auひかり乗り換えガイド> auひかりのオプション>auひかり電話のオプション

自宅の電話をより便利に!auひかり電話のオプションサービスや料金を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりでは、インターネットと合わせて電話サービスを申し込むこともできます。
auひかり 電話サービスは通話料金が安く、手持ちの電話機や電話番号を使いまわして手軽に利用開始できるのがメリットです。合わせて適用できるオプションは、オプションパックの適用で料金を割引にできます。

この記事では、auひかり 電話サービスにおける各種オプションサービスの内容や料金を詳しく解説します。自宅の通話料金を抑えつつ便利に使いたい方は、参考にしてみてください。

auひかり電話についてはこちら
auひかり電話|番号引継ぎとスマホセット割

auひかり 電話サービスは、オプションの契約で機能を追加できる

auひかり 電話サービスはそのままだと電話ができるのみですが、「電話オプション」を別途契約することで機能を追加し、より便利に使えるようになります。
提供されているオプションの内容を、それぞれチェックしましょう。

通話中に電話がかかってきても、割込電話や割込番号表示で対応できる

誰かと電話しているときに他の相手から電話がかかってきても、「割込電話」を契約していれば先にしていた通話を保留にしておきながら電話に出られます。
通話中に知人や会社などから重要な電話がかかってきてもかけ直さずに要件を聞けるので、普段誰かと電話をする機会が多い人には役立つでしょう。

また「割込番号表示オプション」を契約していれば、後からかかってきた電話番号がわかります。
番号がわかれば迷惑電話や知らない番号だったら無視できるので、「割込電話」を契約する際は合わせて「割込番号表示オプション」も契約すると良いでしょう。

発信番号表示・番号通知リクエストは相手の番号がわかる

相手の電話番号がわかれば、迷惑電話やネット回線などへの勧誘の電話がかかってきてもひと目で分かるため、わざわざ出て無駄な時間を使わずに済みます。

「発信番号表示」は相手の電話番号が電話機の画面に表示されるサービスで、「番号通知リクエスト」は相手に186を付けて電話番号がわかる状態でかけ直すようアナウンスを流してくれます。

以上2つのサービスを利用するには利用する電話機が番号表示に対応している必要があるので、対応する電話機を持っていない場合は購入してから契約しましょう。

外出中にかかってきた電話には、着信転送で出られる

自宅の電話機に電話がかかってきても、留守だと出られません。
しかし「着信転送」を契約していれば設定した電話番号に電話を転送できるため、外出先でも携帯電話などで自宅にかかってきた電話に出られます。

以上3種類の転送方法を選べるので、必要に応じて選択しましょう。

ちなみに自宅の電話機から転送先へは別途通話料金がかかりますが、転送先の電話番号が通話中だったり電話に出られなかったりした場合は料金が発生しません。

便利な迷惑電話関連オプション

固定電話に何度も迷惑電話がかかってくると、ストレスが溜まるでしょう。
auひかり 電話サービスでは、「迷惑電話撃退」と「迷惑電話発着信ブロック」で迷惑電話を対策できます。

「迷惑電話撃退」は事前に拒否したい電話番号を登録しておくことで、音声ガイダンスにより迷惑電話を拒否できます。

「迷惑電話発着信ブロック」は、迷惑電話をかけてくる番号をリスト化して制限できる機能です。個別に設定できるので、何度も迷惑電話をかけてくる相手はブロックしてしまいましょう。

なお「迷惑電話撃退」はとくに機器の制限なく契約できますが、「迷惑電話発着信ブロック」はauひかりホームを契約していて設置しているホームゲートウェイが「BL1000HW」の場合にのみ契約できます。

050番号サービスで同サービス利用者同士の通話は無料

050から始まる「KDDI-IP電話」の専用番号を使って通話する「050番号サービス」を利用すれば、同じ050番号サービスや提携しているIP電話サービスに加入している人同士の通話料金は無料になります。

auひかりの050番号サービス以外に、下記のような提携サービスがあります。

事前に対応している提携サービスを確認し、周りの人が使っていたら活用してみてはどうでしょうか。

例えば離れて暮らす家族もauひかりを契約している場合に050番号サービスを契約していれば、お互い長電話をしても通話料金が別途かからずに済みます。

「スマホで固定電話」で、スマホを子機にできる

専用アプリ「スマホで固定電話」をインストールして設定したスマートフォンを、固定電話の子機として使えます。

最大5台まで対応で、月額料金はかかりません。わざわざ電話機の前に歩いていかなくても済むようになるので、手持ちのスマートフォンで活用してみてはいかがでしょうか。

ただし、対応するのはauひかりを戸建住宅で契約していて、ホームゲートウェイが「BL1000HW」の場合のみです。

目次へ戻る↑

auひかり電話サービス、各種オプションの利用料金は?

