1. ドコモ光
  2. ドコモ光料金

ドコモ光セット割は子回線に適用されない?子回線も安い新プランとは…

ドコモユーザーは、ドコモ光を利用することでお得なセット割が利用きます。

別記事『ドコモ光の料金を徹底解説!』でもお伝えしている通り、ドコモユーザーにとって最もお得な光回線になるドコモ光ですが、割引には様々なパターンがあり、分かりにくい方も多いでしょう。

特に、2019年6月よりスタートした新プランと、旧プランによって子回線に対する割引が違うので注意しなければなりません。

この記事では、ドコモ光セット割を子回線にも適用させる方法をご紹介しています。

これまで、ドコモ光セット割が適用されていても子回線の割引になっていなかった方は、そのままの契約だと損をしてしまうかも知れません。

ドコモ光セット割は子回線には適用されない!?

ドコモ光セット割について

ドコモ光セット割が子回線に適用されなかったのは2019年5月31日まで。

2019年6月1日以降は子回線にもドコモセット割が適用される料金プランが出ました。

2019年5月31日までにあった「カケホーダイ&パケあえる」は通称パケットパックと呼ばれ、この料金プランは現在旧プランで新規申し込みが終了しているものです。

この旧プランに加入されている方がドコモ光セット割を適用すれば主回線の方は割引となりますが、子回線には適用されません。

一方、2019年6月1日から出た新プラン「ギガホ」「ギガライト」ではドコモ光セット割を適用すれば主回線はもちろん、子回線も割引対象となります。

新旧プランそれぞれの料金、ドコモ光セット割を適用した場合の割引金額はどのようになっているのか見ていきましょう。

旧プラン「カケホーダイ&パケあえる」の場合

ドコモ光セット割で子回線の割引が受けられなかったのがこの旧プランである「カケホーダイ&パケあえる」(以下パケットパック)です。

ドコモ光セット割

出典:シェアパックのしくみ

基本プランは、国内電話が24時間無料になるカケホーダイや家族内通話無料となるシンプルプランなど、サービス内容によって値段が異なります。

インターネット接続サービス(SPモード)月額300円で利用できるスマホ向けのプロバイダで、スマホの利用に必要なものです。

基本プランとインターネット接続サービスは主回線、子回線共に必要となる料金ですが、パケットパックは主回線の方が必要となる料金です。

家族でパケット(データ通信量)を分け合うものでドコモ光セット割はこのパケットパックに応じて毎月割引が受けられます。

ドコモ光旧セット割
パケットパック ドコモ光セット割

月額料金

※()内はドコモ光セット割適用前

ウルトラシェアパック100 -3,500円 21,500円
(25,000円)
ウルトラシェアパック50 -2,900円 13,100円
(16,000円)
ウルトラシェアパック30 -2,500円 11,000円
(13,500円)
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> -1,800円 13,200円
(15,000円)
<ステップ3:~15GB> -1,800円 10,200円
(12,000円)
<ステップ2:~10GB> -1,200円 7,800円
(9,000円)
<ステップ1:~5GB> -800円 5,700円
(6,500円)
ウルトラデータLLパック -1,600円 6,400円
(8,000円)
ウルトラデータLパック -1,400円 4,600円
(6,000円)
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> -800円 6,200円
(7,000円)
<ステップ3:~5GB> -800円 4,200円
(5,000円)
<ステップ2:~3GB> -200円 3,800円
(4,000円)
<ステップ1:~1GB> -100円 2,800円
(2,900円)

新プラン「ギガホ」「ギガライト」の場合

ドコモ光セット割で子回線の割引が受けられるようになったのはこの「ギガホ」「ギガライト」プランです。

ギガホは音声通話とデータ通信が一緒になっている料金プランで、上記のパケットパックのように家族で分け合うのではなく、それぞれ最大30GBまで使用することができます。

