auひかり乗り換えガイド> auひかりのオプション>固定IPアドレス

固定IPアドレスは必要?デメリットや料金について徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

「外出先から家のWebカメラの映像をチェックする。」
「家のパソコンを会社から操作する。」
「本社の共有フォルダをどの支店からでも使えるようにする。」
「外付けハードディスクに保存したデータをスマホで見る。」

固定IPアドレスにすることで、こうした便利な機能が的簡単に使えるようになります。 でも、初めて固定IPアドレスを調べている方は難しく感じてしまいますよね。

そこで今回は固定IPアドレスの基本と、メリット・デメリットを詳しく解説し、光回線毎の固定IPアドレスの利用料金も解説します。 これから固定IPアドレスに挑戦するか悩んでいる方なぜひ参考にしてください。

そもそもIPアドレスってなに?

固定IPアドレスの解説をする前に、そもそもIPアドレスとはどういうものなのかおさらいしましょう。

IPアドレスとは、よく「インターネット上の住所」と言われます。 住所がわからないと手紙や宅配便が届けられないのと同じように、IPアドレスがわからないとインターネット上の情報を見ることができないのです。

このIPアドレスは、プロバイダが契約者一人ひとりに割り振りをしてくれます。auひかりもフレッツ光も、プロバイダを選ぶのはこのためですね。

そして動的IPアドレスはネットに接続し直す(ルーターをOFF/ONする)度に異なるIPアドレスが割り振られ、固定(静的)IPアドレスは常に同じIPアドレスが割り振られます。

なお、個人向けのインターネット接続サービスでは、一般的に動的IPアドレスが利用されます。 動的IPアドレスは、新たに接続してきた人に空いているIPアドレスを割り振るので、プロバイダ側の管理が楽だからです。
逆に固定IPアドレスは、常に同じIPアドレスを割り振る必要があります。プロバイダとしては、固定IPアドレスを使いたい人に個別設定を施す必要があるので、高額な追加料金がかかります。

↑目次へ戻る

固定IPアドレスのメリットとデメリット

ここからは固定IPアドレスを利用することのメリットとデメリットを解説します。

固定IPアドレスのメリット

固定IPアドレスにすることで、外出先から自宅や会社のパソコンにアクセスできるようになるメリットがあります。
外出先でも自宅や会社にいる時と同じように使えることで、私用でも仕事でも作業効率が一気に上がりますね!

もう少し詳しく見ていきましょう。

VPN接続で会社のファイルに安全にアクセス

VPNとはVirtual Private Networkの略で、仮想専用回線と訳され、離れた場所にあるパソコンやサーバーへ安全に接続するための技術です。
例えば会社勤めの方は社内の共有フォルダを使ってデータのやり取りをしたことがあると思います。東京本社で作ったエクセルデータを、大阪の支社で開くといったことができますよね。

付け加えて、社内のどのパソコンでも自分のID/パスワードでログインできるように設定されているはずです。
こうした使い方ができるのは、社内のパソコンが全てVPN接続で本社のサーバーに接続されているからです。

リモートデスクトップやNASへ簡単に接続できる

固定IPアドレスを利用すると、外出先や会社から自宅のパソコンを操作したり、NAS(ネットワークハードディスク)に保存したデータに外部から取り出したりできます。
送信し忘れたメールを送ったり、作り途中で保存し忘れた資料を取り出したりと何かと便利です。

Webカメラで外から自宅の状況を確認できる

防犯カメラの代わりや家にいるペットの様子を見るなど、Webカメラを設置したい方は固定IPアドレスにしておく方が無難です。

動的IPアドレスでは、自宅が突然停電した場合など、IPアドレスが変わると外からWebカメラの映像が見られなくなります。また外出中にカメラを使えるようにするには、新しいIPアドレスで設定し直しが必要です。
一方、固定IPアドレスなら何が起こっても自宅のIPアドレスが変わることがありません。停電などの不足の事態が起こっても、電力が復旧すればそれまで通り使えます。

自宅PCからWebサイトを公開

Web関係の仕事をしている方や、ネットワークを勉強している方など、自宅のPCをウェブサーバーとして利用したい方は固定IPアドレスが必須です。
特にWebサイトを公開したい場合、再起動のたびにIPアドレスが変わってしまうと運営に支障が出ます。

レンタルサーバーを借りる方法もありますが、共有サーバーはスペック不足。自分専用サーバーをレンタルすると固定IPの費用以上のコストが必要ですよね。

Web上のサービスを安全に利用できる

固定IPアドレスを利用することで、一部のWebサービスを利用する時の安全性が向上します。
例えば楽天銀行では、インターネットバンキングを利用するIPアドレスを指定し、他のIPアドレスからは利用できなくするサービスを提供しています。

これを使えば、第三者が不正に引き出したり振り込んだりできなくなります。
IPアドレスによるアクセス制限に対応してくれるかはサービス提供者次第ですが、銀行や証券会社などが対応していたらぜひ利用したいですよね。

