1. NURO光
  2. 速度

NURO光10Gは必要?特徴とデメリットをまるごと解説

速度
NURO光10G対応コースについて

NURO光は通常のプランだと最大2Gbpsでの提供ですが、最大10Gbpsのプランも用意されています。

単純計算すると通常のNURO光の5倍、フレッツ光などの他社回線と比較すると10倍の速度で使えるわけです。

今後、4Kや8K対応のデータ放送やストリーミングなどにも幅広く対応することが必要で、将来的には10Gbpsの回線速度が必要な時代がくるかもしれません。

しかし、速度は速くても、LANカードなどの10Gbps対応機器が必要な点や、提供エリアが狭い点など、いま現在ではデメリットのほうが多そうです。

このページではNURO光 10G対応コースについて解説しました。

NURO光の10Gコースは2種類

NURO光10G対応コースは2種類ある

NURO光では、2種類の10Gコースを提供しています。

1つは「NURO光 10G」、もう1つは「NURO光10Gs」です。

どちらも最大10Gbpのサービスということに違いはありませんが、料金や工事費の他に上り(アップロード)の速度に違いがあります。

■NURO光10Gコースの比較
  NURO光 10G NURO光 10Gs
月額料金 6,480円 5,743円
最大速度
下り/上り
10Gbps/2.5Gbps 10Gbps/10Gbps
初期工事費 40,000円 60,000円
契約期間 2年間 3年間
契約解除料 9,500円 20,000円

下り(ダウンロード)の最大速度は、10Gプランでも、10Gsプランでも最大10Gbpsで同じですが、その他の料金や契約期間が異なる点に注目です。

NURO光の10Gプランと10Gsプランの違い

NURO光の10Gと10Gsの違い

「NURO光 10G」「NURO光 10Gs」、2つのプランの違いは技術的な仕様です。

NURO光の10GプランではXG-PONと呼ばれる共有方法が採用されていて、下りの速度としては最大10Gbpsですが、上りに関しては最大2.5Gbpsに制限されてしまいます。

料金的にはNURO光10Gsと比べてNURO光10Gの方が高く、月額6,480円かかります。

しかし初期工事費や契約解除料に関しては通常の2Gコースと同じ料金設定です。

工事費は分割されて実質無料になる▲工事費は分割請求されますが、
同額が月額料金から割り引かれるため、実質無料です。

一方、NURO光の10GsプランではXGS-PONと呼ばれる技術が使われています。
特徴として、上りと下りの両方で最大10Gbpsが利用できる点です。

月額料金は5,743円と割安ですが、工事費や契約解除料が高額ですので注意しましょう。

また、このXGS-PONを利用したサービスには10Gコースとは別に、6Gコースも用意されています。

NURO光の10Gbps/6GbpsNURO光 10Gs/6Gs

工事費や契約解除料は10Gsと全く同じですが、月額料金5,243円で利用可能で、速度も上り下り最大6Gbpsで利用可能です。

「最大10Gbpsも必要ない!」

という人は月額500円程度ですが、料金が安くなるので検討しても良いでしょう。

NURO光の10Gコース|3つのデメリット

NURO光10G対応コース、3つのデメリット

NURO光の10Gプランは、現状、デメリットのほうが多そうそうです。

  • デメリット1 提供エリアが限定的
  • デメリット2 速度を出すには周辺機器が必要 
  • デメリット3 お得なキャンペーンがない

上記の他にも、マンションでの導入が難しい点もデメリットだと言えるかもしれません。

多くの光回線が、現在最大10Gbpsのサービス提供をはじめましたが、マンションタイプに対応している回線は少ないのが現状です。

デメリット1 NURO光の10Gはエリアが限定的

NURO光のエリア

NURO光の10Gコースでは提供エリアが限られています。

通常の2Gコースでも全国展開しておらず、以下のエリアでの提供のみです。

  • 北海道…石狩市、恵庭市、江別市、小樽市、札幌市、千歳市
  • 関東…茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、栃木県
  • 東海…愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西…大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 九州…福岡県、佐賀県の一部

NURO光の10Gコースのエリアはさらに狭く、一部い地域にお住まいの人しか契約することができません。

  • NURO光 10Gの提供エリア

  • 関東…東京都、神奈川県
  • 東海…静岡県
  • 関西…大阪府、兵庫県、奈良県の一部

  • NURO光 10Gs/6Gsの提供エリア

  • 北海道
  • 関東…東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
  • 東海…愛知県、静岡県
  • 関西…大阪府、兵庫県、奈良県
  • 九州…福岡県の一部

また、提供エリアの都道府県にお住まいであっても、市町村単位でさらにエリアが限られるため、必ず利用できるわけではないので注意しましょう。

詳細な提供エリア判定についてはNURO光の公式ページで確認できます。

2Gコースのエリア判定に関しては別記事「NURO光エリア確認ナビ」もご覧ください。

デメリット2 最大10Gbpsを生かすには周辺機器が必要

NURO光10Gコースには専用の機器が必要

最大10Gbpsの回線速度は魅力的で、その高速通信を最大限に生かすには、周辺機器に気を使う必要があります。

現在、多くの光回線が最大1Gbpsの回線速度でサービスを提供しています。

auひかりや、フレッツ光でも10Gコースが始まったばかりで、まだまだ普及しているとは言えません。

そのため、お持ちのパソコンなどの機器は、最大10Gbpsに対応していないことがほとんでしょう。

10Gには特殊なLANカードがいる?

