンタルが有料

OCNforドコモ光では、契約時に送られてくる専用ルーターを無料でレンタルできます。

しかし、OCN光とOCN光withフレッツでv6アルファを申し込むと月額500円のルーターレンタル料金が必要です。

v6アルファを利用したい方で、OCN光とOCN光withフレッツで申し込まなければいけない場合以外は、OCNforドコモ光で申し込んだ方がお得だと言えるでしょう。

ネットワークスキルがないと使えないサービスもある

一部ではありますが、オンラインゲームを楽しみたいときに、簡単に利用できない・または利用自体ができないことがあります。

とくに、特定のポートを使う場合、開放がかなり難しいケースもあるため、ネットに強い方でなければ利用が難しい可能性が高いです。

ポートとは、機器との接続番号を指します。
ドアで例えて言うと、あるデータがPCに送られてくる際に「これは〇〇番のドアを通ってPCにデータを送信します。」というように「サービスへの通行口の番号」が割り振られているのです。

IPアドレスと似ていますが、IPアドレスはインターネットに接続されたコンピュータを特定するための識別番号で、ポートはIPアドレスが割り振られたPCが利用するサービス(プリンターやアプリなど)を特定できるものだと考えていいでしょう。

例えば、特定のポートが必要なサービスの場合、自分でこのポートを設定(開放)しなければなりません。

あまりネットに強くない方だと、すぐには扱えないネットワークスキルなため、v6アルファの機能を最大限まで活かしきれない可能性があるでしょう。

固定IPが使えない

ポートと似ていますが、固定のIPアドレスが使えないのも、人によっては大きなデメリットの1つでしょう。

固定IPとは、何度インターネットに接続してもプロバイダから同じIPアドレスが発行されるしくみのことです。

一般的に使われているのは動的IPアドレスで、パソコンを再起動したりすると、IPアドレスが別のものに変わります。

動的IPアドレスのメリットは、機器の管理が簡単な上、必要な時にのみIPアドレスを割り当てるため、数に限りがあるIPアドレスを有効に利用できる点です。

ところが、動的IPアドレスだと利用できないサービスがいくつかあります。

例えば、リモートでPCを操作したり、Webカメラを利用してモニタリングをしたいとき、自宅サーバーなどを立ち上げる場合などは、固定IPが必要になってきます。

こういったサービスを利用したい場合、v6アルファでは基本的に利用不可なため、別の回線を利用するしかないでしょう。

v6アルファは既存ユーザーも申し込み可!

v6アルファは既存ユーザーも申し込みできる

OCNforドコモ光のv6アルファは、新規ユーザーはもちろん、すでに利用しているユーザーもあとから申し込めます。

この手のサービスは、新規ユーザーのみ受け付けている場合も少なくないため、既存のユーザーも利用できるのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、OCNforドコモ光を新規で申し込んだほうが、様々な特典を受け取れるためお得です。

■OCN for ドコモ光キャンペーン詳細
キャッシュバック 20,000円(ドコモユーザー限定)
特典
  • 工事費実質無料
  • dポイント最大5,000円分(ドコモユーザー限定)
  • IPoE対応無線LANルーターが無料
  • ホームネットセキュリティが12カ月間無料
  • OCN開通とことんサポートが初回無料
  • 総合セキュリティーサービスが12カ月間無料
受取時期 開通した月から3〜4ヶ月

OCN for ドコモ光のキャンペーンでは、ドコモ光の申し込みだけで20,000円のキャッシュバックが受け取れます。

さらに、IPoEに対応した高性能ルーターのレンタルが永年無料で利用できたり、セキュリティサービスが12ヶ月無料になるなど、お得なオプションサービスも多いのが特徴です。

ドコモユーザーの方で、ドコモ光のプロバイダはOCNを利用する予定の方が申し込むなら、ほぼ一択であると言えるでしょう。

なお、v6アルファの申し込みも希望する方は、申し込み後に届くOCN for ドコモ光の案内到着後に別途申請が必要です。
自動的に適用されるわけではないので、v6アルファの申し込みを考えている方は、手続きを忘れないようにしましょう。

OCNforドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント2,000pt
  • キャンペーン期間:2020/10/1~2020/10/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,400円
  • マンションタイプ月額料金:4,200円

申し込みページ: 【NTTコミュニケーションズ公式】OCN forドコモ光キャンペーン

まとめ

OCN forドコモ光のv6アルファまとめ

OCN forドコモ光に申し込む際は、v6アルファを利用したほうが、さらに快適にインターネットを楽しめる可能性がとお分かりいただけたと思います。

今よりもさらに快適なインターネットライフを獲得したい方は、v6アルファの導入も検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
OCN for ドコモ光は損!?メリット・評判・特殊なルーターを徹底分析 OCNはNTTコミュニケーションズが提供する大手プロバイダであり、高い人気を誇ります。ドコモ光ではOCN for ドコモ光として提供しており、お得なキャンペーンをはじめ、高速通信を...
ドコモ光 for OCNでお引越し|手続き方法とお得になる裏ワザとは ドコモ光 for OCNの引越し手続きについて解説しています。ドコモ光のプロバイダをOCNで利用しているとき、似た名前のサービスが多く、どう手続きを進めるべきか迷う方も少なくあり...
ドコモ光 for OCNでお引越し|手続き方法とお得になる裏ワザとは ドコモ光 for OCNの引越し手続きについて解説しています。ドコモ光のプロバイダをOCNで利用しているとき、似た名前のサービスが多く、どう手続きを進めるべきか迷う方も少なくあり...
ドコモ光で速度が速いプロバイダはどれ?おすすめプロバイダを徹底解説 ドコモ光では30近くのプロバイダから選ぶことができます。ただ速度などは違ってくるので注意。特にIPv6対応や、高スペックなWi-Fiルーターが使えるプロバイダがおススメ。このペー...
ドコモ光のプロバイダ変更はミスると危険!注意点や安全な方法を解説 ドコモ光は契約後、プロバイダのみ変更することができます。変更の方法は電話またはドコモショップで手続きすれば問題ありません。しかし、変更の際に事務手数料が必要であったり...