IoT機器が外から操作可能

外出中に中身のチェックできる冷蔵庫や外からスマホで操作できるエアコン、スマホで開け閉めできる玄関の鍵など、最近様々なIoT(アイオーティー)機器が増えてきました。 今後もIoT機器はどんどん増えていくでしょう。

固定IPアドレスを利用すると、これらのIoT機器を外出先から操作する設定が簡単になります。 また、IPアドレスが変わって操作不能になるトラブルも無くなります。

固定IPアドレスのデメリット

続いて固定IPアドレスを利用することのデメリットを解説します。

固定IPアドレスは別料金

固定IPアドレスは、一部のプロバイダのオプションとして提供されています。オプション料金はプロバイダ毎に独自に設定され、例えばOCNなら月額9,800円かかります。
各サービスのプロバイダ毎の料金は後ほどまとめて掲載しますので、固定IPを使う際の参考にしてください。

パソコンへの不正アクセスに注意

IPアドレスを固定するデメリットの2つ目は、パソコンへの不正アクセスがあった場合に逃げにくいという点です。
最初に解説しましたが、IPアドレスはネット上の住所です。ハッカーなどの不正アクセスも、このIPアドレスを利用してパソコンを特定しています。

つまり、固定IPアドレスでは、万が一不正アクセスがあった時、IPアドレスを即座に変えて逃げることができないのです。
もちろんプロバイダに連絡すればIPアドレスを変更してくれますが、手続きに時間がかかってしまいます。

一個人のパソコンが狙われることはそうそうありませんが、固定IPアドレスを利用するなら覚えておいた方がいいでしょう。

↑目次へ戻る

固定IPアドレスの取得方法と費用

固定IPアドレスの取得方法は、今利用している光回線によって異なります。

※auひかりの個人契約は動的IPアドレスのみですが、ホームゲートウェイの交換など一部の条件でしかIPアドレスが変更されません。

フレッツ光は固定IPアドレスを提供しているプロバイダと契約し、オプションとして固定IPアドレスを申し込む必要があります。
法人のみ対応のプロバイダもありますし、月額料金もプロバイダ毎に様々です。

プロバイダが提供するメールアドレスを利用中の場合、プロバイダを変更することは難しいでしょう。 逆に、これから光を導入する方は固定IPアドレスの料金も加味してプロバイダを選べます。

ただし、個人や小規模ビジネスならフレッツ光よりauひかりを導入する方が無難です。
詳しくは後述しますが、auひかりは個人契約でもIPアドレスがほとんど固定されるからです。

フレッツのプロバイダ毎の固定IPアドレス利用料金

フレッツ光で固定IPアドレス利用料はプロバイダ毎に異なります。そこで主要なプロバイダの固定IPアドレス利用料をまとめました。

【戸建て(NTT東日本)】月額料金
フレッツ光プロバイダ固定IPアドレス合計
OCN5,000円1,100円9,800円15,900円
ぷらら>1,000円4,500円10,500円
So-net>1,000円1,200円7,200円
BIGLOBE>1,000円3,500円9,500円
@nifty>1,000円3,500円8,650円

【マンション VDSLプラン2(NTT東日本)】月額料金
フレッツ光プロバイダ固定IPアドレス合計
OCN3,250円810円6,800円10,860円
ぷらら>600円4,000円7,850円
So-net>900円1,200円5,350円
BIGLOBE>900円3,500円7,650円
@nifty>950円2,650円6,850円

こうして比較すると、固定IPアドレスを利用する場合はSo-netを選択するのが一番安くなることがわかります。

関連記事
auひかりプロバイダのキャンペーンや速度の違い

auひかりで割り当てられるIPアドレスは固定?

KDDIの公開しているサービス内容では、auひかりの個人向けサービスは動的IPアドレスで割り振られることになっています。

ただ、実際に使用するとホームゲートウェイ(レンタルするルーター)を交換したり、長期的に電源を切っておいたりしない限りIPアドレスが変わることはまずありません。
つまり、擬似的に固定IPアドレスとして使うことができるのです。

auひかりのデメリット|固定IPアドレスによるデメリットとは?

【auひかりの利用料金】
auひかり
プロバイダ料込
固定IPアドレス合計
戸建て5,100円-5,100円
マンション3,800円-3,800円

auひかりの利用料金とフレッツ光で固定IPアドレスを利用した月額料金と比較すると、auひかりの方が1,550円〜2,100円安く使えることがわかります。

ごくまれにIPアドレスが変更され、再設定の手間がかかるデメリットがありますが、自宅や個人事業など、小規模な使い方ならauひかりがかなり低コストで使えるということです。

ちなみにauひかりの法人契約では、初期状態で固定IPアドレスが提供されています。

完全な固定IPアドレスが使えますが、あくまで法人契約なので個人での利用はできません。
料金はフレッツ光+So-net+電話と同額の利用料金で1固定IPアドレスが割り振られ、電話が3ch同時利用できます。

【auひかりとフレッツ光で電話を3回線設置する場合】
auひかり(3ch)フレッツ光
(個人向け+3ch)
フレッツ光
(法人向け+3ch)
基本料金7,700円5,100円41,100円
プロバイダ1,000円1,200円
電話料金1,100円3,300円
固定IPアドレス1,200円2,100円
月額合計7,700円8,400円47,700円

