auひかりプロバイダの変更方法とデメリット|プロバイダ選びは慎重に

auひかりプロバイダ変更

auひかりは7つのプロバイダに対応しており、申し込む際には必ずこの7つの中からプロバイダを選ぶ必要があります。

しかし、auひかりのプロバイダは一度決めてしまうと基本的に変更はできません。

この記事では、auひかりプロバイダの変更について解説します。

すぐにauひかりのお勧めプロバイダを知りたい方はコチラ

フレッツ光では簡単にプロバイダ変更できた!

フレッツ光のプロバイダ変更

フレッツ光はNTTが提供しているサービスですが、300社以上のプロバイダに対応しており、 好きなプロバイダでインターネット接続ができます。

また、回線事業者であるNTTとプロバイダの契約が完全に分かれています。 そのため、料金の請求も同じインターネットの料金に関わらず、NTTとプロバイダとで別々に支払う必要がありました。

例えばプロバイダをYahoo!BBでフレッツ光を使った場合、以下のように請求が分かれます。

Yahoo!BB width フレッツ光 戸建てタイプ
Yahoo!BBから月額1,320円請求
NTTから月額6,270円請求

このようにインターネットの料金だけで2つの会社から請求が来ます。

しかし、フレッツ光ではこのように契約方法が複雑で面倒ではありますが、 プロバイダの変更が安易に出来るメリットもあります。

サービスが悪い、回線速度が遅いなど、プロバイダを変更したい理由はいろいろあると思います。

フレッツ光であれば、プロバイダを変更する際、NTTのルーターで設定を少し変更するだけで、簡単にプロバイダの乗り換えができます。
 プロバイダの変更だけなので、当然工事の必要もありません。

auひかりでプロバイダだけ乗り換える方法

auひかりのプロバイダ変更

実はauひかりに限らず、フレッツ光以外の回線ではプロバイダを簡単に変更することはできません。

例えば、eo光やPIKARA、BBIQやMEGA EGGと言った、電力会社が運営している光インターネットの場合、 プロバイダと一体型です。
そのため、プロバイダの選択肢自体ありません。

その他、ソフトバンク光やドコモ光などの光コラボ系はフレッツ光の回線を使ってはいますが、 契約上はプロバイダ一体型なので、こちらもプロバイダの選択肢はないのでプロバイダ変更は不可です。

それではauひかりはどうでしょうか? auひかりの場合、以下の8つのプロバイダに対応しています。

  • So-net
  • BIGLOBE
  • auonenet
  • DTI
  • @nifty
  • ASAHIネット
  • @TCOM
  • GMOとくとくBB

auひかりを契約する際、この7つの中からプロバイダを1つ選ぶ必要があります。 ただ、auひかりの欠点として一度プロバイダを選んでしまうと変更するのが面倒な点です。

どうしてもプロバイダを変更したい場合、一度auひかりを解約し再度申し込みを行う必要があります。
その際、契約期間があるプランで申し込みをしていた場合、当然違約金がかかってしまいます。 工事費も分割で請求が来ているので残金が残っていれば、一気に請求が来ます。

このようにauひかりでプロバイダだけ変更するのは非常に面倒なので、 auひかり申し込み時にきちんと考えてプロバイダを決めましょう。

もし、今現在auひかりを既に使っていてプロバイダを変更したい場合、 いっその事、auひかり自体を乗り換えるのもおすすめです。

auひかり以外のおすすめ回線

auひかりおすすめプロバイダ

auひかりおすすめプロバイダ

auひかりはプロバイダによる月額料金の違いはありません。
So-netのようにキャンペーンでキャッシュバックを受け取らない変わりに、月額料金をさげるプランを用意しているプロバイダも存在しますが、 基本的な料金はすべて一緒です。

それでは回線速度についてはどうでしょうか?
基本的にauひかりの回線速度についてauひかりを運営しているKDDIの設備投資による影響が大きいとされています。 そのため、プロバイダごとであまり大きな違いはありません。

ただ、設備が乏しい小規模なプロバイダだと通信資源に限りがあるため、通信速度を少しだけ制限している場合もあります。
この制限はモバイルWi-Fiやスマホで実施しているような、月間の容量制限とはまた別の制限で、利用者すべてに対して行われているものです。
そのため、プロバイダが変わらない限り通信制限が解除される事はありません。

このような速度制限を設けているプロバイダは極力避けたほうが良いでしょう。

auひかりプロバイダランキング
2021年4月現在のキャンペーン情報

ランク1位
So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額85,784円
    マンション:総額78,120円
  • キャンペーン期間:2021/4/1~2021/4/30
  • 戸建てタイプ月額料金:3,798円
  • マンションタイプ月額料金:2,300円

ソニーグループのプロバイダで通信品質や信頼性に定評があるのが特徴です。 auひかり利用者の実に6割が加入していると言われている、超人気プロバイダでもあります。

So-netの一番大きな特徴として、他のプロバイダで行っているような速度制限を実施していません。 通常のプロバイダでは通信資源に限りがあるため、多少なりとも速度を制限してサービス提供をしています。

しかし、So-netの場合、ソニーグループの強みを生かす事で速度制限無しでサービス提供を行う事が可能となります。 そのため、auひかり対応プロバイダの中でも比較的速度が出やすいと言えるでしょう。