一般的なパソコンに付いているLANポートは1000BASE-Tです。
1000BASE-Tというのは、1Gbpsまで対応していることを意味します。

つまり回線をNURO光の10Gコースにしても、パソコンのLANポートが1000BASE-Tのままだと、あまり意味がありません。

そのためパソコン側も対応せさるためには10Gbpsに対応したLANカードを購入する必要があります。

最大10Gbps対応のLANカード▲最大10Gbps対応のLANカード

安い製品だと10,000円ほどで売っていますが、初期費用とは別に発生する費用です。

また、このLANカードはパソコンを分解して拡張スロットに接続する必要があります。

自作PCに慣れている方なら問題ありませんが、専門知識が必要な作業ですので、初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

注意点として、メーカー製のパソコンによっては拡張スロット自体が付いていない可能性があり、そうなると新しいLANカードそのものが取り付けられません。

LANカードを購入する際、お手持ちのパソコンに拡張スロットがあるか確認するようにしましょう。

とくに、小型のデスクトップPCやノートPCの場合、取り付けできないケースがほとんどです。

NURO光の10G対応LANカード 10G対応LANカードの基礎知識!NURO光やauひかりの10G回線に必須 NURO光の10G回線で十分な速度を出すためには10Gに対応したLANカードも必要になります。未対応のLANポートのままだと実測が1G未満に制限されてしまい、思ったような速度がでないでしょう。このページでは10G対応のLANカードの導入に必要な基礎知識を解説します

複数人で利用するならスイッチングハブも?

今までの2GコースのONUはLANポートがすべて1000BASE-Tで、ローカルネットワーク上の最大速度は1Gbpsでした。

それが、10GコースのONUでは10GBASE-Tが1ポート付いています。
ローカルネットワークでも最大10Gbpsの速度で通信が可能ということです。

しかし、10G対応ポートは1つしか付いていません。
もしも複数のPCで10G対応したい場合、業務用の特殊なハブが必要なわけです。

10G対応のスイッチングハブ▲最大10Gbps対応のスイッチングハブ

この特殊なハブのことを、スイッチングハブと言い、10Gに対応させようとすると安くても3万円近くかかります。

家庭内で使うには、やや高額な初期投資ですのであまりオススメはできません。

デメリット3 10Gコースにはキャンペーンがない

NURO光の通常コースである最大2Gbpsのプランであれば、お得なキャンペーンを実施しています。

別記事「【厳選】NURO光キャンペーン比較!」の中で詳しく紹介していますが、もっとも人気があるキャンペーンは、NURO光を運営するSo-netが公式で行っているキャンペーンです。

有料オプションなどの加入条件は一切なく、ネットの申し込みのみで、45,000円のキャッシュバックが適用されます。

しかしNURO光の10Gコースは、このようなお得なキャンペーンを実施していません。

  • NURO光 10Gsプランの割引
    月額料金初月無料
    開通2ヶ月目~3ヶ月目は500円
  • NURO光 10Gプランの割引
    月額料金初月無料
    開通2ヶ月目~12ヶ月目は3,980円

上記のように多少の割引はしてくれるようですが、通常の2Gコースと比べてみると、あまり魅力的とは言えないでしょう。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン:45,000円キャッシュバック
  • 月額料金:4,743円
    ※戸建て、マンションミニ共通

【補足】NURO光の10Gsは光電話が使えない

ここまで、NURO光の10Gコースである「NURO光 10G」と「NURO光 10Gs」の共通のデメリットについて解説しました。

細くとして、10Gでは光電話をオプションとして付けられるのですが、10Gsのほうは光電話の利用ができないというデメリットがあります。

現在では、固定電話なしでスマホのみで生活している人も多く、あまり困ることはないかもしれませんが、NURO光は光電話を契約することで、ソフトバンクスマホとのセット割が可能です。

つまり10Gsのほうだと「おうち割」が適用されませんので注意しましょう。

NURO光電話 何も特徴のないNURO光電話|スマホセット割のためだけに契約はあり? NUROの光電話は他社と比べても特徴がない普通の電話サービスです。しかしスマホセット割には申込が必須です。このページではセット割の条件や電話番号をNURO光で継続する方法などを詳しく解説します 2019-10-09

NURO光10Gコースの実際の速度は?