ギガライトは、ギガホと同じく音声通話とデータ通信が一緒になっていますが毎月1~7GBまでの間、データ量を使った分だけ支払う料金プランです。

このギガホもしくはギガライトなら、ドコモ光セット割を適用することで家族全員分、また子回線も適用となります。

ドコモ光新プランのセット割
料金プラン ドコモ光セット割 月額料金
※()内はドコモ光セット割適用前
1回線 2回線 3回線以上
ギガホ -1,000円 5,980円 5,480円 4,980円
(6,980円) (6,480円) (5,980円)
ギガライト <ステップ4:~7GB> -1,000円 4,980円 4,480円 3,980円
(5,980円) (5,480円) (4,980円)
<ステップ3:~5GB> -1,000円 3,980円 3,480円 2,980円
(4,980円) (4,480円) (3,980円)
<ステップ2:~3GB> -500円 3,480円 2,980円 2,480円
(3,980円) (3,480円) (2,980円)
<ステップ1:~1GB> - 2,980円 2,480円 1,980円

また、別記事『ドコモ光セット割は家族で使わないと意味ない!?』でも解説している通り、ファミリー割引のグループ内であれば離れて暮らす血縁者も割引が受けられます。(最大20回線分)

一般的な三等親ではなく、あくまでもドコモが提供している基準です。

ドコモ光新プランのセット割


出典:ファミリー割引│三親等の範囲

旧プラン(パケットパック)と新プラン(ギガライト)を比較

今回は、以下のような3人家族を例にドコモ光セット割を適用させた場合、旧プランと新プランでどれくらい差が出るのかを比較してみました。

シュミレーションの例
家族構成 3人(父、母、子)
住まい マンション
ドコモ歴 4年未満
音声通話 家族間が多い
データ容量 一人3GBで十分
端末 新規購入はしない

旧プラン(パケットパック)の場合

ベーシックシェアパック10GB(一人あたり3GB×3人)に加入し、ドコモ光セット割を適用させた場合の料金は以下のようになります。

旧プランのセット割シュミレーション
 
基本プラン名 シンプルプラン シンプルプラン シンプルプラン
基本プラン料金 980円 980円 980円
ベーシックシェアパック(10GB)※1 9,000円 500円 500円
SPモード 300円 300円 300円
ドコモ光セット割 -1,200円 0円 0円
ドコモスマホ小計 9,080円 1,780円 1,780円
ドコモスマホ合計 12,640円
ドコモ光※2 4,000円
合計金額 16,640円

※1 子回線は1回線につきシェアオプションで500円が必要
※2 タイプAのプロバイダで2年定期契約の場合

旧プランの場合はドコモを4年以上使用しているとずっとドコモ割プラスが適用されますが、今回の例ではその割引は適用されません。

またドコモ光セット割はパケットパック契約者、主回線の方のみに適用されます。

ベーシックシェアパック(10GB)契約時のドコモ光セット割では1,200円の割引となります。

旧プランの場合のドコモ光と家族3人分のドコモスマホの両方にかかる合計金額16,640円ドコモスマホのみの合計金額12,640円です。

新プラン(ギガライト)の場合

旧プランではデータ容量10GBを家族で分け合いますが、新プランのギガライトでは使用するデータ容量に応じて金額が変わります。

以下の表は父が3GB、母が2GB、娘が5GBの合計10GBのデータ容量を使った場合の料金です。

新プランセット割のシュミレーション
 
基本プラン名※1 ギガライト(~3GB) ギガライト(~3GB) ギガライト(~5GB)
基本プラン料金 3,980円 3,980円 4,980円
ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
みんなドコモ割※2 -1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモスマホ小計 1,980円 1,980円 2,980円
ドコモスマホ合計 6,940円
ドコモ光※3 4,000円
合計金額 10,940円