So-net申し込み窓口

auひかりをSo-netで申込む場合、おすすめなのは So-net公式ページ からの申し込みです。

So-net公式ページでは、auひかりの月額料金大幅割引キャンペーンを実施しているため、戸建て…最大85,784円、マンション…最大78,120円もの割引が受けられます。

auひかりキャンペーンの還元額としては、他プロバイダよりお得度は圧倒的に高いので、非常におススメのキャンペーンです。

『割引よりも現金キャッシュバックが欲しい…』という方も多いでしょう。

auひかり×So-netでキャッシュバックを受け取るには、auひかりの代理店経由で申込む方法しかありません。

しかし、代理店で申し込むと、高額キャッシュバックを受け取るために不必要なオプションを付けられてしまい、月額料金が高くなるケースもあります。

そのため、auひかりで最終的に損をするキャンペーンの例でご紹介しているとおり、きちんと信頼度の高い代理店を選ぶことが大切です。

信頼度の高い優良代理店が行っているキャッシュバックキャンペーンについては、auひかりのキャンペーンまとめにて紹介していますがので、気になる方はチェックしてみてください。

ランク2位
auひかりGMOとくとくBB
  • キャンペーン:
    ネットのみ:51,000円キャッシュバック
    ネット+電話:61,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から10,000円減額)
  • 月額料金
    ホーム:5,390~5,610円
    マンション:4,180円

GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が提供する老舗プロバイダです。

フレッツ光やドコモ光といったNTT関連のプロバイダ事業者として有名ですが、近年auひかりのプロバイダとしてもお得なキャンペーンなどで人気を集めています。

GMOとくとくBBが実施するauひかりのキャンペーン特典は、高額なキャッシュバックです。

キャッシュバック金額はネット+電話…61,000円ネットのみ…51,000円という2パターンに分かれているため、申し込み時の状況に合わせて選ぶことができます。

また、キャッシュバックを受取るにあたって有料オプションの強制加入など、面倒な条件も付いていません。

auひかりを販売する代理店などには、高額なキャッシュバックの代わりに複数の条件を設け、最終的に利用者側が損をするようなケースも見られます。

しかし、GMOとくとくBBは安全にキャッシュバックを受けられるので、高額なキャッシュバックキャンペーンを希望する方にとって最適なキャンペーンと言っていいでしょう。

3位 @nifty (ニフティー)
auひかり×Nifty

 

  • キャッシュバック: 最大30,000
  • 戸建てタイプ月額料金:5,3905,610円
  • マンションタイプ月額料金:4,180

 


25年以上の長い歴史を持つ富士通系列のプロバイダがNiftyです。 

安心できるカスタマーサポートに力を入れており、 カスタマーセンターの混雑状況をインターネットで公開していたりしています。 インターネット初心者には特にお勧めのプロバイダです。

また、フレッツ光や@nifty光(※光コラボ)といったNTT関連のサービスと有名ですが、auひかりでもお得なキャンペーンなどを実施しており、隠れた人気を集めています。

Niftyではauひかりのキャンペーンとして、2種類のキャンペーンを実施しています。

  • 現金30,000円キャッシュバック
  • 現金25,000円キャッシュバック+Wi-Fiルーター

他社窓口とは違い、希望に合わせて特典を選べるユニークなキャンペーンを実施中です。

ただ、キャンペーンの総額としては前述した So-net などに比べて、やや見劣りしてしまうかもしれません。

それでもプロバイダとしての信頼度は非常に高いため、Niftyファンにとっては魅力的なキャンペーンになるでしょう。

@nifty auひかり公式ページ
関連記事
auひかりプロバイダ速度ランキング!低速回線に困らない選び方 auひかりプロバイダ速度ランキング!本当に速いプロバイダの選び方 auひかりの提携プロバイダの速度について、ランキング形式で解説しています。インターネットの契約時、どのプロバイダを選ぶべきか悩む方も多いでしょう。選んだプロバイダによっ...
DTI auひかり×DTIは損する!?キャンペーンを他プロバイダと比較した結果 DTIは株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営しており、auひかりの提携プロバイダの1つです。DTIが実施しているauひかりのキャンペーンはキャッシュバックですが、他プ...
GMOとくとくBB auひかり×GMOとくとくBBはヤバい!?キャンペーンや評判を徹底調査 GMOとくとくBBは、ドコモ光などのプロバイダとして有名ですが、auひかりのプロバイダとしても提携しています。KDDIの公式サイトでは紹介されていませんが、キャッシュバックなど豪...
So-net なぜauひかりではSo-netが人気?他のプロバイダとの違いを徹底調査 auひかりユーザーの6割が使っているほど人気が高いプロバイダSo-net。申し込みを迷っている方にSo-netの特徴を分かりやすく解説します。その他、フレッツ光やNURO光などの回線やキ...
So-net公式申込方法 WEB入力フォームを徹底解説!So-net auひかりを公式で申込む際の疑問点 So-net auひかりは代理店でもう申し込みできますが、公式の方がキャンペーン内容がお得です。しかし、申し込みフォームが分かりにくく途中であきらめてしまう方も多いでしょう。So...