続いて、auひかり 電話サービスの各種オプションにおける利用料金やお得な電話オプションパックを解説します。

auひかり自体の月額料金については【auひかりの料金を徹底解説】プランによっては解約金が発生!?で解説しています。

電話オプションパックの適用で、オプション料金は割安になる

auひかり 電話サービスのオプションパックは、以下の条件に従って適用されることを覚えておきましょう。

オプションの合計金額に応じて自動で適用されるので、料金が割高になることはありません。

auひかり 電話サービス・各種オプションの通常月額料金

auひかり 電話サービスにはたくさんの有料通話オプションがありますが、電話オプションパックとしてオプションをお得に適用できます。
月額500円(税抜)の電話オプションパックに含まれるオプションとそれぞれの通常月額料金は、以下のとおりです。

月額690円(税抜)の電話オプションパックEXでは、さらに以下のオプションも含まれます。 最後に、どちらの電話オプションパックにも含まれず個別の契約が必要なのは以下のオプションです。

例えば「割込電話」と「発信番号表示」を契約すれば合計700円なので、電話オプションパックEXが自動的に設定されます。
「割込電話」と「割込番号表示」なら合計400円なので、電話オプションパックは適用されません。

auひかりスタートサポートで最大30,000円の還元も受けられる!

auひかり 電話サービスとオプション、さらにauひかりのインターネットサービスを合わせて契約すれば、「auひかりスタートサポート」を適用できます。

auひかりスタートサポートは、他社の回線を解約するのにかかった費用最大30,000円までを負担してもらえます。他社からauひかりに乗り換えるなら、適用して割引を受けたいところでしょう。

郵便為替かau WALLETのプリペイドカードへのチャージで還元され、管弦楽を超えた分は月額割引として適用されます。

解約金を取り戻そう!auひかり乗り換えサポート還元の条件と注意点

詳しい適用条件は、以下のとおりです。

他社から乗り換えていない場合はauひかりスタートサポートを適用できないので、注意しましょう。

参考までに、集合住宅の電話サービスと電話オプションパックの合計金額は1,000円(税抜)で、24ヶ月間契約を続けると総額24,000円(税抜)です。

auスマートバリュー適用や他社の解約金額によっては電話サービスやオプションの利用料金のほうが高額になってしまうことも考えられるので、電話サービスを一切使う予定がない方はじっくり検討しましょう。

その他キャンペーンについてはauひかり高額キャッシュバックのコツをご覧ください。

まとめ
auひかり 電話サービスではオプションを契約することで、発信番号の表示や迷惑電話のブロックなど各種機能をお得に追加できます。

オプションは個別に契約するよりも、電話オプションパックでまとめて契約するのがお得です。2つ以上のオプションを契約して料金が規定の金額を超えれば自動で適用されるので、割高になってしまう心配はありません。

なおauスマートバリューやauスタートサポートといった割引・キャンペーンにも、auひかり 電話サービスのセット契約が必須です。

キャンペーンを利用したい方も、auひかり 電話サービスのセット契約を検討してみてはいかがでしょうか。


目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりプロバイダキャンペーン比較
auひかりに対応した7つのプロバイダのキャンペーンを比較!分かりやすく一覧にまとめてみました
賃貸でauひかり
賃貸・借家でauひかりを導入するにはどうすればいい?大家さんに許可を貰うコツ
違約金無しでauひかりに乗り換える方法
高い違約金は払いたくない!違約金負担無しでauひかりに乗り換えるには?
WiMAXのキャンペーン比較
【WiMAXキャンペーン比較】回線速度はどれも全く同じ!月額料金とキャッシュバックキャンペーンで選ぶのがポイント
auひかりの工事費
auひかりの工事費と実質無料のカラクリを解説!初期工事費は無料にできる?