新プランではドコモ光セット割を子回線にも適用させることができるので、今回の例で旧プランと新プランを比べると1,800円も割引額が多くなります。

新プランの場合、ドコモ光と家族3人分のドコモスマホの両方にかかる合計金額10,940円ドコモスマホのみの合計金額6,940円です。

このように、ドコモスマホの新プランであるギガライトとインターネット回線をドコモ光にすることでお得な料金でそれぞれ使用することが可能です。

ドコモ光セット割の仕組みと注意点

ドコモ光セット割の注意点

ドコモ光セット割は旧プランでも新プランでも割引がありますが、旧プランではドコモのスマホの子回線に適用されず、新プランでは子回線にも適用されます。

それぞれの料金プランによってドコモ光セット割を適用させる為に必要な条件が異なりますので、仕組みと注意点を理解しておきましょう。

旧プラン(パケットパック)の場合

旧プランにおいてドコモ光セット割引の適用条件はドコモ光とペア回線であることです。

ペア回線とはドコモスマホ(ガラケーは別の割引が適用)とドコモ光をセットにすることです。

ペア回線を組む際の注意点とその他の注意点は以下のとおりです。

旧プラン注意点その1:ペア回線の名義を同じにする

ドコモスマホの主回線でパケットパックを契約している人とドコモ光を契約している人が同一人物でなければいけません。

3人家族の父がドコモスマホの主回線でパケットパック契約者の場合、ドコモスマホの子回線でシェアオプションに契約している母がドコモ光の契約者だとペア回線を結べません。

旧プランでは基本的にドコモ光セット割は手続きの必要は無しで、自動的にドコモのスマホから月々の割引が行われます。

しかし、ドコモ光を契約中に家電量販店でドコモのスマホを新規契約した際は自動的に適用されない場合があります。

ドコモのスマホを家電量販店で新規契約する際には、ドコモ光セット割についてスタッフの方に確認しておきましょう。

旧プラン注意点その2:ペア回線を結んでいるどちらかの契約を解約した場合

ペア回線を結んだ契約者が、ドコモのスマホまたはドコモ光のどちらかを解約するとドコモ光セット割は終了してしまいます。

契約者のドコモのスマホを解約、または乗り換えたい場合には解約の前にドコモ光の契約者名義の変更をしておきましょう。

Mydocomoもしくはドコモショップで名義変更の手続きが可能です。

旧プラン注意点その3:ドコモ光を2回線契約した場合

同じシェアグループ内で2回線の契約がある場合は光複数割という割引が受けられます。

ドコモ光の複数割

出典:光★複数割

ドコモ光セット割で割り引かれるのとは別に、2回線目以降のドコモ光1回線につき毎月300円がシェアグループ主回線のパケットパック料金から割り引かれます。

新プラン(ギガホ・ギガライト)の場合

新プランでは、ドコモ光セット割の条件がペア回線である必要はありません。

もちろんペア回線であっても適用されますが、ファミリー割引グループの内でドコモ光の基本使用料を支払っていてもドコモ光セット割が適用となります。

3人家族の父がドコモスマホの主回線の場合、ドコモスマホの子回線である母がドコモ光の契約者でもドコモ光セット割が適用されます。

旧プランでは認められなかったドコモ光セット割も新プランでは適用となるため、混合しないよう注意しましょう。

その他の注意点

旧プラン、新プランどちらにも当てはまる注意点がその他に2点あります。

プラン共通の注意点その1:法人でセット割は適用可能か?

ドコモ光セット割は、法人での適用も可能です。

個人の契約ではファミリー割引でしたが、法人契約の場合はビジネス通話割引グループ内で最大20回線分のスマホ料金が割引となります。

プラン共通の注意点その2:ドコモ光のプロバイダを変更した場合

プロバイダを他社に変更してもドコモ光セット割が解除されることはありませんが、プロバイダを変更した際に事務手数料3,000円が必要となります。

※単独タイプのプロバイダからタイプAもしくはタイプBの変更の際は無料です。

またプロバイダによっては解約違約金が必要となったり、自動的に解約されないことがあります。

有料プランに加入していた場合も解約の手続きが必要となる場合がありますので、プロバイダ変更の際は事前に問い合わせておくことをおすすめします。

ドコモ光のおすすめプロバイダはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

旧プランから新プラン(ギガホ・ギガライト)に変更出来る?

ドコモ光のセット割はプラン変更可能

ドコモ光セット割が子回線にも適用される新プランに変更すれば月々のスマホ利用料金が割り引かれます。

しかし、プランを変更する際にはパケットパック主回線だけの変更は非常に危険です。

新プラン変更は家族全員で!