ネット上でNURO光10Gコースを実際に使っている人の実測を調べてみました。

概ね、500Mbpsを超え、十分に高速だと言えるでしょう。
しかしNURO光の2Gコースでも、同じか、それ以上の実測を出している人もいます。

インターネットの通信速度は、お使いの環境や機器に大きくされるため、10Gコースにしたからといって一概に速くなるわけではありません。

実際、パソコンの知識がある人が、周辺機器をしっかりそろえた状態ですと、以下のような通信速度をNURO光の10Gコースは出せるようです。

結論:NURO光は2Gでも十分

NURO光 2G

NURO光の10Gコースは、しっかりと環境を整えれば、やはりかなり速いインターネットサービスです。

ただし、以下のようなデメリットが存在することは覚えておきましょう。

  • NURO光 10G対応コースのデメリット
  • デメリット1 提供エリアが限定的
  • デメリット2 速度を出すには周辺機器が必要 
  • デメリット3 お得なキャンペーンがない

ただでさえNURO光は対応エリアが狭い上に、10Gコースはさらに提供エリアが限定されています。

また、最大10Gbpsの恩恵を受けるためには、10G対応のLANカードをパソコンに取り付ける必要があり、複数台対応させるためには高額なスイッチングハブも用意しなければなりません。

当然ですが、月額料金も通常のNURO光は4,743円よりも高く設定されています。

しかも「NURO光 10Gs」に関しては工事費が60,000円かかり、3年以内の解約で20,000円も請求される仕組みです。

そのため、「仕事などで超高速回線がないと困る」という人以外はあまりオススメはできません。

別記事「NURO光の実際の速度を300人分の測定データから比較検証」でも解説していますが、実際に最大2Gbpsの通常のNURO光でも十分な速度が出ています。

そこまで環境が悪くなければ実測で500Mbpsで使える事も珍しくありませんし、運が良ければ800Mbpsや900Mbpsと言った速度で利用している人も少なくないでしょう。

NURO光の2Gコースは高額キャッシュバック!

デメリットでも説明したように、NURO光の10Gコースですと、お得なキャンペーンが実施されていません。

一方、通常の2Gコースであれば、キャッシュバックなどのキャンペーンも充実しており、10Gコースと比較するとお得に申し込みができるでしょう。

通常の2Gコースではコスト面での出費が抑えられ、なおかつ十分な速度で通信が可能なため、 特別な事情が無ければ2Gコースで十分と言えるでしょう。

前述したように、もっともお得にNURO光の2Gコースを申し込みできるのは、 公式特設サイト です。

ネットのみの申し込みで、45,000円のキャッシュバックを受け取れます。

特にややこしい条件もなく、ネットの契約だけで対象になるので、お得にNURO光を始めたい方にはもってこいでしょう。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン:45,000円キャッシュバック
  • 月額料金:4,743円
    ※戸建て、マンションミニ共通

NURO光2Gと10Gの比較 NURO光10Gより2Gが優れている訳!知らないと後悔する決定的な違いとは? NURO光には2Gプランの他に10Gも用意されています。世界で最も速いインターネット回線として知られていますが、2Gと比較するとデメリットも存在するのです。このページでは提供エリアや実測、料金や工事費など2Gと10Gを詳しく比較しました。 2020-01-29

関連記事
NURO光10Gの特徴とデメリット NURO光10Gは必要?特徴とデメリットをまるごと解説
速度
通常のプランは最大2Gbpsの回線速度であるNURO光ですが、最大10Gbpsのプランも、「NURO光 10G」と「NURO光 10Gs」の2つあります。通信速度が速くなるならばということで、魅力的に...
ゲームにもNURO光?ラグ対策にNURO光がオススメな理由 ゲームにもNURO光?ラグ対策にNURO光がオススメな理由
速度
オンラインゲームをプレイするとき、ラグに悩まされている人も少なくないでしょう。そんな方にオススメの回線が、圧倒的な回線速度と安定感を持つNURO光です。このページでは、ラ...
NURO光でIPv6は対応している? NURO光でIPv6通信で接続する方法を解説!IPv6でも遅い場合がある?
速度
NURO光ではIPv6で通信を行うことが可能です。一般的にネット速度が速いと言われるIPv6ですが、対応回線によっては思った速度がでずに、遅くなってしまうこともあります。このペー...
NURO光マンションミニの速度比較 NURO光マンションミニで実際の速度を測定!戸建てと同じ速度で使える?
速度
NURO光マンションミニは集合住宅向けなので速度が心配です。実際にフレッツ光などのマンションタイプでは速度がでなくて困っている方も多いでしょう。実際のマンションミニで速度...
PS4のラグ PS4ラグを劇的に改善!対策と速度を上げるための設定を詳しく解説
速度
PS4でオンラインゲームをやっているとラグが発生することがあります。WiFiの電波干渉やルーター自体の不具合も考えられますが、回線自体が遅い場合、乗り換えも検討する必要がある...