つまり、法人の方で複数電話を設置する場合は、フレッツ光を利用するより低コストで運用できるということです。

詳しいインターネット料金に関してはauひかりの料金も参考にしてください。

↑目次へ戻る

マイIPを利用すれば強制的に固定IPにできる

もし、今使っている光回線やプロバイダが変更できず、さらに固定IPにも対応していない場合は「マイIP」を利用することで解決できます。
マイIPを契約すると、どんな通信環境でも一度マイIPのサーバーを経由してインターネットに接続します。

【マイIPの接続イメージ】
マイIP
画像出典:マイIP

このマイIPのサーバーが固定IPを持っているので、家のパソコンであっても全て固定IPアドレスで通信できるのです。
ただし、マイIPのサーバーを経由する人が多い時間は、速度が大幅に低下することがあります。

1Gbps以上の光回線を契約していても、実測5Mbps程度に落ちてしまうので、通信速度には期待しないほうがいいですね。
一時的に固定IPアドレスでの通信を使いたい場合や、ポケットWi-Fiなどで固定IPアドレスが利用したい時の最終手段と考えた方がいいでしょう。

どこでも固定IPアドレスが使える「マイIP」

↑目次へ戻る

VPNを使うのに固定IPアドレスは必要なのか?

法人や個人事業主の方で固定IPアドレスを検討している方の多くは、VPNの利用が目的でしょう。
VPNを利用すると、遠く離れた場所のパソコン内のファイルも自分のパソコンやスマホの中にあるのと同じように開いたり編集したりできるので便利ですよね。

固定IPアドレスならVPN環境の構築も楽ですし、何より運用中にIPアドレスが変更されて接続できないといったトラブルも発生しません。 そうした意味ではVPNを利用するなら固定IPアドレスにするべきでしょう。

しかし、必ず固定IPアドレスでないといけないという訳ではありません。
動的IPアドレスでもVPNを利用する方法として、次の2つがあります。

どちらでも動的IPアドレスでVPNが利用できますが、IPsecはかなり専門知識が必要です。
ネットワーク知識をかなり覚えないと理解するのが難しいので、今回はダイナミックDNSに絞って解説していきましょう。

ダイナミックDNS(DDNS)とは?

ダイナミックDNS(DDNS)は、固定のホスト名(URLのようなもの)を使って、IPアドレスが変更されても接続してくれるサービスです。

例えば、あらかじめ家のパソコンに「home-example.com」というホスト名でアクセスできるように設定しておくことで、IPアドレスが変わっても「home-example.com」を使って家のパソコンに接続できます。

ダイナミックDNS

一時期はダイナミックDNSサービスを提供するieServerやMyDNSなどが利用されていました。しかし、IPアドレスが変わったらダイナミックDNSの情報も書き換える必要があるなど、何かと手間でした。

最近ではIO-DATABuffaloといったメジャーなWi-FiルーターメーカーがダイナミックDNSサービスを展開しています。
両社の製品を利用すれば、設定もマニュアル通り進めるだけで、ダイナミックDNSのIPアドレスも自動更新で手間いらずです。

さらに、IO-DATAやBuffaloのWi-FiルーターではVPN接続の設定もできるようになっている製品が増えています。
ネットワークの知識がなくても、マニュアル通り進めるだけでVPNが使えるようになります。

↑目次へ戻る

固定IPアドレスを使うならauひかり+IO DATAのWi-Fiルーターが最強

ここまで固定IPアドレスのメリット・デメリットと固定IPアドレスの取得方法・料金を解説しました。

固定IPアドレスを利用することで、家や会社にいなくてもパソコンやWebカメラなど多くの機器が使えるようになります。 利用料金を考えると、auひかりを契約するのが一番安いと言えるでしょう。

auひかりは様々なキャンペーンが展開されています。 これから乗り換える方はauひかりのキャンペーンで高額キャッシュバックを貰うコツも参考にしてください。

また、各機器の設定やauひかりのIPアドレスが変更された時に困らないよう、IO-DATAのWi-Fiルーターを使うのがお勧めです。

固定IPアドレスを上手に活用すると今よりもっと生活が便利になります。 難しく感じてまだ使ったことがない方も、ぜひ挑戦してみてください。

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
So-netのキャンペーン
キャンペーン内容を徹底解説・auひかり対応プロバイダではキャッシュバック最高額!So-netのキャンペーンは本当にお得なのか?
auひかりのデメリット
auひかりの営業マンでも知らない8つのデメリット|固定IPアドレスやTVサービスの決定など決定をすべて解説
auひかり申し込みから開通まで
auひかりの申し込みから開通までの流れ|申し込み先の決め方や工事などを解説
ずっとギガ得
auひかりは3年契約の方がお得?ずっとギガ得プランを徹底解説!
ホームタイプではどの料金プランを選ぶべきか?
auひかりプロバイダキャンペーン比較
auひかりに対応した7つのプロバイダのキャンペーンを比較!分かりやすく一覧にまとめてみました