主回線だけをギガホもしくはギガライトに変更するとシェアグループは廃止されますが、子回線は自動的に個人が利用するパケットパックへ移行されます。

ドコモ光新プランへ変更した場合
パケットパック データ量 月額定額料 パケットくりこし ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
ベーシックパック <ステップ4> 7,000円 -800円
〜20GB
<ステップ3> 5,000円 -800円
〜5GB
<ステップ2> 4,000円 -600円
〜3GB
<ステップ1> 2,900円 -200円
〜1GB

ドコモ歴が15年以上ある方はずっとドコモ割プラスが適用されるものの、それでもパケットパック時の料金より金額が増えてしまいます。

子回線も合わせて変更しなかった場合、結果的に損してしまうことになるので旧プランから新プランの変更は家族全員分行いましょう。

旧プランから新プランにすると違約金はかかる?

プランの変更で違約金が発生してしまうのは、現在使っている旧プランが2年定期契約であり、新プランで定期契約無しにした場合です。

ただ、ドコモスマホの更新月であれば違約金は発生しません。

通称2年縛りがある旧プランを契約している方は新プランでも2年縛りであれば契約期間が引き継がれますので、違約金無しで料金プランを変更することができます。

例)旧プランが2年縛りで現在契約期間が1年→2年縛りの新プランであれば契約期間1年を引き継ぎ。契約更新月は変わりません。

まとめ:ドコモ光セット割は子回線の割引が効く新プランで!

ドコモ光セット割の子回線割引についてまとめ

ドコモ光セット割を子回線に適用できる新プランであれば月々のスマホ利用料を抑えることができます。

特にドコモスマホのデータ容量をあまり使わないご家族の方は旧プランであるパケットパックから新プランのギガライトに変更がおすすめです。

Mydocomoでの変更も可能ですが、不安な方はカスタマーセンターに問い合わせることもできます。

ドコモ光お問い合わせ先
  ドコモの携帯電話からの場合 一般電話などからの場合
電話番号 151(無料) 0120-800-000
受付時間 午前9時〜午後8時(年中無休) 受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休)
注意事項 一般電話などからは利用不可 一部のIP電話からは接続できない場合あり

また最寄りのドコモショップで料金プランの変更も可能です。

事前に来店予約をすることもできますのでご活用ください。

ドコモのスマホの料金プランを変更してドコモ光セット割を適用するだけで簡単に毎月のお支払いを抑えることができます。

この機会に料金プランの変更を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事
みんなドコモ割はプランでお得度が決まる!複雑な条件と割引額を解説 みんなドコモ割はプランでお得度が決まる!複雑な条件と割引額を解説 ドコモの割引サービスである、みんなドコモ割について解説しています。ドコモスマホ専用の割引である「みんなドコモ割」は、最大1,000円の割引が受けられるサービスです。しかし、...
ドコモ光の工事費はいくら?パターン別に工事費と初期費用を徹底解説 ドコモ光の工事費を無料にする方法!引越しや土日の特殊な工事費も解説 ドコモ光の工事費についてまとめています。ドコモ光に新規で申し込んだ場合、工事費が必要です。工事費は申し込む状況によって変動しますが、公式特典である工事費無料キャンペー...
ドコモ光セット割は家族で使うとお得になる ドコモ光セット割は家族で使わないと意味ない!?驚きの割引額を公開 ドコモユーザーはドコモ光を契約することで、お得なセット割が適用されます。ドコモ光セット割は、スマホのプラン次第でお得度が変わりますが、基本的に家族でドコモにまとめると...
ドコモ光セット割の割引期間について ドコモ光セット割の割引期間はいつまで?家族でお得に使う条件とは ドコモ光のセット割は新プランの登場により、家族での割引が受けやすくなりました。ただ、割引適用の条件がいくつかあるため、知らないと割引期間が強制終了する危険があります。...
ドコモ光セット割まとめ ドコモ光セット割の条件とは?プラン次第では損をするかも… ドコモユーザーは、ドコモ光を契約することでスマホのセット割が適用されます。ドコモ光セット割の割引額は、スマホのデータプランに応じて割引額が変わりますが、基本的に家族に...